痩せる方法」タグアーカイブ

無印商品着けると痩せるインナーはミトコンドリアがサポートします。

無印商品 「背中クールタイ」は着けるだけで痩せる褐色脂肪細胞を活性化する!痩せてミトコンドリアが増える!

褐色脂肪細胞を寒冷刺激して活性化するのはマウスの実験で確立されています。活性化すると痩せる方法は寒中水泳や温・冷水シャワーなどですが「背中クールタイ」は衣服内に空気を出し入れするだけで痩せる環境を作る無印商品です。

体の仕組で痩せる。ながらダイエットのアニメ。基礎代謝を上げミトコンドリアが増え脂肪燃焼

 無印商品「背中クールタイ」とは

背中に着けると温度が下がりホメオスタシス恒常性の体熱維持の脂肪を熱に代謝する機能を引き出して痩せるインナー「背中クールタイ」です。皆さんも着ければ脂肪を燃やす環境になり体の仕組でダイエットができます。

ヒトは暑いと汗を掻き、寒いと熱を作ります。

着けると脂肪を体のヒーターに消費し始めます。

細胞の仕組を活かすとビックリするほどカンタンにダイエットができる。

マウスの実験で寒冷刺激をして脂肪を熱に代謝するのは確立されている。

白菜は霜を浴びると甘くなる…無印商品

冬野菜も寒さで甘くなる…無印商品

ヒトも基礎代謝は冬の方が夏より多い

「背中クールタイ」も寒冷刺激で脂肪を熱に代謝する…無印商品

「背中クールタイ」は脂肪を燃やす環境を作ると仕組でダイエットができるのです。

脂肪を熱に代謝する機能を引き出します。

襟元から熱を逃がす「背中クールタイ」と体幹温度の分布

私達は体幹体温は37℃、衣服内の快適温度は32℃±1℃で恒常性の体熱維持で維持されています。インナーを着けると温度が下がりますので燃やす環境になります。。脊髄の周りにある褐色脂肪細胞を寒冷刺激するのです。冷水シャワーより冷たくないのが、うれしいですよね。

“寒い環境”で脂肪を熱を産む解説図 ↓

脂肪分解と熱産生・肥満 解説図

2つの脂肪があり熱エネルギーを作る褐色脂肪細胞(脊髄の周り、首の周り、腋の下、心臓の周り、腎臓の周り)と貯える(食べ過ぎ)白色脂肪細胞があり、寒い環境やエネルギー不足の時に脂肪を分解して熱を産む解説図です。

私達の摂取した食べ物からミトコンドリアがエネルギーを作っています。余ったエネルギーATP(アデノシン三リン酸)は白色脂肪細胞に備蓄され、エネルギーの不足時に備えます。そして、“寒い環境”で⑤ミトコンドリアが増え、解説図⑥の、“エネルギーの不足時(運動・空腹)”に消費されます。

脂肪を燃やす環境をサーモグラフィーで見ます。

無印商品は褐色脂肪細胞のある部位と重なることから着けると脂肪を燃やす環境になり体の仕組ででダイエットができます。

痩せる薬はありますか?

痩せる仕組みの論文

参照:東京大学先端科学技術研究センター

東京大学先端科学技術研究センターの熱・産生の論文です。「マウスの実験の赤枠(下)にあるように肥満への新規治療法や予防法につながると期待されます。」とありますね。

痩せる薬はあると思いますか? 脂肪を燃やすのは研究段階です。これが現実ですので病院の先生に聞くと分かります。そこで有酸素運動を薦めますネ。

脂肪を燃やす(代謝する)のはミトコンドリア

ミトコンドリアは脂肪を分解して熱を産むことから燃焼工場ともいわれています。

世界の死亡の原因の50%以上は肥満によって引き起こされると言われており、この脂肪を減らすのは褐色脂肪細胞の中に多くいるミトコンドリアです。

運動で痩せないのは使うエネルギーが違うから

脂肪を熱に代謝するのは、“寒い環境”と“運動、空腹”のエネルギーの不足時ですね。

運動:医者の薦める有酸素運動では脂肪は減りにくい!運動で使われるのは身体活動量のエネルギーで摂取したグリコーゲンが優先的に使われ、キツイ運動を続けることで効果がでます。続きませんよね。だから少しキツメの運動に緩和しています。

参照:NHK美と若さの新常識

空腹:食事制限のダイエットは脂肪肝になる!食事制限でダイエットが成功したと思っても実は脂肪肝になっていた。成功した人は運動を取り入れていました。

寒い環境:安静時に、運動にインナー着けると、すみやかに寒さから生命を守るために基礎代謝のエネルギーを使いミトコンドリアをがサポートします。

強さをひきだす氷点下での水浴び

寒さの中で鍛えていますね。

背中を寒い環境にするだけで同じ効果が期待できます。

「背中クールタイ」着けると基礎代謝の酸素消費量が増えます。安静時(運動量 METs 1)に2時間毎日着けると1年間で体重の約1割脂肪を消費します。

運動(運動量 METs 3)にインナー着けると30分で有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果がでます。

これだけでムリなく基礎代謝を上健康痩せができますネ。

ながらダイエットはいつでもどこでもできます。

運動に日常の活動に着けるだけでできます。

まとめ

衣服内の褐色脂肪細胞のある部位に温度差を作り“脂肪の燃える環境”を作るインナーです。後は体の仕組で脂肪をし熱に消費してくれる魔法の「背中クールタイ」です。発汗も個人差があるように体熱を作るのも然りです。

こちらからお買い求めできます。

楽天

Yahoo!

最後まで有難うございました。

 

Pocket

マウスの実験褐色脂肪細胞を寒冷刺激するをヒントに生まれたダイエットのアニメ

痩せるインナー!は大学や研究機関においてマウスの実験 褐色脂肪細胞活性化して熱産生をヒントに誕生!

マウスの実験褐色脂肪細胞の熱・産生する論文と「背中クールタイ」

中性脂肪を減らす研究が大学や研究機関においてマウス実験の成果が学会に発表され肥満対策に期待されています。が、痩せる薬も、痩せる方法もまだ市場には出てきません。でもこれをヒントに褐色脂肪細胞を寒冷刺激して痩せるインナーを作りました。

マウス実験をヒントに生まれたダイエット

マウスが実験に使われるのは哺乳類で人間の生活活動が似ていて、ヒトの遺伝子が90%以上も共通点があり、繫殖力もあるところから使われています。

褐色脂肪細胞のある部位と「背中クールタイ」が重なりました。

あなたならどうしますか?

やってみる価値大ですよね。

早速同一条件で運動しながら40分間の前後の体重差で比較してみました。

着けたヒト着けない日で体重差で確認できたのです。

痩せるサプリでも40分間で体重差に表れますか?

「背中にふしぎ発見!」しました。

マウス実験をヒントに生まれたダイエット褐色脂肪細胞を活性化する

論文内容は褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪を熱に代謝することが確立されています。これを応用したダイエット方法があっていいのではないでしょうか。研究を活かすためにも。実験の成果を無駄にしたくはないですね。

マウス実験の褐色脂肪細胞に関する論文

褐色脂肪細胞およびベージュ脂肪細胞の制御機構と臨床的意義
https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2017.890917/data/index.html

参照:日本生化学会

褐色脂肪細胞においてエネルギー消費を促す新たなメカニズムを発見
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2015/160219_2.html
白色脂肪細胞は細胞内に栄養を脂肪として貯蓄しますが、褐色脂肪細胞は脂肪を
分解し、熱を産生することで体温の調節をします。出典:京都大学・生理学研究所リリースより

寒冷刺激の体温維持には熱産生遺伝子の高次構造変化が必須
東京大学先端科学技術研センター
私たちヒトや哺乳動物は、急速な環境の変化に瞬時に反応し、命を守る仕組みが
あります。出典:東京大学先端科学技術研センター

褐色脂肪細胞を寒冷刺激する方法マウス実験をヒントに生まれたダイエット褐色脂肪細胞を活性化する

マウスの実験を無駄にしないで私たちが活用する方法です。

ウェブ上で寒冷刺激を検索してヒットするのは寒中水泳と冷水シャワ・・・ですね。冷たさを強いれられてもビフォーアフターでの効果などの資料はありません。

一方「背中クールタイ」は衣服を着ながら暖かい格好で背中の熱を逃がします。すると温度が下がることで脂肪を熱に消費して結果が即痩身差で表れます。マウスの実験を人間も“寒い環境”にすることで皆さんもできるのです。簡単にできるのがいいですね。

 寒冷刺激をして比較実験

 

熱を逃がして褐色脂肪細胞を冷やして脂肪燃焼

「背中クールタイ」を着けると熱を逃がし温度が下がります。たったこれだけです。

基礎代謝痩身差12月

2時間安静時に熱を逃がすだけで痩身差が出ます。痩身差を換算すると2時間で有酸素運動40分の消費カロリーと同じ効果です。

基礎代謝の酸素消費量を測定しても酸素消費量が増えます。脂肪を燃やすのには酸素が必要ですよね。

30分の運動にも寒さを負荷すると有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果がでます。

 まとめ

マウスの実験ヒントを応用するといつでもどこでもダイエットが簡単にできます。研究を無駄にしたくないですね。

Yahoo!

楽天

最後までご覧いただき有難うございました。

 

Pocket