痩せたい時に着けると脂肪を燃やす!暑い時に着けると体を冷ます便利な健康グッズ

運動で痩せにくいのは?ひと工夫の運動30分が有酸素運動80分と同じ効果!

運動で痩せないのをひと工夫で痩せる運動にする方法
質問者の写真

ひと工夫の運動って?

解答者の写真

ひと工夫は寒さを負荷すると使うエネルギーが変わるの。詳しく説明すから運動・活動に取り入れてね。

運動で痩せにくいのは?痩せる運動にするのには

瘦せようと思いキツイ運動や長い時間ダイエットに挑戦してしてあきらめた方多いのではないでしょうか。痩せないのは使うエネルギーが違うのです。

NHKのためしてガッテン!などテレビの健康に関係する番組で最後に、ドクターの一言が“適度な有酸素運動をしましょう!で終わります。

適度な有酸素運動って?皆さんは痩せると思いますよね。実は健康に良くても痩せにくいのです。

 

運動では痩せにくい!その理由は?

 

運動で瘦せにくい理由は使うエネルギーにありました。1日のエネルギー消費量の割合が決められているのです。

 

運動で痩せないのは

 

運動で使われるのは身体活動量のエネルギーで摂取したグリコーゲンが優先的に使われます。運動開始後経過してエネルギーが不足してから脂肪を分解して使われますので痩せるのにはきつい運動になります。体の仕組で決められているんですね。

 

痩せる運動にするのには?寒さを負荷して基礎代謝のエネルギーを使います。

 

運動の消費カロリーでは痩せない

 

1日のエネルギー消費量の割合で基礎代謝は、何もせずじっとしている時に生命維持のために消費される必要最小限のエネルギー代謝量です。1日のエネルギー消費量の内60%~70%が使われます。

中性脂肪が熱エネルギーに代謝されるのは寒い環境と、運動、空腹のエネルギー不足の時です。

 

 

熊さんはと冬眠中に蓄えた脂肪で生命を維持します。私達も基礎代謝のエネルギーを使えばキツイ運動をしなくてもダイエットができます。

 

体温について、ヒトもエネルギーの75%を 体温維持に使っています。(参照:生理 厚生労働省)

 

基礎代謝のエネルギーを使うと運動30分が有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果!

 

「背中クールタイ」着けないのと比較運動してます。

 

運動に背中クールタイを着けると熱を逃がし寒さを感じ脂肪を熱エネルギーに代謝して着けない日より体重が減ります。

 

効果は比較するとビフォーアフターの体重差に

 

背中クールタイ痩身記録

折れ線グラフは背中の温度と湿度

 

同一運動をして背中クールタイを着けると着けない日より体重差が多い

30分の運動1ヶ月の記録

運動前後の痩身差記録2022 、4.1~4.30

左から日付け、外気温度、前後の体重差、背は着けた日

 

30分の運動で体重差20gを消費カロリーで換算すると80分の有酸素運動に匹敵します。

褐色脂肪細胞内のミトコンドリアが脂肪を燃焼するメカニズム

 

褐色脂肪細胞が脂肪を分解するメカニズム

 

痩せる運動にする体の仕組みです。

ヒトには異種の細胞があり熱エネルギーを作る褐色脂肪細胞とエネルギー不足に蓄える白色脂肪細胞があります。エネルギーの備蓄です。問題は貯め過ぎです。お金ならうれしいですが。(笑) 貯めすぎた脂肪はなかなか減りません。

「背中クールタイ」と脊髄の周りにある褐色脂肪細胞が重なり着けると、背中の熱を逃がすと温度が下がり褐色脂肪細胞が交感神経を介して脂肪を分解して熱を産み始めます。体温調節を理解すると分かりますが痩せる効果は体が温まる迄です。暑くなると放熱モードになります。

 

痩せる仕組みの論文

 

マウス実験ですが寒さに反応してすみやかに熱を産む論文です。運動で痩せるのに背中に”寒い環境”を作れば簡単に痩せる運動ができます。

 

まとめ

痩せるのには基礎代謝のエネルギーを意図的に使うと同じ30分の運動でもしないのと比較するとビフォーアフターターで痩身差がでるのがお分かりいただけたと思います。褐色脂肪細胞を活性化したダイエットはあなたの背中に寒い環境を作れば痩せる運動に変えます。

 

こちらからお買い求めできます。

Yahoo! 楽天