痩せたい時に着けると脂肪を燃やす!暑い時に着けると体を冷ます便利な健康グッズ

NHK ためしてガッテン!太るのもスタミナ不足も原因は?ミトコンドリア

体温調節機能褐色脂肪細胞を寒冷刺激して活性化
質問者の写真

番組を見てミトコンドリアを増やした~い!

解答者の写真

番組の内容をまとめました。ひと工夫で痩せる方法も追記したので見てね。

太るのも、痩せるのも、ミトコンドリアで決まる?

 

ミトコンドリアのチカラで脂肪を消費

褐色脂肪細胞の中に多く含まれているミトコンドリア

 

【保存版】太るのも、スタミナ不足も原因は?ミトコンドリアにあり、解決策はあなたのミトコンドリアを増やすことです。

 

褐色脂肪細胞内に多くいるミトコンドリアを活性化して増やすのは

参照: ためしてガッテン! を参考に編集

さらに喜ばれるプラスα痩せる効果も最後の方にあります。

ミトコンドリアに寒さを感じて増やす方法です。必見!

 

NHK ためしてガッテン 若返る!本当のスタミナUP法をまとめると

 

 

最近疲れやすい しんどい、何しても持続しない めんどうだ。スタミナ不足で年齢を感じるなどなどありますね。

スタミナをつけるのはスタミナ料理は?ニンニク レバ 肉? それとも?

 

 

ありました。スタミナ料理ではありません。スタミナをつけるのは無数にあるミトコンドリアを増やす方法です。

 

 

ミトコンドリアは細胞の中にある真核生物の細胞小器官です。細胞は2重の膜、細胞膜の中は液状で、細胞核とミトコンドリアで構成されています。ミトコンドリアを増やすとスタミナがつき長生きできます。

どんな方法か?見ていきましょう。

 

☆ややきつめの有酸素運動

 

 

こんな方法があるんですね。ホントに疲れやすい体が体のしくみで若返るそうです。ミトコンドリアを増やすのは運動方法にありました。

 

 

エッ?1万歩、ただ歩くだけではミトコンドリアは増やせない?だから、血圧も持久力もさほどUPしない。ミトコンドリアの少ないマウスと多いマウスで比較すると

 

 

少ないマウスはスタミナ不足でダウンもう限界持久力も違いますね。(写真左下にミトコンドリアの映像で差が)

 

 

ミトコンドリアが多い人(左)と ⇔ 少ない人(右)

 

ミトコンドリアの数が少ないと持久力もなくなりやる気もなくなる。

 

 

ヒトもミトコンドリアで数の差が。少ないヒトはかわいそう(司会者)

ミトコンドリアくんの登場です。知らなかった方も多いと思います。

 

 

 

摂取した食べ物 脂肪、糖質、タンパク質と酸素を取り込みます。

 

 

取り込んだ脂肪、糖質、タンパク質、酸素はATPに変わり

 

 

ATPは1日50Kg作られエネルギーとして消費されます。ミトコンドリアは発電所の様ですね。

 

 

ATPエネルギーは脳、心臓、筋肉などの機能で消費されます。

ミトコンドリアを増やす方法です。体をこんな環境にすると

 

 

ミトコンドリアが多い人を少ないまみちゃんが追い越したときに”しんどかつた。””一週間ぶりの運動をした”と感想を述べました。

こんな状況でスイッチオンになりミトコンドリアが増えていきます。このキツメの運動を繰り返すことが ☆ややきつめの有酸素運動なんですね。

 

 

普通の歩きではダメ!:インターバル早歩き3分普通の歩き3分で増える効果が出ています。

1分でも効果的:運動に負荷すると血圧が下がり持久力もUPします。ミトコンドリアの執念ですね。

太田教授の登場です。

 

 

ミトコンドリアはエネルギーが足りないと感じた時に増える。

 

 

ミトコンドリアを増やすのは仕組みが働きます。

 

 

早歩きでATPが不足するとスイッチがオンになりミトコンドリアが増えしばらく続きます。

継続は力なりですね。

 

 

少ししんどいと感じる運動を負荷する内容で ☆ややきつめの有酸素運動でした。

出典:ためしてガッテン若返る!本当のスタミナUP法

もっとすごい 脂肪を燃やす効果のある方法があります。

 

☆寒さを感じるとミトコンドリアが増える

 

 

ダイエットするのに、運動は嫌い  めんどう  サプリも ダイエットもいろいろ試したけどミトコンドリア次第です。

 

 

寒さを感じると体のしくみで脂肪を燃やし始めます。この代謝(脂肪を熱に)を繰り返すことで基礎代謝が上がりミトコンドリアが増える

最初の”寒い”がスイッチONになり活動して体が温まるまで燃焼効果が出ます。温まると恒常性の体熱調節で体温を下げるように発汗モードに移行します。褐色脂肪細胞での熱産生するメカニズムを①から⑥迄ご覧ください。

 

脂肪分解

 

①寒さを感じると②ノルアドレナリンを分泌③リパーゼが脂肪を分解して④遊離脂肪酸を⑤ミトコンドリアが熱産生します。⑥運動や摂取不足におけるエネルギーの不足時に熱産生します。

白色脂肪細胞は運動、寒い環境、空腹時のエネルギー不足に備えてある脂肪でミトコンドリアが体熱に変える燃焼工場に。

このように寒さを感じるとヒトは命を守る為に摂取した糖質、タンパク質、脂質より、溜まっている白色脂肪細胞を優先的にかつ迅速に燃やします。

溜まっている肥満質の脂肪を減らしたい人に

体温について

ヒトの体は食べ物を代謝して運動などに必要なエネルギーを産生していますが、そのエネルギーの75%を 体温維持に使っています。運動をすると筋肉でエネルギーの産生が高まり、体温上昇を起こします。また食事後その消化吸収時に発熱を伴い、一過性体温が上昇します。

参照:生理 厚生労働省

 

寒い環境でも脂肪を燃やしてエネルギーの産生が高まります。これを担うのはATPをつくるミトコンドリアです。

 

ミトコンドリアで痩せるのを実践すると即効果が

デスクワークしながら2時間で効果は?

デスクワークしながら2時間は有酸素運動40分と同じ効果!

ウォーキングしながら30分間で効果は?

ウォーキングしながら30分間は有酸素運動80分と同じ効果!

 

太田成男教授(日本医科大学大学院医学研究科)に魔法の「背中クールタイ」を実践している私の商品を見て頂きました。

太田教授と佐藤

寒い環境を背中に作ると脂肪を減らすのがボーっとしていても2時間後には分かります。

太田教授の「若返るの鍵握るミトコンドリア」はこちらで見られます。

 

まとめ

NHKの番組と褐色脂肪細胞の中に多く含まれているミトコンドリアがエネルギーを作るのをまとめてみました。スタミナつけたい人も痩せたい人も「体の反応・仕組」を利用するとできますネ。ガッテンして頂けましたでしょうか。

 

こちらからお買い求めできます。

Yahoo!

楽天

このページのトップへ戻る

ホームページのトップへ戻る