オススメ」タグアーカイブ

痩せない運動を褐色脂肪細胞を冷やして痩せる運動に

ノルディックウォーキングにオススメの健康グッズは 2役、より 褐色脂肪細胞を増やして痩せる!汗の悩み解消!

健康の為に 運動不足を解消したい、糖尿病対策で脂肪を減らしたい、生活習慣病予防の為に?ノルディックウォーキングをグループやご夫婦でやられているのを見かけます。そんな時に褐色脂肪細胞を寒冷刺激して基礎代謝のエネルギーを使えばより痩せる運動になります。暑い時はこもる熱を逃がすと爽やかになり汗の悩みから解消されます。

できるのは!???

どこにもない! 健康グッズで背中の熱を逃がすことです。

襟元から熱の出る画像1本で2役

熱を逃がすと冷えて褐色脂肪細胞が脂肪を燃やしてくれるので痩せます。こもる熱を逃がしたらクールに。今、簡単に試してみましょう。手で背中の襟元にすき間を作り熱を逃がしてあげましょう。どうですか?スーッとして爽やかになりますね。皆さんの中にクシャミをする人が多いです。

ノルディックウォーキングに基礎代謝のエネルギーを使うとより痩せる!

クロスカントリーの選手たちが、夏の間の強化トレーニングとして取り入れていた「スキーウォーク」を、ポールを使い歩行運動として紹介されたのが「ノルディックウォーキング(NW)」で季節を問わず腕、上半身の筋肉など全体の90%を動かしエネルギーを消費することから人気が高まっています。

さらに!!!

よりエネルギーを消費する方法は基礎代謝のエネルギーを使うことです。

痩せたい人必見!褐色脂肪細胞を冷やして基礎代謝のエネルギーを使う「背中クールタイ」

私達の1日のエネルギー消費量は体の仕組で決められているのです。ボーっとしていても生命維持のために何もしなくても使われるのが基礎代謝のエネルギーでNWで使うエネルギーは身体活動量のエネルギーです。

運動では痩せにくい!グラフ↓

運動で使用されるエネルギーをグラフで説明最初はグリコーエン20分位経過してから脂肪を分解して使います。

運動で使われるのは優先的に摂取したグリコーゲンが使われます。脂肪が使われるのは運動開始後経過してからです。

運動では痩せない(短時間では)というのが参考になるグラフですね。

寒さを負荷した2時間基礎代謝のエネルギーの比較実験

簡単ダイエット冬野菜が寒さで代謝して甘くなるようにあなたも背中の褐色脂肪細胞を冷やすとダイエットができます。

褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪を熱に代謝することは確立されています。

脊髄の周りにある褐色脂肪細胞を寒冷刺激して、しないのと、ビフォーアフターの体重差で比較です。

コロナ渦でステイホーム中に実験をしてみました。

基礎代謝を上げる比較実験痩身差4月25~5月30ホームステイ中

基礎代謝のカロリー計算はありません。新型コロナでステイホーム中に基礎代謝のエネルギーを使い痩せる実験をして体重差からカロリー計算をします。

ビフォーアフターの体重差が

20g出ました。(被験者70㎏)

1ヶ月では

20g×30日で600gです。0.6㎏

塵も積もれば山となる!

0.6㎏脂肪を燃焼するのに必要な運動時間を計算

バトミントン(ノルディックウォーキング)運動強度メッツ  5.5

運動量メッツ比較

2時間着けるだけでノルディックウォーキング22分と同じ効果です。(散歩では40分)着ける時間を増やせば比例します。

被験者の体重に変わりますのでこちらから計算してください。

参照:脂肪を減らすkeisanサイト

ポールを使うとキツイ!

でも体重を減らいたい!

と思われる人もいる人にはオススメです。

冬野菜が寒さで澱粉を糖に変え甘くなるように私達の身体も寒さを負荷すると脂肪を熱に変えダイエットができるのです。

体の仕組を応用した健康グッズを着ければ脂肪は落とせます。

ノルディックウォーキングでの汗の悩み解消!

ウェアの生地も進化して暑い時は吸水速乾系、寒い季節はヒートテックなどの吸湿発熱系があり快適ですが活動を始めて体が暑くなり汗の悩みはないでしょうか。

熱を逃がすと爽やかになるインナー

こもる熱を逃がしてあげると爽やかにする構造

熱を逃がすと不快指数も下げる!

不快指数と合成

ウォーキング中の衣服内背中の温度と湿度です。

ふいご作用もあり体感温度が2~3℃下がり不快指数も下がります。体の冷却機能を引き出す効果もありますね。

まとめ

ノルディックウォーキングは楽しみながらひと工夫で脂肪を減らす方法とこもる熱を逃がしクールにする健康グッズを紹介しました。

こちらからお買い求めできます。

 

Yahoo!  楽天

最後までご覧いただき有難うございました。

Pocket

東大の論軍通り痩せる

褐色脂肪細胞を活性化するダイエット!中性脂肪を燃やす医療機器部外品 魔法の「背中クールタイ」

痩せる薬、サプリメントに頼らないダイエットを発見!生活習慣病予防に役立つ!

中性脂肪を減らしたい!落としたい!若返りたい!暑い時は冷ましたい人たちの為におすすめ!

 

襟元から熱を逃がしてクール、痩せるインナー

画像を見てビックリ!? された方もいると思います。衣服内の背中にはオドロキの現象が起きています。熱を煙突効果で逃がし放射冷却現象で温度が下がり冷やすことで褐色脂肪細胞が活性化して脂肪を熱に消費しています。基礎代謝の酸素消費量も増えています。

背中の温熱環境を変えることで、ホメオスタシス恒常性の維持、体熱調節の機能を引き出して皆さんの健康に一役 担います。

熱を逃がす第3のインナー「背中クールタイ」交感神経が働いて体温調節をサポート

第3魔法のインナー「背中クールタイ」痩せるインナー 

私達の身体は常に一定の体温に保たれ快適な生活をしています。着けるだけで第3のインナーは熱を逃がし脂肪を分解しす燃やす“寒い環境”を作りますので簡単にダイエットができます。また“暑い環境”では熱溜まりを放出して深部体温を下げ爽やかにしてくれる便利なインナーです。

【寒い環境】にすると

身体って、暑いと汗を掻き冷ましますよね。真逆に寒い時の熱エネルギー源は?

諸説ありますが、マウス受験で褐色脂肪細胞が“寒い環境”で脂肪を熱に代謝するのが確立されています。

生理現象でみると

着けると痩せるアニメ白菜―ダウンコート

寒いと冬野菜など植物細胞は寒さから身を守るのに澱粉を糖に変えています。だから甘いのです。私達も基礎代謝は夏より冬の方が多いのは?“寒い環境”で脂肪を熱に代謝して温めてくれています。ありがたいですね。これを担うのが脊髄の周りに多い褐色脂肪細胞の内にいるミトコンドリアが熱を産んでいます。

ボーっとしていても

この仕組みを応用すればダイエットが簡単にできます。

基礎代謝のエネルギーを引き出せば痩せる

METs運動量の消費カロリー計算はあります。が、基礎代謝の消費するカロリー計算はありません。そこで、背中を“寒い環境”にしてデスクワークしながらで比較実験をしました。前代未聞です。2時間で体重差に表れます。基礎代謝の酸素消費量も増えるのはミトコンドリアが消費している証です。

ミトコンドリアが増えるのがわかると楽しくなります。体に良いことがたくさんあります。

褐色脂肪細胞が脂肪を分解

寒い環境で脂肪を分解して熱を生む仕組みを分かりやすくした解説図です。

「背中クールタイ」は“寒い環境”にすることで速やかに脂肪を分解して熱を産みます。この代謝するときにミトコンドリアが増加して褐色脂肪細胞が活性化されます。

あったらいいな!皆さんも“寒い環境”を作れば痩せられる。

ダイエットでお金・時間かける

魔法のダイエットはこんな方におススメ

魔法のダイエット無理だと思っていたけど

皆さんも“寒い環境”を作れば痩せる薬、サプリメントに頼らないで簡単にできます。テレビを見ながら、デスクワークしながら2時間、運動、家事、犬の散歩しながら30分で健康痩せができます。着ける時間を増やせば比例してダイエットができます。

【暑い環境】では

熱を逃がすと爽やかになるインナー

熱がこもるから暑い!

暑いから汗を掻く!

濡れる蒸発しない!

発汗の冷却機能がストップ!

体温調節の冷ます冷却機能を活かして冷まします。

体の仕組み、冷ます冷却機能を十二分に発揮

暑さ対策暑熱馴化

発汗機能の多い背中の熱をいち早く逃がして深部体温を下げます。猛暑で体温より外気温度が高くても冷ましてくれます。

まとめ

第3のインナーは衣服内背中の温度を変えることで脂肪を消費するダイエットが体の仕組でできます。

体の仕組でこんなにも

着けるだけで簡単にダイエットができます。

着けるだけで熱を逃がしてクールにしてくれます

温熱環境を変えるインナー

有れば便利な機能性インナーです

えっ2つの効果背中の熱消費

 

Yahoo!

楽天

最後までご覧いただき有難うございました。

Pocket

地球温暖化で糖尿病が増える?

地球温暖化で糖尿病が増える?褐色脂肪細胞を増やし脂肪を落とす「新習慣」オススメの動画

糖尿病が増える原因は

地球温暖化で気温1℃上昇すると米国で年間10万人糖尿病が増える可能性があることが学会に発表されました

クリックしで動画YouTubeご覧ください。

褐色脂肪細胞が多い人は2型糖尿病がかかりにくい動画

動画をまとめました。

医学誌糖尿病の増加の原因は? 2型糖尿病は肥満・運動不足・ストレスなどがきっかけで発病するといわれていたのに・・・ 。地球温暖化で糖尿病が増える? 命を削る原因がまた一つ増えました。

増加する一因は気温の上昇でが米国で年間10万人増えた可能性があるということは日本でも考えられますネ。

気温上昇で糖尿病が発生

気温上昇が褐色脂肪細胞の活性化を抑制しグリコース代謝を低下させ、2型糖尿病の発生する人が増えているのではないかと考えられているそうです。

白色脂肪細胞を減らし褐色脂肪細胞を増やす方法。

細胞には異種の細胞があります。エネルギー不足にならないように貯える白色脂肪細胞とエネルギーを作る褐色脂肪細胞があります。

ハーバード大学糖尿病センターの研究によると運動により褐色脂肪細胞が増えるという

ハーバード大学糖尿病センターの研究によると運動不足により増えた白色脂肪細胞が運動することにより減り褐色脂肪細胞が増えるという。

白色脂肪細胞を分解して減らす方法は運動、空腹でエネルギー不足した時と寒い環境です。

運動:運動で使うのは優先的に身体活動量のエネルギーが使われるので脂肪は減らしにくい。

空腹:食事制限による置き換えダイエットですが脂肪肝になる人もいますので運動しながらです。

参照:NHK美と若さの新常識、脂肪肝にならないヒミツは運動

寒い環境:人は寒い環境になると命を守るのに恒常性の体熱維持で基礎代謝のエネルギーを代謝(脂肪を体熱に)します。代謝を繰り返すことで褐色脂肪細胞(ミトコンドリア)が増えます。

褐色脂肪細胞が脂肪を分解するメカニズム

気温の低い環境にいるとノルアドレナリンが分泌して貯蔵中性脂肪を分解し遊離脂肪酸をミトコンドリアが熱を産生します。

褐色脂肪細胞が多い人は2型糖尿病がかかりにくい

体が体温を調整するメカニズムは体重の現象やインスリン作用にも影響しており褐色脂肪細胞の多い人は2型糖尿病がかかりにくいと考えられている。

健康で100歳迄生きたいネ!

人生100年時代、体の仕組、褐色脂肪細胞を寒冷刺激して増えた脂肪を減らせれば長生きできそうですね。

「新習慣」の実験

「運動30分間の新習慣」の実験

運動で消費されるエネルギーは摂取した身体活動量のエネルギーが使われて運動開始後一定の時間を経過してから分解された脂肪を消費されます。

「背中クールタイ」を着けて背中を寒い環境にすることで速やかに基礎代謝のエネルギーを使い分解された脂肪を消費し始めます。運動に寒さを負荷すると30分が有酸素運動80分と同じ効果。(自身の運動で比較してみました。)

「安静時120分間の新習慣」の実験

基礎代謝寒冷刺激による痩身差

「背中クールタイ」を着けるて安静時(基礎代謝)2時間の比較実験です。痩身差をカロリー計算すると有酸素運動40分の消費カロリーと同じ効果です。

「震える寒さ10~15分」の実験

極端ですが似たような実験があります。

10分~15分震える寒さで痩せるエビデンス

シドニー大学のポール・リー先生は10分~15分の震える寒さと1時間分のエクササイズと同じ効果を学会に発表しています。

まとめ

糖尿病を体の仕組で守る「新習慣」は「背中クールタイ」を着けると背中が寒い環境になり体の仕組み恒常性の体熱維持がサポートします。基礎代謝は夏より冬の方が多いように背中を冬モードにすれば1年通してできます。

最後まで有難うございました。

Pocket


らくらくダイエットゼロ円でできる。熱を逃がすと脂肪は燃える。

簡単!らくらくダイエットはゼロ円でできる?おすすめの痩せるインナーとは

 ゼロ円でできる!ダイエット器具

肥満脂肪を消費する方法を知ればダイエットは簡単!お金と時間かけなくてもできます。

ダイエットにお金・時間かける?賭けない?

0円でできる。あればいいですよね。

おススメです。

ボーっとしていてもできる。

ダイエットにお金かけていますよね。

無駄なダイエットしてませんか?食事制限、お金、キツイ運動

痩せるサプリを飲み続ける。

脂肪燃焼を促進するサプリ

脂肪燃焼を抑制するサプリ

炭水化物置き換えダイエット

など有名人の宣伝に乗って効くと思いお金をかけています。

効果はありますか?

らくらくダイエットは健康器具「背中クールタイ」を着けるだけです。

ダイエット=脂肪を消費することです。

脂肪を消費する方法は脂肪を促進・抑制・即燃焼に分かれます。

着けると痩せるインナーは仕組で脂肪燃焼

らくらくダイエットは脂肪を燃やすダイエット

脂肪燃焼を促進する、抑制するは脂肪が代謝するときにサポートするのですがらくらくダイエットは即燃焼する方法です。

らくらくダイエットの秘密は基礎代謝のエネルギー

基礎代謝のエネルギーを使いらくらくダイエット「らくらくダイエット」は何もしないクマさん冬眠しているように安静時の基礎代謝のエネルギーを使います。

クマは秋に効率よく脂肪を蓄積し、冬眠中に蓄えた脂肪で効率よくエネルギーを産生しています。

ヒトの摂取した1日のエネルギー消費量の割合から見ると運動・活動で使われるのが身体活動量のエネルギーです。キツイ運動、強い運動、しても脂肪がなかなか減らないのは体の仕組なんですね。

エネルギーには使う順序があり身体活動量のエネルギーが優先的に使われ不足してから基礎代謝のエネルギーが使われます。最初から基礎代謝のエネルギーを使うとクマさんの冬眠のように効率よく脂肪を消費してくれます。

体の仕組

褐色脂肪細胞を寒冷刺激して活性化!脂肪を熱に消費

肥満脂肪を消費する方法を知ればお金と時間かけなくてもできますネ。体のしくみで脂肪を分解メカニズム

恒常性の体温調節により、寒さを感じると、首、脇の下、肩甲骨の周り、腎臓の周り、心臓の周りにある褐色脂肪細胞内のミトコンドリアが、脂肪を使ってダイレクトに熱エネルギーを産生する、というものです。

これは運動を伴わずに体熱が産み出される仕組みです。この仕組みを取り入れたのが「背中クールタイ」です。

体の仕組でこんなにも寛太案にダイエットができる

楽天

こちらからお買い求めできます。

体の仕組で熱産生に関する論文です

痩せる仕組みの論文

私たちの身体には寒さに反応してすみやかに熱を産生して体温を維持する仕組みがあります。

まとめ

「背中クールタイ」を着けると褐色脂肪細胞のある部位と重なり“寒い環境”になり体の仕組でらくらくダイエットが出来ます。

衣服を着ながら褐色脂肪細胞を寒冷刺激出来ます。

こちらからお買い求めできます。

楽天

Yahoo!

最後までご覧いただき有難うございました。

Pocket