背中」タグアーカイブ

マウス実験をヒントに生まれたダイエット

痩せるインナー!マウス実験をヒントに生まれたダイエット!

マウス実験の論文と「背中クールタイ」

中性脂肪を減らす研究が大学や研究機関においてマウス実験の成果が学会に発表され肥満対策に期待されています。が、痩せる薬も、痩せる方法もまだ市場には出てきません。でもこれをヒントにダイエットする痩せるインナーを作りました。

マウス

マウスが実験に使われるのは哺乳類で人間の生活活動が似ていて、ヒトの遺伝子が90%以上も共通点があり、繫殖力もあるところから使われています。

褐色脂肪細胞のある部位と「背中クールタイ」が重なり「背中・ふしぎ発見」!着けると脂肪を消費します。

マウス実験をヒントに生まれたダイエット3褐色脂肪細胞を活性化する

論文内容は褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪を熱に代謝することが確立されています。これを応用したダイエット方法があっていいのではないでしょうか。研究を活かすためにも。実験の成果を無駄にしたくはないですね。

マウス実験の褐色脂肪細胞に関する論文

褐色脂肪細胞においてエネルギー消費を促す新たなメカニズムを発見
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2015/160219_2.html
白色脂肪細胞は細胞内に栄養を脂肪として貯蓄しますが、褐色脂肪細胞は脂肪を
分解し、熱を産生することで体温の調節をします。出典:京都大学・生理学研究所リリースより

寒冷刺激の体温維持には熱産生遺伝子の高次構造変化が必須
東京大学先端科学技術研センター
私たちヒトや哺乳動物は、急速な環境の変化に瞬時に反応し、命を守る仕組みが
あります。出典:東京大学先端科学技術研センター

褐色脂肪細胞を寒冷刺激する方法マウス実験をヒントに生まれたダイエット2褐色脂肪細胞を活性化する

マウスの実験を無駄にしないで私たちが活用する方法です。

ウェブ上で寒冷刺激を検索してヒットするのは寒中水泳と冷水シャワ・・・ですね。冷たさを強いれられてもビフォーアフターでの効果などの資料はありません。

一方「背中クールタイ」は衣服を着ながら暖かい格好で背中の熱を逃がします。すると温度が下がることで脂肪を熱に消費して結果が即痩身差で表れます。マウスの実験を人間も“寒い環境”にすることで皆さんもできるのです。簡単にできるのがいいですね。

 寒冷刺激をして比較実験

 

脂肪燃焼

「背中クールタイ」を着けると熱を逃がし温度が下がります。たったこれだけです。

基礎代謝痩身差12月説明書きカット

2時間安静時に熱を逃がすだけで痩身差が出ます。痩身差を換算すると2時間で有酸素運動40分の消費カロリーと同じ効果です。

基礎代謝の酸素消費量を測定しても酸素消費量が増えます。脂肪を燃やすのには酸素が必要ですよね。

30分の運動にも寒さを負荷すると有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果がでます。

 まとめ

マウスの実験ヒントを応用するといつでもどこでもダイエットが簡単にできます。研究を無駄にしたくないですね。

 

Pocket

ひと工夫で痩せる運動

痩せるインナーを着けると運動30分が有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果!

着けると痩せるインナー

マウスの実験で“寒い”と褐色脂肪細胞が脂肪を熱に代謝することは裏付けされています。皆さんもインナーを着けると“寒い環境”になり脊髄の周りにある褐色脂肪細胞を寒冷刺激しますので脂肪をヒーターに消費します。ダイエットってが簡単にできますね。

運動で痩せないのはアニメ

NHKのためしてガッテン!などテレビの健康に関係する番組で最後に、ドクターの一言が“適度な有酸素運動をしましょう”。で終わります。

適度な有酸素運動って?皆さん痩せると思いますよね。実は痩せにくいのです。

有酸素運動では痩せにくい!

運動で痩せないのは

痩せようと思って有酸素運動やキツイ運動しても痩せないのは身体活動量のエネルギーを優先的に使うからです。継続してエネルギーが不足してから基礎代謝のエネルギーを使いますので痩せるのにはきつい運動になります。体の仕組で決められているんですね。

基礎代謝のエネルギーを使うと運動30分が有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果!

一方背中に寒さを負荷するとすみやかに基礎代謝のエネルギーを使い脂肪を消費します。

同一運動を30分間して寒さを負荷しないのと比較してみますね。

有酸素運動を始めると摂取したグリコーゲンが使われ(グラフ参照)脂肪が使われるのは運動開始後経過してからです。前後で痩身差が60gです。

背中に寒さを負荷すると運動にプラスα基礎代謝のエネルギーを使いますので痩身差が80gで出ました。この差20gを消費カロリーで換算すると80分に匹敵します。

10~15分の震える寒さと1時間分のエクササイズと同じ効果

10分~15分震える寒さで痩せる効果が

出典:シドニー大学

10分~15分の震える寒さと1時間分のエクササイズと同じ効果!があることを発表しています。私の実験では30分背中の熱を逃がすだけで有酸素運動80分と同じ効果です。

恒常性の体熱維持を応用すれば暖かい格好してもダイエットはできます。

褐色脂肪細胞の機能を引き出して脂肪燃焼!

•先取り脂肪燃焼

ヒトには異種の細胞があり熱エネルギーを作る褐色脂肪細胞とエネルギー不足に蓄える白色脂肪細胞があります。エネルギーの備蓄です。問題は貯め過ぎです。お金ならうれしいですが。(笑) 貯めすぎた脂肪はなかなか減りません。

痩せるのに薬、サプリなどで脂肪燃焼を謳っていますがよく見ると燃焼を促進する、抑制するがほとんどです。

先取りは脂肪燃焼はホメオスタシス恒常性の体熱維持を応用した画期的な方法なんです。

魔法の「背中クールタイ」お申し込みはコチラ

痩せる仕組みの論文

マウス実験ですが寒さに反応してすみやかに熱を産む論文です。痩せるのに背中に”寒い環境”を作れば簡単にできますネ。

基礎代謝のエネルギーを引き出せば痩せる!

ひと工夫で痩せる運動4基礎代謝のエネルギー

1日のエネルギー消費量の割合で基礎代謝は、何もせずじっとしている時に生命維持のために消費される必要最小限のエネルギー代謝量です。1日のエネルギー消費量の内60%~70%が使われます。

身体活動量のエネルギーは さまざまな運動・トレーニング ・活動で使われます。

このように体の仕組で決められていますので運動で痩せにくいのです。

脂肪が代謝されるのは寒い環境と、運動、空腹のエネルギー不足の時です。

簡単らくらくダイエット

熊さんはと冬眠中に蓄えた脂肪で生命を維持します。私達も基礎代謝のエネルギーを使えばキツイ運動をしなくてもダイエットができます。

褐色脂肪細胞が勝手に燃焼するメカニズム

褐色脂肪細胞が脂肪を分解

「背中クールタイ」と脊髄の周りにある褐色脂肪細胞が重なります。

脂肪燃焼

着けると、背中の熱を逃がすと温度が下がり褐色脂肪細胞が交感神経を介して脂肪を分解して熱を産み始めます。

マウス実験の成果がヒトも寒い環境を作れば脂肪は勝手に燃焼します。

まとめ

寒さを負荷すると同じ30分の運動でもしないのと比較するとビフォーアフターで痩身差がでます。皆さんも背中に寒い環境を作れば運動に日常の活動にながらダイエットができます。

着けてみたくなる

Pocket