痩せる薬」タグアーカイブ

東大の論軍通り痩せる

褐色脂肪細胞を活性化するダイエット!中性脂肪を燃やす医療機器部外品 魔法の「背中クールタイ」

痩せる薬、サプリメントに頼らないダイエットを発見!生活習慣病予防に役立つ!

中性脂肪を減らしたい!落としたい!若返りたい!暑い時は冷ましたい人たちの為におすすめ!

 

襟元から熱を逃がしてクール、痩せるインナー

画像を見てビックリ!? された方もいると思います。衣服内の背中にはオドロキの現象が起きています。熱を煙突効果で逃がし放射冷却現象で温度が下がり冷やすことで褐色脂肪細胞が活性化して脂肪を熱に消費しています。基礎代謝の酸素消費量も増えています。

背中の温熱環境を変えることで、ホメオスタシス恒常性の維持、体熱調節の機能を引き出して皆さんの健康に一役 担います。

熱を逃がす第3のインナー「背中クールタイ」交感神経が働いて体温調節をサポート

第3魔法のインナー「背中クールタイ」痩せるインナー 

私達の身体は常に一定の体温に保たれ快適な生活をしています。着けるだけで第3のインナーは熱を逃がし脂肪を分解しす燃やす“寒い環境”を作りますので簡単にダイエットができます。また“暑い環境”では熱溜まりを放出して深部体温を下げ爽やかにしてくれる便利なインナーです。

【寒い環境】にすると

身体って、暑いと汗を掻き冷ましますよね。真逆に寒い時の熱エネルギー源は?

諸説ありますが、マウス受験で褐色脂肪細胞が“寒い環境”で脂肪を熱に代謝するのが確立されています。

生理現象でみると

着けると痩せるアニメ白菜―ダウンコート

寒いと冬野菜など植物細胞は寒さから身を守るのに澱粉を糖に変えています。だから甘いのです。私達も基礎代謝は夏より冬の方が多いのは?“寒い環境”で脂肪を熱に代謝して温めてくれています。ありがたいですね。これを担うのが脊髄の周りに多い褐色脂肪細胞の内にいるミトコンドリアが熱を産んでいます。

ボーっとしていても

この仕組みを応用すればダイエットが簡単にできます。

基礎代謝のエネルギーを引き出せば痩せる

METs運動量の消費カロリー計算はあります。が、基礎代謝の消費するカロリー計算はありません。そこで、背中を“寒い環境”にしてデスクワークしながらで比較実験をしました。前代未聞です。2時間で体重差に表れます。基礎代謝の酸素消費量も増えるのはミトコンドリアが消費している証です。

ミトコンドリアが増えるのがわかると楽しくなります。体に良いことがたくさんあります。

褐色脂肪細胞が脂肪を分解

寒い環境で脂肪を分解して熱を生む仕組みを分かりやすくした解説図です。

「背中クールタイ」は“寒い環境”にすることで速やかに脂肪を分解して熱を産みます。この代謝するときにミトコンドリアが増加して褐色脂肪細胞が活性化されます。

あったらいいな!皆さんも“寒い環境”を作れば痩せられる。

ダイエットでお金・時間かける

魔法のダイエットはこんな方におススメ

魔法のダイエット無理だと思っていたけど

皆さんも“寒い環境”を作れば痩せる薬、サプリメントに頼らないで簡単にできます。テレビを見ながら、デスクワークしながら2時間、運動、家事、犬の散歩しながら30分で健康痩せができます。着ける時間を増やせば比例してダイエットができます。

【暑い環境】では

熱を逃がすと爽やかになるインナー

熱がこもるから暑い!

暑いから汗を掻く!

濡れる蒸発しない!

発汗の冷却機能がストップ!

体温調節の冷ます冷却機能を活かして冷まします。

体の仕組み、冷ます冷却機能を十二分に発揮

暑さ対策暑熱馴化

発汗機能の多い背中の熱をいち早く逃がして深部体温を下げます。猛暑で体温より外気温度が高くても冷ましてくれます。

まとめ

第3のインナーは衣服内背中の温度を変えることで脂肪を消費するダイエットが体の仕組でできます。

体の仕組でこんなにも

着けるだけで簡単にダイエットができます。

着けるだけで熱を逃がしてクールにしてくれます

温熱環境を変えるインナー

有れば便利な機能性インナーです

えっ2つの効果背中の熱消費

 

Yahoo!

楽天

最後までご覧いただき有難うございました。

Pocket

マウスの実験褐色脂肪細胞を寒冷刺激するをヒントに生まれたダイエットのアニメ

痩せるインナー!は大学や研究機関においてマウスの実験 褐色脂肪細胞活性化して熱産生をヒントに誕生!

マウスの実験褐色脂肪細胞の熱・産生する論文と「背中クールタイ」

中性脂肪を減らす研究が大学や研究機関においてマウス実験の成果が学会に発表され肥満対策に期待されています。が、痩せる薬も、痩せる方法もまだ市場には出てきません。でもこれをヒントに褐色脂肪細胞を寒冷刺激して痩せるインナーを作りました。

マウス実験をヒントに生まれたダイエット

マウスが実験に使われるのは哺乳類で人間の生活活動が似ていて、ヒトの遺伝子が90%以上も共通点があり、繫殖力もあるところから使われています。

褐色脂肪細胞のある部位と「背中クールタイ」が重なりました。

あなたならどうしますか?

やってみる価値大ですよね。

早速同一条件で運動しながら40分間の前後の体重差で比較してみました。

着けたヒト着けない日で体重差で確認できたのです。

痩せるサプリでも40分間で体重差に表れますか?

「背中にふしぎ発見!」しました。

マウス実験をヒントに生まれたダイエット褐色脂肪細胞を活性化する

論文内容は褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪を熱に代謝することが確立されています。これを応用したダイエット方法があっていいのではないでしょうか。研究を活かすためにも。実験の成果を無駄にしたくはないですね。

マウス実験の褐色脂肪細胞に関する論文

褐色脂肪細胞およびベージュ脂肪細胞の制御機構と臨床的意義
https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2017.890917/data/index.html

参照:日本生化学会

褐色脂肪細胞においてエネルギー消費を促す新たなメカニズムを発見
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2015/160219_2.html
白色脂肪細胞は細胞内に栄養を脂肪として貯蓄しますが、褐色脂肪細胞は脂肪を
分解し、熱を産生することで体温の調節をします。出典:京都大学・生理学研究所リリースより

寒冷刺激の体温維持には熱産生遺伝子の高次構造変化が必須
東京大学先端科学技術研センター
私たちヒトや哺乳動物は、急速な環境の変化に瞬時に反応し、命を守る仕組みが
あります。出典:東京大学先端科学技術研センター

褐色脂肪細胞を寒冷刺激する方法マウス実験をヒントに生まれたダイエット褐色脂肪細胞を活性化する

マウスの実験を無駄にしないで私たちが活用する方法です。

ウェブ上で寒冷刺激を検索してヒットするのは寒中水泳と冷水シャワ・・・ですね。冷たさを強いれられてもビフォーアフターでの効果などの資料はありません。

一方「背中クールタイ」は衣服を着ながら暖かい格好で背中の熱を逃がします。すると温度が下がることで脂肪を熱に消費して結果が即痩身差で表れます。マウスの実験を人間も“寒い環境”にすることで皆さんもできるのです。簡単にできるのがいいですね。

 寒冷刺激をして比較実験

 

熱を逃がして褐色脂肪細胞を冷やして脂肪燃焼

「背中クールタイ」を着けると熱を逃がし温度が下がります。たったこれだけです。

基礎代謝痩身差12月

2時間安静時に熱を逃がすだけで痩身差が出ます。痩身差を換算すると2時間で有酸素運動40分の消費カロリーと同じ効果です。

基礎代謝の酸素消費量を測定しても酸素消費量が増えます。脂肪を燃やすのには酸素が必要ですよね。

30分の運動にも寒さを負荷すると有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果がでます。

 まとめ

マウスの実験ヒントを応用するといつでもどこでもダイエットが簡単にできます。研究を無駄にしたくないですね。

Yahoo!

楽天

最後までご覧いただき有難うございました。

 

Pocket