運動不足」タグアーカイブ

背中の熱をストレートに煙突効果で逃がすことで褐色脂肪細胞を冷やして痩せられる「背中クールタイ」

プレスリリース 背中に不思議発見!脂肪を燃やすダイエット!基礎代謝が上がる!

プレスリリース

日本初!衣服内気候革命!背中の温熱環境を変えることで、中性脂肪を減らすダイエット、ミトコンドリアで健康維持できる、熱中症対策に体を冷ます健康器具「背中クールタイ」

 

2021年4月13日:コロナ禍で運動不足です。肥満対策に「背中クールタイ」痩せる健康グッズ

2021年3月3日:背中クールタイ/背中の熱を逃がすと「アラッ!不思議?」体脂肪が減っていく

「PR-FREEにてリリース」

2021年3月30日:ウィキペディア(Wikipedia)編集 寒さを負荷するとすみやかに効果が分かる

参照:褐色脂肪細胞

2017年7月19日:テレビ東京WBS【トレたま】煙突効果で熱を放出

トレたまに

薬機法(旧薬事法)について

HPの中に脂肪を燃やすなど薬機法(旧薬事法)に触れるような文言が出てきます。褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪は熱に代謝することは報告されています。寒中水泳するときに衣服を脱ぎますよね。冷水シャワーを浴びるときもです。「背中クールタイ」は衣服を着ながら着けると寒い環境になり、褐色脂肪細胞を寒冷刺激して体の仕組み体温調節でできるのです。

医療機器 部外品です。

医療機器には該当しません。

 

暑い環境:煙突効果で熱を放出【トレたま】

熱溜まりを逃がすとクールに:夏の風物詩打ち水のように気化熱で冷まします。炎天下37℃でもさます効果が熱中症対策にも役に立ちます。

寒い環境:皆さんの前で比較実験をしても体重差で結果がでます!

背中の熱を逃がすと温度が下がり脂肪を燃やします:基礎代謝は夏より冬の方が多い。植物細胞も寒い環境で代謝して甘くなる。いずれも細胞の仕組です。

比較実験することで数値で見える化しました。

● 30分間の運動で寒冷刺激しないのと痩身差がでます。

● 120分間の安静時で寒冷刺激しないのと痩身差がでます。

● 寒さを負荷しないのと基礎代謝の酸素消費量が増えます。脂肪を燃やす証ですね。

● 健康維持ができるのは寒行に代表されます。

このように温熱環境を変えることで、簡単にできるのです。背中に不思議発見です。

詳細は「背中クールタイ」研究室

お問い合わせ

℡ 04-7184-6540

メール towa-abk@abeam.ocn.ne.jp

担当 佐藤

 

Pocket

地球温暖化で糖尿病が増える?

地球温暖化で糖尿病が増える?褐色脂肪細胞を増やし脂肪を落とす「新習慣」オススメの動画

糖尿病が増える原因は

地球温暖化で気温1℃上昇すると米国で年間10万人糖尿病が増える可能性があることが学会に発表されました

クリックしで動画YouTubeご覧ください。

褐色脂肪細胞が多い人は2型糖尿病がかかりにくい動画

動画をまとめました。

医学誌糖尿病の増加の原因は? 2型糖尿病は肥満・運動不足・ストレスなどがきっかけで発病するといわれていたのに・・・ 。地球温暖化で糖尿病が増える? 命を削る原因がまた一つ増えました。

増加する一因は気温の上昇でが米国で年間10万人増えた可能性があるということは日本でも考えられますネ。

気温上昇で糖尿病が発生

気温上昇が褐色脂肪細胞の活性化を抑制しグリコース代謝を低下させ、2型糖尿病の発生する人が増えているのではないかと考えられているそうです。

白色脂肪細胞を減らし褐色脂肪細胞を増やす方法。

細胞には異種の細胞があります。エネルギー不足にならないように貯える白色脂肪細胞とエネルギーを作る褐色脂肪細胞があります。

ハーバード大学糖尿病センターの研究によると運動により褐色脂肪細胞が増えるという

ハーバード大学糖尿病センターの研究によると運動不足により増えた白色脂肪細胞が運動することにより減り褐色脂肪細胞が増えるという。

白色脂肪細胞を分解して減らす方法は運動、空腹でエネルギー不足した時と寒い環境です。

運動:運動で使うのは優先的に身体活動量のエネルギーが使われるので脂肪は減らしにくい。

空腹:食事制限による置き換えダイエットですが脂肪肝になる人もいますので運動しながらです。

参照:NHK美と若さの新常識、脂肪肝にならないヒミツは運動

寒い環境:人は寒い環境になると命を守るのに恒常性の体熱維持で基礎代謝のエネルギーを代謝(脂肪を体熱に)します。代謝を繰り返すことで褐色脂肪細胞(ミトコンドリア)が増えます。

褐色脂肪細胞が脂肪を分解するメカニズム

気温の低い環境にいるとノルアドレナリンが分泌して貯蔵中性脂肪を分解し遊離脂肪酸をミトコンドリアが熱を産生します。

褐色脂肪細胞が多い人は2型糖尿病がかかりにくい

体が体温を調整するメカニズムは体重の現象やインスリン作用にも影響しており褐色脂肪細胞の多い人は2型糖尿病がかかりにくいと考えられている。

健康で100歳迄生きたいネ!

人生100年時代、体の仕組、褐色脂肪細胞を寒冷刺激して増えた脂肪を減らせれば長生きできそうですね。

「新習慣」の実験

「運動30分間の新習慣」の実験

運動で消費されるエネルギーは摂取した身体活動量のエネルギーが使われて運動開始後一定の時間を経過してから分解された脂肪を消費されます。

「背中クールタイ」を着けて背中を寒い環境にすることで速やかに基礎代謝のエネルギーを使い分解された脂肪を消費し始めます。運動に寒さを負荷すると30分が有酸素運動80分と同じ効果。(自身の運動で比較してみました。)

「安静時120分間の新習慣」の実験

基礎代謝寒冷刺激による痩身差

「背中クールタイ」を着けるて安静時(基礎代謝)2時間の比較実験です。痩身差をカロリー計算すると有酸素運動40分の消費カロリーと同じ効果です。

「震える寒さ10~15分」の実験

極端ですが似たような実験があります。

10分~15分震える寒さで痩せるエビデンス

シドニー大学のポール・リー先生は10分~15分の震える寒さと1時間分のエクササイズと同じ効果を学会に発表しています。

まとめ

糖尿病を体の仕組で守る「新習慣」は「背中クールタイ」を着けると背中が寒い環境になり体の仕組み恒常性の体熱維持がサポートします。基礎代謝は夏より冬の方が多いように背中を冬モードにすれば1年通してできます。

最後まで有難うございました。

Pocket