消費カロリー」タグアーカイブ

ミトコンドリアを増やす3つの方法、運動・空腹・寒さを感じる

脂肪分解して燃やすミトコンドリアを増やす3つの方法を紹介します。ミトコンドリアが増える 若返る スタミナアップします

体内のミトコンドリアを増やす3つの方法

ミトコンドリアを増やす解説図、褐色脂肪細胞内のミトコンドリアが熱産生してエネルギーに代謝

画像の右上から、ミトコンドリアは私たちの細胞の中の小器官で活動するために摂取した食べ物からエネルギー(ATP)に代謝して私たちのエネルギーATP(アデノシン三リン酸)を作っています。

美味しいものを食べ過ぎると摂取カロリーが消費カロリーをオーバーすると余ったATPは中性脂肪として貯えれます。

中性脂肪は備蓄用として必要ですが、いわゆる摂り過ぎた肥満脂肪をミトコンドリアが助けてくれるのです。

細胞には異種のエネルギーを貯える役目の白色脂肪細胞とエネルギーを作る褐色脂肪細胞がありミトコンドリアが代謝(脂肪を分解して熱産生)の役目を担います。

画像の①褐色脂肪組織が寒いと感じると②交感神経の指令でノルアドレナリンを分泌して③ホルモン感受性リパーゼが脂肪を分解④脂肪酸が遊離して⑤ミトコンドリアが熱産生してエネルギーを作ります。

また、ミトコンドリアは⑥運動空腹でエネルギーが不足した時に中性脂肪を分解して熱エネルギーに代謝してます。

ミトコンドリアを増やす3つの方法、エネルギー不足と寒さ

①キツメの運動

有酸素運動に小走りを取り入れたり、階段を登る時は2段上がりするなどきつめの運動を取り入れ、息がハーハーするぐらいの時がエネルギーが足りない!と感じミトコンドリアが増える仕組みになっています。皆様の中にはキツイ運動や長時間の運動を強いれられ、あきらめてしまう人が多いと思います。運動で使うエネルギーは身体活動量のエネルギーが優先的に使われ痩せないからです。

③プチ断食をする

ヒトは、体内にエネルギーがないと感じると、エネルギーを作り出そうとするそうです。週に1度のプチ断食も心掛ける。

置き換えダイエットをする。

出典:NHK BS 美と若さの新常識!

空腹にするのに置き換えダイエットや無理な食事制限をしてダイエットに成功したと思ったら脂肪肝になる人もいます。

いずれの場合もエネルギーが不足のために備蓄された脂肪は簡単には減らないのですね。

細胞はバランスよく栄養を摂取することが重要です。

 

③寒い環境

ミトコンドリアの多く含まれている痩せる褐色脂肪細胞のある部位と「背中クールタイ」が偶然に重なり合い寒冷刺激して寒い環境を作ります。ので着けるとパワーポイントで中性脂肪を体のヒーターに消費してくれます。この時に活性化され増えるのです。

強さをひきだす氷点下での水浴び、ミトコンドリアを増やす

ミトコンドリアを増やしてキレイに痩せる。健康回帰!若返る!

皆さんも病気になって他人には迷惑をかけたくない!との思いで、寒行や有酸素運動など実行されている健康法があるかと思います。

 

ミトコンドリアを増やして痩せる「背中クールタイ」とは

ミトコンドリアを増やすのに寒冷刺激する方法

中性脂肪を分解して簡単に痩せるのは褐色脂肪細胞を寒冷刺激します。寒い環境を作ると私達の体は基礎代謝のエネルギーを使い恒常性の体温維持で中性脂肪を消費して温めます。

寒冷刺激する方法は寒中水泳、ペットボトル、冷水シャワーなどがあります。

ミトコンドリアを増やす脂肪燃焼

「背中クールタイ」を着けると熱を逃がし褐色脂肪細胞を冷やしミトコンドリアが脂肪を燃やす環境になります。

ミトコンドリアを増やす寒い環境、背中から放出される風の速度

衣服内の温熱環境を変えるグッズです。熱い環境では熱がこもらないので爽やかになります。

簡単に痩せる 元気になる!はあなたの褐色脂肪細胞内のミトコンドリアを活かすとできるのです。

ミトコンドリアを増やす基礎代謝着けるだけでエネルギー代謝ダイエット

基礎代謝は夏より冬の方が多い体の仕組みを応用すれば皆さんできますネ。

ミトコンドリアを増やすメカニズム

背中を寒い環境にするだけでミトコンドリアを増えて若返る効果が!ミトコンドリアを増やすメカニズム

ミトコンドリアを増やすのは褐色脂肪細胞が寒い環境・キツメの運動・プチ断食を繰り返し代謝(熱・産生)すことで増えます。

 

まとめ

如何でしたか。「背中クールタイ」は褐色脂肪細胞のある部位と重なり着けるだけで体の仕組でミトコンドリアが増える環境になります。

あなたのミトコンドリアを」応用すれば簡単に痩せる!健康回帰!若返る!ことができます。

こちらからお買い求めできます。

楽天

Yahoo!

最後まで有難うございました。

Pocket

運動で痩せないのをひと工夫で痩せる運動にする方法

運動30分に寒冷刺激すると有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果!

着けると基礎代謝のエネルギーを使い代謝を上げ 痩せるインナー

運動では痩せない?

キツイ運動や長い時間ダイエットに挑戦してしてあきらめた方多いのではないでしょうか。痩せないのは使うエネルギーが違うのです。

最重要ポイントです。

痩せるインナーは基礎代謝のエネルギーを意図的に上げます。

マウスの実験で“寒い”と褐色脂肪細胞が脂肪を熱に代謝することは論文で裏付けされていますね。あなたも痩せるインナーを着けると“寒い環境”になり脊髄の周りにある褐色脂肪細胞を寒冷刺激して褐色脂肪細胞ダイエットが簡単にできます。

運動で痩せないのは?痩せる運動にするアニメ

NHKのためしてガッテン!などテレビの健康に関係する番組で最後に、ドクターの一言が“適度な有酸素運動をしましょう”。で終わります。

適度な有酸素運動って?皆さん痩せると思いますよね。実は健康に良くても痩せにくいのです。

有酸素運動では痩せにくい!その理由は?

運動で痩せないのは身体活動量のエネルギーをつかうから

痩せようと思って有酸素運動やキツイ運動しても痩せないのは身体活動量のエネルギーを優先的に使うからです。継続してエネルギーが不足してから基礎代謝のエネルギーを使いますので痩せるのにはきつい運動になります。体の仕組で決められているんですね。

基礎代謝のエネルギーを使うと運動30分が有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果!

背中に寒さを負荷すると褐色脂肪細胞を冷やすことですみやかに基礎代謝のエネルギーを使い脂肪の消費が始まります。

同一運動を30分間して寒さを負荷しないのと比較を紹介します。

有酸素運動を始めると摂取したグリコーゲンが使われ(グラフ参照)脂肪が使われるのは運動開始後経過してからです。前後で痩身差が60gです。

背中に寒さを負荷すると運動にプラスα基礎代謝のエネルギーを使いますので痩身差が80gで出ました。この差20gを消費カロリーで換算すると80分に匹敵します。

褐色脂肪細胞を冷やすダイエット

野菜も温室で育てるより寒さを負荷すると甘くなる。あなたも寒さを負荷すると脂肪を消費するのです。体の仕組ですよ。

極端に寒さを負荷した論文です。

10~15分の震える寒さと1時間分のエクササイズと同じ効果

10分~15分震える寒さと1時間のエクササイズと同じ効果

出典:シドニー大学

10分~15分の震える寒さと1時間分のエクササイズと同じ効果!があることを発表しています。私の実験では30分背中の熱を逃がすだけで有酸素運動80分と同じ効果です。

恒常性の体熱維持を応用すれば暖かい格好してもダイエットはできます。

褐色脂肪細胞を寒冷刺激して活性化!ミトコンドリアが脂肪燃焼!

先取り脂肪燃焼。マウス実験で裏付けられたダイエット

ヒトには異種の細胞があり熱エネルギーを作る褐色脂肪細胞とエネルギー不足に蓄える白色脂肪細胞があります。エネルギーの備蓄です。問題は貯め過ぎです。お金ならうれしいですが。(笑) 貯めすぎた脂肪はなかなか減りません。

痩せるのに薬、サプリなどで脂肪燃焼を謳っていますがよく見ると燃焼を促進する、抑制するがほとんどです。

先取りは脂肪燃焼はホメオスタシス恒常性の体熱維持を応用した画期的な方法なんです。

Yahoo! 楽天

痩せる仕組みの論文

マウス実験ですが寒さに反応してすみやかに熱を産む論文です。痩せるのに背中に”寒い環境”を作れば簡単にできますネ。

基礎代謝のエネルギーを引き出せば痩せる!

ひと工夫で痩せる運動は基礎代謝のエネルギーを使う

1日のエネルギー消費量の割合で基礎代謝は、何もせずじっとしている時に生命維持のために消費される必要最小限のエネルギー代謝量です。1日のエネルギー消費量の内60%~70%が使われます。

身体活動量のエネルギーは さまざまな運動・トレーニング ・活動で使われます。

このように体の仕組で決められていますので運動で痩せにくいのです。

脂肪が代謝されるのは寒い環境と、運動、空腹のエネルギー不足の時です。

熊さんはと冬眠中に蓄えた脂肪で生命を維持します。私達も基礎代謝のエネルギーを使えばキツイ運動をしなくてもダイエットができます。

褐色脂肪細胞内のミトコンドリアが脂肪を燃焼するメカニズム

褐色脂肪細胞が脂肪を分解するメカニズム

寒いと体の仕組みで脂肪を燃やす仕組です。

「背中クールタイ」と脊髄の周りにある褐色脂肪細胞が重なります。

着けると、背中の熱を逃がすと温度が下がり褐色脂肪細胞が交感神経を介して脂肪を分解して熱を産み始めます。

マウス実験の成果がヒトも寒い環境を作れば脂肪は勝手に燃焼しますね。

 

まとめ

寒さを負荷すると同じ30分の運動でもしないのと比較するとビフォーアフターターで痩身差がでるのがお分かりいただけたと思います。褐色脂肪細胞を活性化してダイエットがあなたの背中に寒い環境を作れば運動に日常の活動にながらダイエットができます。

最後までご覧頂き有難うございました。

Yahoo! 楽天

Pocket