恒常性の体熱維持ホメオスタシスを活かしす健康グッズ

有酸素運動 毎日 30分して褐色脂肪細胞ダイエットの効果を前後で比較

「背中クールタイ」着けないのと比較運動してます。
質問者の写真

親に感謝です。
同一運動で比較してみると、とんでもない事件が起きているんです。背中に寒さを負荷すると「体の反応・仕組」で負荷しない時より体重が減るのです。

解答者の写真

応援してま~す!!!

体温調節機能を活かした健康グッズの資料

参照:東京大学先端科学技術研究センター

褐色脂肪細胞のエビデンスを実践すると効果は一目瞭然!

褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪燃焼するメカニズムは研究機関のマウスの実験で確立されています。が、論文の最後に「生活習慣病や肥満への新規治療法や予防につながると期待されます。」で終わっています。これが現状です。残念ですがヒトでの論文は少ないです。

脂肪燃焼であるのは摂取カロリー計算と運動量METsの消費カロリー計算です。

体温調節で使うのは基礎代謝のエネルギーですがが寒さを負荷してのカロリー計算の文献は見当たりませんでした。

そこで同一運動をして体重差でと思い比較実験が始まりました。

 

体温調節機能を活かし細胞で痩せる健康グッズ

脊髄の周りにある褐色脂肪細胞と「背中クールタイ」が偶然に重なることから着けると寒い環境になり体の仕組で熱産生が始まり30分後には結果が体重差に表れます。最初は痩身差をみて 「えっ!」目から鱗でした。

着けるだけで熱を産むのはミトコンドリアが担い、基礎代謝を上げる!若返る効果も報告されているのでオススメします。

最新のヒトでの寒い環境下にすると体の機能で痩せる論文

褐色脂肪細胞およびベージュ脂肪細胞の制御機構と臨床的意義
https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2017.890917/data/index.html

参照:日本生化学会

有言実行 論文通り運動30分のビフォーアフターで比較実験をしています。

 

健康グッズで使う体重計

30分の運動に背中に寒さを負荷すると前後の体重差をカロリー計算すると有酸素運動80分と同じ効果です。

最新の記録

痩せるインナー着ける着けない30分間前後の記録

30分:5月  24日 18℃ 痩身差 40g(着けない)

30分:5月  25日 19℃ 痩身差  60g(着ける)

イラスト安静時30分:安静時基礎代謝 痩身差 5g(着けない)

30分間の比較:日付、温度背○○gは「背中クールタイ」着けて、gは運動前後の体重差です。運動する時間は夜9時~12時ですが例外もあります。

ちなみに痩身差20gは消費カロリー計算をすると

20g×30日=600g

1ヶ月0.6kg(被験者70kg)脂肪を減らす運動の計算すると

METs3の平歩き40分に匹敵します。

参照:keisan

トップページ

2022年 4月の記録

運動前後の痩身差記録2022 、4.1~4.30

着ける  11日 平均60.00g

着けない 11日 平均42.50g

平均値で17.50gの差

2022年 3月の記録

体温調節機能でスッキリ運動して比較

着ける  11日 平均65.45g

着けない 11日 平均41.81g

平均値で23.64gの差

2022年 2月の記録

ダイエット効果30分の記録2022 、2.2~2.27

着ける  9日 平均64.44g

着けない 9日 平均48.88g

平均値で15.56gの差

2022年 1月の記録

運動前後の記録2022 、1.3~1.31

着ける  9日 平均62.22g

着けない 9日 平均40g

平均値で22.22gの差

2021年12月の記録

痩せる運動30分の運動記録2021 、1212~12.31

着ける  13日 平均67.69g

着けない 12日 平均45g

平均値で22.69gの差

2021年11月の記録

痩せる細胞で比較実験しています。2021 、11,2~11.29

着ける  12日 平均67g

着けない 10日 平均46g

平均値で21gの差

2021年10月の記録

細胞で痩せる比較実験記録2021 、10,3~10.30

着ける  12日 平均70g

着けない 10日 平均44g

平均値で26gの差

2021年9月の記録

ダイエット器具「背中クールタイ」実験記録2021 、9,5~9.29

2021年8月の記録

運動前後の体重差2021 、8,3~8.29

外気温度25℃より高い日は「背中クールタイ」を着け暑さ対策です。熱は放出しましょう。

2021年7月の記録

2021 、7,3~7.30

外気温度25℃より高い日は「背中クールタイ」を着け暑さ対策です。熱は放出しましょう。

2021年6月の記録

2021 、6,1~6.30

2021年5月の記録

2021 、5,2~5.30痩身記録

2021年4月の記録

背中クールタイ体重差の記録2021 、4,1~4.30

2021年 3月の記録

比較実験2021 、3,1~3.31

2021年 2月の記録

2021 、2,1~2.28痩身記録

2021年 1月の記録

2021 、1,1~1.31痩身差前後の記録

楽天

このページのトップへ戻る

2020年12月の記録

運動して痩身差の記録2020 、12,1~12.30

2020年11月の記録

痩身記録2020 、11,1~11.29

2020年10月の記録

痩身差の実験2020 、10,1~10.31

2020年9月の記録

2020 、9,3~9.30

高温多湿で発汗も多い。

2020年8月の記録

2020 、8,1~8.31

高温多湿で発汗も多い。

2020年7月の記録

2020 、8,1~8.31

高温多湿で発汗も多い。雨の日も多く暑い日は発汗も多い。

Yahoo!

2020年6月の記録

2020 、6,2~6.29記録

暑いので熱を逃がす日(背)が多いです。

2020年5月の記録

2020 、5,1~5.30痩身差の記録

2020年4月の記録

運動前後の記録2020 4、2~4.30

2020年3月の記録

2020 3、3~3.31

2020年2月の記録

記録2020 2、3~2.28

2020年 1月の記録

痩せる実験記録2020 1.2~1.31

痩せる実験「背中クールタイ」

このページのトップへ戻る

楽天

2019年 12月の記録

痩せる実験2019 12.1~11.28

30分間の同一運動しての記録を比較

天候、食事の内容によって変わります。

2019年 11月の記録

痩せる実験記録2019 11.1~11.30

30分間の同一運動しての記録を比較

雨の日以外にトイレに行った時は記録なし。寒くなるとトイレが近くなります。散歩しながら体温調節で早く出そうという仕組みが働くのかな?なんて推察したりします。真逆に暑いと蒸発(発汗)しますものね。暑い時の痩身差にも表れています。

2019年 10月の記録

痩せる実験2019 10.1~10.31

30分間の同一運動しての記録を比較

外気温度の高い日は影響します。

2019年 9月の記録

痩せる実験2019 9.1~9.30

30分間の同一運動しての記録を比較

外気温度の高い日は影響します。

2019年 8月の記録

痩せる実験2019 8.1~8.31

30分間の同一運動しての記録を比較

暑いので「背中クールタイ」を着ける日が多いですね。でも寒冷刺激をすると暑くても体重差で表れます。

猛暑日の記録

大型店舗(冷房)で実験

痩せる実験大型店舗で寒冷刺激

2019年 7月の記録

痩せる実験2019 7.1~76.31

30分間の同一運動しての記録を比較

2019年 6月の記録

痩せる実験2019 6.3~6.31

30分間の同一運動しての記録を比較

2019年 5月の記録

痩せる実験2019 4,29~5.29

40分間の同一運動しての記録を比較

1ヶ月で何㎏痩せるかで時間を増やしました。

2019年 4月の記録

痩せる実験2019 4,11~4.29

痩せる実験2019 4,2~4.10

2019年 3月の記録

痩せる実験2019 3,1~3.31

2019年 2月の記録

痩せる実験2019 2,1~2.26

2019年 1月の記録

痩せる実験2019 1,2~1.31

2018年 12月の記録

痩せる実験2018 12.2~12.29

続きます。

27年冬の記録の記録

痩せる実験「背中クールタイ」

始めたころは40分間の比較でした。痩身差がありましたね。

最後までご覧いただき有難うございました。

 

このページのトップへ戻る

ホームページのトップへ

楽天

 

Pocket