一石三鳥」カテゴリーアーカイブ

一石三鳥の健康器具「背中クールタイ」

一石三鳥!背中の熱を放出すると熱中症対策もダイエットも基礎代謝を上げミトコンドリアも増やす健康器具

熱を放出して冷ます 魔法の「背中クールタイ」

これを襟元から背中にぶら下げると

皆さんの知らない衝撃的な感覚で「ハックション」をする人が多いです。

これって?

交感神経が働き、寒さを感じるとウイルスを吐き出して体内に入れない働きもあるようです。

体って敏感ですね。

一石三鳥3肥満予防

同時に、寒さから身を守るのに脂肪を分解して燃やし始めるサインでもあります。

まさか?

と思われる方も多いと思いますが基礎代謝の酸素消費量が増えるのです。

脂肪を燃やすのには酸素が必要です。

一石三鳥3若返る!?

脂肪を熱に代謝するのはエネルギーATP(アデノシン三リン酸)を作るミトコンドリアで代謝を繰り返すことで基礎代謝を上げ若返るのです。

一石三鳥3暑さ対策

暑い時は、体温調節で冷ますのに放熱します。特に背中には冷却機能が多く発汗した気化熱を衣服内に溜めないで放出してあげることで爽やかになります。

衣類は襟元から重力でぶら下がっています。襟元(首周り)と皮膚の間にはすき間が取れにくいのです。熱は下から上に上がるので熱が溜まります。

 

襟元から熱を放出するインナーがないので「背中クールタイ」を作りました。

熱を放出する「背中クールタイ」

衣服内の気候、温熱環境

襟元から熱を放出して常識を変える!

衣服の生地は季節に対応して進化しています。

 

暑い季節は吸水速乾ですね。

 

汗を吸い取り外へ

 

これって?実は熱が溜まります。

 

衣服内の放射熱・気化熱を放出する涼しさは?

暑い時にネクタイをとりワイシャツの胸元をつまんで軽く扇ぐと、体にまとわりついている熱と湿気の溜まりが取れて涼しくなるように、背中の熱と湿気の溜まりをとると涼しくなります。

 

寒い季節の吸湿発熱の衣服

安静時には良いのですが?

活動して暑くなると体温調節で放熱します。

汗の悩み発生、

風邪をひく心配もありますよね。

襟元から熱を放出すると悩みは解消されます。

 

体の冷却機能で体幹を冷ます

デスクワーク中に、28℃で暑さを感じエアコンを点ける前に「背中クールタイ」を着けました。

熱が逃げて仕事がはかどりました。

昼食に、担々麺を食べると暑い!

こんなの悩み

皆さんもありませんか?

 

「背中クールタイ」を着けると、あら不思議?背中の汗が消え濡れませんでした。

 

20℃前後の運動30分の感想です。

 

活動して20分経過すると暑くなり汗ばんできますが放出すると衣服は濡れませんでした。

37℃での経験

10分も経過すると顔は玉の汗が吹き出し、手も汗でびしょ濡れ、背中は20分位迄爽やか、運動後に着けていると衣服内が乾きます。不思議ですね。

楽天

脂肪を燃やす

専門家はマウスの褐色脂肪細胞の実験に夢中です。

論文によると褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪を分解して燃やすことは確立されていますネ。

「背中クールタイ」と偶然に重なり着けると酸素消費量が増えます。

寒冷比較しないのと比較すると論文通り

 

散歩に着けて30分に寒冷刺激すると有酸素運動80分と同じ効果が

 

安静時2時間に寒冷刺激すると有酸素運動40分と同じ効果がでます。

 

寒冷刺激は何℃から脂肪を燃やす???

って、気になりますよね。

 

・マウスの実験で4℃

・ヒトの実験で衣服を着て17℃

・21.9℃の雨のグラウンドで低体温で救急車で搬送されました。推察ですが体温が体温が熱伝導で奪われたのです。

 

私の実験はデスクワークしながら約1年間、安静時の比較実験から25℃位迄効果がでます。これをもって冷房の部屋においては夏でもできると断言しています。

 

ホメオスタシス恒常性の体熱維持で

暑いと汗を掻いて冷ます。

寒いと脂肪を燃やし温める。

 

若返る

褐色脂肪細胞とミトコンドリア

寒い環境を負荷するのに寒行があります。

論文で寒さを感じ脂肪を熱に代謝することで褐色脂肪細胞、ミトコンドリアが増えることが報告されています。

強さをひきだす氷点下での水浴び

氷点下で水浴びをしているのが理解できますね。

まとめ

如何でしたか?

新発想の「背中クールタイ」皆さんに知られていませんが、襟元からぶら下げると衣類の常識を変え熱中症予防に脂肪を燃やし痩せる、若返る効果も期待できます。体の仕組、恒常性の体熱維持とコラボして皆様の お役に立ちます。

こちらからお買い求めできます。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

Pocket

ナチュラルに脂肪を燃焼する魔法の「背中クールタイ」

ナチュラルに脂肪を燃焼させてくれる魔法の「背中クールタイ」日常の生活に着けるだけで!ながらダイエットが出来る12選

魔法の「背中クールタイ」とは? 恒常性の体温調節を引き出します。

1年を通して体重を減らしたい時にナチュラルに脂肪を燃焼する方法を紹介します。魔法の「背中クールタイ」を着けるだけでながらダイエットができます。建物の中では、在宅勤務、ステイホーム、テレワーク、カラオケ、家事、テレビを見ながら、外では通勤・通学に、買い物しながら、犬の散歩、有酸素運動、ウォーキング、ハイキングなどなどしながらダイエットができます。

襟元から熱の出る画像1本で2役

「背中クールタイ」は私の考案した健康グッズで背中の微空間の熱を襟元から逃がします。暑い時に皆さん背中に汗を掻きますよネ。体温調節で掻いた汗の気化熱をこもらせるから悪のスパイラルで暑くなります。

私はこの熱を煙突効果で熱を放出しました。

すると

どうなるでしょうか?

スーッとして爽やかになります。

真逆に、脊髄の周りに熱を産む褐色脂肪細胞があり(最新情報)熱を逃がしてあげると寒い環境になり脂肪を燃やしてくれるのです。

基礎代謝量を測るメタボリックアナライザーを着けると基礎代謝量(酸素消費量)が上がります。筑波大の田中教授に紹介して頂き実践して確信を持ちました。

私達の体は常にこのように一定の温度を維持されています。ホメオスタシス恒常性の体熱維持ですので、100%近く背中の熱を逃がすとナチュラルにダイエットができますネ。

 

えっ!?在宅勤務しながらナチュラルにダイエットができる。新常識!

最新情報!の論文です。

健常被験者を対象に室温17°C, 2時間の寒冷刺激を毎日,6週間行ったところ,FDG-PETで評価したBATの代謝活性が顕著に上昇し,体脂肪が減少した。

褐色脂肪細胞およびベージュ脂肪細胞の制御機構と臨床的意義
https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2017.890917/data/index.html

参照:日本生化学会

褐色脂肪細胞のある部位

褐色脂肪細胞を寒冷刺激して脂肪を熱に代謝するメカニズムの論文はマウスの実験が多いのですがヒトでの論文で寒い環境で脂肪を熱に代謝する内容です。褐色脂肪細胞のある部位と「背中クールタイ」が重なり着けると冷やしてナチュラルに脂肪を燃焼するのです。

在宅ワークしながら着けてみると体重差を確認。目から鱗

脂肪を燃焼するのは褐色脂肪細胞を寒冷刺激して安静時に使う基礎代謝のエネルギーを使います。

運動量メッツ

基礎代謝のエネルギー?って思われますが、わかり易く説明しますね。

一日のエネルギー消費量の割合

皆さん運動量 METsで

消費カロリー計算されます。運動量で計算できますが基礎代謝のエネルギーは安静時1.0METsですので計算ができません。

ココだけの話です。

消費カロリー計算は摂取カロリーと消費カロリーしかありません。

そこで、

脂肪を燃焼すれば体重差に出るのではないか?

と思い

在宅ワークしながら2時間、魔法の「背中クールタイ」を着けた時と着けない時の体重差を量ることにしたのです。

2時間で比較すると痩身差が20g出た時は目からウロコでした。

まさか?との思いもあり、続けること約1年間記録しました。

ご覧になりたい方はご覧ください。

基礎代謝のエネルギーを2時間で比較実験
http://senaka-tai.com/energy-of-basal-metabolism/

痩身差から消費カロリー計算すると有酸素運動40分と同じ効果です。

20g×365日=7300g 年間7.3kg(私の体重の1割)着けるだけでナチュラルに脂肪を燃焼します。もっと減らしたいと思えば着ける時間を増やすと比例しますよ。

運動量 METs の少ない、在宅勤務、ステイホーム、テレワーク、講義を受けながら、家事、テレビを見ながら痩せタイと思ったら着けてください。ナチュラルです。

NHKBS美と若さの新常識でも褐色脂肪細胞を寒冷刺激してのをアニメで紹介します。

NHK美と若さの新常識

ながらダイエットは日常の生活活動・運動に着けるだけで脂肪を燃焼してくれます。

褐色脂肪細胞を寒冷刺激して脂肪を燃焼するのはナチュラルなことです。

 

えっ!?痩せない運動をナチュラルに瘦せる運動にする新常識!

30分間の運動で痩せるウォーキングを解説図、一日のエネルギー消費量の割合と、運動時間の経過に伴うエネルギー源の維持から説明します。

生きる為に1日のエネルギーの消費量の割合は、決められています。

運動で使われるのは身体活動量のエネルギーが優先的に使われ摂取したグリコーゲンが使われます。

体の仕組です。

運動開始して経過してエネルギー不足になりってから基礎代謝のエネルギーが使われます。

なるほど、これではキツイ運動しても脂肪は減りませんね。

そこで運動に魔法の「背中クールタイ」を着けると、

着けた時から脂肪を燃やし始めます。この差が痩身差で30分後に判明します。身体活動量のエネルギーに基礎代謝のエネルギーを使うと相乗効果で

20g~50gでました。(寒冷馴化・気候で変わる)

運動30分でたったの20g ですが、消費カロリーに換算すると有酸素運動80分と同じ効果です。

 

痩身差20gは基礎代謝のエネルギーと同じで割愛しますが

注意点は、ホメオスタシス恒常性の体熱維持で左右されます。

効果のあるの背中のは熱を逃がしていても体の交感神経が鍵を握っています。

暑いと冷ます

寒いと温める

運動・活動して身体が暑くなる迄です。

休んで体を冷やしても効果は出ます。

話はそれますが、夏、暑い時は空調器・エアコンの下でもOKです。

あなたのホメオスタシス恒常性の体熱維持です。

このように実験を交え脂肪を減らすのには脂肪を燃やすことはたやすいことです。

外での通勤・通学に、買い物しながら、犬の散歩、有酸素運動、ウォーキング、ハイキングに着けるだけでナチュラルに脂肪を燃焼してくれます。

 

まとめ

今迄に無い背中の熱を逃がすインナーで思いもよらない効果でナチュラルに脂肪を燃焼する。魔法の「背中クールタイ」を紹介しました。痩せたいと思ったら着けるだけです。自信の細胞で体重を減らすことができます。

Yahoo! 楽天

Pocket

笑っちゃうほど着けると燃える

コロナ禍で在宅勤務が増えついた脂肪、笑っちゃうほど体重を落とすダイエット 痩せるインナー「背中クールタイ」で効果を実践!

コロナ禍で在宅勤務が増えついた脂肪

あなたは簡単に脂肪を落とす方法があればと思いませんか。

体重を落とす方法は体の仕組です。

恒常性の体温調節を応用、暑い時には放熱・汗を掻き気化熱で冷ましますよね。真逆に寒い時は?脂肪を熱に変え温めまてくれます。

基礎代謝は夏より冬の方が多いのはご存知ですよね。

痩せるインナーで熱を産む褐色脂肪細胞を冷やすとすみやかに脂肪を燃やして温めてくれるのです。

脂肪の燃焼を促進する、抑制するなどのサプリや代替え食品などありますが効果は?

宣伝で一週間で5キロマイナスの口コミです。

口コミ

1ヶ月で5㎏痩せる商品の口コミです。

「背中クールタイ」は魔法の杖ではないですが着けるだけで脂肪を落とすのは体の仕組です。

褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪を熱に代謝するのはマウスの実験で確立されていますね。

痩せる褐色脂肪細胞を冷やす背中クールタイ

褐色脂肪細胞のある部位(首の周り、腋の下、、心臓、・腎臓の周り、脊髄の周り)と「背中クールタイ」

痩せるインナー「背中クールタイ」と脊髄の周りにある褐色脂肪細胞が重なり合うことから着けるだけで寒い環境になり脂肪を燃やしてくれるのです。ヒトでの実験が少ないので考案者が実践しています。

着けると体重が減る。

ほんとに魔法のようですよ。

褐色脂肪細胞って?

ヒトには異種の細胞があり余ったエネルギーATPを溜める白色脂肪細胞と脂肪を分解した熱を生む褐色脂肪細胞があります。

脂肪分解

①寒さを感じると②交感神経の熱を作れ!の指令でノルアドレナリンを分泌③脂肪を分解⑤褐色脂肪細胞内のミトコンドリアが熱を産みます。摂取した食べ物エネルギーATPが余ると白色脂肪細胞になり⑥エネルギーの不足時に消費されます。

脂肪の燃焼を促進するサプリなどは脂肪を分解するのを促進するのです。「背中クールタイ」で寒さを負荷するとすみやかに脂肪を熱に消費してくれます。

魔法のようですね。笑っちゃいます。

 

NHKBSの番組でも

NHKBSの番組でも褐色脂肪細胞に関連した番組です。

NHK美と若さの新常識

首の周りある褐色脂肪細胞を寒冷刺激するとエネルギー(酸素)消費量が増える内容でした。アイスベルトとは違いますが「背中クールタイ」の方が効果があると推測しています。(実測済)

 

首の周りって、ふだんは露出していますよね。寒冷馴化してます。背中は?寒さに敏感です。何よりネックウォーマー巻いて暖かい格好しても背中の熱を逃がせば冷やします。

魔法の「背中クールタイ」

襟元から熱の出る画像1本で2役

背中の熱を逃がす「背中クールタイ」は暑い時はクールに、熱を逃がして寒い環境にします。

褐色脂肪細胞を寒冷刺激しないのと30分の運動で比較

12月15日外気温度0℃「背中クールタイ」着けないで

ビフォー着けない時

アフター着けない時

着けない時の痩身差は40gでした。

 

12月14日外気温度3℃「背中クールタイ」着けて

ビフォー着けた時

着けた時の痩身差は60gでした。

着けない時との差は20gです。

私の有酸素運動30分に着けると有酸素運動80分と同じ効果です。

「背中クールタイ」を着けるだけで

30分の運動で着けると有酸素運動80分と同じ効果

 

20gですが30分着けるだけ!1年に換算すると7.3㎏です。

(身体活動や運動による消費カロリー 参照: keisanサイト

脂肪を減らす計算 参照: keisanサイト )で換算

過去の比較実験も「背中クールタイ」研究室で公開しています。

 

痩身差が出るのは?

使うエネルギーが違うから

笑っちゃうのは運動する90%の人が痩せると思ってジムに運動に励んでいます。

らくらくダイエットエネルギーが違う身体活動

1日のエネルギー消費量の割合を円グラフで。

キツイ運動・運動で使われているのは身体活動量のエネルギーが優先的に使わます。寒さを負荷すると基礎代謝のエネルギーを消費します。

エネルギー不足にならないから脂肪は落とせないのです。

すみやかに脂肪を消費してくれる東京大学先端科学技術研究センターの論文です。

痩せる仕組みの論文

寒さを負荷すると同じ運動しても痩身差が出るので(皆さん知らない、専門家もエビデンスがないから?)笑っちゃいますよね。

「背中クールタイ」を着けるだけで

30分の運動で着けると有酸素運動80分と同じ効果

デスクワーク2時間で有酸素運動40分と同じ効果

まとめ

新型コロナで自粛ムードですが、ついてしまった脂肪を、運動・日常の活動に、デスクワーク・安静時に着けるだけで痩せる「背中クールタイ」を紹介しました。

私達は暑いと放熱・汗を掻き気化熱で冷ましますよね。寒いと脂肪を燃焼して温めます。着けるだけでとことん使える健康グッズです。

魔法の「背中クールタイ」購入ページはコチラ

最後までご覧いただきありがとうございました。

Yahoo! 楽天

Pocket

襟元から熱の出る画像1本で2役

着けると体を冷やす 痩せる 機能性インナー「背中クールタイ」の機能や効果を紹介!

衣服は四季にあった快適性素材が開発され様々な機能性を有するものへと進化しています。ここで紹介するのは今迄に無い発想で体温調節とコラボする唯一無二の「背中クールタイ」の機能や効果を比較しておすすめしたいと思います。

気流を生む第3のインナー「背中クールタイ」

背中の熱を逃がすことで暑い環境では体を冷ます機能と、寒い環境にして脂肪を消費する機能のインナーの誕生です。ユニクロで売ってないから知られていませんね。(笑い)

日経MJ

日経のMJに紹介されました。

機能性インナーとはコンプレッションで着圧による効果があるもので着圧による効果があるものと、ユニクロのヒートテックの吸湿発熱のように寒い環境下で衣服内の快適性を追求したものと、暑い環境下で吸水速乾で爽やかさを追求したものがあります。

類をみない機能性インナー「背中クールタイ」は

着けるだけで
・脂肪を燃やす
・基礎代謝を上げる
・スタミナを上げる
・体をクールにする
など

背中の熱を逃がすことでホメオスタシス恒常性の体温調節とコラボして体の仕組が働いてくれます。

今迄に無い発想の「背中クールタイ」の機能性を比較していきます。

①最初に

衣服内気候は着衣時の快適性な温度32℃±1℃が快適とされています。

類を見ないのは襟元と背中インナー「背中クールタイ」は背中の熱を襟元から逃がす構造にあります。
柔らかい筒のようなものでポリエステルでできており、記憶合金のように押しても元にもどるので常に空気を出入りさせます。

人体と衣服との間にすき間を作り温度・湿度・気流を発生させ「衣服内気候」を変えました。

快適性の評価を行うものは?

人体と衣服との間にできる隙間の温度・湿度・気流の「衣服内気候」はサーモグラフィーで表示されますが気流を測るのは出来ないですよね。

そこで私佐藤がやったのは「背中クールタイ」を着けると空間が出来、背中の熱を煙突効果で放出して風量をドイツ製の測定器testo405iで計測しました。

テレビ東京【トレたま】

背中の熱を煙突効果で放出しするのはテレビ東京のWBS【トレたま】で暑い環境下の効果を紹介されました。

 

寒い環境下にしも効果があるのです。

背中の活用法見える化

背中にある放熱器官

体温調節

背中には体温調節をつかさどる機能があります。発汗も多いですよね。脂肪を燃やす褐色脂肪細胞もありますよ。

これを活かすとクールにさらに脂肪を消費してスッキリします。

 

②コンプレッションと比較

コンプレッション(着圧)により疲労軽減あるタイプとテーピングのように関節や筋肉をサポートしてくれるタイプがあります。

・運動機能を向上させる

・筋肉のブレや関節への負荷を緩和する

・血行を良くする

・運動後の疲労を軽減して回復を促進する

コンプレッションウェアにはこのように多くの効果が期待できますが、本当に効果があるのでしょうか?

乾燥?、痒い、重ね着?、臭い、サイズ、皮膚の炎症、血流、などの意見もあり効果も疑問です。

加圧シャツ効果なし

「背中クールタイ」はホメオスタシス恒常性の体熱維持とコラボして即効果が表れます。

わかり易く言えば体温調節です。

暑いと発汗しますよね。その熱をこもらせないで逃がしてあげると爽やかになり、寒いと脂肪を燃やして体を温めます。

機能性健康インナー

機能性健康インナー1熱を逃がすと

機能性健康インナー2脂肪を熱に

脂肪を熱に変え脂肪を落とします。

 

基礎代謝を上げると褐色脂肪細胞をとミトコンドリアが増えることが報告されています。

若返りたい人にも おすすめです。

機能性健康インナー3健康をサポート寒い環境

機能性健康インナー3健康をサポート

③吸湿発熱素材と比較

冬温度が下がり活動して汗を掻いた時「汗冷え」が心配ですよね。

吸湿発熱の衣類を着て40分間の比較したグラフです。

吸湿発熱の衣類を着ながらの比較ですがインナー着けると(グラフ青い線)熱を逃がすので背中の湿度があまり上がりません爽やかです。着けない時は(赤い線)湿度が上がり汗を掻き着替えするか汗冷えして風邪をひく心配が生まれます。

 

④吸水速乾素材と比較

参照:日本化学繊維協会

吸水速乾は汗を吸い取り素早く外へ発散する生地の構造です。

「背中クールタイ」は発汗機能の多い背中に熱を煙突効果でストレートに放出するので熱をこもらせません。重ね着してもネクタイを締めても効果が表れます。

効果を比較すると

吸水速乾(グラフ赤色)、Tシャツ(緑)、「背中クールタイ(青)」の乾燥スピードを比較してみました。

乾きの早いのはストレートに熱を逃がす「背中クールタイ」です。

 

暑い時の現象

熱をこもらせるから暑い➡暑いと汗を掻く➡濡れると気化がし難い➡熱がこもるから暑い。悪のスパイラルです。逃がしてあげると解消します。

 

⑤まとめ

衣服はメーカーの生地とデザインで進化していますが、熱を逃がすとダイエットができる「背中クールタイ」は類をみません。痩せたい時に着けると体の仕組で痩せる環境になります。活かすのはあなたです。

運動・活動するときに、在宅勤務にステイホームにご利用ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

Pocket

「背中クールタイ」を使ってみて痩せるインナーに納得

魔法の「背中クールタイ」が離せなくなりました。マジで痩せるの!暑い時は熱中症対策にも!

使ってみて体の仕組ホメオスタシスとコラボするのをわかり易くまとめてみました。

痩せる?痩せない!体を冷ます!第一印象? は 即効果が分かる

一時の冷た~い!という冷感はないけどその後の寒暖のギャップが無く馴れればいつのまにか暑いのが気にならなくなるの。発汗した体の冷却機能を上手に使って冷ましているのね。ご縁があればあなたもいい汗を掻きましょう ! 背中に多い汗は逃がしてあげれば濡れにくくなります。安静時には乾き始めます。汗の冷却機能と煙突効果でサラッとして爽やかになりますよ。

気温37℃、30℃、25℃、20℃に+αダイエットのサイン?。  

1本で2役以上、熱中症予防に肥満予防の情報です。が、衣服内の気候を変えることで吸水速乾、吸湿発熱の衣類の欠点も熱を逃がすことでサポートできます。

背中クールタイとは

アニメ画像のように背中から熱が逃げていますネ。空気を出し入れできるインナーです。

機能性インナー寒い環境褐色脂肪細胞を冷やしてダイエット。暑い環境でクールにします。

ホメオスタシス恒常性の体熱維持とコラボします。

「暑い時は体を冷ましてくれて」

「寒い!と感じると勝手に痩せる?」現象が期待できます。

体幹温度と襟元から熱を逃がす「背中クールタイ」の気流の流れ

ヒトの体の核心温度は37℃で衣服内の快適温度は一年中32℃で体温調節されています。

恒常動物に属していて暑さ・寒さに対しても強く、外界の温度が変化しても体温を維持して生きて行けるんだそうです。

それでも「暑いのはキライ!」だの「暑くなれば寒い冬の方がいい」と言いたいこと言います。

画像の右側に注目して見て下さい。

“襟元から放射された赤外線の熱”も逃がしています。このように逃がそうとするには衣服に穴を開けるか裸にならない限りできませんよね。

実際に着けてみるとビックリするほど「スースーして」抜けて逃げるのがわかります。(20℃)

使うと吸水速乾より爽やか、また冬の活動時の吸湿発熱ヒートテックの汗対策にも使えます。

Yahoo!

痩せる、痩せない?のサインは?

気温が低い時には試着された皆さんは 「ハッ、ハックション」とクシャミをされます。これも寒さによる刺激でウィルスを入れない体のしくみのようです。

実はこの寒い環境が脂肪を体のヒーターに変えるサインで「寒い!と感じると勝手に痩せる?」ダイエットに期待できるのです。

安静時2時間の比較実験です。

背中クールタイ着ける  :60g

背中クールタイ着けない :40g

20gの痩身差は基礎代謝のエネルギーを使用して熱エネルギーに変えています。

何も知らいで20gはカロリー消費ですとMETs3の散歩40分と同じ効果です。

基礎代謝のエネルギーを2時間で比較実験を見てね。

在宅勤務しながら基礎代謝のエネルギーを使い褐色脂肪細胞を寒冷刺激して比較実験「研究室」基礎代謝の記録

褐色脂肪細胞ダイエット購入はコチラ

楽天

37℃・・・猛暑日 での背中クールタイ実験記録

ママ、氷がなくなっちゃった !??)

爽やかさのサキ取りです。

猛暑日での軽い運動中での記録です。熱を逃がすと爽やになるのが湿度の数値で下がりグラフに表れています。(上段に)

汗を掻けば湿度も上がりグラフの線も上がるのですが下がっています。開けた通り路から熱が逃げ放射冷却現象で冷ますからこれもスゴイですね。

今迄の熱を溜めて体を熱くしてから冷ます方法とは違い熱くなったと同時に体温調節とコラボして汗で濡れる前に冷まし爽快感の先取りです。

放射冷却現象はこちらのページでご覧ください。

30℃・・・暑熱環境

背中にこもる熱を逃がすと爽やかにする「背中クールタイ」

胸元をパタパタさせて「あつ~い!!」

ニュースでも暑さ対策、熱中症対策の呼び掛けの声が大きく!!

散歩には吸汗速乾の長袖を腕まくり、下着も吸汗速乾です。ウォーキング開始から10分ぐらいで汗ばみますが濡れるところまで行きません。熱を逃がす効果が続きます。静止状態ならクーラーなしでも爽やかに仕事をしてます。ウソみたいでしょう。

このような時にお使いください

暑い仕事場、暑い場所で活動、教室、スポーツ観戦、通勤・通学、営業マン、警備員、外の暑い工事現場、建築現場、室中の暑い工場、鋳物工場、窯業、家内工場、オフィス、暑い厨房、調理台の前、ガス台の前、暑い部屋、体育館、イベント会場、野球観戦、サッカー観戦、競馬場、競艇場、競輪場、暑熱環境、東京2020オリンピック観戦、パラリンピック観戦、

クーラーのいらない生活、コンサート会場、通勤通学、ビニールハウスの中農家、農場、家庭菜園、ハイキング、軽い登山、トレッキング、食事をして汗をかく人

25℃・・・通常環境

長袖シャツの腕まくりが始まる。天気予報では熱中症対策の呼びかけが!

下着は吸汗速乾に変え、ウォーキング開始から20分位で汗ばむので長袖シャツの腕まくりをします。

30分後位に下着の一部が濡れた程度です。背中クールタイを着ける以前は20分後には下着が濡れ始めそれを続けた結果が黄ばみに繋がりましたが今は解消されています。

このような時にお使いください

暑さに順応出来ない人もまだ多いのではないでしょうか。

そんな中での強い陽ざしの中の活動、ハイキング、軽い登山、庭での草むしり、家庭菜園歩いての買いもの、通勤・通学でも家の中の掃除など体を動かすと汗ばんでくるのがサインです。

体感温度が下がり不快指数も下がる

26℃運動中の衣服内の温熱環境の詳細を 風を感じると体感温度が下がるから不快指数も下がる?

背中クールタイを着け衣服内の湿度と不快指数を合わせたグラフ

グラフから見えるのは

この差に注目! の赤線と青線は不快指数を表し、湿度と不快指数を合わせて見やすいようにしてあります。熱を逃がしてあげたほうが数%低いのがわかります。散歩中でも暑くない、やや暑いの実感が背中の湿度から読み取れますね。

熱を逃がせば湿度が抑えられ背中に気流を生むと体感温度が2℃~3℃下がり(グラフに表記)、放射冷却現象でも下げるのです。

20℃・・・冷涼環境

冷涼環境に於いての使い方のポイント

いい汗を掻き、背中の熱を逃がして上げましょう。汗も不快指数も抑えられ爽やかにしてくれます。

ウォーキング、日常の活動時に額の汗を手で拭う人も出てきます

◎ 季節の変り目で「寒さ」「暑さ」の感じ方は個人差がありますが、散歩して強い陽ざしが当たると汗が出始める時期です。

歩き始めて暑くなり汗を掻きそうになれば1枚脱いでいましたがそれでも背中は汗で濡れ黄ばんでしまい漂白剤での洗濯も必要でした。こんな悩みも解消してくれました。

このような時にお使いください

散歩での発汗や日常の活動で額の汗を手で拭う人は背中の熱を逃がしてあげるサインです。

着けると「スーッと」して汗が消えますよ。

ダイエット目的の方に。ウォーキングを初めて発汗するまでの20分位迄が脂肪をヒーターに消費されます。暑さを感じたら背中の熱を逃がしてあげいい汗を掻きましょう。

24℃・・・店舗内で褐色脂肪細胞を寒冷刺激して痩身差を比較実験

ビックリするほどカンタン!褐色脂肪細胞を冷やしてダイエット

背中に寒い環境を作るだけで、褐色脂肪細胞が脂肪を熱に消費してくれます。

40分のショッピングで痩身差40gも出ました。

学者の論文脂肪から熱・産生するのはマウス実験ですが、私個人の比較実験でも同一運動で痩身差が出るのはマウスも人も同じ哺乳類であるからです。

こんな場所でダイエットができます。

着けるだけ!ながらダイエット基礎代謝を上げ痩せる効果が半端ない

新習慣で離せません

通勤電車の中のエアコンの下オフィウス(長時間はお勧めできません、寒さを感じさせた後に運動して温めてください。元気になるミトコンドリアが鍵を握って、健康、増進、維持が期待できます)など空調管理されている冷やし過ぎの部屋、大型店舗でウィンドショッピングをしながらでもできます。

最後に

誰も思い付かなかった魔法の「背中クールタイ」を紹介してきました。

あなたの健康、美容、増進を目的としてお使い頂ければ幸いです。

最後までご覧いただき有難うございました。

魔法の「背中クールタイ」お申し込みはコチラ

楽天 

Yahoo!

最後までご覧いただき有難うございました。

 

Pocket

背中の熱をストレートに煙突効果で逃がすことで褐色脂肪細胞を冷やして痩せられる「背中クールタイ」

プレスリリース 背中に不思議発見!脂肪を燃やすダイエット!基礎代謝が上がる!

プレスリリース

日本初!衣服内気候革命!背中の温熱環境を変えることで、中性脂肪を減らすダイエット、ミトコンドリアで健康維持できる、熱中症対策に体を冷ます健康器具「背中クールタイ」

 

2021年4月13日:コロナ禍で運動不足です。肥満対策に「背中クールタイ」痩せる健康グッズ

2021年3月3日:背中クールタイ/背中の熱を逃がすと「アラッ!不思議?」体脂肪が減っていく

「PR-FREEにてリリース」

2021年3月30日:ウィキペディア(Wikipedia)編集 寒さを負荷するとすみやかに効果が分かる

参照:褐色脂肪細胞

2017年7月19日:テレビ東京WBS【トレたま】煙突効果で熱を放出

トレたまに

薬機法(旧薬事法)について

HPの中に脂肪を燃やすなど薬機法(旧薬事法)に触れるような文言が出てきます。褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪は熱に代謝することは報告されています。寒中水泳するときに衣服を脱ぎますよね。冷水シャワーを浴びるときもです。「背中クールタイ」は衣服を着ながら着けると寒い環境になり、褐色脂肪細胞を寒冷刺激して体の仕組み体温調節でできるのです。

医療機器 部外品です。

医療機器には該当しません。

 

暑い環境:煙突効果で熱を放出【トレたま】

熱溜まりを逃がすとクールに:夏の風物詩打ち水のように気化熱で冷まします。炎天下37℃でもさます効果が熱中症対策にも役に立ちます。

寒い環境:皆さんの前で比較実験をしても体重差で結果がでます!

背中の熱を逃がすと温度が下がり脂肪を燃やします:基礎代謝は夏より冬の方が多い。植物細胞も寒い環境で代謝して甘くなる。いずれも細胞の仕組です。

比較実験することで数値で見える化しました。

● 30分間の運動で寒冷刺激しないのと痩身差がでます。

● 120分間の安静時で寒冷刺激しないのと痩身差がでます。

● 寒さを負荷しないのと基礎代謝の酸素消費量が増えます。脂肪を燃やす証ですね。

● 健康維持ができるのは寒行に代表されます。

このように温熱環境を変えることで、簡単にできるのです。背中に不思議発見です。

詳細は「背中クールタイ」研究室

お問い合わせ

℡ 04-7184-6540

メール towa-abk@abeam.ocn.ne.jp

担当 佐藤

 

Pocket

第3魔法のインナー「背中クールタイ」

背中にふしぎ発見!ダイエットができる!体をクールに脂肪を減らす健康グッズ 「背中クールタイ」

「背中クールタイ」とは? 名前のごとく暑い時、背中の汗に悩みから考案した健康グッズで、背中をクールにしてくれることから名付けました。ところが、熱を逃がすとダイエットもできる!大発見です。ご覧ください。

背中にふしぎ発見!

襟元から熱を逃がしてクール、痩せるインナー

背中クールタイは襟元から背中の熱を逃がすインナーです。

襟元から熱を逃がすと「なんと」痩せるのです。脂肪を熱に代謝する褐色脂肪細胞が脊髄の周りにあり温度を下げることでダイエットができます。また、暑い環境では熱中症対策にもお役に立つ商品です。

アイコン

背中クールタイ ポリエステルとP,Pでできています。

“暑~い時” はクールに。

“寒い環境”にすると脂肪を燃やす。

恒常性の体温調節を活用する第3のインナー

今迄に無い発想で健康に役に立つ商品です。

背中クールタイとは

ながらいつでもどこでも活用法

背中には脂肪を熱に変える褐色脂肪細胞があります。また、背中には発汗機能があり汗を掻くヒトが多いのではないでしょうか。街中で背中の濡れた人を見かけます。私もそうですが。

「背中クールタイ」は汗の悩みを解消するのに背中と襟元にバイパスを設けました。

体温調節

第3のインナー「背中クールタイ」

襟元と背中を柔らかい筒で空気を出入りさせます。

衣服を着ていても背中の熱溜まりを煙突効果で逃がすと放射冷却現象が起きて温度が下がります。ふいご作用も起こり気流を生み体感温度も下げます。

このように衣服内の気候(温熱環境)を変える商品です。

暑い時はこもり熱を逃がしてクール

いい汗を掻いて冷ます冷却機能

衣服の機能性生地は進化しています。三次元構造、立体構造、吸水速乾や吸湿発熱などなどありますネ。

襟元から熱を逃がす

でも重ね着したら?放射熱は?こもりますよね。一日の外気温度も変わります。活動して暑くなると汗を掻き衣服は濡れまね。冷えると体調を崩します。

熱溜まりを煙突効果で逃がしてあげて下さい。

さらに、猛暑で体温より外気温度が高い時には体温調節では汗の気化熱を外へ放出することです。

暑さ対策に熱中症対策、汗の悩み対策に、今迄に無い発想で爽やかになります。健康で暑い夏ものりきれます。

寒い環境でスゴ~イ効果が

悪く例えれば脂肪窃盗団です。貯まっている中性脂肪を体の熱に頂戴します。ダイエットができますネ。喜ぶ人が多いからやめられません。

寒い環境での起きる現象です。

白菜は霜を浴びて甘くなる。

雪下野菜も甘くなる。

栗もサツマイモも冷蔵庫で甘くなる

メープルシロップの甘さも越冬で甘くなる。

植物細胞の身を守るための仕組です。

私達も基礎代謝は冬の方が多い。

動物細胞の命を守る仕組です。

マウス実験をヒントに生まれたダイエット

マウスの実験で寒い環境にすると褐色脂肪細胞が脂肪を熱に代謝するのは確立されています。

が、ヒトでの実験は少ないのです。

そこで私は基礎代謝のエネルギーを使い比較実験をしました。

基礎代謝痩身差12月説明書きカット

オドロキです。痩身差が2時間で表れました。

30分の運動でも痩身差が出ます。

背中に寒い環境を作れば脂肪を熱に代謝して痩せます。

褐色脂肪細胞脂肪分解

褐色脂肪細胞が脊髄の周りにあり、寒さを感じると中性脂肪を分解して熱を産みます。その代謝するときにミトコンドリアを増やし褐色脂肪細胞が活性化されます。

ミトコンドリアが増えると体に良いことがたくさんあります。体が健康になります。

まとめ

自分の身体を信じよう!

私達の身体はホメオスタシス恒常性の体熱維持で守られています。ミトコンドリアを増やすのはキツメの運動と寒い環境です。私が考案した「背中クールタイ」はこの仕組みをサポートして皆様の健康のお手伝いができれば幸いです。

魔法の「背中クールタイ」購入ページはコチラ

Yahoo! 楽天

こちらからお買い求めできます。最後までありがとうございました。

Pocket