痩せる方法は体の仕組み恒常性維持」カテゴリーアーカイブ

体の痩せる仕組でダイエット成功

瘦せる方法は体の仕組み。脂肪を燃やすメカニズムを理解すれば痩せるサプリも痩せる運動もいらない、らくに痩せる方法!

美味しいものをたらふく食べて運動しなければ太る仕組で備蓄用の脂肪に貯えられますので太ってしまいますよね。( ´艸`)

貯えられた脂肪を瘦せる仕組で脂肪を燃やすメカニズムを応用した簡単にできるダイエットです。これを知った人はハナタカです。実践した効果を紹介していきます。

サプリ、食事制限、キツイ運動などのダイエットに失敗したお方におススメ

ダイエットに挑戦して挫折してしまったお方も多いと思います。ダイエットサプリ飲み続けても痩せない!有酸素運動では痩せない!スポーツジムでも痩せない!置き換えダイエットで体を壊してしまった!これから挑戦されるお方におススメです。

・成功するダイエットの仕組は体温調節

私達の体は生命を維持するのに体温を常に一定の温度を維持する仕組みがありますね。ホメオスタシス恒常性の体熱維持です。

暑い時は、仕組で放射・伝導・発汗して冷まします。

寒い時は、仕組で脂肪を燃やして温めます。

 

仕組を利用する。のにもう少し掘り下げますネ。痩せるヒントがあります。

快適な生活をしているときに衣服の着衣量と無意識による体の温調節で維持されています。

 

天気はきままですよね。

急激な温度差があるときに、

皆さん

暑いと脱いだり、

寒いと一枚羽織りして温めますよね。

 

体温調節は交感神経の指令で調整されていますがデリケートです。

 

快適な生活をしているときに意識的に衣服内を暖房すると汗掻きます。(実験から)

快適な生活をしているときに真逆に意識的衣服内を冷やすと?

ハックション!と、クシャミをします。

ブルブル震えが発生して温めるのに熱を産みます。貧乏ゆすりもします。

さらに

脊髄の周りにある褐色脂肪細胞を冷やすので酸素消費量が増えることから

痩せる仕組で脂肪を燃やすダイエットができるのです。

 

・太る仕組はエネルギーの備蓄

ミトコンドリアがATPを作る

ミトコンドリアがATPを作る

摂取した食べ物脂はミトコンドリアがATP私たちのエネルギーを作り一日のエネルギーで消費されます。

摂取するエネルギー = 消費するエネルギーのバランスです。

ATPが余ると貯まります。備蓄として貯えられます。これが白色脂肪細胞です。

生活費も預金があれば安心しますよね。エネルギーもです。

これが太る仕組みです。

問題はポッコリお腹のような肥満、太りすぎですすよネ。

1日のエネルギー消費量の使われた方の割合をザックリ見ましょう。

一日のエネルギー消費量の割合

基礎代謝

生命維持の為に心臓、肝臓、脳、体熱・・・で使われます。

身体活動量

日常の活動・運動で使われる。

食事誘発性熱・産生

食べることに使われます。食べると熱くなりますよね。

 

余ったエネルギーは

余ったATPはエネルギー不足に備蓄として脂肪に貯えられます。ある程度はいいのですが限度を超えると厄介なことに、いわゆるポチャポチャ脂肪です。この脂肪を減らすのはエネルギー不足時です。ので仕組で簡単には減りません。

私の痩せる実験からも

食べすぎ注意

ダイエット中(安静時と運動に寒さを負荷)の体重を記録したグラフです。

消費エネルギー>摂取エネルギー

で瘦せていくのですが進捗中に

たった1日1回の暴飲暴食で増えた体重を戻すのに3日かかりました。

美味しいものは食べた~い。太るのは簡単ですネ。

 

・痩せる仕組み脂肪を燃やすメカニズム

ダイエットで騙されるか成功するかエネルギーの消費を見れば分かります。

寒い環境・運動、食べ物の摂取不足によるエネルギーの不足時

ダイエットの仕組褐色脂肪細胞熱産生

寒い環境

寒い環境では体温調節で使う基礎代謝のエネルギーを使われます。

痩せる仕組みの説明は画像の①脂肪を熱に代謝する褐色脂肪細胞が寒さを感じると②交感神経の指令で・・・③・・・④貯える中性脂肪(白色脂肪細胞)を分解して⑤褐色脂肪細胞内に多くいるミトコンドリアが熱を産生(代謝)します。

運動、食べ物の摂取不足によるエネルギーの不足時

⑥エネルギーの不足時に熱エネルギーを産み消費されます。運動でエネルギーの不足時は仕組をご覧ください。

・運動で痩せないのは仕組

運動によるエネルギー源の維持運動で痩せないのが分かる

1日のエネルギー消費量の割合は仕組で決まっています。

運動で使うエネルギーは身体活動量のエネルギーでしたね。最初に使われるのは摂取したグリコーゲンが優先的に使われます。運動開始して一定期間を経過してから脂肪を分解した遊離脂肪酸と血中グリコースが使われます。

運動で痩せにくいのは仕組です。

ジムエクササイズ

ウェブ上で脂肪燃焼には有酸素運動やエアロビクスが効果的と言ってますが運動では痩せません。

90%の人が痩せると、思っています。

有名人が筋肉質になって痩せた画像を見ますが痩せるのはカロリー計算された食事制限によるものです。

・基礎代謝のエネルギーを使い実践

ながらダイエット基礎代謝安静時

参照:パナソニック

運動量 METsの消費カロリーと摂取した消費カロリーは計算サイトでできるから割愛します。

参照:keisanサイト

参照:keisanサイト

 

生命を維持する為に必要なエネルギー量 基礎代謝量(BMR)も

参照: keisanサイト

ペタポリックアナライザー

ペタポリックアナライザーで測定

瘦せる仕組前代未聞の比較実験ですよ。

基礎代謝量(安静時)は1.0 METs を比較してみました。

脊髄の周りにある褐色脂肪細胞を冷やすので酸素消費量が増えることから

「背中クールタイ」を着けて褐色脂肪細胞を寒冷刺激しないのと2時間前後の体重差を比較してみました。

基礎代謝痩身差12月のグラフ

y軸温度と体重差 x軸 日

2時間で体重差が20g出ました。20gを消費カロリー計算すると有酸素運動3.0 METsで40分間の運動量と同じ効果です。(被験者70kg)

脂肪を減らす運動の計算

参照:keisanサイト

基礎代謝量の実践データ

運動30分に着けても痩身差が約20g出る実践データ

 

・「背中クールタイ」とは

「背中クールタイ」研究室

「背中クールタイ」の性能

襟元と背中の空気を出入りさせるカテーテル(バイパス)

襟元から熱の出るアニメ画像1本で2役

背中のこもる熱を

逃がしてクールに!

寒い環境にして褐色脂肪細胞を寒冷刺激して痩せる!

今迄に無い健康器具です。

 

・まとめ

如何でしたか。褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪を熱に代謝するのは論文で確立されており「背中クールタイ」と褐色脂肪細胞のある部位が重なり比較実験をすることで発見したのです。皆さんも褐色脂肪細胞を寒冷刺激すればダイエットが痩せる仕組みでできます。

このページのTOP

ホームページのTOP

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

マウスのエビデンスをヒントにヒントに生まれました。

こちらからお買い求めできます。

Yahoo! 楽天

Pocket