ダイエット自然に痩せる方法です」カテゴリーアーカイブ

中性脂肪は下げられる。必要なのは背中に着ける新習慣

褐色脂肪細胞のある肩甲骨の周りに痩せる環境を作れば中性脂肪は下げられる。効果のないサプリ飲み続けますか?

中性脂肪を下げる環境は寒い環境

中性脂肪を下げるダイエットの仕組褐色脂肪細胞熱産生

寒い環境下で中性脂肪を下げる体の仕組 交感神経が寒さを感じるとノルアドレナリンを分泌して感受性リパーゼが中性脂肪を分解ミトコンドリアが熱・産生するメカニズム

交感神経の作用

日常の暮らしで朝起きて窓を開け新鮮な空気で眠気が覚めます。寒気を感じ咳込んだり、発熱したり、鳥肌が立ち震えたり、暑さを感じ汗を掻いたり、無意識のうちにホメオスタシス恒常性の体熱維持で交感神経の作用に支配されています。

私達にできるのは天気予報で言われるように、暑いと一枚脱いだり、寒いと一枚羽織ったり着衣量で調整していますよネ。

体って温熱環境に精彩です。

温熱環境を変えるインナー

暑いと汗を掻き気化熱・放熱・伝導で体を冷まし、

寒いと中性脂肪を燃やし体を温めます。

夏と冬を比較しても基礎代謝は夏より冬の方が多いと言われています。ヒトと車に例えても寒い地域では暖房に消費されるので燃費代が余計にかかります。

 

生理現象からもヒント

寒さで脂肪は燃える

白菜は霜を浴びるとデンプンを糖に変え甘くなりますよネ。

意図的に寒い環境下にすると甘くなります。最新の情報はNHKでも北海道具治安の男爵イモを紹介していました。

倉庫の隅に何年も寝ていた男爵を食べたら甘~い!

それから地元では専用冷蔵庫で室温2~5℃、湿度80%で保存して540日間にもわたって長期熟成で、新しい味を実現させました。以前笠間の栗農家も冷蔵庫に一週間寝かせて甘くなった内容をNHKの番組で紹介していました。

野菜の番組で注視していると甘くなるのは寒さです。

農家は実践して紹介されています。

 

寒い冬の方が基礎代謝は多い!

寒い環境で野菜は澱粉を糖に、ヒトも脂肪を熱に代謝する!!!

植物細胞も脂肪細胞も同じ!

寒い環境を作れば中性脂肪は寒い環境を作ると下げられますよネ。

 

肩甲骨の周りに褐色脂肪細胞があるのを知る

太田茂男教授の若返りの鍵を握るミトコンドリアを増やす方法の中に寒い環境があり引きずられていきました。(参照:神戸新聞)

細胞にはエネルギー不足のために貯える白色脂肪細胞と熱エネルギーを作る褐色脂肪細胞があります。皆さんもネットで検索すると分かりますよ。

褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪を熱に代謝することが報告されています。が、マウスの実験が主で、ヒトでの報告は斎藤昌之教授の指導で米代武司研究員が17℃の部屋で2時間じっと過ごすこと6週間と普通にすごして体脂肪が減ったのが確認されている。(参照:医学研究所)

 

熱を放出する魔法の「背中クールタイ」が発見!

褐色脂肪細胞が寒さで代謝する論文を実践!

私は体全体を冷やすのではなく、「背中クールタイ」で脊髄の周りにある褐色脂肪細胞を寒冷刺激してしないのと比較痩身差を見て発見しました。有酸素運動30分間と、デスクワークしながら2時間寒冷刺激しないのと約1年間比較して体重が減ったのをこのブログで紹介しています。

NHKBS美と若さの新常識でも褐色脂肪細胞を寒冷刺激で酸素消費量が増える番組をしていました。

着けるだけでナチュラルに酸素消費量が増える

「背中クールタイ」はどうだろうか? と、気になり筑波大学の田中名誉教授の紹介で酸素消費量を測定、「背中クールタイ」を着けると消費量が増えますます確信を得ました。(参照:筑波大学)

基礎代謝の計算は摂取カロリー計算と、運動量METsの消費カロリー計算で計算されています。

運動量メッツ

参照:パナソニック

残念ながら、寒い環境下での基礎代謝のエネルギーのカロリー計算は論文を探しても専門家に聞いてもありませんでした。そこで、私の比較実験を基に2時間の痩身差から逆算してカロリー計算をしてグログで公開しています。

安静時に基礎代謝の比較実験をご覧ください。

 

寒い環境下にすると褐色脂肪細胞が代謝する論文

褐色脂肪細胞のある部位

褐色脂肪細胞およびベージュ脂肪細胞の制御機構と臨床的意義
https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2017.890917/data/index.html

参照:日本生化学会

東京大学先端科学研究所の論文他

 

必要なのはあなたが褐色脂肪細胞を寒冷刺激する習慣

そこで背中に発見!褐色脂肪細胞を寒冷刺激する方法

私は自分で瘦せる環境を作って痩せました。

皆さんも瘦せる寒い環境を作ればサプリメントに頼らず中性脂肪は下げられます。

寒冷刺激する方法は

寒中水泳、ペットボトル、保冷剤、冷水シャワーに「背中クールタイ」などです。

恒常性の体温調節は

暑いと汗を掻き冷やし、寒いと脂肪を燃やし温めます。痩せるのにこの仕組みを利用しない手はないですね。

寒さで農家は実践してます。

寒さで実践するのは痩せたいあなた!

 

まとめ

ご覧いただき如何でしたか。冬野菜が寒さで甘くなるように、私達も寒さで中性脂肪を燃やし温めてくれてる仕組みを取り入れたのが「背中クールタイ」です。

褐色脂肪細胞の論文はマウス実験によるものが多いのですが考案した「背中クールタイ」と褐色脂肪細胞が出合い、論文通り実践すると中性脂肪は下げられるのを紹介しました。一人でも多く気がついて頂ければ幸いです。

最後に大田茂男名誉教授、田中喜代治名誉教授にはご教授頂き感謝申し上げます。

 

このページのトップに戻る

 

こちらもご覧ください

ダイエット役立つ情報、サプリ、器具の効果が分かる口コミサイト

ジムで運動しても痩せない訳は

 

Pocket

成功するダイエット着けると脂肪燃焼が始まる

成功するダイエットは痩せるインナーで褐色脂肪細胞を活性化して増やす!失敗する騙される人のダイエットは?

人は暑いと汗を掻き寒いと脂肪を燃やす

痩せるインナーを着けると体の仕組で脂肪を消費しして褐色脂肪細胞が増えます。私達は1年を通して 暑い時も寒い時も 体の仕組(恒常性)で体温調節されて生きています。寒い時に熱を作る褐色脂肪細胞が脂肪を熱に変え温めるのを応用したダイエットです。この方法を知れば騙されません。

ダイエットに失敗した人、肥満は万病の温床の基と言われてダイエットを始める人、自ら健康になりたいと思う人必見です。

褐色脂肪細胞の機能を引き出して脂肪を消費するダイエット

最初にオリジナル製品痩せるインナー「背中クールタイ」を紹介します。

「背中クールタイ」が脂肪を燃やすアニメ

ご覧のように、襟元と背中の肌と衣服の間に通す柔らかい筒です。熱を逃がすと温度が下がりますよね。すると体は脂肪を燃やして熱を作ります。体の仕組みで簡単にできるダイエットです。

恒常性の維持ホメオスタシス暑いと汗を掻き寒いと脂肪を熱に変える

暑い時は熱だまりを逃がして冷却機能を引き出します。熱を逃がすと寒い環境になり脂肪を熱に変えます。

生理現象“寒い環境”を作ると

  • 着けないのと比較して体重差で即効果がわかりました。
  • 冬野菜は身を守るのにデンプンを糖に変えるから甘くなる。
  • ヒトも基礎代謝は夏より冬の方が多いように寒いと脂肪を熱に変える。
  • 着けて基礎代謝を測ると酸素消費量が増えます。脂肪を燃やしている証です。

背中を“寒い環境”にすると脊髄の周りにある褐色脂肪細胞を寒冷刺激して脂肪を熱に消費するダイエットです。

成功するダイエットは結果がすぐにでます。

口コミサイト 失敗するダイエットは?

ダマされるな!飲んでも効かない「サプリ」一覧 えっ、あれも、これも・・・?

1ヶ月に5㎏痩せる!

などあま~い?

ダイエット商品は詐欺が多い?ダイエット商品口コミサイトで商品を検索すると口コミが❓

参照:ダイエットカフェ日本最大級のダイエット商品口コミサイト

役に立ちます。

「背中クールタイ」は新しいのでありませんが。

加圧シャツ効果なし

ダマされないようにしましょう。

サプリの世界は、騙したもん勝ち‥東京都福祉保健局

基礎代謝のエネルギーで実験!

“寒い環境” を作ると体の仕組み恒常性の体熱維持が代謝(基礎代謝のエネルギーで使い脂肪を熱に)するダイエットです。実践してみました。

・基礎代謝は夏より冬の方が多い:寒いと脂肪を熱に変え温めているからです。この冬モードを背中インナーで背中に作り比較実験をして得た結果のグラフです。

基礎代謝エネルギーの比較実験痩身差12月説明書きのグラフ

2時間デスクワークしながら背中インナーを着けたのが青い線で、着けないのが黄色い線です。痩身差が20g確認されています。1日2時間の消費カロリー計算すると有酸素運動40分に匹敵します。「サプリ」でこのような効果のあるものがあるのでしょうか?大成功です。

基礎代謝のエネルギーミトコンドリアダイエット

確実に痩せるダイエットはこのような代謝する“寒い環境”を作ることです。褐色脂肪細胞を活性化して増やせば痩せられることは寒中水泳や冷水シャワーで言われてきましたね。それが背中インナーを着けるとダイエットができます。褐色脂肪細胞内のミトコンドリアが中性脂肪(白色脂肪細胞)を代謝してエネルギーを作るのは寒い環境とエネルギー不足時の運動・空腹時です。

運動に基礎代謝のエネルギーを着ける実験!

有酸素運動ではすぐには痩せません。

運動では痩せないのは使うエネルギーが違うから

1日のエネルギー消費量を見ると運動で使われるのは身体活動量のエネルギーで体の仕組みで摂取した糖質(グリコーゲン)が優先的に使われます。中性脂肪はもともとエネルギーの不足時に備えてある貯蓄脂肪ですので簡単には減りません。ところが背中インナーを着けると最初から脂肪で分解された遊離脂肪酸を消費します。この時使うのが基礎代謝のエネルギーです。ウォーキング30分~40分での比較実験でも痩身差が確認されます。

痩せない運動を痩せる運動にする実験を公開

30分~40分で消費カロリー計算すると有酸素運動80分に匹敵します。2時間デスクワークを取り入れるとこれだけで年間14.6㎏の減量につながり無理をしない体に優しいダイエットができます。

着ける時間を増やすと1ヶ月2㎏痩せることも出来ました。さらに痩せたい人は時間を増やせばできます。

褐色脂肪細胞に関する論文

褐色脂肪細胞においてエネルギー消費を促す新たなメカニズムを発見

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2015/160219_2.html

参考文献 京都大学・生理学研究所リリースより

寒冷刺激の体温維持には熱産生遺伝子の高次構造変化が必須

http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/pressrelease/pdf/270507release_rcast.pdf

参考文献 東京大学先端科学技術研センター

私たちヒトや哺乳動物は、急速な環境の変化に瞬時に反応し、命を守る仕組みがあります。例えば、体が寒冷環境に置かれると、中枢でこれを感知し、交感神経からの刺激によって、熱産生を専門に行う褐色脂肪組織で迅速に熱が産生され、低体温になることを防ぐ。・・・ 、低体温症や熱産生・エネルギー消費が低下して起こる肥満のための新規治療法や予防法にもつながるとしている。

まとめ

成功するダイエットは体の基礎代謝のエネルギーを使います。褐色脂肪細胞が活性化され基礎代謝も高めミトコンドリアも増えると健康増進、スタミナアップも期待できます。

運動嫌いの人も日常の活動時に着けるだけです。家事しながら、買い物しながら、テレビ見ながら、仕事しながら、通勤通学、講義受けながら、ウォーキングしながら、何かしながらご利用ください。

比較できるサプリ、器具、医療 ダイエット情報!

Yahoo!

楽天

最後までご覧いただき有難うございました。

Pocket

体の痩せる仕組でダイエット成功

瘦せる方法は体の仕組み。脂肪を燃やすメカニズムを理解すれば痩せるサプリも痩せる運動もいらない、らくに痩せる方法!

美味しいものをたらふく食べて運動しなければ太る仕組で備蓄用の脂肪に貯えられますので太ってしまいますよね。( ´艸`)

貯えられた脂肪を瘦せる仕組で脂肪を燃やすメカニズムを応用した簡単にできるダイエットです。これを知った人はハナタカです。実践した効果を紹介していきます。

サプリ、食事制限、キツイ運動などのダイエットに失敗したお方におススメ

ダイエットに挑戦して挫折してしまったお方も多いと思います。ダイエットサプリ飲み続けても痩せない!有酸素運動では痩せない!スポーツジムでも痩せない!置き換えダイエットで体を壊してしまった!これから挑戦されるお方におススメです。

・成功するダイエットの仕組は体温調節

私達の体は生命を維持するのに体温を常に一定の温度を維持する仕組みがありますね。ホメオスタシス恒常性の体熱維持です。

暑い時は、仕組で放射・伝導・発汗して冷まします。

寒い時は、仕組で脂肪を燃やして温めます。

 

仕組を利用する。のにもう少し掘り下げますネ。痩せるヒントがあります。

快適な生活をしているときに衣服の着衣量と無意識による体の温調節で維持されています。

 

天気はきままですよね。

急激な温度差があるときに、

皆さん

暑いと脱いだり、

寒いと一枚羽織りして温めますよね。

 

体温調節は交感神経の指令で調整されていますがデリケートです。

 

快適な生活をしているときに意識的に衣服内を暖房すると汗掻きます。(実験から)

快適な生活をしているときに真逆に意識的衣服内を冷やすと?

ハックション!と、クシャミをします。

ブルブル震えが発生して温めるのに熱を産みます。貧乏ゆすりもします。

さらに

脊髄の周りにある褐色脂肪細胞を冷やすので酸素消費量が増えることから

痩せる仕組で脂肪を燃やすダイエットができるのです。

 

・太る仕組はエネルギーの備蓄

ミトコンドリアがATPを作る

ミトコンドリアがATPを作る

摂取した食べ物脂はミトコンドリアがATP私たちのエネルギーを作り一日のエネルギーで消費されます。

摂取するエネルギー = 消費するエネルギーのバランスです。

ATPが余ると貯まります。備蓄として貯えられます。これが白色脂肪細胞です。

生活費も預金があれば安心しますよね。エネルギーもです。

これが太る仕組みです。

問題はポッコリお腹のような肥満、太りすぎですすよネ。

1日のエネルギー消費量の使われた方の割合をザックリ見ましょう。

一日のエネルギー消費量の割合

基礎代謝

生命維持の為に心臓、肝臓、脳、体熱・・・で使われます。

身体活動量

日常の活動・運動で使われる。

食事誘発性熱・産生

食べることに使われます。食べると熱くなりますよね。

 

余ったエネルギーは

余ったATPはエネルギー不足に備蓄として脂肪に貯えられます。ある程度はいいのですが限度を超えると厄介なことに、いわゆるポチャポチャ脂肪です。この脂肪を減らすのはエネルギー不足時です。ので仕組で簡単には減りません。

私の痩せる実験からも

食べすぎ注意

ダイエット中(安静時と運動に寒さを負荷)の体重を記録したグラフです。

消費エネルギー>摂取エネルギー

で瘦せていくのですが進捗中に

たった1日1回の暴飲暴食で増えた体重を戻すのに3日かかりました。

美味しいものは食べた~い。太るのは簡単ですネ。

 

・痩せる仕組み脂肪を燃やすメカニズム

ダイエットで騙されるか成功するかエネルギーの消費を見れば分かります。

寒い環境・運動、食べ物の摂取不足によるエネルギーの不足時

ダイエットの仕組褐色脂肪細胞熱産生

寒い環境

寒い環境では体温調節で使う基礎代謝のエネルギーを使われます。

痩せる仕組みの説明は画像の①脂肪を熱に代謝する褐色脂肪細胞が寒さを感じると②交感神経の指令で・・・③・・・④貯える中性脂肪(白色脂肪細胞)を分解して⑤褐色脂肪細胞内に多くいるミトコンドリアが熱を産生(代謝)します。

運動、食べ物の摂取不足によるエネルギーの不足時

⑥エネルギーの不足時に熱エネルギーを産み消費されます。運動でエネルギーの不足時は仕組をご覧ください。

・運動で痩せないのは仕組

運動によるエネルギー源の維持運動で痩せないのが分かる

1日のエネルギー消費量の割合は仕組で決まっています。

運動で使うエネルギーは身体活動量のエネルギーでしたね。最初に使われるのは摂取したグリコーゲンが優先的に使われます。運動開始して一定期間を経過してから脂肪を分解した遊離脂肪酸と血中グリコースが使われます。

運動で痩せにくいのは仕組です。

ジムエクササイズ

ウェブ上で脂肪燃焼には有酸素運動やエアロビクスが効果的と言ってますが運動では痩せません。

90%の人が痩せると、思っています。

有名人が筋肉質になって痩せた画像を見ますが痩せるのはカロリー計算された食事制限によるものです。

・基礎代謝のエネルギーを使い実践

ながらダイエット基礎代謝安静時

参照:パナソニック

運動量 METsの消費カロリーと摂取した消費カロリーは計算サイトでできるから割愛します。

参照:keisanサイト

参照:keisanサイト

 

生命を維持する為に必要なエネルギー量 基礎代謝量(BMR)も

参照: keisanサイト

ペタポリックアナライザー

ペタポリックアナライザーで測定

瘦せる仕組前代未聞の比較実験ですよ。

基礎代謝量(安静時)は1.0 METs を比較してみました。

脊髄の周りにある褐色脂肪細胞を冷やすので酸素消費量が増えることから

「背中クールタイ」を着けて褐色脂肪細胞を寒冷刺激しないのと2時間前後の体重差を比較してみました。

基礎代謝痩身差12月のグラフ

y軸温度と体重差 x軸 日

2時間で体重差が20g出ました。20gを消費カロリー計算すると有酸素運動3.0 METsで40分間の運動量と同じ効果です。(被験者70kg)

脂肪を減らす運動の計算

参照:keisanサイト

基礎代謝量の実践データ

運動30分に着けても痩身差が約20g出る実践データ

 

・「背中クールタイ」とは

「背中クールタイ」研究室

「背中クールタイ」の性能

襟元と背中の空気を出入りさせるカテーテル(バイパス)

襟元から熱の出るアニメ画像1本で2役

背中のこもる熱を

逃がしてクールに!

寒い環境にして褐色脂肪細胞を寒冷刺激して痩せる!

今迄に無い健康器具です。

 

・まとめ

如何でしたか。褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪を熱に代謝するのは論文で確立されており「背中クールタイ」と褐色脂肪細胞のある部位が重なり比較実験をすることで発見したのです。皆さんも褐色脂肪細胞を寒冷刺激すればダイエットが痩せる仕組みでできます。

このページのTOP

ホームページのTOP

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

マウスのエビデンスをヒントにヒントに生まれました。

こちらからお買い求めできます。

Yahoo! 楽天

Pocket

脂肪燃焼系のサプリメントの痩せない?口コミ

オススメ 脂肪を燃焼するサプリメント・ダイエット器具・冷却マシン・ 口コミ ダイエットに役立つ情報!

褐色脂肪細胞を寒冷刺激して貯蓄脂肪を熱に代謝する(ミトコンドリア脂肪を燃焼する)ことで活性化されることは論文で確立されています。これがダイエットの一番の近道には間違いありません。

そこで

脂肪燃焼を促進・抑制するサプリ、褐色脂肪細胞の再生治療から脂肪冷却マシンなどネット上で調べてみました。騙されないためにもダイエット効果を調べる方法もあります。

ミトコンドリアの権威者太田教授と佐藤

佐藤は大田茂男教授の寒い環境でミトコンドリアが増えることを知り、「背中クールタイ」でマウスの実験を、ヒト私自ら背中に寒い環境を作りミトコンドリアが脂肪を熱に代謝して痩せる比較実験をしました。その結果論文通り痩身差が出ることも報告させて頂き、皆様にお役に立てるよう応援を頂いております。

 

褐色脂肪細胞に関する論文

エビデンス、寒さに反応してすみやかに熱を産生する。参照:東京大学先端科学研究所

論文をまとめたページです。

ダイエット脂肪燃焼サプリ

(順不同)

褐色脂肪細胞メタバリア

葛の花イソフラボンには、肥満気味な方の体重やおなかの脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)を減らす機能が報告されています。

褐色脂肪細胞大正製薬タブレット

蔦の花由来イソフラボンが脂肪を分解、消費、抑制、飲み続けて12週間から脂肪が減少!

褐色脂肪細胞カプシEX

トウガラシから抽出したカプシノイドを摂取すると体内の褐色脂肪細胞が活性化して増え基礎代謝の向上につながります。

褐色脂肪細胞インフラスルー

「葛の花由来イソフラボン」が、お腹の脂肪の減少を助けることが報告され注目されています。脂肪の合成を抑制、脂肪の分解、燃焼を促進

褐色脂肪細胞フォルマ

「生コーヒー豆エキス」「BCAA」「ビタミンB郡」「HMB」配合「ビタミンB郡」・・・ダイエットに燃える気持ちをサポートする成分

 

L-カルニチン

発酵製法により精製したL-カルニチンL-酒石酸塩を主成分に、糖を分解しエネルギー産生に関与するビタミンB1などを配合した栄養補助食品

毎月定期コース

アンケートにお答え、初回いお安く毎月定期コースへ導きます。

褐色脂肪細胞ニッスイイマーク10本3000

ニッスイイマーク10本で3,000円

褐色脂肪細胞フラボス2

他にもダイエットサプリメントは燃焼促進、抑制する、生酵素、酵素のチカラなどいろいろあり飲み続けます。

着けると痩せるインナーメカニズム

 

効果がある。ない。は日本最大級の口コミサイト

ダイエット商品口コミサイトで商品を検索すると口コミがあります。覗いてみるのも良いかもしれませんね。

参照:ダイエットカフェ日本最大級のダイエット商品口コミサイト

 

褐色脂肪細胞のある部位を寒冷刺激する器具

肩甲骨の周りにある褐色脂肪細胞を冷やす背中クールタイ

褐色脂肪細胞は首の周り、腋の下、心臓の周り、腎臓の周り、脊髄の周りにあります。

 

褐色脂肪細胞で脂肪を減らす器具

痩せたい時に着けると痩せる「背中クールタイ」

「背中クールタイ」

熱を放出して脊髄の周りにある褐色脂肪細胞を冷やす

アメリカから上陸した褐色脂肪細胞を冷却するクールファットバーナー

クールファットバーナー

専用の冷却パックで冷やす冷却ダイエット

ショルダー用と、ボディー用で冷やす

 

脂肪冷却マシン

褐色脂肪細胞冷凍ダイエットマシン 褐色脂肪細胞脂肪冷凍機ボディ痩身マシン 褐色脂肪細胞セルライトローラー

家庭用の脂肪冷却マシンも価格はピンキリありますネ。効果は?

エステで脂肪を減らす

褐色脂肪細胞サロン

エステでも90分で8,800円

安全性や機能性の高い脂肪冷却マシンのほとんどはエステやクリニック向けに業務用として販売されているもので、安くても100万円前後、高額なものだと1,000万円以上してしまいます。

褐色脂肪細胞クリスタル

医療痩身ダイエットで1カップ30,000円

 

クリニック・整形外科で脂肪を減らす

褐色脂肪細胞減量治療

注射治療・再生医療で30万円の支払いです。

 

他の医院でも、脂肪吸引60万円代

ウエスト50万円台

二の腕20万円台

脂肪溶解注射1本1万円

痩せる薬1ヶ月分2万円台

 

痩せたい気持ちが分かりますネ。

 

サプリから医療迄紹介してきました。

 

褐色脂肪細胞を活性化するのは研究で分かっていても残念ながら治療薬もないということです。

 

改めて褐色脂肪細胞は寒い環境で脂肪を熱に代謝する方法を見てみます。

最近注目の褐色脂肪細胞は寒い環境で中性脂肪を消費する。

褐色脂肪細胞を冷やす・寒冷刺激・活性化する方法をネットで検索しても

寒中水泳

温冷シャワー

冷やしたペットボトル

褐色脂肪細胞アイスベルトNHK

保冷剤

です。

ウェブ上でも少ないからコピペが多いですね。

「背中クールタイ」

があります。

「背中クールタイ」の詳細をご覧ください。

背中クールタイを着けて褐色脂肪細胞を寒冷刺激して痩せるのを背中に発見!

脂肪を燃やすのはコレ!「背中クールタイ」 褐色脂肪細胞を寒冷刺激して痩せるダイエット

背中を寒い環境にすると「魔法のチカラ」

脊髄の周りにある褐色脂肪細胞に沿うように「背中クールタイ」が重なりますね。熱を逃がすと現象が起きます。気流が生まれ体感温度が下がります。交感神経の指令で脂肪燃焼が始まります。魔法のチカラです。

 

脂肪を燃やすのには酸素が必要です。

ペタポリックアナライザー

着けるだけでナチュラルに褐色脂肪細胞が活性化基礎代謝を上げてくれます。

実践!着けると燃やし始めて2時間後に痩身差にでる。

機能性健康インナー3健康をサポート寒い環境

着けるだけで

2時間で痩身差が20g 20g×365日=7,300g 7.3kgは被験者の体重の1割です。ボーっとしている時間に着けるだけです。

着けるとサプリにはない効果です。

生理現象で代謝する

「背中クールタイ」は背中を寒い環境にするだけです。痩せたい人が着ければ後は仕組で成し得ます。

いつでもどこでも

安静時に2時間で有酸素運動40分と消費カロリーと同じ効果

散歩に30分間で有酸素運動80分と消費カロリーと同じ効果

 

褐色脂肪細胞を活性化する味の素「カプシEX」と「背中クールタイ」を比較

褐色脂肪細胞カプシEX

「カプシEX」は毎月2,460円×12ヶ月=29,520円

トウガラシの成分カプシのイドが褐色脂肪細胞が活性化して基礎代謝の向上につながります。

「背中クールタイ」は初期費用価格3,778円でとことん使えます。

褐色脂肪細胞を寒冷刺激して2時間後に痩身差で分かります。代謝するのですからもちろん基礎代謝を上げています。

商品と比較すると効果があるのに安いですネ。

エビデンスがあれば価格00,000円?してもおかしくない価格です。

商品が無くなるかもしれませんお早めに?

 

まとめ

如何でしたか。褐色脂肪細胞に関する情報をまとめ紹介してきました。

褐色脂肪細胞を利用して痩せることが分かれば「背中クールタイ」は、いつでもどこでも痩せたい時に着けるだけです。食事制限や置き換えダイエットもなく、犬の散歩・ウォーキング・ハイキングに、通勤通学・在宅勤務・日常の生活活動にご利用ください。

Yahoo! 楽天

このページのトップへ

「背中クールタイ」の トップページへ

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

Pocket

笑っちゃうほど着けると燃える

笑っちゃうほど簡単に痩せるインナー魔法の「背中クールタイ」って ご存知ですか?悪い口コミ 瘦せるサプリ 1週間で1週間で5キロマイナス?

コロナ禍で在宅勤務が増えてついてしまった肥満脂肪どうしますか?

あなたは簡単に脂肪を落とす方法があればと思いますよネ。

体重を落とす方法は体の仕組で落とせます。

恒常性の体温調節を応用、暑い時には放熱・汗を掻き気化熱で冷ましますよね。真逆に寒い時は?脂肪を熱に変え温めまてくれます。

基礎代謝は夏より冬の方が多いのはご存知ですよね。

痩せるインナーで熱を産む褐色脂肪細胞を冷やすとすみやかに脂肪を燃やして温めてくれるのです。

脂肪の燃焼を促進する、抑制するなどのサプリや代替え食品などありますが効果は?

宣伝で一週間で5キロマイナスの口コミです。

口コミ

1ヶ月で5㎏痩せる商品の口コミです。

「背中クールタイ」は魔法の杖ではないですが着けるだけで脂肪を落とすのは体の仕組です。

褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪を熱に代謝するのはマウスの実験で確立されていますね。

痩せる褐色脂肪細胞を冷やす背中クールタイ

褐色脂肪細胞のある部位(首の周り、腋の下、、心臓、・腎臓の周り、脊髄の周り)と「背中クールタイ」

痩せるインナー「背中クールタイ」と脊髄の周りにある褐色脂肪細胞が重なり合うことから着けるだけで寒い環境になり脂肪を燃やしてくれるのです。ヒトでの実験が少ないので考案者が実践しています。

着けると褐色脂肪細胞を寒冷刺激して体重が減る。

ほんとに魔法のようですよ。

褐色脂肪細胞って?

ヒトには異種の細胞があり余ったエネルギーATPを溜める白色脂肪細胞と脂肪を分解した熱を生む褐色脂肪細胞があります。

脂肪分解

①寒さを感じると②交感神経の熱を作れ!の指令でノルアドレナリンを分泌③脂肪を分解⑤褐色脂肪細胞内のミトコンドリアが熱を産みます。摂取した食べ物エネルギーATPが余ると白色脂肪細胞になり⑥エネルギーの不足時に消費されます。

脂肪の燃焼を促進するサプリなどは脂肪を分解するのを促進するのです。「背中クールタイ」で寒さを負荷するとすみやかに脂肪を熱に消費してくれます。

魔法のようですね。笑っちゃいます。

 

NHKBSの番組でも

NHKBSの番組でも褐色脂肪細胞に関連した番組です。

NHK美と若さの新常識

首の周りある褐色脂肪細胞を寒冷刺激するとエネルギー(酸素)消費量が増える内容でした。アイスベルトとは違いますが「背中クールタイ」の方が効果があると推測しています。(実測済)

 

首の周りって、ふだんは露出していますよね。寒冷馴化してます。背中は?寒さに敏感です。何よりネックウォーマー巻いて暖かい格好しても背中の熱を逃がせば冷やします。

魔法の「背中クールタイ」

襟元から熱の出る画像1本で2役

背中の熱を逃がす「背中クールタイ」は暑い時はクールに、熱を逃がして寒い環境にします。

褐色脂肪細胞を寒冷刺激しないのと30分の運動で比較

12月15日外気温度0℃「背中クールタイ」着けないで

ビフォー着けない時

アフター着けない時

着けない時の痩身差は40gでした。

 

12月14日外気温度3℃「背中クールタイ」着けて

ビフォー着けた時

着けた時の痩身差は60gでした。

着けない時との差は20gです。

私の有酸素運動30分に着けると有酸素運動80分と同じ効果です。

「背中クールタイ」を着けるだけで

30分の運動で着けると有酸素運動80分と同じ効果

 

20gですが30分着けるだけ!1年に換算すると7.3㎏です。

(身体活動や運動による消費カロリー 参照: keisanサイト

脂肪を減らす計算 参照: keisanサイト )で換算

過去の比較実験も「背中クールタイ」研究室で公開しています。

 

痩身差が出るのは?

使うエネルギーが違うから

笑っちゃうのは運動する90%の人が痩せると思ってジムに運動に励んでいます。

らくらくダイエットエネルギーが違う身体活動

1日のエネルギー消費量の割合を円グラフで。

キツイ運動・運動で使われているのは身体活動量のエネルギーが優先的に使わます。寒さを負荷すると基礎代謝のエネルギーを消費します。

エネルギー不足にならないから脂肪は落とせないのです。

すみやかに脂肪を消費してくれる東京大学先端科学技術研究センターの論文です。

痩せる仕組みの論文

寒さを負荷すると同じ運動しても痩身差が出るので(皆さん知らない、専門家もエビデンスがないから?)笑っちゃいますよね。

「背中クールタイ」を着けるだけで

30分の運動で着けると有酸素運動80分と同じ効果

デスクワーク2時間で有酸素運動40分と同じ効果

まとめ

新型コロナで自粛ムードですが、ついてしまった脂肪を、運動・日常の活動に、デスクワーク・安静時に着けるだけで痩せる「背中クールタイ」を紹介しました。

私達は暑いと放熱・汗を掻き気化熱で冷ましますよね。寒いと脂肪を燃焼して温めます。着けるだけでとことん使える健康グッズです。

魔法の「背中クールタイ」購入ページはコチラ

最後までご覧いただきありがとうございました。

Yahoo! 楽天

Pocket

褐色脂肪細胞を刺激して脂肪を熱に変え繰り返すことで基礎代謝を上げます。

着けるだけで褐色脂肪細胞を寒冷刺激して基礎代謝を上げるダイエットインナー魔法の「背中クールタイ」VS加圧インナー

ダイエットインナーといえば加圧 着圧インナーですよね。着圧するだけで見た目がガラッと変わった。猫背が強制され美しくなった。脇の脂肪を寄せてバストアップできる。お腹が引き締まった。加圧シャツで着けるだけで筋力トレーニングができダイエットができる。などなどありますが、紹介するダイエットインナーは体の仕組で褐色脂肪細胞を活性化中性脂肪を消費するダイエットです。

褐色脂肪細胞のある部位とインナーが重なり冷やしてダイエットができることを発見!

細胞には異種の細胞があり、余ったエネルギーATP(アデノシン三リン酸)を貯える白色脂肪細胞(中性脂肪)とエネルギーの不足時に熱エネルギーに変える(代謝)褐色脂肪細胞があり脊髄の周りにもあります。ダイエットインナー「背中クールタイ」と偶然に重なり背中の熱を逃がし冷ますと寒い環境になり褐色脂肪細胞を活性化します。比較実験をしてダイエットできるのを発見しました。

着けると褐色脂肪細胞を冷ましすみやかに熱を産生する。

痩せる仕組みの論文

出典:東京大学先端科学技術研究センター

褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪を熱に代謝して活性化することはマウスの実験で確立されています。

褐色脂肪細胞のある部位は首の周り、肩甲骨の周り、腋の下、腎臓の周り、心臓の周りにあります。

寒冷刺激する方法は寒中水泳、温冷シャワーなどですが冷たそうですね。

ダイエットインナーは着けるだけで褐色脂肪細胞を活性化

脂肪を熱に代謝して基礎代謝を上げる「背中クールタイ」

衣服内の快適温度は32℃±1℃で皆さん快適に暮らしています。着けると煙突効果で熱が逃げ背中の温度が下がります。

温度が下がることでジワーっと寒冷刺激が始まり酸素消費量(安静時の基礎代謝)も増えます。

恒常性の体熱維持で脂肪を熱に変え温めます。基礎代謝は夏より冬の方が多いのが納得できますよね。

簡単ダイエット!体の仕組み褐色脂肪細胞を冷やして基礎代謝を上げる「背中クールタイ」

白菜を始め冬野菜も寒いとデンプンを糖に変え甘く身を守ります。メープルも栗などもTVでも特集番組で取り上げられています。動物も植物も細胞の生理現象ですね。

加圧シャツ効果なし

消費者庁で問題になった加圧シャツです。

基礎代謝を上げる比較実験

着けると酸素消費量が増える話をしましたね。2時間で脂肪を消費して体重が減る実験です。

基礎代謝痩身差4月25~5月30ステイホーム中

 

新型コロナでで自粛中にデスクワークしながらダイエットインナー着けないのと比較実験をして見ました。

ダイエットインナー(グラフ青い線)着けると着けない(オレンジ線)で比較すると2時間で約20gの痩身差が記録されます。

2時間着けるだけで

20g×365日=で7300g、年間7.3㎏(被験者体重の1割)です。

デスクワークにインナー着けると120分と有酸素運動40分とカロリー計算すると同じ効果

体の仕組で痩せやすい体質に太りにくい体質に自分で管理できます。

脂肪を減らすkeisanサイトを参考に計算しました。

運動では痩せにくい!を痩せる運動に

運動で痩せないのは身体活動量のエネルギーを使うから基礎代謝のエネルギーを使うと痩せるグラフう

運動では痩せないのは身体活動量のエネルギーを優先的に使うからです。ダイエットインナーを着けると基礎代謝のエネルギーを使います。

30分の有酸素運動に寒さを負荷すると80分の有酸素運動と同じ効果

基礎代謝(安静時)の消費カロリーは運動量メッツ1.0を基に運動強度で消費カロリー計算されます。そこで安静時に近いデスクワーク、運動時をしながら体重差をもとに比較実験を公開しています。

猫背が強制される姿勢になる。

良い姿勢

良い姿勢を意識すると熱も逃げやすく痩せる効果も増し猫背を意識するようになる。

まとめ

ながらダイエットはいつでもどこでもできます。

ダイエットインナー着けるだけでダイエットができます。加圧着圧インナーのように見た目でなく脂肪を熱に消費します。この代謝を繰り返すことで褐色脂肪細胞、中に多く含まれているミトコンドリアが増えることが報告されています。背中に寒い環境を作れば皆さん基礎代謝を上げるダイエット、スタミナアップ、健康維持が期待できます。

楽天

Yahoo!

最後までご覧いただき有難うございました。

Pocket

在宅勤務しながらダイエットができる。2時間で有酸素運動40分と同じ効果

安静時に背中クールタイを着けた2時間と有酸素運動40分の消費カロリーが同じ効果! 在宅勤務 テレビ見ながら痩せる方法

安静時、活動時に基礎代謝のエネルギーを使う ながらダイエット。

「背中・ふしぎ発見!」ながらダイエットが簡単にできてしまいます。

クリスマスに靴下を暖炉の横に干したら金貨が入っている?と思ったり、

努力しなくても一獲千金の夢を追い求めている人は多いのではないでしょうか。

ダイエットもキツイ運動や時間やお金も掛けないで簡単にできたらと思いませんか?背中で簡単にできます。

着けると褐色脂肪細胞を寒冷刺激するダイエットインナー

ダイエットインナー

背中の熱を逃がすだけです。

デスクワークしながら、授業受けながら、家事しながら、テレビ見ながら、買い物しながら、仕事しながら皆さん背中にインナー着けるだけでできます。背中にふしぎ発見です。

安静時(基礎代謝)のエネルギーと活動時のエネルギーの消費カロリーは違いますがここでは安静時のエネルギー消費について紹介していきます。

クマさんの冬眠中の熱エネルギーは

簡単らくらくダイエッはト熊さんの冬眠と同じ基礎代謝のエネルギーを使う

長期間に及ぶ“断食“と“体熱の維持″は食べ物を脂肪に蓄えます。冬眠後は基礎代謝のエネルギーを省エネモードで代謝して熱エネルギーに変え春を待ちます。

ながらダイエットができるのはこの基礎代謝のエネルギーを使うダイエットです。キツイ運動をしなくても脂肪を熱に代謝する。すなわちダイエットができることになります。

白菜が霜を浴びると甘くなるのは

白菜の花。寒さから身を守るのにデンプンを糖に変え冬を越し春を待つ

白菜は自ら寒さから身を守るのにデンプンを糖に変えて凍らないないように甘くし寒い季節を乗り切り春にはきれいな花を咲かせます。

そして、白菜と言えばやっぱり「鍋」ですが食材として大活躍しています。これからが旬ですね。

このように、植物細胞は寒さでデンプンを糖に代謝しているんですね。動物細胞は↓

基礎代謝は夏より冬の方が多いのは

細胞のチカラでスッキリ!ビックリするほどカンタン

白菜が寒さを負荷して甘くなったように私達、動物細胞も寒い環境になると脂肪を熱に代謝します。

基礎代謝は夏より冬の方が多いと言われているのはヒトは常に一定の体温を維持する仕組みがあります。ホメオスタシス恒常性の体熱維持です。

ながらダイエットはこの仕組を応用したダイエットですので脂肪を熱に代謝する環境を作れば皆さんできますネ。

2時間で有酸素運動40分の消費カロリーと同じ効果

基礎代謝のエネルギー比較実験

ながらダイエット基礎代謝安静時

参照:Panasonic

ボーっとしていても体重が減る「背中・ふしぎ発見」

運動量METsの消費カロリー計算はありますが安静時の基礎代謝量の計算する方法はありません。

基礎代謝量は年齢、男女によっても違います。

そこで安静時に近いデスクワークをしながら2時間で基礎代謝のエネルギー消費量を体重差で比較してみることにしました。

皆さん比較して痩身差が出ると思いますか?

1、でる

2、でない

基礎代謝量は年齢や男性、女性で決められているから出ない。運動量で違うがこんな実験見たことが無い。というお考えで、2、出ない、が99%だと思います。

ところが、ふしぎ発見です。出るんです。

基礎代謝の痩身差1ヶ月間2時間交互に背中に寒冷刺激あり、なしとの比較グラフです。

2時間で痩身差が20gです。

計算サイト脂肪を減らす運動の計算をすると

1ヶ月0.6㎏(20×30日)

METs3の運動量で40分に匹敵します。

安静時2時間で有酸素運動40分の消費カロリーと同じ効果がでるのです。

ながらダイエットは基礎代謝のエネルギーを使えば出来ますネ。

基礎代謝の酸素消費量を測定しても酸素量が増えますので脂肪を燃やす証です。

まとめ

ながらダイエットはクマの冬眠や白菜が霜を浴び甘くなるように細胞の仕組で脂肪を熱に代謝するダイエットです。さらに脂肪が代謝するのはエネルギーを作るミトコンドリアで体に良いことがたくさんあります。背中にふしぎ発見ですね。

Yahoo!

 

楽天

最後までご覧いただき有難うございました。

Pocket

魔法のインナー着けるだけで痩せる

ミトコンドリアの働きで脂肪を燃やすのでらくに痩せる方法。知っ得!!イノベーション「背中クールタイ」

ダイエットでお金・時間賭ける?賭けない?

 ボーっとしていて チ子ちゃんに叱られない“簡単に痩せる”方法

何もしなくても基礎代謝を上げ痩せる!?体の仕組みで脂肪を体の熱に消費するなんて知りませんでした。

最近体が重く感じ!?秤に乗ったら?「ヤバイ!」と思っている方もいると思います。私も運動をしても減らないので余計に興味がありました。

そこで

なんで減らないのだろう?

調べてみて、減らない理由がわかりました。

らくらくダイエットは基礎代謝のエネルギーを使う

エネルギーの使い方が決められているんですね。

運動で痩せなかったのは

運動でエネルギーと使われ方

運動時には摂取したグリコーゲンが優先的に使われ不足すると分解された脂肪酸、血中グリコースが使われる。

活動誘発性体熱産生(身体活動量)のエネルギーで優先的に摂取したエネルギー(グリコーゲン)が使われていた為にです。キツイ運動してもすぐには減らないということですね。

痩せる簡単な方法は?ミトコンドリアの働き

クマさんの冬眠もそうですが何もしない安静時に生命の維持のために使う基礎代謝のエネルギーを使います。

どうやって使うの?

基礎代謝のエネルギーを代謝させることです。ミトコンドリアが担うのですが“寒い環境”することです。と言っても体全体で寒い思いをしないで脊髄の周りにある褐色脂肪細胞を刺激します。

このように着けるだけです。

「背中クールタイ」着けると脂肪燃焼

インナー着けると燃やし始めます。

夏と冬では基礎代謝は冬のが多いですね、衣服の中の背中に冬モードにすると1年中ダイエットができます。

医者もビックリこんな痩せる方法はミトコンドリアのチカラを引き出す

ビックリするほど仕組で痩せるカンタンダイエット

寒い環境下での褐色脂肪細胞の脂肪を熱に代謝するのはマウスの受験で確立されているのですが。医者も内心ビックリ!と言うのは日本ではヒトの実験が少ないからあまり知られていないのです。

海外からの論文です。

10分~15分震える寒さで痩せる効果がでるエビデンス

参照文献:シドニー大学

簡単ダイエット

寒い環境下で細胞の中のミトコンドリアが野菜は澱粉を糖に、ヒトは脂肪を熱に代謝してエネルギーを作っています。

簡単なことで 痩せる極め付きは、着けると酸素消費量が増えることです。脂肪を燃やすのには酸素が必要ですよね。

褐色脂肪細胞が中性脂肪を熱に代謝する仕組 

褐色脂肪細胞が脂肪を燃やすメカニズム

背中に寒さを感じると交感神経の指令でノルアドレナリンが分泌され中性脂肪を分解して脂肪酸を介して熱を産生し体のヒーターに消費されます(脂肪燃焼)。ミトコンドリアの増加と褐色脂肪細胞も増え、熱産生能力も高まります。

寒冷刺激の体温維持には熱産生遺伝子の高次構造変化が必須寒冷刺激で熱産生は急速に始まる。交感神経の活性化から熱を産するために数分の速さで対応できる仕組みです。

参照文献:東京大学先端科学技術研究センター

痩せる効果30分の実験記録

孫の手は便利。背中クールタイはそれ以上役に立ちます。

まとめ

痩せる褐色脂肪細胞を寒冷刺激して中性脂肪をすみやかに熱に変えるダイエットは他に類を見ません。

ダイエットのサプリメントで脂肪燃焼を促進する、抑制するのとは明らかに違い、ストレートに体の治癒力で、しかもミトコンドリアを増やし健康維持できる唯一の方法です。

安い!安心!安全!体に良いことがたくさんあります。

 

最後までご覧いただき有難うございました。

 

Pocket