ダイエット」カテゴリーアーカイブ

法のインナー着けるだけで痩せる

医者も内心ビックリ?こんなにも簡単に痩せる方法でダイエット。知っ得!!

ダイエットでお金・時間かける

 ボーっとしていて チ子ちゃんに 叱られても“着けるだけで”痩せる方法です。

何もしなくても基礎代謝を上げ痩せる!?体の仕組みで脂肪を体の熱に消費するなんて知りませんでした。

最近体が重く感じ!?秤に乗ったら?「ヤバイ!」と思っている方もいると思います。私も運動をしても減らないので余計に興味がありました。

そこで

なんで減らないのだろう?

調べてみて、減らない理由がわかりました。

らくらくダイエット

エネルギーの使い方が決められているんですね。

運動で痩せなかったのは

エネルギーと使われ方

運動時には摂取したグリコーゲンが優先的に使われ不足すると分解された脂肪酸、血中グリコースが使われる。

活動誘発性体熱産生(身体活動量)のエネルギーで優先的に摂取したエネルギー(グリコーゲン)が使われていた為にです。キツイ運動してもすぐには減らないということですね。

痩せる簡単な方法は?

クマさんの冬眠もそうですが何もしない安静時に生命の維持のために使う基礎代謝のエネルギーを使います。

どうやって使うの?

基礎代謝のエネルギーを代謝させることです。ミトコンドリアが担うのですが“寒い環境”することです。と言っても体全体で寒い思いをしないで脊髄の周りにある褐色脂肪細胞を刺激します。

このように着けるだけです。

脂肪燃焼

インナー着けると燃やし始めます。

夏と冬では基礎代謝は冬のが多いですね、衣服の中の背中に冬モードにすると1年中ダイエットができます。

医者もビックリこんな痩せる方法があるなんて!

ビックリするほどカンタンダイエット

寒い環境下での褐色脂肪細胞の脂肪を熱に代謝するのはマウスの受験で確立されているのですが。医者も内心ビックリ!と言うのは日本ではヒトの実験が少ないからあまり知られていないのです。

海外からの論文です。

10分~15分震える寒さで痩せる効果が

参照文献:シドニー大学

簡単ダイエット

寒い環境下で細胞の中のミトコンドリアが野菜は澱粉を糖に、私たちは脂肪を熱にエネルギーを作っています。

ペタポリックアナライザー

簡単なことで 痩せる極め付きは、着けると酸素消費量が増えることです。脂肪を燃やすのには酸素が必要ですよね。

基礎代謝のエネルギー中性脂肪を熱に消費して高める仕組をご覧ください。 

褐色脂肪細胞

背中に寒さを感じると交感神経の指令でノルアドレナリンが分泌され中性脂肪を分解して脂肪酸を介して熱を産生し体のヒーターに消費されます(脂肪燃焼)。ミトコンドリアの増加と褐色脂肪細胞も増え、熱産生能力も高まります。

寒冷刺激の体温維持には熱産生遺伝子の高次構造変化が必須寒冷刺激で熱産生は急速に始まる。交感神経の活性化から熱を産するために数分の速さで対応できる仕組みです。

参照文献:東京大学先端科学技術研究センター

まとめると

痩せる褐色脂肪細胞を寒冷刺激して中性脂肪をすみやかに熱に変えるダイエットは他に類を見ません。

ダイエットのサプリメントで脂肪燃焼を促進する、抑制するのとは明らかに違い、ストレートに体の治癒力で、しかもミトコンドリアを増やし健康維持できる唯一の方法です。

安い!安心!安全!体に良いことがたくさんあります。

 

孫の手は便利。背中クールタイはそれ以上役に立ちます。

最後までご覧いただき有難うございました。

 

Pocket

褐色脂肪細胞を冷まして活性化する「背中クールタイ」ダイエットができます。

成功するダイエットは痩せるインナーで褐色脂肪細胞を活性化して増やす!

温熱環境を変えるインナー

痩せるインナーを着けると体の仕組で脂肪を消費しして褐色脂肪細胞が増えます。私達は1年を通して 暑い時も寒い時も 体の仕組(恒常性)で体温調節されて生きています。寒い時に熱を作る褐色脂肪細胞が脂肪を熱に変え温めるのを応用したダイエットです。この方法を知れば騙されません。

ダイエットに失敗した人、肥満は万病の温床の基と言われてダイエットを始める人、自ら健康になりたいと思う人必見です。

褐色脂肪細胞の機能を引き出して脂肪を消費するダイエット

最初にオリジナル製品「背中クールタイ」を紹介します。

脂肪燃焼

ご覧のように、襟元と背中の肌と衣服の間に通す柔らかい筒です。熱を逃がすと温度が下がりますよね。すると体は脂肪を燃やして熱を作ります。体の仕組みで簡単にできるダイエットです。

痩せるインナー

暑い時は熱だまりを逃がして冷却機能を引き出します。熱を逃がすと寒い環境になり脂肪を熱に変えます。

生理現象“寒い環境”を作ると

  • 着けないのと比較して体重差で即効果がわかりました。
  • 冬野菜は身を守るのにデンプンを糖に変えるから甘くなる。
  • ヒトも基礎代謝は夏より冬の方が多いように寒いと脂肪を熱に変える。
  • 着けて基礎代謝を測ると酸素消費量が増えます。脂肪を燃やしている証です。

背中を“寒い環境”にすると脊髄の周りにある褐色脂肪細胞を寒冷刺激して脂肪を熱に消費するダイエットです。

成功するダイエットは結果がすぐにでます。

ダマされるな!飲んでも効かない「サプリ」一覧 えっ、あれも、これも・・・?

加圧シャツ効果なし

ダマされないようにしましょう。

基礎代謝のエネルギーで実験!

“寒い環境” を作ると体の仕組み恒常性の体熱維持が代謝(基礎代謝のエネルギーで使い脂肪を熱に)するダイエットです。実践してみました。

・基礎代謝は夏より冬の方が多い:寒いと脂肪を熱に変え温めているからです。この冬モードを背中インナーで背中に作り比較実験をして得た結果のグラフです。

基礎代謝痩身差12月説明書きカット

2時間デスクワークしながら背中インナーを着けたのが青い線で、着けないのが黄色い線です。痩身差が20g確認されています。1日2時間の消費カロリー計算すると有酸素運動40分に匹敵します。「サプリ」でこのような効果のあるものがあるのでしょうか?大成功です。

基礎代謝―ミトコンドリアダイエット

確実に痩せるダイエットはこのような代謝する“寒い環境”を作ることです。褐色脂肪細胞を活性化して増やせば痩せられることは寒中水泳や冷水シャワーで言われてきましたね。それが背中インナーを着けるとダイエットができます。褐色脂肪細胞内のミトコンドリアが中性脂肪(白色脂肪細胞)を代謝してエネルギーを作るのは寒い環境とエネルギー不足時の運動・空腹時です。

運動に基礎代謝のエネルギーを着ける実験!

有酸素運動ではすぐには痩せません。

運動では痩せない

1日のエネルギー消費量を見ると運動で使われるのは身体活動量のエネルギーで体の仕組みで摂取した糖質(グリコーゲン)が優先的に使われます。中性脂肪はもともとエネルギーの不足時に備えてある貯蓄脂肪ですので簡単には減りません。ところが背中インナーを着けると最初から脂肪で分解された遊離脂肪酸を消費します。この時使うのが基礎代謝のエネルギーです。ウォーキング30分~40分での比較実験でも痩身差が確認されます。

痩せない運動を痩せる運動にする実験を公開

30分~40分で消費カロリー計算すると有酸素運動80分に匹敵します。2時間デスクワークを取り入れるとこれだけで年間14.6㎏の減量につながり無理をしない体に優しいダイエットができます。

着ける時間を増やすと1ヶ月2㎏痩せることも出来ました。さらに痩せたい人は時間を増やせばできます。

痩せる褐色脂肪細胞を冷やすと脂肪を燃焼するエビデンスを「背中クールタイ」で実践!比較実験の記録

褐色脂肪細胞に関する論文

褐色脂肪細胞においてエネルギー消費を促す新たなメカニズムを発見

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2015/160219_2.html

参考文献 京都大学・生理学研究所リリースより

寒冷刺激の体温維持には熱産生遺伝子の高次構造変化が必須

http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/pressrelease/pdf/270507release_rcast.pdf

参考文献 東京大学先端科学技術研センター

私たちヒトや哺乳動物は、急速な環境の変化に瞬時に反応し、命を守る仕組みがあります。例えば、体が寒冷環境に置かれると、中枢でこれを感知し、交感神経からの刺激によって、熱産生を専門に行う褐色脂肪組織で迅速に熱が産生され、低体温になることを防ぐ。・・・ 、低体温症や熱産生・エネルギー消費が低下して起こる肥満のための新規治療法や予防法にもつながるとしている。

まとめ

成功するダイエットは体の基礎代謝のエネルギーを使います。褐色脂肪細胞が活性化され基礎代謝も高めミトコンドリアも増えると健康増進、スタミナアップも期待できます。

運動嫌いの人も日常の活動時に着けるだけです。家事しながら、買い物しながら、テレビ見ながら、仕事しながら、通勤通学、講義受けながら、ウォーキングしながら、何かしながらご利用ください。

Yahoo!

楽天

最後までご覧いただき有難うございました。

Pocket