褐色脂肪細胞」カテゴリーアーカイブ

東大の論軍通り痩せる

あったらいいな こんなダイエット!瘦せたい方にオススメです。中性脂肪を燃やす医療機器部外品 魔法の「背中クールタイ」

私達の体は常に一定の体温に保たれ快適な生活をしています。着けるだけで第3のインナーは熱を逃がし褐色脂肪細胞が脂肪を分解しす燃やす“寒い環境”を作りますので簡単にダイエットができます。

痩せる薬、サプリメントに頼らないダイエットを発見!生活習慣病予防に役立つ!

中性脂肪を減らしたい!落としたい!若返りたい!暑い時は冷ましたい人たちの為におすすめ!

襟元から熱を逃がしてクール、痩せるインナー

画像を見てビックリ!? された方もいると思います。衣服内の背中にはオドロキの現象が起きています。熱を煙突効果で逃がし放射冷却現象で温度が下がり冷やすことで褐色脂肪細胞が活性化して脂肪を熱に消費しています。基礎代謝の酸素消費量も増えています。

背中の温熱環境を変えることで、ホメオスタシス恒常性の維持、体熱調節の機能を引き出して皆さんの健康に一役 担います。

第3魔法のインナー「背中クールタイ」痩せるインナー 

熱を逃がす第3のインナー「背中クールタイ」交感神経が働いて体温調節をサポート

【寒い環境】にすると

身体って、暑いと汗を掻き冷ましますよね。真逆に寒い時の熱エネルギー源は?

諸説ありますが、マウス受験で褐色脂肪細胞が“寒い環境”で脂肪を熱に代謝するのが確立されています。

生理現象でみると

着けると痩せるアニメ白菜―ダウンコート

寒いと冬野菜など植物細胞は寒さから身を守るのに澱粉を糖に変えています。だから甘いのです。私達も基礎代謝は夏より冬の方が多いのは?“寒い環境”で脂肪を熱に代謝して温めてくれています。ありがたいですね。これを担うのが脊髄の周りに多い褐色脂肪細胞の内にいるミトコンドリアが熱を産んでいます。

ボーっとしていても

この仕組みを応用すればダイエットが簡単にできます。

基礎代謝のエネルギーを引き出せば痩せる

METs運動量の消費カロリー計算はあります。が、基礎代謝の消費するカロリー計算はありません。そこで、背中を“寒い環境”にしてデスクワークしながらで比較実験をしました。前代未聞です。2時間で体重差に表れます。

基礎代謝の酸素消費量も増えるのはミトコンドリアが消費している証です。

ミトコンドリアが増える

ミトコンドリアが増えるのがわかると楽しくなります。体に良いことがたくさんあります。

褐色脂肪細胞が脂肪を分解

寒い環境で脂肪を分解して熱を生む仕組みを分かりやすくした解説図です。

「背中クールタイ」は“寒い環境”にすることで速やかに脂肪を分解して熱を産みます。この代謝するときにミトコンドリアが増加して褐色脂肪細胞が活性化されます。

あったらいいな!皆さんも“寒い環境”を作れば痩せられる。

ダイエットでお金・時間かける

魔法のダイエットはこんな方におススメ

魔法のダイエット無理だと思っていたけど

皆さんも“寒い環境”を作れば痩せる薬、サプリメントに頼らないで簡単にできます。テレビを見ながら、デスクワークしながら2時間、運動、家事、犬の散歩しながら30分で健康痩せができます。着ける時間を増やせば比例してダイエットができます。

 

まとめ

第3のインナーは衣服内背中の温度を変えることで脂肪を消費するダイエットが体の仕組でできます。

体の仕組でこんなにも

着けるだけで簡単にダイエットができます。

 

このページのトップ

ホームページのトップ

 

こちらでお買い求めできます。

Yahoo!

楽天

最後までご覧いただき有難うございました。

Pocket

着けると褐色脂肪細胞を寒冷刺激して脂肪は落とす魔法のダイエット

ダイエット最新情報!中性脂肪を下げたい方にオススメ!褐色脂肪細胞を寒冷刺激して活性化、中性脂肪を分解して燃やす魔法の「背中クールタイ」

魔法の「背中クールタイ」

皆さんの体には痩せる細胞があります。ご存知ですか?脂肪を熱に代謝するマウスの実験での論文はあっても「痩せる細胞を活かす術」が無かっただけのことです。「背中クールタイ」を着けると魔法のように脂肪を燃やします。

褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪は落とせるメカニズム

寒い環境下で褐色脂肪細胞は熱に代謝する論文から

ヒト褐色脂肪細胞およびベージュ脂肪細胞を寒冷刺激すると体重が減った。

ヒト褐色脂肪細胞を寒冷刺激をした研究でも体脂肪変化が認められ褐色脂肪細胞の増量も認められている。褐色脂肪細胞のある傍脊椎部と「背中クールタイ」が偶然にも重なることから寒冷刺激をして比較実験の結果を紹介しますね。

褐色脂肪細胞およびベージュ脂肪細胞の制御機構と臨床的意義
https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2017.890917/data/index.html

ヒトを含めた恒温動物は、季節変動する環境温度に敏感に反応し、深部体温を制御している。褐色脂肪細胞やベージュ脂肪細胞は寒冷暴露に応じて熱を産生する脂肪細胞として、寒冷環境での体温維持に寄与している。肥満の予防に役立つことが期待されている。

褐色脂肪細胞のある部位

褐色脂肪細胞局在部位

参照:日本生化学会

「背中クールタイ」は褐色脂肪細胞を寒冷刺激する

柔らかい筒でカテーテルのように襟元から背中の微空間を空気を出し入れする「背中クールタイ」

褐色脂肪細胞を寒冷刺激する「背中クールタイ」

背中の熱を煙突効果で逃がすと放射冷却現象やふいご作用で気流も起き体感温度も下がり寒い環境になり褐色脂肪細胞を寒冷刺激する。

着けると体の仕組で熱を産むのに脂肪は燃えます。

ヒト褐色脂肪細胞を刺激標的とした臨床研究で体脂肪が減少した。(参照:日本生化学会)のように「背中クールタイ」で寒冷刺激をする比較実験です。

 

寒冷刺激って何℃?

マウスの実験で4℃、ヒトで17℃が報告されていますが何℃までか分かりません。

こんなニュースも

熱中症注意報が出ている時期に雨のグランドで行われた体育祭で学生が低体温になり救急車で病院へ搬送されました。地面に熱を奪われたのです。その時の外気温度は21.9℃でした。体温調節ができなかったんですね。

 

そこで自ら寒冷刺激の始まる温度を調べようと思いました。

寒冷刺激する方法は

寒中水泳や温冷シャワーなどありますが冷た~い!ですね。

背中を冷やしデスクワークしながら比較実験

ながらダイエット脂肪の分解解説図「背中クールタイ」

摂取したエネルギー産生栄養素(炭水化物、タンパク質、脂質)はエネルギーATPになり1日のエネルギー消費量に割与えられます。

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-013.html

身体活動とエネルギー代謝

総エネルギーの消費量の構成

身体活動量によるエネルギー消費は主に運動によるものと家事など日常の生活活動に該当し消費するエネルギー量は約30%です。詳細は➡

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/exercise/s-02-003.html

参照:eヘルスネット

生活や運動による消費カロリー計算

運動量メッツ

参照:パナソニック

エネルギー消費量は安静時1.0METsの何倍にあたるかで計算されます。

身体活動や運動など消費カロリー計算はkeisanサイトでできます。

1時間犬を連れて散歩すると

普通歩行

221Kcal消費します。

安静時1.0METs分の消費が73.67Kcalで

散歩2.0METs分の消費が147.33Kcalです。

 

運動量METsのカロリー計算はあっても寒冷刺激をしての計算はありません。

安静時1.0METs内の計算になります。

 

そこで脂肪を減らす運動の計算もkeisanサイトで入力すればできますので、デスクワークしながら寒冷刺激をしてしない時と比較実験をして体重差○○gを逆算して運動量をみることにしました。

場所:当事務所

時間:摂取後2時間経過後2時間

記録:温度・湿度・前後の痩身差

秤 :BL-LCD 目盛20g

水・食べ物摂取、排出無し

基礎代謝の痩身差の記録12月「背中クールタイ」

Y軸は温度、湿度、体重差gで  X軸は日時です。寒冷刺激有り(グラフ青い線)寒冷刺激無し(オレンジ線)です。

基礎代謝痩身差の記録4月25~5月30ホームステイ中「背中クールタイ」

1年間通して寒冷刺激すると平均20gの体重差が出ます。20g×30日=600gです。

0.6㎏1ヶ月で脂肪を減らすのに必要な運動をkeisanサイトで入力すると

脂肪を減らすのに必要な運動時間

メッツ3の散歩は40分になります。

このように

安静時に2時間着けるだけで歩き40分と同じ効果がでます。

 

運動に30分間着けるだけでも有酸素運動80分と同じ効果です。

 

着けるだけで寒冷刺激をして体脂肪は落とせます。

 

寒冷刺激は何度℃の疑問が解けましたね。

寒冷刺激は25℃位迄痩身差が出ます。

1年間の記録はこちらをご覧ください。

寒冷刺激をしてしないのとを体重差で紹介しましたが、基礎代謝量を測るメタポリックアナライザーで比較しても酸素消費量が増えます。

同じ内容をNHKBS美と若さの新常識の番組でも紹介していました。

酸素消費量測定

基礎代謝は夏より冬の方が多いのもいうなづけます。

眠っている細胞を燃える細胞に変えてみませんか

まとめ

ヒトの恒常性の維持、体の仕組で寒さを負荷すると体脂肪は落とせます。あなたの細胞でです。

着けると褐色脂肪細胞を活性化するとミトコンドリアも増え健康維持につながります。

 

このページのトップ

ホームページのトップ

 

こちらもご覧ください

スポーツジムに通って運動して痩せないのは?

ダイエットに役立つ情報!口コミも

 

こちらからお買い求めできます。

楽天 Yahoo!

最後までご覧いただきありがとうございました。

Pocket


背中に着けるだけで脂肪燃焼が即始まる

痩せる口コミ!肩甲骨の周りにある褐色脂肪細胞を冷やすとダイエットはできる痩せるインナー「背中クールタイ」VSアイスベルト

細胞には異種の熱を産む褐色脂肪細胞とエネルギーの不足時に蓄える白色脂肪細胞があり、寒い環境で脂肪を熱に代謝することは確立されています。褐色脂肪細胞を活性化する寒冷刺激は寒中水泳や冷水シャワー、冷やしたペットボトル、アイスベルトなどがありますね。

褐色脂肪細胞を冷やす魔法の「背中クールタイ」

背中の熱を放出して脊髄の周りにある褐色脂肪細胞を冷やします。

熱を逃がし褐色脂肪細胞を冷やす「背中クールタイ」

熱を煙突効果で放出すると気流が生まれ体感温度を下げてくれます。

最近注目の褐色脂肪細胞

 

論文を実践!

「背中クールタイ」は褐色脂肪細胞のある部位と重なり着けると熱を放出して冷やすので寒冷水泳など冷たい思いをしなくても簡単にできます。

衣服内の気候を変えた機能性インナーは構造にあります。

押してもつぶれない繊維の織り方の構造を検索してもありません。

繊維の構造

参照:google2020/8/18

衣類の生地や技術では出来ない!

吸水速乾の生地を検索

繊維の構造吸水速乾

吸水速乾の生地より早く熱を放出する!

乾燥スピードを比較すると分かりますよ。

乾燥スピード比較

30分の運動が終わり休憩時間に乾くのが不思議です。衣類では考えられませんね。

繊維の構造背中クールタイ

背中クールタイの構造です。特許庁で閲覧できます。

褐色脂肪細胞を冷やす、痩せるインナーで衣服内改革!

背中を寒い環境にするとダイエットが始まります。

ながらダイエット安静時2時間褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると有酸素運動40分とカロリー消費と同じ効果

褐色脂肪細胞を冷やすアイスベルトと「背中クールタイ」を比較

アイスベルト

出典:NHKBS

番組で紹介されたアイスベルトは首の周り冷やして燃えろ!でした。

アイスベルト褐色脂肪細胞

「背中クールタイ」は背中の熱を逃がすと寒い環境になり燃やします。

褐色脂肪細胞を冷やす

褐色脂肪細胞を寒冷刺激をする方法が違うだけです。首の周りは普段から露出しており「寒冷馴化」していますのでアイスベルトです。「背中クールタイ」は衣服内の快適な温度は32℃±1℃ですので交感神経が判断します。私の実験では衣服外の温度が25℃以下であれば体重差に表れます。

下記の比較実験をご覧ください。

あなたも「背中クールタイ」を着ければ痩せる!

着けると酸素消費量が増えます。(脂肪を燃やす証)

酸素消費量測定

比較実験で結果がでる。

 

褐色脂肪細胞を寒冷刺激して基礎代謝痩身差12月の記録

ビフォーアフターの痩身差に出ます。安静時ボーっとしていても2時間後に結果が出ました。

まとめ

あなたも「背中クールタイ」を上手に使えば体の恒常性の維持、体の仕組が応援して役に立つ商品です。

 

このページのトップへ戻る

ホームページのトップへ戻る

 

楽天 Yahoo!

最後までご覧いただき有難うございました。

Pocket


着けると褐色脂肪細胞を寒冷刺激して痩せるインナー

痩せるインナー は、褐色脂肪細胞のある部位 と重なり着ける褐色脂肪細胞を活性化して脂肪を燃やし始める。

痩せるインナーは着けるだけ!

痩せるサプリや置き換えダイエット、食事制限、キツイ運動などはいりません。

置き換えダイエット、キツイ運動などでダイエットあきらめた方におススメ

痩せるインナーは着けると褐色脂肪細胞を冷やし、すみやかに脂肪の消費が始まります。

寒い環境で痩せるのは細胞の仕組み

基礎代謝を上げる第3のインナー楓メープルシロップも寒さで甘くなる。ヒトは痩せる。

細胞の仕組みって?

植物細胞も動物細胞も寒い環境で生理現象がおきています。

例えば

メールシロップの甘いのは?

白菜が霜を浴びて甘くなるのは?

雪下野菜も甘い。

栗もサツマイモも冷蔵庫で甘くなる?

植物ばかりではない。

私達も基礎代謝は夏より冬の方が多いのは?

これって?

みんな細胞の仕組なんですね。

身を守るのに植物はデンプンを糖質に、動物は脂肪を熱エネルギーに代謝しています。

この仕組みを賢く応用したのが痩せるインナーです。

痩せるインナーは褐色脂肪細胞を活性化して基礎代謝を上げる

美味しさに誘惑されてしまい、ツイツイ食べ過ぎて「太っちゃった!」と、思っている人がなんと多いことか・・・😭

着けると痩せるインナーです。

脂肪燃焼「背中クールタイ」

襟元と背中を柔らかい筒で空気を出し入れするインナーです。

痩せるスポット褐色脂肪細胞が背中にあり脂肪を燃やす環境にすればこのようにあなたも勝手に脂肪を体のヒーターに消費します。

ながらダイエット仕組で脂肪を燃やすアニメ

何もしないで生きるために使う基礎代謝のエネルギーを使います。☆2時間着けるだけで有酸素運動40分の消費カロリーと同じ効果が。☆30分の運動に着けると有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果がでます。

褐色脂肪細胞を寒冷刺激 活性化するメカニズム

ヒトは常に温度を一定に保ち生命が維持する仕組みがあります。脂肪を燃やす環境をつくれば皆さんできることです。論文でもマウスの実験で裏付けられています。

簡単に考えましょう体温調節ですね。

暑いと汗を掻いて冷ますよね。真逆に寒いと脂肪を燃やして体温と維持する仕組みです。

痩せる脂肪が背中にあり脂肪を燃やす仕組を分かりやすいように図にまとめました。

褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪分解して痩せる「背中クールタイ」

体が寒さを感じると熱を作れと指令が出る。すると脂肪を分解、脂肪酸が遊離して燃焼して、熱・産生して体の熱エネルギーに消費される仕組みです。

なんと褐色脂肪細胞が増える。ミトコンドリアが増えるということです。

有酸素運動では痩せない

エネルギーの使いみちは決められている。

運動で痩せないのは身体活動量のエネルギー

有酸素運動で痩せると思っている方が多いのではないでしょうか。残念ながら運動で使うのは身体活動量のエネルギーです。肥満脂肪を消費するのは摂取したグリコーゲンが不足し始めたころです。(グラフ参照)

一方着けると痩せるインナーは着けると基礎代謝のエネルギーを使い始めます。使い道も体の仕組みで決められているんですね。

基礎代謝のエネルギーを引き出すと消費が増える実験

衣服内の快適温度は32℃±1℃です。暑いと脱いだり、寒いと着たり維持されていますネ。

ながらダイエット基礎代謝安静時

参照: Panasonic

 安静時 1.0METs(基礎代謝)に痩せるインナーを着けると背中が寒い環境になり基礎代謝のエネルギーを使った実験です。

基礎代謝痩身差12月説明書きカット

インナー着ける(寒冷刺激あり):80g

インナー着けない(寒冷刺激あり):60g

インナー着けると2時間後には着けないのと体重差で表れます。2時間着けるだけで体重差は20gは有酸素運動40分の消費カロリーと同じ効果で、年間体重の約一割に匹敵します。テレビを見たりデスクワークしながらいつでもできます。

寒い環境下での論文です。

10分~15分震える寒さで痩せる効果がトの論文は少ないので海外からの研究発表から 参照:シドニー大学

震える寒さ10~15分と1時間分のエクササイズと同じ効果

インナー着ける120分と40分の有酸素運動と同じ効果

2つを比較して寒さと運動量こそ違いますが褐色脂肪細胞の代謝機能を引き出せばできますネ。

運動・活動時に着けると基礎代謝のエネルギーを使い開始後体が温まるまでです。30分の運動に着けると有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果がでます。

「寒い季節に寒い思いをしてまで」と思われる方もいらっしゃると思います。運動中にヒートテックなど吸湿発熱の衣服を着ていると汗で悩みますよね。熱を溜めないから背中は爽やかです。最初着ける時にヒヤッとするぐらいです。これ状況で脂肪燃焼が始まる証です。

まとめ

ながらダイエットはいつでもどこでも着けるだけでできる。

痩せるインナーは着けて熱を逃がすだけです。ヒトは常に温度を一定に保ち生命が維持する仕組みがあります。脂肪を燃やす環境をつくれば皆さんできることです。いつでもどこでもお役に立つインナーです。

 

このページのトップへ戻る

ホームページのトップへ戻る

 

こちらからお買い求めできます。

楽天

Yahoo!

最後までご覧いただき有難うございました。

 

Pocket


マウス実験をヒントに生まれたダイエット

痩せるインナー背中クールタイは褐色脂肪細胞を寒冷刺激して熱・産生するマウスの実験 ヒトの実験のエビデンスをヒントに誕生!

マウスの実験褐色脂肪細胞の熱・産生する論文と「背中クールタイ」

中性脂肪を減らす研究が大学や研究機関においてマウス実験の成果が学会に発表され肥満対策に期待されています。が、痩せる薬も、痩せる方法もまだ市場には出てきません。でもこれをヒントに褐色脂肪細胞を寒冷刺激して痩せるインナーを作りました。

マウスの実験褐色脂肪細胞を寒冷刺激するをヒントに生まれたダイエットのアニメ

マウスが実験に使われるのは哺乳類で人間の生活活動が似ていて、ヒトの遺伝子が90%以上も共通点があり、繫殖力もあるところから使われています。

褐色脂肪細胞のある部位と「背中クールタイ」が重なりました。

あなたならどうしますか?

やってみる価値大ですよね。

早速同一条件で運動しながら40分間の前後の体重差で比較してみました。

着けたヒト着けない日で体重差で確認できたのです。

痩せるサプリでも40分間で体重差に表れますか?

「背中にふしぎ発見!」しました。

褐色脂肪細胞を活性化する「背中クールタイ」

論文内容は褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪を熱に代謝することが確立されています。これを応用したダイエット方法があっていいのではないでしょうか。研究を活かすためにも。実験の成果を無駄にしたくはないですね。

マウス実験の褐色脂肪細胞に関する論文

褐色脂肪細胞およびベージュ脂肪細胞の制御機構と臨床的意義
https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2017.890917/data/index.html

参照:日本生化学会

褐色脂肪細胞においてエネルギー消費を促す新たなメカニズムを発見
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2015/160219_2.html
白色脂肪細胞は細胞内に栄養を脂肪として貯蓄しますが、褐色脂肪細胞は脂肪を
分解し、熱を産生することで体温の調節をします。出典:京都大学・生理学研究所リリースより

寒冷刺激の体温維持には熱産生遺伝子の高次構造変化が必須
東京大学先端科学技術研センター
私たちヒトや哺乳動物は、急速な環境の変化に瞬時に反応し、命を守る仕組みが
あります。出典:東京大学先端科学技術研センター

褐色脂肪細胞を寒冷刺激する方法マウス実験をヒントに生まれたダイエット褐色脂肪細胞を活性化する

マウスの実験を無駄にしないで私たちが活用する方法です。

ウェブ上で寒冷刺激を検索してヒットするのは寒中水泳と冷水シャワ・・・ですね。冷たさを強いれられてもビフォーアフターでの効果などの資料はありません。

一方「背中クールタイ」は衣服を着ながら暖かい格好で背中の熱を逃がします。すると温度が下がることで脂肪を熱に消費して結果が即痩身差で表れます。マウスの実験を人間も“寒い環境”にすることで皆さんもできるのです。簡単にできるのがいいですね。

 寒冷刺激をして比較実験

 

熱を逃がして褐色脂肪細胞を冷やして脂肪燃焼

「背中クールタイ」を着けると熱を逃がし温度が下がります。たったこれだけです。

基礎代謝痩身差12月

2時間安静時に熱を逃がすだけで痩身差が出ます。痩身差を換算すると2時間で有酸素運動40分の消費カロリーと同じ効果です。

基礎代謝の酸素消費量を測定しても酸素消費量が増えます。脂肪を燃やすのには酸素が必要ですよね。

30分の運動にも寒さを負荷すると有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果がでます。

 まとめ

マウスの実験ヒントを応用するといつでもどこでもダイエットが簡単にできます。研究を無駄にしたくないですね。

このページのトップへ戻る

体の仕組で痩せる。ご覧ください

 

Yahoo!

楽天

最後までご覧いただき有難うございました。

 

Pocket


着けると褐色脂肪細胞を寒冷刺激して痩せるインナー

瘦せるサプリでなく最近注目されているダイエットで褐色脂肪細胞を活性化して痩せるインナーがあるって本当ですか?

加圧シャツ効果なし!痩せるインナーは着けると即効果が確認できます。

加圧シャツ効果なしが消費者庁から発表されました。

ダイエット市場は拡大化していて、本当に多くのダイエット商品が売られていますよね。その結果ダイエットに成功した人もいれば失敗した人もいます。中には着けるだけで痩せる加圧シャツも効果が無いと消費者庁から発表されたものもあります。加圧するだけでは脂肪は減りません。

痩せるインナーは褐色脂肪細胞を活性化して中性脂肪を熱に代謝して安静時(基礎代謝)に2時間で体重差を比較するとビフォーアフターで体重差に表れます。30分の運動でも「背中クールタイ」着けると有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果がでます。脂肪を減らす方法を詳しく紹介していきます。

脂肪を減らす方法は?

褐色脂肪細胞を寒冷刺激して活性化

褐色脂肪細胞は寒い環境下で脂肪を熱に代謝することは論文で報告されています。「背中クールタイ」を着けると熱を逃がして冷ますので寒い環境になります。

褐色脂肪細胞脂肪分解「背中クールタイ」

脂肪には2種類の脂肪があり、貯める役目をする白色脂肪細胞と脂肪を熱に代謝する褐色脂肪細胞があります。褐色脂肪細胞は“寒い環境”になるとルアドレナリンを分泌して中性脂肪を分解して体の熱エネルギーに消費されます。

この代謝を繰り返すことで褐色脂肪細胞、ミトコンドリアが増えると報告されています。

運動では痩せない!簡単に痩せる方法は?褐色脂肪細胞を増やす

炭水化物、タンパク質、脂肪三大栄養素を主に摂取して1日のエネルギー消費量の割合は体の仕組で決められて、食事の消化、身体活動量、基礎代謝のエネルギーに使われます。

運動時の代謝

運動で痩せないのは「背中クールタイ」

運動・活動で使うエネルギーは身体活動量の摂取したエネルギー(グリコーゲン)が優先的に使われます。ジョキングで痩せようと思い続けてもエネルギーの代謝は繰り返すことで褐色脂肪細胞が増えます。1㎞が2㎞に、2㎞が5㎞に…。体の仕組で脂肪を分解してエネルギーに使われるのは体がエネルギーが不足時ですので運動では痩せないのです。

空腹時の代謝

風邪で寝込んで食欲がなければゲッソリしますよね。炭水化物を抑えた置き換えダイエットなども大流行です。

ダイエットに成功たと喜んでも

実は脂肪肝!

出典:NHK 美と若さの新常識

ダイエットで成功したと思った5人の中に実は脂肪肝になった人が2人もいました。怖いですね。置き換えダイエットや炭水化物の制限をしても運動をしないと失敗します。

寒い環境での代謝

寒い環境で使うのは基礎代謝のエネルギーを使います。私達の身体は恒常性の体熱維持で寒い環境下では熱を産みます。基礎代謝は夏より冬の方が多いのはその為です。

ビックリするほどカンタン

冬野菜も寒いと身を守るのにデンプンを糖に変え甘くなります。背中に

この環境を作ればダイエットは簡単ですネ。

 

健康痩せの食事

健康でイキイキ過ごす為にはバランスの良い食事も細胞の為に大切です。

出典:YouTube細胞の世界

ヒトの体は約40(60)兆もの細胞でできています。肝臓、腎臓もです。急激に痩せるダイエットは悲劇を生みます。

覚えておいて損はない細胞と食事のブログ

出典:ガッテン!ダイエットが引き起こすまさかの悲劇!腎臓肝臓のブログ

痩せるインナーを着けて実践!効果を試しました。

寒い環境での代謝の比較実験

褐色脂肪細胞が寒い環境で脂肪を熱に代謝するのはマウス受験で確立されています。偶然に褐色脂肪細胞のある部位と「背中クールタイ」とが重なり比較実験です。

安静時(基礎代謝)に2時間で体重差を比較

運動量METsの消費カロリー計算はあってもベースになる基礎代謝の消費カロリー計算はありません。基礎代謝であるのは年齢、性別の違いなどです。そこで2時間基礎代謝(安静時)のエネルギーを使い論文通り「背中クールタイ」を着け寒い環境にして比較してみたのが下のグラフです。

基礎代謝痩身差12月

ボーっとしていても2時間で体重差が20gも出ました。もうビックリです。

間違いではないかと不安に思い気がついたら1年間実験をしてしまいました。

2時間で20g、チリも積もれば山となるで1年間で7.3㎏で被験者の体重の約1割です。脂肪を代謝して痩せるインナーは褐色脂肪細胞を刺激してダイエットができます。時間をかければ脂肪の代謝も増えます。

30分の運動でも寒さを負荷しないのと比較

30分の運動でも「背中クールタイ」着けると有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果がでます。

室内の温度管理されたスポーツクラブで走り込んでも脂肪は減りません。

基礎代謝は冬の方が高いですよね。「背中クールタイ」着けると痩せる環境になります。

ミトコンドリアを増やす

着けると痩せるアニメ寒さで白菜は甘くなり人は痩せる

生理現象で細胞の効果は画像の中で説明している通りです。即脂肪を燃やすのは褐色脂肪細胞の中に多くいるミトコンドリアです。代謝(脂肪を熱に)を繰り返すことでミトコンドリアを増やすので、スッキリダイエットができます。

まとめ

褐色脂肪細胞を活性化する痩せるインナー「背中クールタイ」で比較実験を紹介しました。ヒトは生まれてから熱を産み恒常性の体熱が維持されています。安静時2時間で体重差が出たのにはビックリしました。あなたも背中に痩せる環境を作れば脂肪を代謝して健康痩せが簡単にできます。

 

こちらも ご覧ください

体の仕組で痩せる

ネット上のダイエット情報・口コミ

Yahoo! 楽天

最後まで有難うございました。

Pocket