加圧シャツ」タグアーカイブ

褐色脂肪細胞を刺激して脂肪を熱に変え繰り返すことで基礎代謝を上げます。

着けるだけで基礎代謝を上げるダイエットインナー魔法の「背中クールタイ」VS加圧インナー

ダイエットインナーといえば加圧 着圧インナーですよね。着圧するだけで見た目がガラッと変わった。猫背が強制され美しくなった。脇の脂肪を寄せてバストアップできる。お腹が引き締まった。加圧シャツで着けるだけで筋力トレーニングができダイエットができる。などなどありますが、紹介するダイエットインナーは体の仕組で褐色脂肪細胞を活性化中性脂肪を消費するダイエットです。

褐色脂肪細胞のある部位とインナーが重なり冷やしてダイエットができることを発見!

細胞には異種の細胞があり、余ったエネルギーATP(アデノシン三リン酸)を貯える白色脂肪細胞(中性脂肪)とエネルギーの不足時に熱エネルギーに変える(代謝)褐色脂肪細胞があり脊髄の周りにもあります。ダイエットインナー「背中クールタイ」と偶然に重なり背中の熱を逃がし冷ますと寒い環境になり褐色脂肪細胞を活性化します。比較実験をしてダイエットできるのを発見しました。

着けると褐色脂肪細胞を冷ましすみやかに熱を産生する。

痩せる仕組みの論文

出典:東京大学先端科学技術研究センター

褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪を熱に代謝して活性化することはマウスの実験で確立されています。

褐色脂肪細胞のある部位は首の周り、肩甲骨の周り、腋の下、腎臓の周り、心臓の周りにあります。

寒冷刺激する方法は寒中水泳、温冷シャワーなどですが冷たそうですね。

ダイエットインナーは着けるだけで褐色脂肪細胞を活性化

脂肪を熱に代謝して基礎代謝を上げる「背中クールタイ」

衣服内の快適温度は32℃±1℃で皆さん快適に暮らしています。着けると煙突効果で熱が逃げ背中の温度が下がります。

温度が下がることでジワーっと寒冷刺激が始まり酸素消費量(安静時の基礎代謝)も増えます。

恒常性の体熱維持で脂肪を熱に変え温めます。基礎代謝は夏より冬の方が多いのが納得できますよね。

簡単ダイエット!体の仕組み褐色脂肪細胞を冷やして基礎代謝を上げる「背中クールタイ」

白菜を始め冬野菜も寒いとデンプンを糖に変え甘く身を守ります。メープルも栗などもTVでも特集番組で取り上げられています。動物も植物も細胞の生理現象ですね。

加圧シャツ効果なし

消費者庁で問題になった加圧シャツです。

基礎代謝を上げる比較実験

着けると酸素消費量が増える話をしましたね。2時間で脂肪を消費して体重が減る実験です。

基礎代謝痩身差4月25~5月30ステイホーム中

 

新型コロナでで自粛中にデスクワークしながらダイエットインナー着けないのと比較実験をして見ました。

ダイエットインナー(グラフ青い線)着けると着けない(オレンジ線)で比較すると2時間で約20gの痩身差が記録されます。

2時間着けるだけで

20g×365日=で7300g、年間7.3㎏(被験者体重の1割)です。

デスクワークにインナー着けると120分と有酸素運動40分とカロリー計算すると同じ効果

体の仕組で痩せやすい体質に太りにくい体質に自分で管理できます。

脂肪を減らすkeisanサイトを参考に計算しました。

運動では痩せにくい!を痩せる運動に

運動で痩せないのは身体活動量のエネルギーを使うから基礎代謝のエネルギーを使うと痩せるグラフう

運動では痩せないのは身体活動量のエネルギーを優先的に使うからです。ダイエットインナーを着けると基礎代謝のエネルギーを使います。

30分の有酸素運動に寒さを負荷すると80分の有酸素運動と同じ効果

基礎代謝(安静時)の消費カロリーは運動量メッツ1.0を基に運動強度で消費カロリー計算されます。そこで安静時に近いデスクワーク、運動時をしながら体重差をもとに比較実験を公開しています。

猫背が強制される姿勢になる。

良い姿勢

良い姿勢を意識すると熱も逃げやすく痩せる効果も増し猫背を意識するようになる。

まとめ

ながらダイエットはいつでもどこでもできます。

ダイエットインナー着けるだけでダイエットができます。加圧着圧インナーのように見た目でなく脂肪を熱に消費します。この代謝を繰り返すことで褐色脂肪細胞、中に多く含まれているミトコンドリアが増えることが報告されています。背中に寒い環境を作れば皆さん基礎代謝を上げるダイエット、スタミナアップ、健康維持が期待できます。

楽天

Yahoo!

最後までご覧いただき有難うございました。

Pocket

着けると褐色脂肪細胞を寒冷刺激して痩せるインナー

最近注目の褐色脂肪細胞を活性化して痩せるインナーがあるって本当ですか?

加圧シャツ効果なし!痩せるインナーは着けると即効果が確認できます。

加圧シャツ効果なしが消費者庁から発表されました。

ダイエット市場は拡大化していて、本当に多くのダイエット商品が売られていますよね。その結果ダイエットに成功した人もいれば失敗した人もいます。中には着けるだけで痩せる加圧シャツも効果が無いと消費者庁から発表されたものもあります。加圧するだけでは脂肪は減りません。

痩せるインナーは褐色脂肪細胞を活性化して中性脂肪を熱に代謝して安静時(基礎代謝)に2時間で体重差を比較するとビフォーアフターで体重差に表れます。30分の運動でも「背中クールタイ」着けると有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果がでます。脂肪を減らす方法を詳しく紹介していきます。

脂肪を減らす方法は?

褐色脂肪細胞を寒冷刺激して活性化

褐色脂肪細胞は寒い環境下で脂肪を熱に代謝することは論文で報告されています。「背中クールタイ」を着けると熱を逃がして冷ますので寒い環境になります。

褐色脂肪細胞脂肪分解「背中クールタイ」

脂肪には2種類の脂肪があり、貯める役目をする白色脂肪細胞と脂肪を熱に代謝する褐色脂肪細胞があります。褐色脂肪細胞は“寒い環境”になるとルアドレナリンを分泌して中性脂肪を分解して体の熱エネルギーに消費されます。

この代謝を繰り返すことで褐色脂肪細胞、ミトコンドリアが増えると報告されています。

運動では痩せない!簡単に痩せる方法は?褐色脂肪細胞を増やす

炭水化物、タンパク質、脂肪三大栄養素を主に摂取して1日のエネルギー消費量の割合は体の仕組で決められて、食事の消化、身体活動量、基礎代謝のエネルギーに使われます。

運動時の代謝

運動で痩せないのは「背中クールタイ」

運動・活動で使うエネルギーは身体活動量の摂取したエネルギー(グリコーゲン)が優先的に使われます。ジョキングで痩せようと思い続けてもエネルギーの代謝は繰り返すことで褐色脂肪細胞が増えます。1㎞が2㎞に、2㎞が5㎞に…。体の仕組で脂肪を分解してエネルギーに使われるのは体がエネルギーが不足時ですので運動では痩せないのです。

空腹時の代謝

風邪で寝込んで食欲がなければゲッソリしますよね。炭水化物を抑えた置き換えダイエットなども大流行です。

ダイエットに成功たと喜んでも

実は脂肪肝!

出典:NHK 美と若さの新常識

ダイエットで成功したと思った5人の中に実は脂肪肝になった人が2人もいました。怖いですね。置き換えダイエットや炭水化物の制限をしても運動をしないと失敗します。

寒い環境での代謝

寒い環境で使うのは基礎代謝のエネルギーを使います。私達の身体は恒常性の体熱維持で寒い環境下では熱を産みます。基礎代謝は夏より冬の方が多いのはその為です。

ビックリするほどカンタン

冬野菜も寒いと身を守るのにデンプンを糖に変え甘くなります。背中に

この環境を作ればダイエットは簡単ですネ。

 

健康痩せの食事

健康でイキイキ過ごす為にはバランスの良い食事も細胞の為に大切です。

出典:YouTube細胞の世界

ヒトの体は約40(60)兆もの細胞でできています。肝臓、腎臓もです。急激に痩せるダイエットは悲劇を生みます。

覚えておいて損はない細胞と食事のブログ

出典:ガッテン!ダイエットが引き起こすまさかの悲劇!腎臓肝臓のブログ

痩せるインナーを着けて実践!効果を試しました。

寒い環境での代謝の比較実験

褐色脂肪細胞が寒い環境で脂肪を熱に代謝するのはマウス受験で確立されています。偶然に褐色脂肪細胞のある部位と「背中クールタイ」とが重なり比較実験です。

安静時(基礎代謝)に2時間で体重差を比較

運動量METsの消費カロリー計算はあってもベースになる基礎代謝の消費カロリー計算はありません。基礎代謝であるのは年齢、性別の違いなどです。そこで2時間基礎代謝(安静時)のエネルギーを使い論文通り「背中クールタイ」を着け寒い環境にして比較してみたのが下のグラフです。

基礎代謝痩身差12月

ボーっとしていても2時間で体重差が20gも出ました。もうビックリです。

間違いではないかと不安に思い気がついたら1年間実験をしてしまいました。

2時間で20g、チリも積もれば山となるで1年間で7.3㎏で被験者の体重の約1割です。脂肪を代謝して痩せるインナーは褐色脂肪細胞を刺激してダイエットができます。時間をかければ脂肪の代謝も増えます。

30分の運動でも寒さを負荷しないのと比較

30分の運動でも「背中クールタイ」着けると有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果がでます。

室内の温度管理されたスポーツクラブで走り込んでも脂肪は減りません。

基礎代謝は冬の方が高いですよね。「背中クールタイ」着けると痩せる環境になります。

ミトコンドリアを増やす

着けると痩せるアニメ寒さで白菜は甘くなり人は痩せる

生理現象で細胞の効果は画像の中で説明している通りです。即脂肪を燃やすのは褐色脂肪細胞の中に多くいるミトコンドリアです。代謝(脂肪を熱に)を繰り返すことでミトコンドリアを増やすので、スッキリダイエットができます。

まとめ

褐色脂肪細胞を活性化する痩せるインナー「背中クールタイ」で比較実験を紹介しました。ヒトは生まれてから熱を産み恒常性の体熱が維持されています。安静時2時間で体重差が出たのにはビックリしました。あなたも背中に痩せる環境を作れば脂肪を代謝して健康痩せが簡単にできます。

Yahoo! 楽天

最後まで有難うございました。

Pocket