肥満」タグアーカイブ

地球温暖化で糖尿病が増える?

地球温暖化で糖尿病が増える?褐色脂肪細胞を増やす!「新習慣」

糖尿病が増える原因は

地球温暖化で気温1℃上昇すると米国で年間10万人糖尿病が増える可能性があることが学会に発表されました

ビ医学誌糖尿病の増加の原因 2型糖尿病は肥満・運動不足・ストレスなどがきっかけで発病するといわれていたのに・・・ 。地球温暖化で糖尿病が増える? 命を削る原因がまた一つ増えました。

増加する一因は気温の上昇でが米国で年間10万人増えた可能性があるということは日本でも考えられますネ。

ビ糖気温上昇で糖尿病が発生

気温上昇が褐色脂肪細胞の活性化を抑制しグリコース代謝を低下させ、2型糖尿病の発生する人が増えているのではないかと考えられているそうです。

白色脂肪細胞を減らし褐色脂肪細胞を増やす方法。

細胞には異種の細胞があります。エネルギー不足にならないように貯える白色脂肪細胞とエネルギーを作る褐色脂肪細胞があります。

ハーバード大学糖尿病センター

ハーバード大学糖尿病センターの研究によると運動不足により増えた白色脂肪細胞が運動することにより減り褐色脂肪細胞が増えるという。

白色脂肪細胞を分解して減らす方法は運動、空腹でエネルギー不足した時と寒い環境です。

運動:運動で使うのは優先的に身体活動量のエネルギーが使われるので脂肪は減らしにくい。

空腹:食事制限による置き換えダイエットですが脂肪肝になる人もいますので運動しながらです。

魔法のインナー発見脂肪肝

参照:NHK美と若さの新常識、脂肪肝にならないヒミツは運動

寒い環境:人は寒い環境になると命を守るのに恒常性の体熱維持で基礎代謝のエネルギーを代謝(脂肪を体熱に)します。代謝を繰り返すことで褐色脂肪細胞(ミトコンドリア)が増えます。

褐色脂肪細胞脂肪分解

気温の低い環境にいるとノルアドレナリンが分泌して貯蔵中性脂肪を分解し遊離脂肪酸をミトコンドリアが熱を産生します。

2型糖尿病がかかりにくい

体が体温を調整するメカニズムは体重の現象やインスリン作用にも影響しており褐色脂肪細胞の多い人は2型糖尿病がかかりにくいと考えられている。

検索

人生100年時代、体の仕組、褐色脂肪細胞を寒冷刺激して増えた脂肪を減らせれば長生きできそうですね。

「新習慣」の実験

「運動30分間の新習慣」の実験

運動で消費されるエネルギーは摂取した身体活動量のエネルギーが使われて運動開始後一定の時間を経過してから分解された脂肪を消費されます。

2019 12,25~2,1-2

「背中クールタイ」を着けて背中を寒い環境にすることで速やかに基礎代謝のエネルギーを使い分解された脂肪を消費し始めます。運動に寒さを負荷すると30分が有酸素運動80分と同じ効果。(自身の運動で比較してみました。)

「安静時120分間の新習慣」の実験

基礎代謝痩身差12月説明書きカット

「背中クールタイ」を着けるて安静時(基礎代謝)2時間の比較実験です。痩身差をカロリー計算すると有酸素運動40分の消費カロリーと同じ効果です。

「震える寒さ10~15分」の実験

極端ですが似たような実験があります。

10分~15分震える寒さで痩せる効果が

シドニー大学のポール・リー先生は10分~15分の震える寒さと1時間分のエクササイズと同じ効果を学会に発表しています。

まとめ

糖尿病を体の仕組で守る「新習慣」は「背中クールタイ」を着けると背中が寒い環境になり体の仕組み恒常性の体熱維持がサポートします。基礎代謝は夏より冬の方が多いように背中を冬モードにすれば1年通してできます。

クリックしで動画YouTubeご覧ください。

2型糖尿病がかかりにくい

出典:NHK

褐色脂肪細胞ダイエット購入はコチラ

最後まで有難うございました。

Pocket

褐色脂肪細胞を冷まして活性化する「背中クールタイ」ダイエットができます。

成功するダイエットは痩せるインナーで褐色脂肪細胞を増やす!

温熱環境を変えるインナー

痩せるインナーを着けると体の仕組で脂肪を消費しして褐色脂肪細胞が増えます。私達は1年を通して 暑い時も寒い時も 体の仕組(恒常性)で体温調節されて生きています。寒い時に熱を作る褐色脂肪細胞が脂肪を熱に変え温めるのを応用したダイエットです。この方法を知れば騙されません。

ダイエットに失敗した人、肥満は万病の温床の基と言われてダイエットを始める人、自ら健康になりたいと思う人必見です。

褐色脂肪細胞の機能を引き出して脂肪を消費するダイエット

最初にオリジナル製品「背中クールタイ」を紹介します。

脂肪燃焼

ご覧のように、襟元と背中の肌と衣服の間に通す柔らかい筒です。熱を逃がすと温度が下がりますよね。すると体は脂肪を燃やして熱を作ります。体の仕組みで簡単にできるダイエットです。

痩せるインナー

暑い時は熱だまりを逃がして冷却機能を引き出します。熱を逃がすと寒い環境になり脂肪を熱に変えます。

生理現象“寒い環境”を作ると

  • 着けないのと比較して体重差で即効果がわかりました。
  • 冬野菜は身を守るのにデンプンを糖に変えるから甘くなる。
  • ヒトも基礎代謝は夏より冬の方が多いように寒いと脂肪を熱に変える。
  • 着けて基礎代謝を測ると酸素消費量が増えます。脂肪を燃やしている証です。

背中を“寒い環境”にすると脊髄の周りにある褐色脂肪細胞を寒冷刺激して脂肪を熱に消費するダイエットです。

成功するダイエットは結果がすぐにでます。

ダマされるな!飲んでも効かない「サプリ」一覧 えっ、あれも、これも・・・?

加圧シャツ効果なし

ダマされないようにしましょう。

基礎代謝のエネルギーで実験!

“寒い環境” を作ると体の仕組み恒常性の体熱維持が代謝(基礎代謝のエネルギーで使い脂肪を熱に)するダイエットです。実践してみました。

・基礎代謝は夏より冬の方が多い:寒いと脂肪を熱に変え温めているからです。この冬モードを背中インナーで背中に作り比較実験をして得た結果のグラフです。

基礎代謝痩身差12月説明書きカット

2時間デスクワークしながら背中インナーを着けたのが青い線で、着けないのが黄色い線です。痩身差が20g確認されています。1日2時間の消費カロリー計算すると有酸素運動40分に匹敵します。「サプリ」でこのような効果のあるものがあるのでしょうか?大成功です。

基礎代謝―ミトコンドリアダイエット

確実に痩せるダイエットはこのような代謝する“寒い環境”を作ることです。褐色脂肪細胞を活性化して増やせば痩せられることは寒中水泳や冷水シャワーで言われてきましたね。それが背中インナーを着けるとダイエットができます。褐色脂肪細胞内のミトコンドリアが中性脂肪(白色脂肪細胞)を代謝してエネルギーを作るのは寒い環境とエネルギー不足時の運動・空腹時です。

運動に基礎代謝のエネルギーを着ける実験!

有酸素運動ではすぐには痩せません。

運動では痩せない

1日のエネルギー消費量を見ると運動で使われるのは身体活動量のエネルギーで体の仕組みで摂取した糖質(グリコーゲン)が優先的に使われます。中性脂肪はもともとエネルギーの不足時に備えてある貯蓄脂肪ですので簡単には減りません。ところが背中インナーを着けると最初から脂肪で分解された遊離脂肪酸を消費します。この時使うのが基礎代謝のエネルギーです。ウォーキング30分~40分での比較実験でも痩身差が確認されます。

痩せない運動を痩せる運動にする実験を公開

30分~40分で消費カロリー計算すると有酸素運動80分に匹敵します。2時間デスクワークを取り入れるとこれだけで年間14.6㎏の減量につながり無理をしない体に優しいダイエットができます。

着ける時間を増やすと1ヶ月2㎏痩せることも出来ました。さらに痩せたい人は時間を増やせばできます。

「背中クールタイ」で褐色脂肪細胞を冷やし痩せる比較実験の記録

褐色脂肪細胞に関する論文

褐色脂肪細胞においてエネルギー消費を促す新たなメカニズムを発見

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2015/160219_2.html

参考文献 京都大学・生理学研究所リリースより

寒冷刺激の体温維持には熱産生遺伝子の高次構造変化が必須

http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/pressrelease/pdf/270507release_rcast.pdf

参考文献 東京大学先端科学技術研センター

私たちヒトや哺乳動物は、急速な環境の変化に瞬時に反応し、命を守る仕組みがあります。例えば、体が寒冷環境に置かれると、中枢でこれを感知し、交感神経からの刺激によって、熱産生を専門に行う褐色脂肪組織で迅速に熱が産生され、低体温になることを防ぐ。・・・ 、低体温症や熱産生・エネルギー消費が低下して起こる肥満のための新規治療法や予防法にもつながるとしている。

まとめ

成功するダイエットは体の基礎代謝のエネルギーを使います。褐色脂肪細胞が活性化され基礎代謝も高めミトコンドリアも増えると健康増進、スタミナアップも期待できます。

運動嫌いの人も日常の活動時に着けるだけです。家事しながら、買い物しながら、テレビ見ながら、仕事しながら、通勤通学、講義受けながら、ウォーキングしながら、何かしながらご利用ください。

えっ2つの効果背中の熱消費

着けてみたくなる

楽天

最後までご覧いただき有難うございました。

Pocket