重ね着」タグアーカイブ

「背中クールタイ」研究室

褐色脂肪細胞を冷やす!寒冷刺激する「背中クールタイ」研究室

褐色脂肪細胞を冷やす「背中クールタイ」って?

私達の体は自然環境に対応するために常に体温を一定に保つ恒常性の体熱維持と衣服を脱いだり羽織ったりして人為的に調節して生活をしています。衣服の生地も年々進化して吸水速乾や吸湿発熱など良いのですが衣服が肌を覆っています。

良いのですが

重ね着した時は?

寒暖差の激しい時は?

寒~い! 汗の悩みは?

「背中クールタイ」は衣服の発想を変え、こもる熱を逃がすことで体の仕組みホメオスタシスと相乗効果がでますのでご覧ください。

「背中クールタイ」は背中の肌と衣服の間の微空間に柔らかい管でバイパスを通し空気をストレートに出し入れできるようにしました。

襟元から熱を逃がしてクール、褐色脂肪細胞を冷やして痩せるインナー

画像をご覧のように背中の熱を逃がす第3のインナー

ストレートに背中の熱を逃がして温度を下げます。【暑い環境】では発汗した気化熱をこもらせないのでクールに、【寒い環境】にすると褐色脂肪細胞を寒冷刺激して脂肪を熱に代謝して健康維持、ダイエットができるのです。

魔法のインナー

基礎代謝が上がる。ダイエットができる。スタミナが上がる、若返るなど体に良いことがたくさんあります。が、褐色脂肪細胞を活性化すると褐色脂肪細胞が増える。活性化する方法は寒中水泳や冷水シャワーが言われていますね。そこで褐色脂肪細胞をピンポイントで刺激できる「背中クールタイ」は代役を果たします。衣服内気候革命ですね。

【暑い環境】

皆さんにお聞きします。夏、暑い時にワイシャツの襟元を掴み煽って熱を逃がすとスーッとしませんか。渋野日向子プロもティーグランドで煽っていました。私も散歩を始めたのですが、背中の汗の黄ばみで悩み自ら解消しようと熱を逃がすことを考え作ってしまいました。

これで汗が消えました!

背中クールタイの始まり

建築現場で使う配管用のスリーブをカットして背中に試してみると汗が消えたのです。このような商品があればと思い探したのですがありません。そこで製品化したのが「背中クールタイ」です。

夏爽やかな家づくりの通気工法をヒントに

屋根煙突効果

夏爽やかな家の屋根です(熱はイメージ)カネカの「ソーラーサーキットの家」(当社施工S邸)

このように煙突効果で熱を逃がすのでこもりません。天井裏(小屋裏)までが爽やかな家になります。

衣服内の気候を変えることで体の仕組との関係

衣服内の温度

衣服の中は快適な温度は32℃±1℃で体熱を維持するのに《暑い環境》では襟元を開けると放射熱、気化熱が逃げていきます。熱を逃がして《寒い環境》にすると熱を産み始めます。

いい汗を掻いて冷ます冷却機能

発汗の多い部位背中は機能性生地 吸水速乾の衣服よりも早く熱を放出する。

トレたまに

テレビ東京【トレたま】に。暑い中歩いてから北村キャスターの襟元から煙突効果で放出するのをドイツ製の風速計 testo 4051で計測して紹介させて頂きました。

汗を逃がすアニメ

熱がこもるから暑い、暑いから発汗が増えて衣服が濡れる。一方、逃がすと濡れないから爽快です。この微空間の衣服内の温度湿度は比較実験のページで見られます。

暑さ対策暑熱馴化

暑い日の日常の生活に“いい汗”を掻き熱だまりを作らなければ体の仕組で冷ますことで夏バテも解消されます。

体温より外気温度が高くなると体温調節では汗の蒸発で冷まします。伝導・放射は効きません。

【寒い環境】を作ると痩せる

ここで、またお聞きします。

ヒトは暑い時は汗を掻いて気化熱で冷ますことはご存知ですよネ。では寒い時は体の熱をどうやって作っているのですか?

答えは脂肪を熱に代謝して作ります。「背中クールタイ」はこの仕組みを応用してます。

冬野菜は寒さで甘くなるヒトも寒さでやせられる

白菜は霜を浴びると甘くなります。寒さから身を守るのにデンプンを糖分に変えていますネ。ヒトも寒さを負荷すると植物細胞も動物細胞も同じ仕組みで営んでいるのが見えてきます。

動物植物の基本構造

ヒトも夏と冬の熱エネルギー代謝で基礎代謝の高いのは冬ですよネ。脂肪を熱に変え代謝するのはミトコンドリアが担います。

基礎代謝は冬の方が多い

熱を逃がし寒い環境で比較実験

安静時(基礎代謝)2時間の比較実験

基礎代謝痩身差12月説明書きカット

2時間で痩身差が出ました。

前代未聞!デスクワークしながら安静時に使う基礎代謝のエネルギーを寒冷刺激しないのとの比較実験です。2時間で(排尿の我慢の限界)痩身差が20g出ます。

比較実験1年間の記です。

運動30分の運動の比較実験

2019 12,25~2,1-2

30分の運動で痩身差が出ました。

運動で痩せないのは

有酸素運動で使うエネルギーは身体活動量のエネルギーを優先的に使われ基礎代謝のエネルギーを使うのは20分後あたりからです。寒さを最初から負荷すると基礎代謝のエネルギーを使うのでグラフのように差が出ます。

30分の有酸素運動に「背中クールタイ」を着けると80分の有酸素運動の消費カロリーと同じ効果があります。

酸素消費量が増える

ペタポリックアナライザー

皆様の中には「うさん臭い」と思われそうなので基礎代謝量を測るメタポリックアナライザーで酸素消費量で量りました。「背中クールタイ」を着けると消費量が増えます。

分かってもらうのに電気保温ポットで実験

電気ポット熱を逃がす実験

電気保温ポット(以下=ポット)の湯は85℃のお湯で満たされています。ヒトも代謝して体幹温度37℃で維持されています。ポットは30Wの消費電力で保温され蓋を開けると冷めセンサーにスイッチが入り650Wの消費電力で沸かします。ヒトも体熱を作り体温は維持されていますが背中の熱を逃がすと体温が下が褐色脂肪細胞が脂肪を燃やして温めます。

ミトコンドリアを増やして健康増進

ミトコンドリア

若返りの鍵握るミトコンドリア

褐色脂肪細胞に関するヒトの実験は少ない

ダイエット

褐色脂肪細胞を寒冷刺激する実験はマウスでヒトでは規制があって研究が少ないです。

基礎代謝の消費カロリーの研究も摂取カロリーと消費カロリーが多く寒冷刺激をして熱・産生したデーターは皆無です。

安静時(基礎代謝)2時間で寒冷刺激をしないのと体重差が出ることは前代未聞です。

「背中クールタイ」と脊髄の周りにある褐色脂肪細胞とが重なり論文で寒冷刺激すると脂肪を熱に代謝することを知り研究を続けています。何人かの教授は「背中クールタイ」を知っており応援いただいています。

日本医科大学太田教授の論文が

その中で参考になったのは「若返りの鍵握るミトコンドリア」(太田教授日本医科大学)です。

太田教授と佐藤

ミトコンドリアは強めの有酸素運動・寒さを感じる・空腹を感じることで増えるそうです。教授に合う機会に恵まれ私が寒さを負荷して有酸素運動の比較実験を実践して効果の出たことを教授に報告させて頂きました。マウスの細胞学の論文をヒントに褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると皆さんも研究成果を活かせます。

褐色脂肪細胞のメカニズム

褐色脂肪細胞脂肪分解

体の仕組褐色脂肪細胞のメカニズムです。寒い環境で褐色脂肪細胞もミトコンドリアも代謝を繰り返すことで活性化するそうです。

10分~15分の震える寒さと1時間のエクササイズと同じ効果

10分~15分震える寒さで痩せる効果が

出典:シドニー大学のポール・リー教授の論文

震える寒さをしなくても30分の有酸素運動に背中クールタイを着けると80分の有酸素運動の消費カロリーと同じ効果!と同じです。

震える寒さの論文はコチラ

強さを引き出すのに

痩せるインナーを着けると寒い環境強さを引き出す

強さを引き出す寒行はいろいろな国や地方でやっていますネ。背中に寒さを負荷するのも同じです。

研究室にあるものは

事務所

秤です。(最小メモリ20g迄)とパソコンと私の体です。

トレたまに

テレビ東京に、【トレたま】北村キャスターにも実験をして頂きました。

あとは

有難うございます。

チ子ちゃんと

testo

風速計testoとおんどとりロガーです。

パソコンの力は大きいですね。

「褐色脂肪細胞を寒冷刺激」「痩せるインナー」で検索すると「背中クールタイ」が出てきます。

まとめ

ヒトは体の仕組で暑いと汗を掻き冷ます。寒いと脂肪を燃やし温めます。(体質により個人差があります)

着ける衣服内の気候を変えることで、体の仕組で体を冷ます。痩せる。健康増進できる画期的なインナーです。

ビックリするほどカンタンダイエット

寒い環境下で脂肪を熱に代謝するのはマウスで確立されています。冬野菜も代謝して甘くなります私も実験をして紹介させて頂きました。

魔法の「背中クールタイ」お申し込みはコチラ

楽天

最後まで有難うございました。

Pocket