運動不足」タグアーカイブ

ステイホームで運動不足を解消するダイエット

ステイホームしながらダイエット!運動不足を解消する方法とは

在宅勤務 ステイホームで運動不足で太るのは?

新型コロナで太る人が多いのではないでしょうか。ステイホームでオンラインが進みビジネス、楽しみながらイベント広範囲に広がっています。

そこで太る原因は通勤・通学で使うエネルギー消費が無くなり摂取カロリーが増えて脂肪に蓄積されるから太るのもあるのではないでしょうか。

家の中では体を動かしても飽きてしまい長続きしません。続いたとしても運動では脂肪を落とせません。

どうして?

使うエネルギーが違うのです。

 

運動では痩せにくいが基礎代謝のエネルギーを使うと簡単

ステイホームしながら痩せるインナー「背中クールタイ」を着けるだけです。

運動で痩せないのは

1日に使うエネルギー消費量は円グラフにあるように安静時に生命維持の為に使う基礎代謝(60%~70%)、日常の活動・運動に使われる身体活動量(20%~30%)に摂取した食べ物の消化に使われるのが食事誘発体熱産生(10%~20%)に仕組で決められています。

運動で使うのは身体活動量のエネルギーで優先的に使われ運動開始後ある時間を経過してからですので痩せにくいというのが分かりますネ。

運動不足を解消する方法は体温調節を応用します。

体温調節を応用する「背中クールタイ」

暑い環境になると体温調節で放熱・伝導・発汗して体温を下げますよね。寒い環境になると生命維持の為、常に一定の体温を維持するのに脂肪を熱に熱に変え体温をあげます。この体温調節に使われるのが基礎代謝のエネルギーです。

“基礎代謝は夏より冬の方が寒いから多い。”です。

体温調節活かします。

 

脊髄の周りにあり褐色脂肪細胞を冷やします。

痩せる褐色脂肪細胞を活性化・寒冷刺激する方法は

・肩甲骨ダイエット:比較実験しましたが効果がありませんでした

・寒中水泳:冷たいですね。冬のプールは温水

・温冷水交互のシャワー:冷たい。長い時間は無理

・アイスベルト:首の周りを冷やす。保冷剤が必要

・凍ったペットボトル:首の周りを冷やす

・「背中クールタイ」:着けるだけ。ネックウォーマー巻いても熱を逃がして脊髄の周りにある褐色脂肪細胞を冷やすことができる。いつでもどこでもできる。(外の温度25℃以下)

寒冷刺激は何℃から熱を産むのか?はヒトでのエビデンスは少ないですね。17℃の部屋での実験、震える寒さの中での実験がありますが衣服を着ています。

「背中クールタイ」は脊髄の周りにある褐色脂肪細胞をポイント攻撃します。その実験を紹介します。

 

ステイホーム中に基礎代謝のエネルギーを使い2時間の比較実験で実証

基礎代謝痩身差4月25~5月30ステイホーム中

同一条件2時間「背中クールタイ」を着ける(グラフ青い線)と着けない(オレンジ色)の比較です。

脂肪を落とす効果は?

安静時2時間で

体重差20gは有酸素運動40分の消費カロリーと同じ効果です。(被験者70㎏)

1日20g×365日=7,300g 年間7.3㎏

4時間着ける2倍です。

太っていく体重を抑えるのに、増えた脂肪を落とすのに着けると脂肪を熱に消費します。

 

「背中クールタイ」着けると痩せない運動が痩せる運動に変わります。

安静時に2時間で減るの?と思われるあなたに

着けてメタボリックシンドロームで比較すると酸素消費量が上がります。

酸素消費量測定

アイスベルトで首の周りにある褐色脂肪細胞を寒冷刺激して酸素消費量が増えたように脊髄の周りにある褐色脂肪細胞を寒冷刺激しても同じことです。

 

まとめ

最後に、何人かの大学の教授にお会いしましたが褐色脂肪細胞を寒冷刺激して代謝するのはマウス実験でヒトでの実験は少ないのです。基礎代謝のエネルギー計算は摂取カロリーと運動量による計算で、寒い環境での熱を産む計算もエビデンスはありません。ステイホーム中に比較実験を紹介しましたが1年間の記録もあり公開しています。

褐色脂肪細胞ダイエット購入はコチラ

冬野菜は寒いとデンプンを糖に代謝して甘くなるのも、あなたも背中を寒い環境にすると脂肪を熱に代謝してダイエットができるのも同じ現象です。

ステイホームしながら痩せることも楽しみです。

魔法の「背中クールタイ」購入ページはコチラ

最後までご覧いただき有難うございました。

 

Pocket

地球温暖化で糖尿病が増える?

地球温暖化で糖尿病が増える?褐色脂肪細胞を増やす!「新習慣」

糖尿病が増える原因は

地球温暖化で気温1℃上昇すると米国で年間10万人糖尿病が増える可能性があることが学会に発表されました

ビ医学誌糖尿病の増加の原因 2型糖尿病は肥満・運動不足・ストレスなどがきっかけで発病するといわれていたのに・・・ 。地球温暖化で糖尿病が増える? 命を削る原因がまた一つ増えました。

増加する一因は気温の上昇でが米国で年間10万人増えた可能性があるということは日本でも考えられますネ。

ビ糖気温上昇で糖尿病が発生

気温上昇が褐色脂肪細胞の活性化を抑制しグリコース代謝を低下させ、2型糖尿病の発生する人が増えているのではないかと考えられているそうです。

白色脂肪細胞を減らし褐色脂肪細胞を増やす方法。

細胞には異種の細胞があります。エネルギー不足にならないように貯える白色脂肪細胞とエネルギーを作る褐色脂肪細胞があります。

ハーバード大学糖尿病センター

ハーバード大学糖尿病センターの研究によると運動不足により増えた白色脂肪細胞が運動することにより減り褐色脂肪細胞が増えるという。

白色脂肪細胞を分解して減らす方法は運動、空腹でエネルギー不足した時と寒い環境です。

運動:運動で使うのは優先的に身体活動量のエネルギーが使われるので脂肪は減らしにくい。

空腹:食事制限による置き換えダイエットですが脂肪肝になる人もいますので運動しながらです。

魔法のインナー発見脂肪肝

参照:NHK美と若さの新常識、脂肪肝にならないヒミツは運動

寒い環境:人は寒い環境になると命を守るのに恒常性の体熱維持で基礎代謝のエネルギーを代謝(脂肪を体熱に)します。代謝を繰り返すことで褐色脂肪細胞(ミトコンドリア)が増えます。

褐色脂肪細胞脂肪分解

気温の低い環境にいるとノルアドレナリンが分泌して貯蔵中性脂肪を分解し遊離脂肪酸をミトコンドリアが熱を産生します。

2型糖尿病がかかりにくい

体が体温を調整するメカニズムは体重の現象やインスリン作用にも影響しており褐色脂肪細胞の多い人は2型糖尿病がかかりにくいと考えられている。

検索

人生100年時代、体の仕組、褐色脂肪細胞を寒冷刺激して増えた脂肪を減らせれば長生きできそうですね。

「新習慣」の実験

「運動30分間の新習慣」の実験

運動で消費されるエネルギーは摂取した身体活動量のエネルギーが使われて運動開始後一定の時間を経過してから分解された脂肪を消費されます。

2019 12,25~2,1-2

「背中クールタイ」を着けて背中を寒い環境にすることで速やかに基礎代謝のエネルギーを使い分解された脂肪を消費し始めます。運動に寒さを負荷すると30分が有酸素運動80分と同じ効果。(自身の運動で比較してみました。)

「安静時120分間の新習慣」の実験

基礎代謝痩身差12月説明書きカット

「背中クールタイ」を着けるて安静時(基礎代謝)2時間の比較実験です。痩身差をカロリー計算すると有酸素運動40分の消費カロリーと同じ効果です。

「震える寒さ10~15分」の実験

極端ですが似たような実験があります。

10分~15分震える寒さで痩せる効果が

シドニー大学のポール・リー先生は10分~15分の震える寒さと1時間分のエクササイズと同じ効果を学会に発表しています。

まとめ

糖尿病を体の仕組で守る「新習慣」は「背中クールタイ」を着けると背中が寒い環境になり体の仕組み恒常性の体熱維持がサポートします。基礎代謝は夏より冬の方が多いように背中を冬モードにすれば1年通してできます。

クリックしで動画YouTubeご覧ください。

2型糖尿病がかかりにくい

出典:NHK

褐色脂肪細胞ダイエット購入はコチラ

最後まで有難うございました。

Pocket