機能」タグアーカイブ

背中 褐色脂肪細胞を冷却する「背中クールタイ」

1本で暑さ対策グッズ! 褐色脂肪細胞を冷やして痩せる 機能性インナー「背中クールタイ」の機能や効果を紹介!

衣服は四季にあった快適性素材が開発され様々な機能性を有するものへと進化しています。ここで紹介するのは今迄に無い発想で体温調節とコラボする唯一無二の「背中クールタイ」の機能や効果を比較しておすすめしたいと思います。

背中クールタイの説明

衣服内の気候を変えホメオスタシスとコラボする第3のインナー

背中の熱を逃がすことで暑い環境では体を冷ます機能と、寒い環境にして脂肪を消費する機能のインナーの誕生です。ユニクロで売ってないから知られていませんね。(笑い)

日経MJ

日経のMJに紹介されました。

機能性インナーとはコンプレッションで着圧による効果があるもので着圧による効果があるものと、ユニクロのヒートテックの吸湿発熱のように寒い環境下で衣服内の快適性を追求したものと、暑い環境下で吸水速乾で爽やかさを追求したものがあります。

類をみない機能性インナー「背中クールタイ」は

着けるだけで
・脂肪を燃やす
・基礎代謝を上げる
・スタミナを上げる
・体をクールにする
など

背中の熱を逃がすことでホメオスタシス恒常性の体温調節とコラボして体の仕組が働いてくれます。

今迄に無い発想の「背中クールタイ」の機能性を比較していきます。

①最初に

衣服内気候は着衣時の快適性な温度32℃±1℃が快適とされています。

類を見ないのは襟元と背中インナー「背中クールタイ」は背中の熱を襟元から逃がす構造にあります。
柔らかい筒のようなものでポリエステルでできており、記憶合金のように押しても元にもどるので常に空気を出入りさせます。

人体と衣服との間にすき間を作り温度・湿度・気流を発生させ「衣服内気候」を変えました。

快適性の評価を行うものは?

人体と衣服との間にできる隙間の温度・湿度・気流の「衣服内気候」はサーモグラフィーで表示されますが気流を測るのは出来ないですよね。

そこで私佐藤がやったのは「背中クールタイ」を着けると空間が出来、背中の熱を煙突効果で放出して風量をドイツ製の測定器testo405iで計測しました。

テレビ東京【トレたま】

背中の熱を煙突効果で放出しするのはテレビ東京のWBS【トレたま】で暑い環境下の効果を紹介されました。

 

寒い環境下にしも効果があるのです。

背中の活用法見える化

背中にある放熱器官

体温調節

背中には体温調節をつかさどる機能があります。発汗も多いですよね。脂肪を燃やす褐色脂肪細胞もありますよ。

これを活かすとクールにさらに脂肪を消費してスッキリします。

 

②コンプレッションと比較

コンプレッション(着圧)により疲労軽減あるタイプとテーピングのように関節や筋肉をサポートしてくれるタイプがあります。

・運動機能を向上させる

・筋肉のブレや関節への負荷を緩和する

・血行を良くする

・運動後の疲労を軽減して回復を促進する

コンプレッションウェアにはこのように多くの効果が期待できますが、本当に効果があるのでしょうか?

乾燥?、痒い、重ね着?、臭い、サイズ、皮膚の炎症、血流、などの意見もあり効果も疑問です。

加圧シャツ効果なし

「背中クールタイ」はホメオスタシス恒常性の体熱維持とコラボして即効果が表れます。

わかり易く言えば体温調節です。

暑いと発汗しますよね。その熱をこもらせないで逃がしてあげると爽やかになり、寒いと脂肪を燃やして体を温めます。

機能性健康インナー

機能性健康インナー1熱を逃がすと

機能性健康インナー2脂肪を熱に

脂肪を熱に変え脂肪を落とします。

 

基礎代謝を上げると褐色脂肪細胞をとミトコンドリアが増えることが報告されています。

若返りたい人にも おすすめです。

機能性健康インナー3健康をサポート寒い環境

機能性健康インナー3健康をサポート

③吸湿発熱素材と比較

冬温度が下がり活動して汗を掻いた時「汗冷え」が心配ですよね。

吸湿発熱の衣類を着て40分間の比較したグラフです。

吸湿発熱の衣類を着ながらの比較ですがインナー着けると(グラフ青い線)熱を逃がすので背中の湿度があまり上がりません爽やかです。着けない時は(赤い線)湿度が上がり汗を掻き着替えするか汗冷えして風邪をひく心配が生まれます。

 

④吸水速乾素材と比較

参照:日本化学繊維協会

吸水速乾は汗を吸い取り素早く外へ発散する生地の構造です。

「背中クールタイ」は発汗機能の多い背中に熱を煙突効果でストレートに放出するので熱をこもらせません。重ね着してもネクタイを締めても効果が表れます。

効果を比較すると

吸水速乾(グラフ赤色)、Tシャツ(緑)、「背中クールタイ(青)」の乾燥スピードを比較してみました。

乾きの早いのはストレートに熱を逃がす「背中クールタイ」です。

 

暑い時の現象

熱をこもらせるから暑い➡暑いと汗を掻く➡濡れると気化がし難い➡熱がこもるから暑い。悪のスパイラルです。逃がしてあげると解消します。

 

⑤まとめ

衣服はメーカーの生地とデザインで進化していますが、熱を逃がすとダイエットができる「背中クールタイ」は類をみません。痩せたい時に着けると体の仕組で痩せる環境になります。活かすのはあなたです。

運動・活動するときに、在宅勤務にステイホームにご利用ください。

Yahoo! 楽天

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

Pocket

運動で褐色脂肪細胞を寒冷刺激して脂肪燃焼を前後の体重差で比較してます。

褐色脂肪細胞を寒冷刺激しないのと30分運動して前後を比較した実験記録。熱・産生するエビデンスを「背中クールタイ」で実践!

痩せる褐色脂肪細胞のエビデンスににこだわり、寒冷刺激しないのと比較して記録してます。

体を冷やすと血流が悪くなり、免疫力や代謝が落ちると言われています。しかし冷やした方が上げてくれる部位がある。褐色脂肪細胞のある脊髄の周りを寒冷刺激すると体重差で効果がわかります。

真冬でも30分間の運動後には体は温まり血流も良くなり健康痩せダイエットができますよ。

投稿一覧痩せる仕組みの論文

私たちの体には寒さに反応してすみやかに熱を産み体温を維持する仕組みがあります。「背中クールタイ」を着けて背中に寒さを負荷して褐色脂肪細胞が脂肪を熱に代謝して中性脂肪が減る実験をしています。

最新のヒトでの寒い環境下にすると体の機能で痩せる論文

褐色脂肪細胞およびベージュ脂肪細胞の制御機構と臨床的意義
https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2017.890917/data/index.html

参照:日本生化学会

論文通り運動30分のビフォーアフターで比較実験をしています。

 

アフター69.76

30分の運動に背中に寒さを負荷すると前後の体重差をカロリー計算すると有酸素運動80分と同じ効果です。

最新の記録

痩せるインナー着ける着けない30分間前後の記録

30分:8月 28日26℃ 痩身差 80g(着けない)

30分:8月 27日26℃ 痩身差 120g(着ける)

30分間の比較:日付、温度背○○gは「背中クールタイ」着けて、gは運動前後の体重差です。運動する時間は夜9時~12時ですが例外もあります。

2021年8月の記録

運動前後の体重差2021 、8,3~8.29

外気温度25℃より高い日は「背中クールタイ」を着け暑さ対策です。熱は放出しましょう。

2021年7月の記録

2021 、7,3~7.30

外気温度25℃より高い日は「背中クールタイ」を着け暑さ対策です。熱は放出しましょう。

2021年6月の記録

2021 、6,1~6.30

2021年5月の記録

2021 、5,2~5.30痩身記録

2021年4月の記録

背中クールタイ体重差の記録2021 、4,1~4.30

2021年 3月の記録

比較実験2021 、3,1~3.31

2021年 2月の記録

2021 、2,1~2.28痩身記録

2021年 1月の記録

2021 、1,1~1.31痩身差前後の記録

楽天

2020年12月の記録

運動して痩身差の記録2020 、12,1~12.30

2020年11月の記録

痩身記録2020 、11,1~11.29

2020年10月の記録

痩身差の実験2020 、10,1~10.31

2020年9月の記録

2020 、9,3~9.30

高温多湿で発汗も多い。

2020年8月の記録

2020 、8,1~8.31

高温多湿で発汗も多い。

2020年7月の記録

2020 、8,1~8.31

高温多湿で発汗も多い。雨の日も多く暑い日は発汗も多い。

Yahoo!

2020年6月の記録

2020 、6,2~6.29記録

暑いので熱を逃がす日(背)が多いです。

2020年5月の記録

2020 、5,1~5.30痩身差の記録

2020年4月の記録

運動前後の記録2020 4、2~4.30

2020年3月の記録

2020 3、3~3.31

2020年2月の記録

記録2020 2、3~2.28

2020年 1月の記録

痩せる実験記録2020 1.2~1.31

痩せる実験「背中クールタイ」

楽天

2019年 12月の記録

痩せる実験2019 12.1~11.28

30分間の同一運動しての記録を比較

天候、食事の内容によって変わります。

2019年 11月の記録

痩せる実験記録2019 11.1~11.30

30分間の同一運動しての記録を比較

雨の日以外にトイレに行った時は記録なし。寒くなるとトイレが近くなります。散歩しながら体温調節で早く出そうという仕組みが働くのかな?なんて推察したりします。真逆に暑いと蒸発(発汗)しますものね。暑い時の痩身差にも表れています。

2019年 10月の記録

痩せる実験2019 10.1~10.31

30分間の同一運動しての記録を比較

外気温度の高い日は影響します。

2019年 9月の記録

痩せる実験2019 9.1~9.30

30分間の同一運動しての記録を比較

外気温度の高い日は影響します。

2019年 8月の記録

痩せる実験2019 8.1~8.31

30分間の同一運動しての記録を比較

暑いので「背中クールタイ」を着ける日が多いですね。でも寒冷刺激をすると暑くても体重差で表れます。

猛暑日の記録

大型店舗(冷房)で実験

痩せる実験大型店舗で寒冷刺激

2019年 7月の記録

痩せる実験2019 7.1~76.31

30分間の同一運動しての記録を比較

2019年 6月の記録

痩せる実験2019 6.3~6.31

30分間の同一運動しての記録を比較

2019年 5月の記録

痩せる実験2019 4,29~5.29

40分間の同一運動しての記録を比較

1ヶ月で何㎏痩せるかで時間を増やしました。

2019年 4月の記録

痩せる実験2019 4,11~4.29

痩せる実験2019 4,2~4.10

2019年 3月の記録

痩せる実験2019 3,1~3.31

2019年 2月の記録

痩せる実験2019 2,1~2.26

2019年 1月の記録

痩せる実験2019 1,2~1.31

2018年 12月の記録

痩せる実験2018 12.2~12.29

続きます。

27年冬の記録の記録

痩せる実験「背中クールタイ」

始めたころは40分間の比較でした。痩身差がありましたね。

最後までご覧いただき有難うございました。

褐色脂肪細胞ダイエット購入はコチラ

楽天

 

Pocket

無印商品着けると痩せるインナーはミトコンドリアがサポートします。

無印商品 「背中クールタイ」は着けるだけで痩せる褐色脂肪細胞を活性化する!痩せてミトコンドリアが増える!

褐色脂肪細胞を寒冷刺激して活性化するのはマウスの実験で確立されています。活性化すると痩せる方法は寒中水泳や温・冷水シャワーなどですが「背中クールタイ」は衣服内に空気を出し入れするだけで痩せる環境を作る無印商品です。

体の仕組で痩せる。ながらダイエットのアニメ。基礎代謝を上げミトコンドリアが増え脂肪燃焼

 無印商品「背中クールタイ」とは

背中に着けると温度が下がりホメオスタシス恒常性の体熱維持の脂肪を熱に代謝する機能を引き出して痩せるインナー「背中クールタイ」です。皆さんも着ければ脂肪を燃やす環境になり体の仕組でダイエットができます。

ヒトは暑いと汗を掻き、寒いと熱を作ります。

着けると脂肪を体のヒーターに消費し始めます。

細胞の仕組を活かすとビックリするほどカンタンにダイエットができる。

マウスの実験で寒冷刺激をして脂肪を熱に代謝するのは確立されている。

白菜は霜を浴びると甘くなる…無印商品

冬野菜も寒さで甘くなる…無印商品

ヒトも基礎代謝は冬の方が夏より多い

「背中クールタイ」も寒冷刺激で脂肪を熱に代謝する…無印商品

「背中クールタイ」は脂肪を燃やす環境を作ると仕組でダイエットができるのです。

脂肪を熱に代謝する機能を引き出します。

襟元から熱を逃がす「背中クールタイ」と体幹温度の分布

私達は体幹体温は37℃、衣服内の快適温度は32℃±1℃で恒常性の体熱維持で維持されています。インナーを着けると温度が下がりますので燃やす環境になります。。脊髄の周りにある褐色脂肪細胞を寒冷刺激するのです。冷水シャワーより冷たくないのが、うれしいですよね。

“寒い環境”で脂肪を熱を産む解説図 ↓

脂肪分解と熱産生・肥満 解説図

2つの脂肪があり熱エネルギーを作る褐色脂肪細胞(脊髄の周り、首の周り、腋の下、心臓の周り、腎臓の周り)と貯える(食べ過ぎ)白色脂肪細胞があり、寒い環境やエネルギー不足の時に脂肪を分解して熱を産む解説図です。

私達の摂取した食べ物からミトコンドリアがエネルギーを作っています。余ったエネルギーATP(アデノシン三リン酸)は白色脂肪細胞に備蓄され、エネルギーの不足時に備えます。そして、“寒い環境”で⑤ミトコンドリアが増え、解説図⑥の、“エネルギーの不足時(運動・空腹)”に消費されます。

脂肪を燃やす環境をサーモグラフィーで見ます。

無印商品は褐色脂肪細胞のある部位と重なることから着けると脂肪を燃やす環境になり体の仕組ででダイエットができます。

痩せる薬はありますか?

痩せる仕組みの論文

参照:東京大学先端科学技術研究センター

東京大学先端科学技術研究センターの熱・産生の論文です。「マウスの実験の赤枠(下)にあるように肥満への新規治療法や予防法につながると期待されます。」とありますね。

痩せる薬はあると思いますか? 脂肪を燃やすのは研究段階です。これが現実ですので病院の先生に聞くと分かります。そこで有酸素運動を薦めますネ。

脂肪を燃やす(代謝する)のはミトコンドリア

ミトコンドリアは脂肪を分解して熱を産むことから燃焼工場ともいわれています。

世界の死亡の原因の50%以上は肥満によって引き起こされると言われており、この脂肪を減らすのは褐色脂肪細胞の中に多くいるミトコンドリアです。

運動で痩せないのは使うエネルギーが違うから

脂肪を熱に代謝するのは、“寒い環境”と“運動、空腹”のエネルギーの不足時ですね。

運動:医者の薦める有酸素運動では脂肪は減りにくい!運動で使われるのは身体活動量のエネルギーで摂取したグリコーゲンが優先的に使われ、キツイ運動を続けることで効果がでます。続きませんよね。だから少しキツメの運動に緩和しています。

参照:NHK美と若さの新常識

空腹:食事制限のダイエットは脂肪肝になる!食事制限でダイエットが成功したと思っても実は脂肪肝になっていた。成功した人は運動を取り入れていました。

寒い環境:安静時に、運動にインナー着けると、すみやかに寒さから生命を守るために基礎代謝のエネルギーを使いミトコンドリアをがサポートします。

強さをひきだす氷点下での水浴び

寒さの中で鍛えていますね。

背中を寒い環境にするだけで同じ効果が期待できます。

「背中クールタイ」着けると基礎代謝の酸素消費量が増えます。安静時(運動量 METs 1)に2時間毎日着けると1年間で体重の約1割脂肪を消費します。

運動(運動量 METs 3)にインナー着けると30分で有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果がでます。

これだけでムリなく基礎代謝を上健康痩せができますネ。

ながらダイエットはいつでもどこでもできます。

運動に日常の活動に着けるだけでできます。

まとめ

衣服内の褐色脂肪細胞のある部位に温度差を作り“脂肪の燃える環境”を作るインナーです。後は体の仕組で脂肪をし熱に消費してくれる魔法の「背中クールタイ」です。発汗も個人差があるように体熱を作るのも然りです。

こちらからお買い求めできます。

楽天

Yahoo!

最後まで有難うございました。

 

Pocket

期間限定30分で痩せる!ためしてみよう

無料でお試し!褐色脂肪細胞を冷やす 活性化する 増える「痩せるインナー」

無料でお試しできます。

通勤通学に、授業受けながら、デスクワーク、家事、買い物、犬の散歩、有酸素運動、日常の活動しながら無料でお試しできます。

ホメオスタシスの機能を引き出して痩せるインナー「背中クールタイ」

前代未聞です。着けるだけで痩せるインナーはホメオスタシス恒常性の体熱維持を応用ダしたダイエットです。簡単に言えば体温調節ですね。

ヒトは

暑いと?

汗を掻いて体を冷ましますよね。

寒いと?

脂肪を燃やして体を温めます。

背中に褐色脂肪細胞があり熱を逃がすと温度が下がり燃やしてくれるです。

脂肪を燃焼する「背中クールタイ」試してみよう

襟元と背中にバイパスを作るインナーは脂肪を燃やす環境を作るだけです。あとは勝手に体の仕組でやってくれます。

着けるだけで酸素消費量が増えます。

うさん臭いと思う人の為に

基礎代謝の酸素消費量を測ると

ペタポリックアナライザー着けると酸素消費量が増える「背中クールタイ」

着けるだけで酸素消費量が増えます。と言うことは脂肪を燃やすのには酸素が必要ですね。褐色脂肪細胞の中でミトコンドリアが脂肪を燃やして代謝している証です。

植物細胞も寒さで澱粉を糖に代謝

自然界でも寒い環境にすると冬野菜、栗、サツマイモ、メープル(楓)シロップなど代謝して甘くしています。

ヒトも寒い環境で脂肪を熱に代謝

この仕組(代謝)を応用したのが痩せるインナー「背中クールタイ」です。

すぐに痩身差で結果がでる

運動・活動時では30分間ビフォーアフターで分かります。

 有酸素運動やキツイ運動してもで痩せないのは? 使うエネルギーが違うから “ためしてしてみよう!”

ウォーキング30分着けると体重差で分かります。

安静時では2時間で比較すると分かります。

2時間で20gの痩身差が出ます。20gをカロリー計算すると有酸素運動40分の消費カロリーと同じ効果です。

ボーっとしていても2時間で体重に差が出ます。基礎代謝は夏より冬の方が多いのを背中に寒さを取り入れただけです。

NHKの番組でも

NHKbs褐色細胞

出典 NHKBS

痩せる褐色細胞について新常識の番組でした。

比較実験の記録です

記録のページ

無料お試しのお申込み

脂肪燃焼をあなたの体でお試しください。

だれ守る私の健康!

体を元気にするミトコンドリアで肥満脂肪を体の仕組で減らしましょう。

お申込みはこちら

楽天 Yahoo!

最後までご覧いただき有難うございました。

Pocket