脂肪」タグアーカイブ

ナチュラルに脂肪を燃焼する魔法の「背中クールタイ」

ナチュラルにダイエット12選 日常の生活に着けるだけ!

魔法の「背中クールタイ」は褐色脂肪細胞を活性化する健康器具。

体重を減らしたい時にお着け下さい。脂肪を燃やし始めますのでながらダイエットができます。在宅勤務、ステイホーム、テレワーク、カラオケ、家事、テレビを見ながら、通勤・通学に、買い物、犬の散歩、有酸素運動、ウォーキング、ハイキングなどしながらダイエットができます。

襟元から熱の出る画像1本で2役

「背中クールタイ」は私の考案した健康グッズで背中の微空間の熱を襟元から逃がします。暑い時に皆さん背中に汗を掻きますよネ。体温調節で掻いた汗の気化熱をこもらせるから悪のスパイラルで暑くなります。

私はこの熱を煙突効果で熱を放出しました。

すると

どうなるでしょうか?

スーッとして爽やかになります。

真逆に、脊髄の周りに熱を産む褐色脂肪細胞があり(最新情報)熱を逃がしてあげると寒い環境になり脂肪を燃やしてくれるのです。

基礎代謝量を測るメタボリックアナライザーを着けると基礎代謝量(酸素消費量)が上がります。筑波大の田中教授に紹介して頂き実践して確信を持ちました。

私達の体は常にこのように一定の温度を維持されています。ホメオスタシス恒常性の体熱維持ですので、100%近く背中の熱を逃がすとナチュラルにダイエットができますネ。

 

えっ!?在宅勤務しながらナチュラルにダイエットができる。新常識!

最新情報!の論文です。

健常被験者を対象に室温17°C, 2時間の寒冷刺激を毎日,6週間行ったところ,FDG-PETで評価したBATの代謝活性が顕著に上昇し,体脂肪が減少した。

褐色脂肪細胞およびベージュ脂肪細胞の制御機構と臨床的意義
https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2017.890917/data/index.html

参照:日本生化学会

褐色脂肪細胞のある部位

褐色脂肪細胞を寒冷刺激して脂肪を熱に代謝するメカニズムの論文はマウスの実験が多いのですがヒトでの論文で寒い環境で脂肪を熱に代謝する内容です。褐色脂肪細胞のある部位と「背中クールタイ」が重なり着けると冷やしてナチュラルに脂肪を燃焼するのです。

在宅ワークしながら着けてみると体重差を確認。目から鱗

脂肪を燃焼するのは褐色脂肪細胞を寒冷刺激して安静時に使う基礎代謝のエネルギーを使います。

運動量メッツ

基礎代謝のエネルギー?って思われますが、わかり易く説明しますね。

一日のエネルギー消費量の割合

皆さん運動量 METsで

消費カロリー計算されます。運動量で計算できますが基礎代謝のエネルギーは安静時1.0METsですので計算ができません。

ココだけの話です。

消費カロリー計算は摂取カロリーと消費カロリーしかありません。

そこで、

脂肪を燃焼すれば体重差に出るのではないか?

と思い

在宅ワークしながら2時間、魔法の「背中クールタイ」を着けた時と着けない時の体重差を量ることにしたのです。

2時間で比較すると痩身差が20g出た時は目からウロコでした。

まさか?との思いもあり、続けること約1年間記録しました。

ご覧になりたい方はご覧ください。

基礎代謝のエネルギーを2時間で比較実験
https://senaka-tai.com/energy-of-basal-metabolism/

痩身差から消費カロリー計算すると有酸素運動40分と同じ効果です。

20g×365日=7300g 年間7.3kg(私の体重の1割)着けるだけでナチュラルに脂肪を燃焼します。もっと減らしたいと思えば着ける時間を増やすと比例しますよ。

運動量 METs の少ない、在宅勤務、ステイホーム、テレワーク、講義を受けながら、家事、テレビを見ながら痩せタイと思ったら着けてください。ナチュラルです。

NHKBS美と若さの新常識でも褐色脂肪細胞を寒冷刺激してのをアニメで紹介します。

NHK美と若さの新常識

ながらダイエットは日常の生活活動・運動に着けるだけで脂肪を燃焼してくれます。

褐色脂肪細胞を寒冷刺激して脂肪を燃焼するのはナチュラルなことです。

 

えっ!?痩せない運動をナチュラルに瘦せる運動にする新常識!

30分間の運動で痩せるウォーキングを解説図、一日のエネルギー消費量の割合と、運動時間の経過に伴うエネルギー源の維持から説明します。

生きる為に1日のエネルギーの消費量の割合は、決められています。

運動で使われるのは身体活動量のエネルギーが優先的に使われ摂取したグリコーゲンが使われます。

体の仕組です。

運動開始して経過してエネルギー不足になりってから基礎代謝のエネルギーが使われます。

なるほど、これではキツイ運動しても脂肪は減りませんね。

そこで運動に魔法の「背中クールタイ」を着けると、

着けた時から脂肪を燃やし始めます。この差が痩身差で30分後に判明します。身体活動量のエネルギーに基礎代謝のエネルギーを使うと相乗効果で

20g~50gでました。(寒冷馴化・気候で変わる)

運動30分でたったの20g ですが、消費カロリーに換算すると有酸素運動80分と同じ効果です。

 

痩身差20gは基礎代謝のエネルギーと同じで割愛しますが

注意点は、ホメオスタシス恒常性の体熱維持で左右されます。

効果のあるの背中のは熱を逃がしていても体の交感神経が鍵を握っています。

暑いと冷ます

寒いと温める

運動・活動して身体が暑くなる迄です。

休んで体を冷やしても効果は出ます。

話はそれますが、夏、暑い時は空調器・エアコンの下でもOKです。

あなたのホメオスタシス恒常性の体熱維持です。

このように実験を交え脂肪を減らすのには脂肪を燃やすことはたやすいことです。

外での通勤・通学に、買い物しながら、犬の散歩、有酸素運動、ウォーキング、ハイキングに着けるだけでナチュラルに脂肪を燃焼してくれます。

 

まとめ

今迄に無い背中の熱を逃がすインナーで思いもよらない効果でナチュラルに脂肪を燃焼する。魔法の「背中クールタイ」を紹介しました。痩せたいと思ったら着けるだけです。自信の細胞で体重を減らすことができます。

Yahoo! 楽天

Pocket

痩せない運動を褐色脂肪細胞を冷やして痩せる運動に

ノルディックウォーキングにオススメの健康グッズは 2役、より 褐色脂肪細胞を増やして痩せる!汗の悩み解消!

健康の為に 運動不足を解消したい、糖尿病対策で脂肪を減らしたい、生活習慣病予防の為に?ノルディックウォーキングをグループやご夫婦でやられているのを見かけます。そんな時に褐色脂肪細胞を寒冷刺激して基礎代謝のエネルギーを使えばより痩せる運動になります。暑い時はこもる熱を逃がすと爽やかになり汗の悩みから解消されます。

できるのは!???

どこにもない! 健康グッズで背中の熱を逃がすことです。

襟元から熱の出る画像1本で2役

熱を逃がすと冷えて褐色脂肪細胞が脂肪を燃やしてくれるので痩せます。こもる熱を逃がしたらクールに。今、簡単に試してみましょう。手で背中の襟元にすき間を作り熱を逃がしてあげましょう。どうですか?スーッとして爽やかになりますね。皆さんの中にクシャミをする人が多いです。

ノルディックウォーキングに基礎代謝のエネルギーを使うとより痩せる!

クロスカントリーの選手たちが、夏の間の強化トレーニングとして取り入れていた「スキーウォーク」を、ポールを使い歩行運動として紹介されたのが「ノルディックウォーキング(NW)」で季節を問わず腕、上半身の筋肉など全体の90%を動かしエネルギーを消費することから人気が高まっています。

さらに!!!

よりエネルギーを消費する方法は基礎代謝のエネルギーを使うことです。

痩せたい人必見!褐色脂肪細胞を冷やして基礎代謝のエネルギーを使う「背中クールタイ」

私達の1日のエネルギー消費量は体の仕組で決められているのです。ボーっとしていても生命維持のために何もしなくても使われるのが基礎代謝のエネルギーでNWで使うエネルギーは身体活動量のエネルギーです。

運動では痩せにくい!グラフ↓

運動で使用されるエネルギーをグラフで説明最初はグリコーエン20分位経過してから脂肪を分解して使います。

運動で使われるのは優先的に摂取したグリコーゲンが使われます。脂肪が使われるのは運動開始後経過してからです。

運動では痩せない(短時間では)というのが参考になるグラフですね。

寒さを負荷した2時間基礎代謝のエネルギーの比較実験

簡単ダイエット冬野菜が寒さで代謝して甘くなるようにあなたも背中の褐色脂肪細胞を冷やすとダイエットができます。

褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪を熱に代謝することは確立されています。

脊髄の周りにある褐色脂肪細胞を寒冷刺激して、しないのと、ビフォーアフターの体重差で比較です。

コロナ渦でステイホーム中に実験をしてみました。

基礎代謝を上げる比較実験痩身差4月25~5月30ホームステイ中

基礎代謝のカロリー計算はありません。新型コロナでステイホーム中に基礎代謝のエネルギーを使い痩せる実験をして体重差からカロリー計算をします。

ビフォーアフターの体重差が

20g出ました。(被験者70㎏)

1ヶ月では

20g×30日で600gです。0.6㎏

塵も積もれば山となる!

0.6㎏脂肪を燃焼するのに必要な運動時間を計算

バトミントン(ノルディックウォーキング)運動強度メッツ  5.5

運動量メッツ比較

2時間着けるだけでノルディックウォーキング22分と同じ効果です。(散歩では40分)着ける時間を増やせば比例します。

被験者の体重に変わりますのでこちらから計算してください。

参照:脂肪を減らすkeisanサイト

ポールを使うとキツイ!

でも体重を減らいたい!

と思われる人もいる人にはオススメです。

冬野菜が寒さで澱粉を糖に変え甘くなるように私達の身体も寒さを負荷すると脂肪を熱に変えダイエットができるのです。

体の仕組を応用した健康グッズを着ければ脂肪は落とせます。

ノルディックウォーキングでの汗の悩み解消!

ウェアの生地も進化して暑い時は吸水速乾系、寒い季節はヒートテックなどの吸湿発熱系があり快適ですが活動を始めて体が暑くなり汗の悩みはないでしょうか。

熱を逃がすと爽やかになるインナー

こもる熱を逃がしてあげると爽やかにする構造

熱を逃がすと不快指数も下げる!

不快指数と合成

ウォーキング中の衣服内背中の温度と湿度です。

ふいご作用もあり体感温度が2~3℃下がり不快指数も下がります。体の冷却機能を引き出す効果もありますね。

まとめ

ノルディックウォーキングは楽しみながらひと工夫で脂肪を減らす方法とこもる熱を逃がしクールにする健康グッズを紹介しました。

こちらからお買い求めできます。

 

Yahoo!  楽天

最後までご覧いただき有難うございました。

Pocket

背中に着けるだけで脂肪燃焼が即始まる

最新情報!褐色脂肪細胞を冷やすとダイエットは簡単にできる。痩せるインナー「背中クールタイ」VSアイスベルト

褐色脂肪細胞を冷やす魔法の「背中クールタイ」

背中の熱を放出して脊髄の周りにある褐色脂肪細胞を冷やします。

熱を逃がし褐色脂肪細胞を冷やす「背中クールタイ」

熱を煙突効果で放出すると気流が生まれ体感温度を下げてくれます。

最近注目の褐色脂肪細胞

細胞には異種の熱を産む褐色脂肪細胞とエネルギーの不足時に蓄える白色脂肪細胞があり、寒い環境で脂肪を熱に代謝することは確立されています。褐色脂肪細胞を活性化する寒冷刺激は寒中水泳や冷水シャワー、冷やしたペットボトル、アイスベルトなどがありますね。

論文を実践!

「背中クールタイ」は褐色脂肪細胞のある部位と重なり着けると熱を放出して冷やすので寒冷水泳など冷たい思いをしなくても簡単にできます。

衣服内の気候を変えた機能性インナーは構造にあります。

押してもつぶれない繊維の織り方の構造を検索してもありません。

繊維の構造

参照:google2020/8/18

衣類の生地や技術では出来ない!

吸水速乾の生地を検索

繊維の構造吸水速乾

吸水速乾の生地より早く熱を放出する!

乾燥スピードを比較すると分かりますよ。

乾燥スピード比較

30分の運動が終わり休憩時間に乾くのが不思議です。衣類では考えられませんね。

繊維の構造背中クールタイ

背中クールタイの構造です。特許庁で閲覧できます。

褐色脂肪細胞を冷やす、痩せるインナーで衣服内改革!

背中を寒い環境にするとダイエットが始まります。

ながらダイエット安静時2時間褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると有酸素運動40分とカロリー消費と同じ効果

褐色脂肪細胞を冷やすアイスベルトと「背中クールタイ」を比較

アイスベルト

出典:NHKBS

番組で紹介されたアイスベルトは首の周り冷やして燃えろ!でした。

アイスベルト褐色脂肪細胞

「背中クールタイ」は背中の熱を逃がすと寒い環境になり燃やします。

褐色脂肪細胞を冷やす

褐色脂肪細胞を寒冷刺激をする方法が違うだけです。首の周りは普段から露出しており「寒冷馴化」していますのでアイスベルトです。「背中クールタイ」は衣服内の快適な温度は32℃±1℃ですので交感神経が判断します。私の実験では衣服外の温度が25℃以下であれば体重差に表れます。

下記の比較実験をご覧ください。

あなたも「背中クールタイ」を着ければ痩せる!

着けると酸素消費量が増えます。(脂肪を燃やす証)

酸素消費量測定

比較実験で結果がでる。

 

褐色脂肪細胞を寒冷刺激して基礎代謝痩身差12月の記録

ビフォーアフターの痩身差に出ます。安静時ボーっとしていても2時間後に結果が出ました。

まとめ

あなたも「背中クールタイ」を上手に使えば体の恒常性の維持、体の仕組が応援して役に立つ商品です。

楽天 Yahoo!

最後までご覧いただき有難うございました。

Pocket

「背中クールタイ」を着けると根中の熱を逃がし褐色脂肪細胞を刺激して脂肪を熱に変え繰り返すことで基礎代謝を上げます。

着けるだけで基礎代謝を上げるダイエットインナー魔法の「背中クールタイ」VS加圧インナー

ダイエットインナーといえば加圧 着圧インナーですよね。着圧するだけで見た目がガラッと変わった。猫背が強制され美しくなった。脇の脂肪を寄せてバストアップできる。お腹が引き締まった。加圧シャツで着けるだけで筋力トレーニングができダイエットができる。などなどありますが、紹介するダイエットインナーは体の仕組で褐色脂肪細胞を活性化中性脂肪を消費するダイエットです。

褐色脂肪細胞のある部位とインナーが重なり冷やしてダイエットができることを発見!

細胞には異種の細胞があり、余ったエネルギーATP(アデノシン三リン酸)を貯える白色脂肪細胞(中性脂肪)とエネルギーの不足時に熱エネルギーに変える(代謝)褐色脂肪細胞があり脊髄の周りにもあります。ダイエットインナー「背中クールタイ」と偶然に重なり背中の熱を逃がし冷ますと寒い環境になり褐色脂肪細胞を活性化します。比較実験をしてダイエットできるのを発見しました。

着けると褐色脂肪細胞を冷ましすみやかに熱を産生する。

痩せる仕組みの論文

出典:東京大学先端科学技術研究センター

褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪を熱に代謝して活性化することはマウスの実験で確立されています。

褐色脂肪細胞のある部位は首の周り、肩甲骨の周り、腋の下、腎臓の周り、心臓の周りにあります。

寒冷刺激する方法は寒中水泳、温冷シャワーなどですが冷たそうですね。

ダイエットインナーは着けるだけで褐色脂肪細胞を活性化

脂肪を熱に代謝して基礎代謝を上げる「背中クールタイ」

衣服内の快適温度は32℃±1℃で皆さん快適に暮らしています。着けると煙突効果で熱が逃げ背中の温度が下がります。

温度が下がることでジワーっと寒冷刺激が始まり酸素消費量(安静時の基礎代謝)も増えます。

恒常性の体熱維持で脂肪を熱に変え温めます。基礎代謝は夏より冬の方が多いのが納得できますよね。

簡単ダイエット!体の仕組み褐色脂肪細胞を冷やして基礎代謝を上げる「背中クールタイ」

白菜を始め冬野菜も寒いとデンプンを糖に変え甘く身を守ります。メープルも栗などもTVでも特集番組で取り上げられています。動物も植物も細胞の生理現象ですね。

加圧シャツ効果なし

消費者庁で問題になった加圧シャツです。

基礎代謝を上げる比較実験

着けると酸素消費量が増える話をしましたね。2時間で脂肪を消費して体重が減る実験です。

基礎代謝痩身差4月25~5月30ステイホーム中

 

新型コロナでで自粛中にデスクワークしながらダイエットインナー着けないのと比較実験をして見ました。

ダイエットインナー(グラフ青い線)着けると着けない(オレンジ線)で比較すると2時間で約20gの痩身差が記録されます。

2時間着けるだけで

20g×365日=で7300g、年間7.3㎏(被験者体重の1割)です。

デスクワークにインナー着けると120分と有酸素運動40分とカロリー計算すると同じ効果

体の仕組で痩せやすい体質に太りにくい体質に自分で管理できます。

脂肪を減らすkeisanサイトを参考に計算しました。

運動では痩せにくい!を痩せる運動に

運動で痩せないのは身体活動量のエネルギーを使うから基礎代謝のエネルギーを使うと痩せるグラフう

運動では痩せないのは身体活動量のエネルギーを優先的に使うからです。ダイエットインナーを着けると基礎代謝のエネルギーを使います。

30分の有酸素運動に寒さを負荷すると80分の有酸素運動と同じ効果

基礎代謝(安静時)の消費カロリーは運動量メッツ1.0を基に運動強度で消費カロリー計算されます。そこで安静時に近いデスクワーク、運動時をしながら体重差をもとに比較実験を公開しています。

猫背が強制される姿勢になる。

良い姿勢

良い姿勢を意識すると熱も逃げやすく痩せる効果も増し猫背を意識するようになる。

まとめ

ながらダイエットはいつでもどこでもできます。

ダイエットインナー着けるだけでダイエットができます。加圧着圧インナーのように見た目でなく脂肪を熱に消費します。この代謝を繰り返すことで褐色脂肪細胞、中に多く含まれているミトコンドリアが増えることが報告されています。背中に寒い環境を作れば皆さん基礎代謝を上げるダイエット、スタミナアップ、健康維持が期待できます。

楽天

Yahoo!

最後までご覧いただき有難うございました。

Pocket

第3魔法のインナー「背中クールタイ」

背中にふしぎ発見!熱を放出して体をクールに。脂肪を減らすダイエットができる健康グッズ 「背中クールタイ」

「背中クールタイ」とは? 名前のごとく暑い時、背中の汗に悩みから考案した健康グッズで、背中をクールにしてくれることから名付けました。ところが、熱を逃がすとダイエットもできる!大発見です。ご覧ください。

背中にふしぎ発見!

襟元から熱を逃がしてクール、痩せるインナー

背中クールタイは襟元から背中の熱を逃がすインナーです。

襟元から熱を逃がすと「なんと」痩せるのです。脂肪を熱に代謝する褐色脂肪細胞が脊髄の周りにあり温度を下げることでダイエットができます。また、暑い環境では熱中症対策にもお役に立つ商品です。

アイコン

背中クールタイ ポリエステルとP,Pでできています。

“暑~い時” はクールに。

“寒い環境”にすると脂肪を燃やす。

恒常性の体温調節を活用する第3のインナー

今迄に無い発想で健康に役に立つ商品です。

背中クールタイとは

ながらいつでもどこでも活用法

背中には脂肪を熱に変える褐色脂肪細胞があります。また、背中には発汗機能があり汗を掻くヒトが多いのではないでしょうか。街中で背中の濡れた人を見かけます。私もそうですが。

「背中クールタイ」は汗の悩みを解消するのに背中と襟元にバイパスを設けました。

体温調節

第3のインナー「背中クールタイ」

襟元と背中を柔らかい筒で空気を出入りさせます。

衣服を着ていても背中の熱溜まりを煙突効果で逃がすと放射冷却現象が起きて温度が下がります。ふいご作用も起こり気流を生み体感温度も下げます。

このように衣服内の気候(温熱環境)を変える商品です。

暑い時はこもり熱を逃がしてクール

いい汗を掻いて冷ます冷却機能

衣服の機能性生地は進化しています。三次元構造、立体構造、吸水速乾や吸湿発熱などなどありますネ。

襟元から熱を逃がす「背中クールタイ」

でも重ね着したら?放射熱は?こもりますよね。一日の外気温度も変わります。活動して暑くなると汗を掻き衣服は濡れまね。冷えると体調を崩します。

熱溜まりを煙突効果で逃がしてあげて下さい。

さらに、猛暑で体温より外気温度が高い時には体温調節では汗の気化熱を外へ放出することです。

熱を逃がして爽やか「背中クールタイ」

暑さ対策に熱中症対策、汗の悩み対策に、今迄に無い発想で爽やかになります。健康で暑い夏ものりきれます。

寒い環境でスゴ~イ効果が

悪く例えれば脂肪窃盗団です。貯まっている中性脂肪を体の熱に頂戴します。ダイエットができますネ。喜ぶ人が多いからやめられません。

寒い環境での起きる現象です。

白菜は霜を浴びて甘くなる。

雪下野菜も甘くなる。

栗もサツマイモも冷蔵庫で甘くなる

メープルシロップの甘さも越冬で甘くなる。

植物細胞の身を守るための仕組です。

私達も基礎代謝は冬の方が多い。

動物細胞の命を守る仕組です。

マウス実験をヒントに生まれたダイエット

マウスの実験で寒い環境にすると褐色脂肪細胞が脂肪を熱に代謝するのは確立されています。

が、ヒトでの実験は少ないのです。

そこで私は基礎代謝のエネルギーを使い比較実験をしました。

基礎代謝痩身差12月説明書きカット

オドロキです。痩身差が2時間で表れました。

30分の運動でも痩身差が出ます。

背中に寒い環境を作れば脂肪を熱に代謝して痩せます。

褐色脂肪細胞脂肪分解

褐色脂肪細胞が脊髄の周りにあり、寒さを感じると中性脂肪を分解して熱を産みます。その代謝するときにミトコンドリアを増やし褐色脂肪細胞が活性化されます。

ミトコンドリアが増えると体に良いことがたくさんあります。体が健康になります。

まとめ

自分の身体を信じよう!

私達の身体はホメオスタシス恒常性の体熱維持で守られています。ミトコンドリアを増やすのはキツメの運動と寒い環境です。私が考案した「背中クールタイ」はこの仕組みをサポートして皆様の健康のお手伝いができれば幸いです。

魔法の「背中クールタイ」購入ページはコチラ

Yahoo! 楽天

こちらからお買い求めできます。最後までありがとうございました。

Pocket

らくらくダイエットゼロ円でできる

簡単!らくらくダイエットはゼロ円でできる?おすすめのインナーとは

ダイエットは ゼロ円でできる!

肥満脂肪を消費する方法を知ればダイエットは簡単!お金と時間かけなくてもできます。

ダイエットでお金・時間かける

0円でできる。あればいいですよね。

おススメです。

ボーっとしていてもできる。

ダイエットにお金かけていますよね。

無駄なダイエットしてませんか?

痩せるサプリを飲み続ける。

脂肪燃焼を促進するサプリ

脂肪燃焼を抑制するサプリ

炭水化物置き換えダイエット

など有名人の宣伝に乗って効くと思いお金をかけています。

効果はありますか?

らくらくダイエットは健康器具「背中クールタイ」を着けるだけです。

ダイエット=脂肪を消費することです。

脂肪を消費する方法は脂肪を促進・抑制・即燃焼に分かれます。

着けると痩せるインナーメカニズム

らくらくダイエットは脂肪を燃やすダイエット

脂肪燃焼を促進する、抑制するは脂肪が代謝するときにサポートするのですがらくらくダイエットは即燃焼する方法です。

らくらくダイエットの秘密は基礎代謝のエネルギー

基礎代謝らくらくダイエット「らくらくダイエット」は何もしないクマさん冬眠しているように安静時の基礎代謝のエネルギーを使います。

クマは秋に効率よく脂肪を蓄積し、冬眠中に蓄えた脂肪で効率よくエネルギーを産生しています。

ヒトの摂取した1日のエネルギー消費量の割合から見ると運動・活動で使われるのが身体活動量のエネルギーです。キツイ運動、強い運動、しても脂肪がなかなか減らないのは体の仕組なんですね。

エネルギーには使う順序があり身体活動量のエネルギーが優先的に使われ不足してから基礎代謝のエネルギーが使われます。最初から基礎代謝のエネルギーを使うとクマさんの冬眠のように効率よく脂肪を消費してくれます。

体の仕組

褐色脂肪細胞を寒冷刺激して活性化!脂肪を熱に消費

肥満脂肪を消費する方法を知ればお金と時間かけなくてもできますネ。体のしくみで脂肪を分解

恒常性の体温調節により、寒さを感じると、首、脇の下、肩甲骨の周り、腎臓の周り、心臓の周りにある褐色脂肪細胞内のミトコンドリアが、脂肪を使ってダイレクトに熱エネルギーを産生する、というものです。

これは運動を伴わずに体熱が産み出される仕組みです。この仕組みを取り入れたのが「背中クールタイ」です。

体の仕組でこんなにも

楽天

こちらからお買い求めできます。

体の仕組で熱産生に関する論文です

痩せる仕組みの論文

私たちの身体には寒さに反応してすみやかに熱を産生して体温を維持する仕組みがあります。

まとめ

「背中クールタイ」を着けると褐色脂肪細胞のある部位と重なり“寒い環境”になり体の仕組でらくらくダイエットが出来ます。

衣服を着ながら褐色脂肪細胞を寒冷刺激出来ます。

こちらからお買い求めできます。

楽天

Yahoo!

最後までご覧いただき有難うございました。

Pocket

ひと工夫褐色脂肪細胞を冷やして基礎代謝を上げ痩せる運動に

運動30分に寒冷刺激すると有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果!

着けると基礎代謝のエネルギーを使い代謝を上げ 痩せるインナー

運動では痩せない?

キツイ運動や長い時間ダイエットに挑戦してしてあきらめた方多いのではないでしょうか。痩せないのは使うエネルギーが違うのです。

最重要ポイントです。

痩せるインナーは基礎代謝のエネルギーを意図的に上げます。

マウスの実験で“寒い”と褐色脂肪細胞が脂肪を熱に代謝することは論文で裏付けされていますね。あなたも痩せるインナーを着けると“寒い環境”になり脊髄の周りにある褐色脂肪細胞を寒冷刺激して褐色脂肪細胞ダイエットが簡単にできます。

運動で痩せないのはアニメ

NHKのためしてガッテン!などテレビの健康に関係する番組で最後に、ドクターの一言が“適度な有酸素運動をしましょう”。で終わります。

適度な有酸素運動って?皆さん痩せると思いますよね。実は健康に良くても痩せにくいのです。

有酸素運動では痩せにくい!その理由は?

運動で痩せないのは

痩せようと思って有酸素運動やキツイ運動しても痩せないのは身体活動量のエネルギーを優先的に使うからです。継続してエネルギーが不足してから基礎代謝のエネルギーを使いますので痩せるのにはきつい運動になります。体の仕組で決められているんですね。

基礎代謝のエネルギーを使うと運動30分が有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果!

背中に寒さを負荷すると褐色脂肪細胞を冷やすことですみやかに基礎代謝のエネルギーを使い脂肪の消費が始まります。

同一運動を30分間して寒さを負荷しないのと比較を紹介します。

有酸素運動を始めると摂取したグリコーゲンが使われ(グラフ参照)脂肪が使われるのは運動開始後経過してからです。前後で痩身差が60gです。

背中に寒さを負荷すると運動にプラスα基礎代謝のエネルギーを使いますので痩身差が80gで出ました。この差20gを消費カロリーで換算すると80分に匹敵します。

褐色脂肪細胞ダイエット購入はコチラ

野菜も温室で育てるより寒さを負荷すると甘くなる。あなたも寒さを負荷すると脂肪を消費するのです。体の仕組ですよ。

極端に寒さを負荷した論文です。

10~15分の震える寒さと1時間分のエクササイズと同じ効果

10分~15分震える寒さで痩せる効果が

出典:シドニー大学

10分~15分の震える寒さと1時間分のエクササイズと同じ効果!があることを発表しています。私の実験では30分背中の熱を逃がすだけで有酸素運動80分と同じ効果です。

恒常性の体熱維持を応用すれば暖かい格好してもダイエットはできます。

褐色脂肪細胞を寒冷刺激して活性化!ミトコンドリアが脂肪燃焼!

•先取り脂肪燃焼

ヒトには異種の細胞があり熱エネルギーを作る褐色脂肪細胞とエネルギー不足に蓄える白色脂肪細胞があります。エネルギーの備蓄です。問題は貯め過ぎです。お金ならうれしいですが。(笑) 貯めすぎた脂肪はなかなか減りません。

痩せるのに薬、サプリなどで脂肪燃焼を謳っていますがよく見ると燃焼を促進する、抑制するがほとんどです。

先取りは脂肪燃焼はホメオスタシス恒常性の体熱維持を応用した画期的な方法なんです。

Yahoo! 楽天

痩せる仕組みの論文

マウス実験ですが寒さに反応してすみやかに熱を産む論文です。痩せるのに背中に”寒い環境”を作れば簡単にできますネ。

基礎代謝のエネルギーを引き出せば痩せる!

ひと工夫で痩せる運動4基礎代謝のエネルギー

1日のエネルギー消費量の割合で基礎代謝は、何もせずじっとしている時に生命維持のために消費される必要最小限のエネルギー代謝量です。1日のエネルギー消費量の内60%~70%が使われます。

身体活動量のエネルギーは さまざまな運動・トレーニング ・活動で使われます。

このように体の仕組で決められていますので運動で痩せにくいのです。

脂肪が代謝されるのは寒い環境と、運動、空腹のエネルギー不足の時です。

簡単らくらくダイエット

熊さんはと冬眠中に蓄えた脂肪で生命を維持します。私達も基礎代謝のエネルギーを使えばキツイ運動をしなくてもダイエットができます。

褐色脂肪細胞内のミトコンドリアが脂肪を燃焼するメカニズム

褐色脂肪細胞が脂肪を分解

寒いと体の仕組みで脂肪を燃やす仕組です。

「背中クールタイ」と脊髄の周りにある褐色脂肪細胞が重なります。

脂肪燃焼

着けると、背中の熱を逃がすと温度が下がり褐色脂肪細胞が交感神経を介して脂肪を分解して熱を産み始めます。

マウス実験の成果がヒトも寒い環境を作れば脂肪は勝手に燃焼します。

まとめ

寒さを負荷すると同じ30分の運動でもしないのと比較するとビフォーアフターで痩身差がでるのがお分かりいただけたと思います。褐色脂肪細胞を活性化してダイエットがあなたの背中に寒い環境を作れば運動に日常の活動にながらダイエットができます。

最後までご覧頂き有難うございました。

Yahoo! 楽天

Pocket