らくらくダイエット」タグアーカイブ

報道関係の皆様へ プレスリリース 背中に不思議発見!

皆様の役に立つページへようこそ

背中に不思議発見!

日本初! らくらくダイエットが、中性脂肪を減らす、ミトコンドリアで健康維持できる、熱中症対策に体を冷ます健康グッズ「背中クールタイ」を作りました。

エアコンに頼らない夏爽やかにする住まいの工法をヒントに、魔法の「背中クールタイ」を考案したした佐藤です。衣服内に通気を取り組みました。背中の温熱環境を変えることで、体温調節と相乗効果を図ります。

最初に薬機法(旧薬事法)について

ページの中に脂肪を燃やすなど薬機法(旧薬事法)に触れるような文言が出てきます。褐色脂肪細胞を寒冷刺激する活性化して痩せると言われています。寒中水泳するときに衣服を脱ぎますよね。冷水シャワーを浴びるときもですよね。「背中クールタイ」は衣服を着ながら着けると寒い環境になり、褐色脂肪細胞を寒冷刺激して体の仕組み体温調節でできるのです。(消費者庁に問い合わせ済み)

ヒトは暑いと発汗して冷まします。寒いと脂肪を燃やして温めます。

暑い環境で

熱溜まりを逃がすとクールに:夏の風物詩打ち水のように気化熱で冷まします。炎天下37℃でもさます効果が熱中症対策にも役に立ちます。

寒い環境で:皆さんの前で一緒に実験しても結果がでます!

背中の熱を逃がすと温度が下がり脂肪を燃やします:基礎代謝は夏より冬の方が多い。植物細胞も寒い環境で代謝して甘くなる。いずれも細胞の仕組です。

比較実験することで数値で見える化しました。

● 30分間の運動で寒冷刺激しないのと痩身差がでます。

● 120分間の安静時で寒冷刺激しないのと痩身差がでます。

● 寒さを負荷しないのと基礎代謝の酸素消費量が増えます。脂肪を燃やす証ですね。

● 健康維持ができるのは寒行に代表されます。

このように温熱環境を変えることで、簡単にできるのです。背中に不思議発見です。

詳細は「背中クールタイ」研究室

褐色脂肪細胞を寒冷刺激しての実験報告

ダイエット

褐色脂肪細胞を寒冷刺激する実験に使われたマウス。

研究費も出ない個人の考案した「背中クールタイ」と褐色脂肪細胞のある部位とが偶然に重なり、同一運動40分間の前後を寒冷刺激しないのと比較すると体重差を発見!目から鱗でした。

ダイエットするのに「褐色脂肪細胞を寒冷刺激をして活性化すると脂肪を熱に代謝する」ことはマウスの実験で確立されています。でも研究が生かされていないのは何でしょうか?

ヒトでの実験は規制があり難しいようです。

実験の一例を紹介します。

血圧と心拍数の変動についての実験報告

お客様の中には寒いから、不安の方もいらっしゃいますので「背中クールタイ」で寒冷刺激をして血圧と心拍数の変動について測ってみました。

運動量メッツ
参照:パナソニック

運動量 METs  で計算される消費カロリーでは計算できない安静時(基礎代謝)のエネルギーを使って脂肪を消費します。

基礎代謝は夏より冬の方が多いのはご存知ですよね。寒いから脂肪を熱に消費します。

褐色脂肪細胞を寒冷刺激する「背中クールタイ」

今回は、背中に寒冷刺激をして血圧と心拍数を測定してみました。

無寒冷刺激と血圧と心拍数

表を見て頂きましょう。安静時から「背中クールタイ」を着けて寒さを負荷するとると血圧と心拍数が上がります。が、経過すると体温が調節され下がっていきます。背中の衣服内の温度は32℃で、室内の温度21℃でこの差の寒冷刺激です。背中の熱を逃がすだけですので冷たさは感じません。入浴前に脱衣場で脱ぐより暖かいです。

他にも血圧を測ってみました。最高血圧(高):最低血圧(低):心拍数(心)で表示します。

朝布団の中で、高101:低55:心67

クシャミして、高117:低67:心99

運動前、高116:低68:心77

運動後、高130:低73:心91

寒冷刺激、高126:低75:心89

「背中クールタイ」を着けて安静時との血圧と心拍数の変動を紹介しました。

このように血圧は一定ではなく、自律神経の活動と深い関わりがあり朝と夜、気温の変化。食前と食後、ストレスなどでも変動します。

今回の実験は、寒冷刺激は冷た~い思いをしないで血圧と心拍数の変動を測ってみました。

お問い合わせ

℡ 04-7184-6540

メール towa-abk@abeam.ocn.ne.jp

担当 佐藤

最後までご覧いただき有難うございました。

Pocket