中性脂肪」タグアーカイブ

ミトコンドリアを増やす方法ー

脂肪分解して燃やすミトコンドリアを増やす3つの方法を紹介します。ミトコンドリアが増える 若返る スタミナアップします

体内のミトコンドリアを増やす3つの方法

脂肪分解 UCPー1、褐色脂肪細胞での熱産生とエネルギー消費・肥満

画像の右上から、ミトコンドリアは私たちの細胞の中の小器官で活動するために摂取した食べ物からエネルギー(ATP)に代謝して私たちのエネルギーATP(アデノシン三リン酸)を作っています。

美味しいものを食べ過ぎると摂取カロリーが消費カロリーをオーバーすると余ったATPは中性脂肪として貯えれます。

中性脂肪は備蓄用として必要ですが、いわゆる摂り過ぎた肥満脂肪をミトコンドリアが助けてくれるのです。

細胞には異種のエネルギーを貯える役目の白色脂肪細胞とエネルギーを作る褐色脂肪細胞がありミトコンドリアが代謝(脂肪を分解して熱産生)の役目を担います。

画像の①褐色脂肪組織が寒いと感じると②交感神経の指令でノルアドレナリンを分泌して③ホルモン感受性リパーゼが脂肪を分解④脂肪酸が遊離して⑤ミトコンドリアが熱産生してエネルギーを作ります。

また、ミトコンドリアは⑥運動空腹でエネルギーが不足した時に中性脂肪を分解して熱エネルギーに代謝してます。

ミトコンドリアを増やす

①キツメの運動

有酸素運動に小走りを取り入れたり、階段を登る時は2段上がりするなどきつめの運動を取り入れ、息がハーハーするぐらいの時がエネルギーが足りない!と感じミトコンドリアが増える仕組みになっています。皆様の中にはキツイ運動や長時間の運動を強いれられ、あきらめてしまう人が多いと思います。運動で使うエネルギーは身体活動量のエネルギーが優先的に使われ痩せないからです。

③プチ断食をする

ヒトは、体内にエネルギーがないと感じると、エネルギーを作り出そうとするそうです。週に1度のプチ断食も心掛ける。

置き換えダイエットをする。

魔法のインナー発見脂肪肝

出典:NHK BS 美と若さの新常識!

空腹にするのに置き換えダイエットや無理な食事制限をしてダイエットに成功したと思ったら脂肪肝になる人もいます。

いずれの場合もエネルギーが不足のために備蓄された脂肪は簡単には減らないのですね。

細胞はバランスよく栄養を摂取することが重要です。

 

③寒い環境

ミトコンドリアの多く含まれている痩せる褐色脂肪細胞のある部位と「背中クールタイ」が偶然に重なり合い寒冷刺激して寒い環境を作ります。ので着けるとパワーポイントで中性脂肪を体のヒーターに消費してくれます。この時に活性化され増えるのです。

強さをひきだす氷点下での水浴び、ミトコンドリアを増やす

ミトコンドリアを増やしてキレイに痩せる。健康回帰!若返る!

皆さんも病気になって他人には迷惑をかけたくない!との思いで、寒行や有酸素運動など実行されている健康法があるかと思います。

 

ミトコンドリアを増やして痩せる「背中クールタイ」とは

ミトコンドリアを増やすのに寒冷刺激する方法は

中性脂肪を分解して簡単に痩せるのは褐色脂肪細胞を寒冷刺激します。寒い環境を作ると私達の体は基礎代謝のエネルギーを使い恒常性の体温維持で中性脂肪を消費して温めます。

寒冷刺激する方法は寒中水泳、ペットボトル、冷水シャワーなどがあります。

ミトコンドリアを増やす脂肪燃焼

「背中クールタイ」を着けると熱を逃がし褐色脂肪細胞を冷やしミトコンドリアが脂肪を燃やす環境になります。

ミトコンドリアを増やす寒い環境、背中から放出される風の速度

衣服内の温熱環境を変えるグッズです。熱い環境では熱がこもらないので爽やかになります。

簡単に痩せる 元気になる!はあなたの褐色脂肪細胞内のミトコンドリアを活かすとできるのです。

ミトコンドリアを増やす基礎代謝着けるだけでエネルギー代謝ダイエット

基礎代謝は夏より冬の方が多い体の仕組みを応用すれば皆さんできますネ。

ミトコンドリアを増やすメカニズム

背中を寒い環境にするだけでミトコンドリアを増えて若返る効果が!ミトコンドリアを増やす

ミトコンドリアを増やすのは褐色脂肪細胞が寒い環境・キツメの運動・プチ断食を繰り返し代謝(熱・産生)すことで増えます。

 

まとめ

如何でしたか。「背中クールタイ」は褐色脂肪細胞のある部位と重なり着けるだけで体の仕組でミトコンドリアが増える環境になります。

あなたのミトコンドリアを」応用すれば簡単に痩せる!健康回帰!若返る!ことができます。

こちらからお買い求めできます。

楽天

Yahoo!

最後まで有難うございました。

Pocket

背中の熱をストレートに煙突効果で逃がすことで褐色脂肪細胞を冷やして痩せられる「背中クールタイ」

プレスリリース 背中に不思議発見!脂肪を燃やすダイエット!基礎代謝が上がる!

プレスリリース

日本初!衣服内気候革命!背中の温熱環境を変えることで、中性脂肪を減らすダイエット、ミトコンドリアで健康維持できる、熱中症対策に体を冷ます健康器具「背中クールタイ」

 

2021年4月13日:コロナ禍で運動不足です。肥満対策に「背中クールタイ」痩せる健康グッズ

2021年3月3日:背中クールタイ/背中の熱を逃がすと「アラッ!不思議?」体脂肪が減っていく

「PR-FREEにてリリース」

2021年3月30日:ウィキペディア(Wikipedia)編集 寒さを負荷するとすみやかに効果が分かる

参照:褐色脂肪細胞

2017年7月19日:テレビ東京WBS【トレたま】煙突効果で熱を放出

トレたまに

薬機法(旧薬事法)について

HPの中に脂肪を燃やすなど薬機法(旧薬事法)に触れるような文言が出てきます。褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪は熱に代謝することは報告されています。寒中水泳するときに衣服を脱ぎますよね。冷水シャワーを浴びるときもです。「背中クールタイ」は衣服を着ながら着けると寒い環境になり、褐色脂肪細胞を寒冷刺激して体の仕組み体温調節でできるのです。

医療機器 部外品です。

医療機器には該当しません。

 

暑い環境:煙突効果で熱を放出【トレたま】

熱溜まりを逃がすとクールに:夏の風物詩打ち水のように気化熱で冷まします。炎天下37℃でもさます効果が熱中症対策にも役に立ちます。

寒い環境:皆さんの前で比較実験をしても体重差で結果がでます!

背中の熱を逃がすと温度が下がり脂肪を燃やします:基礎代謝は夏より冬の方が多い。植物細胞も寒い環境で代謝して甘くなる。いずれも細胞の仕組です。

比較実験することで数値で見える化しました。

● 30分間の運動で寒冷刺激しないのと痩身差がでます。

● 120分間の安静時で寒冷刺激しないのと痩身差がでます。

● 寒さを負荷しないのと基礎代謝の酸素消費量が増えます。脂肪を燃やす証ですね。

● 健康維持ができるのは寒行に代表されます。

このように温熱環境を変えることで、簡単にできるのです。背中に不思議発見です。

詳細は「背中クールタイ」研究室

お問い合わせ

℡ 04-7184-6540

メール towa-abk@abeam.ocn.ne.jp

担当 佐藤

 

Pocket

ながらダイエットアニメ

コロナウイルスに負けない健康寿命をのばす為の体を構成する細胞と食事とダイエット動画も【保存版】

健康でイキイキと過ごす為に私たちの体を構成する細胞

ヒトの身体には約75兆(60兆、37兆などの説がある)もの細胞でできています。

細胞は人の健康、老化のスピードをも決定づけます。

細胞は最も小さく最も基本的な生命の形です。

youtubeでご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=9lJlfqfoMdc

細胞の世界NeoLife Japanにダイエットを加筆してグログにしました。

参考文献 細胞の世界NeoLife Japan

ヒトの身体は細胞でできています

細胞は脂質で出来た2重の膜、細胞膜の中は液状で、細胞核の中には生命の遺伝情報DNAが含まれています。

ミトコンドリア

ミトコンドリア

エネルギーを生成する発電所の様な働きをするのがミトコンドリアです。

【細胞の中ミトコンドリアの機能】

エネルギーの生成

細胞は異質の褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞があり褐色脂肪細胞の中に多いミトコンドリアは少し強めの有酸素運動、寒さを感じる、空腹を感じるとミトコンドリアが活性化して増える。

【細胞膜の3つの機能】

【第1の機能】 細胞のエネルギーの生成や維持、修復に必要な栄養素を取り込み、有害な老廃物を排出する。

脂質2重層とタンパク質

1つのリン脂質が塊になりリン脂質の分子脂質2重層で構成されていて、筒のようなタンパク質が埋め込まれており、栄養素を取り込み、老廃物を排出をする。

【第2の機能】

身体の各部分特有の機能を促進する。脳、各臓器、筋肉など各部分の機能を促進します。

【第3の機能】細胞同士が互いのコミュニケーションを促してくる。機能を果たす為、細胞膜の活動には幅広い栄養素が必要です。

細胞膜の活動には栄養素が必要

●栄養吸収

●防御

●修復

●再生

細胞の健康には自然食品が不可欠、寿命を伸ばすと言われています。

【栄養吸収のための栄養素】

栄養吸収の為の栄養素

細胞が掛けたり変形したりすると健康が損なわれ老化現象が加速することも考えられます。細胞が効率良く栄養を吸収するには細胞膜が健康でなくてはなりません。

脂肪酸と言われる【リピット】は健康な細胞の形成に不可欠

脂肪酸は不可欠

植物由来の脂肪酸と動物由来の脂肪酸

植物由来の脂肪酸 多価不飽和脂肪酸

玄米 全粒小麦 大豆などには良質の多価不飽和脂肪酸が多く含まれている。

動物由来の脂肪酸 【オメガ3脂肪酸】

オメガ3脂肪酸

動物性のもので例えば魚 冷たい海にすむ鮭には多く含まれている。栄養のバランスが悪いと細胞は炎症を起こしていく炎症を起こさない為にもオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸は、4:1のバランスで摂取することが重要です。

多価不飽和脂肪酸

質の悪い油の加工品を多くとっている

加工品

加工食品にはトランス脂肪酸など健康に悪いものがしばし含まれている。

【防御のための栄養素】

フリーラジカル(酸化物質)の原因

●空気

●水

●食べ物

●太陽光

●細胞内エネルギー生成

1番の敵は酸化作用

酸化作用によって炎症を受けていく細胞の様子

酸化作用により炎症を起こしていく細胞

攻撃から細胞を守る防御成分

細胞を守る防御成分

脂肪性防御成分と水溶性防御成分損傷を受けるとガン細胞などの侵入者を感知できなくなりDNAが傷つき欠損細胞が食べられることもあります。

●水溶性防御成分

細胞膜の中と外から防護壁をつくり守る

赤や橙や黄色など野菜、果物

カロチノイド

必須栄養素であるビタミンAの前駆体となるほか、近年ではがんや心臓病の予防効果も報告されている。

●脂肪性防御成分

細胞膜を攻撃から守る役目

紫青緑色

ポリフェノール

光合成によって出来る植物の色素や苦みの成分であり、植物細胞の生成、活性化などを助ける働きを持つカテキン、ワイン、茶、リンゴ、ブルーベリー、コーヒー、柿、大豆や大豆加工食品、イチゴ、ゴマなどに含まれる。

細胞の防衛にはカロチノイドとポリフェノールを常にたくさん摂取すること

細胞の防御システムを効果的に働かせるにはカロチノイドとポリフェノールをたくさん摂取しなければならない

細胞膜の中と外を防衛

【修復のための栄養素】

ビタミンミネラルなど全ての栄養素が細胞膜を通過しなければなりません。

加工食品

加工食品と長期保存食品が増え必須ビタミンと必須ミネラルが減り続けている。

【再生の為の栄養素】

ビタミン、ミネラルなどの自然食品

必須ビタミンと必須ミネラルが減っている

残念ながらインスタントや冷凍食品の増加により

必須ビタミン…減り続けており修復機能を及ぼす原因になっています。

解決法

重要なのはビタミン、ミネラルなどの自然食品の有効成分

自然食品の有効成分

【リピッド類(脂肪酸)】8種類のオメガ3脂肪酸

【ミネラル】 必須ビタミンと必須ミネラル

【ビタミン】 必須ビタミンと必須ミネラル

【ポリフェノール】 多種のポリフェノールカロチノイド15種類

私たちの身体を構成する細胞に自然食品の有効成分は強く活力ある人生をもたらします。

ダイエット

寒さを感じると生命を守るのに脂肪をから熱を産生する。インナー「背中クールタイ」を着けると背中の熱が逃げ温度が下がります。交感神経の働きで褐色脂肪細胞の中に多いミトコンドリアが中性脂肪を熱に代謝して細胞、ミトコンドリアが増床されます。着けるダイエットですのでながらダイエットができます。

背中に着けるだけで脂肪燃焼が即始まる

背中に着けるだけで脂肪燃焼が即始まる

こちらからお買い求めできます。

 

Pocket

マウスの実験褐色脂肪細胞を寒冷刺激するをヒントに生まれたダイエット

痩せるインナー!は大学や研究機関においてマウスの実験 褐色脂肪細胞活性化して熱産生をヒントに誕生!

マウスの実験褐色脂肪細胞の熱・産生する論文と「背中クールタイ」

中性脂肪を減らす研究が大学や研究機関においてマウス実験の成果が学会に発表され肥満対策に期待されています。が、痩せる薬も、痩せる方法もまだ市場には出てきません。でもこれをヒントに褐色脂肪細胞を寒冷刺激して痩せるインナーを作りました。

マウス

マウスが実験に使われるのは哺乳類で人間の生活活動が似ていて、ヒトの遺伝子が90%以上も共通点があり、繫殖力もあるところから使われています。

褐色脂肪細胞のある部位と「背中クールタイ」が重なりました。

あなたならどうしますか?

やってみる価値大ですよね。

早速同一条件で運動しながら40分間の前後の体重差で比較してみました。

着けたヒト着けない日で体重差で確認できたのです。

痩せるサプリでも40分間で体重差に表れますか?

「背中にふしぎ発見!」しました。

マウス実験をヒントに生まれたダイエット3褐色脂肪細胞を活性化する

論文内容は褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪を熱に代謝することが確立されています。これを応用したダイエット方法があっていいのではないでしょうか。研究を活かすためにも。実験の成果を無駄にしたくはないですね。

マウス実験の褐色脂肪細胞に関する論文

褐色脂肪細胞およびベージュ脂肪細胞の制御機構と臨床的意義
https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2017.890917/data/index.html

参照:日本生化学会

褐色脂肪細胞においてエネルギー消費を促す新たなメカニズムを発見
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2015/160219_2.html
白色脂肪細胞は細胞内に栄養を脂肪として貯蓄しますが、褐色脂肪細胞は脂肪を
分解し、熱を産生することで体温の調節をします。出典:京都大学・生理学研究所リリースより

寒冷刺激の体温維持には熱産生遺伝子の高次構造変化が必須
東京大学先端科学技術研センター
私たちヒトや哺乳動物は、急速な環境の変化に瞬時に反応し、命を守る仕組みが
あります。出典:東京大学先端科学技術研センター

褐色脂肪細胞を寒冷刺激する方法マウス実験をヒントに生まれたダイエット2褐色脂肪細胞を活性化する

マウスの実験を無駄にしないで私たちが活用する方法です。

ウェブ上で寒冷刺激を検索してヒットするのは寒中水泳と冷水シャワ・・・ですね。冷たさを強いれられてもビフォーアフターでの効果などの資料はありません。

一方「背中クールタイ」は衣服を着ながら暖かい格好で背中の熱を逃がします。すると温度が下がることで脂肪を熱に消費して結果が即痩身差で表れます。マウスの実験を人間も“寒い環境”にすることで皆さんもできるのです。簡単にできるのがいいですね。

 寒冷刺激をして比較実験

 

熱を逃がして褐色脂肪細胞を冷やして脂肪燃焼

「背中クールタイ」を着けると熱を逃がし温度が下がります。たったこれだけです。

基礎代謝痩身差12月説明書きカット

2時間安静時に熱を逃がすだけで痩身差が出ます。痩身差を換算すると2時間で有酸素運動40分の消費カロリーと同じ効果です。

基礎代謝の酸素消費量を測定しても酸素消費量が増えます。脂肪を燃やすのには酸素が必要ですよね。

30分の運動にも寒さを負荷すると有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果がでます。

 まとめ

マウスの実験ヒントを応用するといつでもどこでもダイエットが簡単にできます。研究を無駄にしたくないですね。

Yahoo!

楽天

最後までご覧いただき有難うございました。

 

Pocket

痩せるインナー

まさかあの人が・・・?基礎代謝を上げて健康に痩せるオススメの健康痩せダイエット

原因は?中性脂肪の貯めすぎ

ニュースで悲報が報じられると「まさかあの人が?」と思うことがあります。原因は?健康な体を作り維持するのには運動・食事・睡眠は大切です。その中で多いのは中性脂肪の貯めすぎではないでしょうか。現金ならうれしいのですが。貯まった脂肪を短期間で急激に例えば1週間で12㎏落とすダイエットなどは無理があり悲劇が待ち受けています。

オススメはむりなく基礎代謝を上げる健康痩せダイエットです。

脂肪細胞には異種の細胞があり、エネルギーの不足時に備える白色脂肪細胞とエネルギーを作る褐色脂肪細胞があります。問題は白色脂肪細胞に溜まった中性脂肪を減らす方法です。中性脂肪を熱に代謝するのは運動・寒い環境・空腹です。

冬野菜は寒さで甘くなるヒトも寒さでやせられる「背中クールタイ」

白菜は霜を浴びると甘くなります。雪国では雪下野菜が、栗やサツマイモも冷蔵庫で甘くしています。植物細胞の仕組で寒さから身を守るのに凍らないようにデンプンを糖に変えているんですね。

植物の細胞「背中クールタイ」

葉にも維管束があり土から水や養分が送られているように私達の血管も酸素と養分を運んでいるのと同じです。

私達の体の動物細胞も寒いと脂肪を熱に代謝して温めているってあまり知られていません。が、基礎代謝量が夏より冬増えるのは皆さんご存知です。寒さから命を守る為に脂肪を熱に代謝して温めているんです。

健康痩せダイエットは

背中を“寒い環境”にして基礎代謝のエネルギーを消費するダイエットです。

脂肪燃焼

熱を逃がしと温度が下がります。熱を作るのには?脂肪を燃やします。

痩せるスポットに冷気でダイエット

「背中クールタイ」を着けると脊髄の周りに褐色脂肪細胞があり寒さを感じると脂肪を熱に代謝が始まります。皆さんも安静時ボーっとしていても2時間で体重の減るのが比較してわかります。着けた時に寒くはありません体の仕組で温めてくれていること自体がダイエットです。

比較実験をして公開しています。ボーっとしていても1時間10g1円硬貨10枚消費します。

中性脂肪を熱に代謝するのは運動・寒い環境・空腹・空腹でしたね。運動・空腹時はエネルギーの不足時に使われます。運動では身体活動量のエネルギーを優先的に使われ痩せにくいのです。空腹を利用したのがサプリや置き換えダイエットです。

健康痩せダイエットは

熱を産み代謝する褐色脂肪細胞の中に多いミトコンドリアがサポートします。

基礎代謝着けるだけでエネルギー代謝ダイエット

寒さを感じるとヒトは命を守る為に摂取した糖質、タンパク質、脂質より、貯まっている白色脂肪細胞を優先的に燃やします。

寒さを感じさせるだけで即脂肪を燃やし始めます。

寒冷刺激の体温維持には熱産生遺伝子の高次構造変化が必須

東京大学

出展 東京大学先端科学技術研センター

まとめ

健康痩せダイエットは着けるだけ!

ながらいつでもどこでも

通勤通学に、家事しながら、運動・活動しながらできます。

安静時2時間着けるだけで有酸素運動40分の消費カロリーと同じ効果が、また、散歩に30分着けると有酸素運動80分の消費です。

カラオケ歌いながらダイエットもできます。

健康カラオケアニメ

こちらからお買い求めできます。

Yahoo! 楽天

最後までご覧いただき有難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
Pocket

褐色脂肪細胞を冷まして活性化する「背中クールタイ」ダイエットができます。

最近注目の褐色脂肪細胞を活性化して痩せるインナーがあるって本当ですか?

加圧シャツ効果なし!痩せるインナーは着けると即効果が確認できます。

加圧シャツ効果なし

ダイエット市場は拡大化していて、本当に多くのダイエット商品が売られていますよね。その結果ダイエットに成功した人もいれば失敗した人もいます。中には着けるだけで痩せる加圧シャツも効果が無いと消費者庁から発表されたものもあります。加圧するだけでは脂肪は減りません。

痩せるインナーは褐色脂肪細胞を活性化して中性脂肪を熱に代謝して安静時(基礎代謝)に2時間で体重差を比較するとビフォーアフターで体重差に表れます。30分の運動でも「背中クールタイ」着けると有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果がでます。脂肪を減らす方法を詳しく紹介していきます。

脂肪を減らす方法は?

褐色脂肪細胞を寒冷刺激して活性化

褐色脂肪細胞は寒い環境下で脂肪を熱に代謝することは論文で報告されています。「背中クールタイ」を着けると熱を逃がして冷ますので寒い環境になります。

褐色脂肪細胞脂肪分解「背中クールタイ」

脂肪には2種類の脂肪があり、貯める役目をする白色脂肪細胞と脂肪を熱に代謝する褐色脂肪細胞があります。褐色脂肪細胞は“寒い環境”になるとルアドレナリンを分泌して中性脂肪を分解して体の熱エネルギーに消費されます。

この代謝を繰り返すことで褐色脂肪細胞、ミトコンドリアが増えると報告されています。

運動では痩せない!簡単に痩せる方法は?褐色脂肪細胞を増やす

炭水化物、タンパク質、脂肪三大栄養素を主に摂取して1日のエネルギー消費量の割合は体の仕組で決められて、食事の消化、身体活動量、基礎代謝のエネルギーに使われます。

運動時の代謝

運動で痩せないのは「背中クールタイ」

運動・活動で使うエネルギーは身体活動量の摂取したエネルギー(グリコーゲン)が優先的に使われます。ジョキングで痩せようと思い続けてもエネルギーの代謝は繰り返すことで褐色脂肪細胞が増えます。1㎞が2㎞に、2㎞が5㎞に…。体の仕組で脂肪を分解してエネルギーに使われるのは体がエネルギーが不足時ですので運動では痩せないのです。

空腹時の代謝

風邪で寝込んで食欲がなければゲッソリしますよね。炭水化物を抑えた置き換えダイエットなども大流行です。

ダイエットに成功たと喜んでも

実は脂肪肝!

魔法のインナー発見脂肪肝

出典:NHK 美と若さの新常識

ダイエットで成功したと思った5人の中に実は脂肪肝になった人が2人もいました。怖いですね。置き換えダイエットや炭水化物の制限をしても運動をしないと失敗します。

寒い環境での代謝

寒い環境で使うのは基礎代謝のエネルギーを使います。私達の身体は恒常性の体熱維持で寒い環境下では熱を産みます。基礎代謝は夏より冬の方が多いのはその為です。

ビックリするほどカンタン

冬野菜も寒いと身を守るのにデンプンを糖に変え甘くなります。背中に

この環境を作ればダイエットは簡単ですネ。

 

健康痩せの食事

健康でイキイキ過ごす為にはバランスの良い食事も細胞の為に大切です。

魔法のインナー発見細胞「背中クールタイ」

出典:YouTube細胞の世界

ヒトの体は約40(60)兆もの細胞でできています。肝臓、腎臓もです。急激に痩せるダイエットは悲劇を生みます。

覚えておいて損はない細胞と食事のブログ

出典:ガッテン!ダイエットが引き起こすまさかの悲劇!腎臓肝臓のブログ

痩せるインナーを着けて実践!効果を試しました。

寒い環境での代謝の比較実験

褐色脂肪細胞が寒い環境で脂肪を熱に代謝するのはマウス受験で確立されています。偶然に褐色脂肪細胞のある部位と「背中クールタイ」とが重なり比較実験です。

安静時(基礎代謝)に2時間で体重差を比較

運動量METsの消費カロリー計算はあってもベースになる基礎代謝の消費カロリー計算はありません。基礎代謝であるのは年齢、性別の違いなどです。そこで2時間基礎代謝(安静時)のエネルギーを使い論文通り「背中クールタイ」を着け寒い環境にして比較してみたのが下のグラフです。

基礎代謝痩身差12月説明書きカット「背中クールタイ」

ボーっとしていても2時間で体重差が20gも出ました。もうビックリです。

間違いではないかと不安に思い気がついたら1年間実験をしてしまいました。

2時間で20g、チリも積もれば山となるで1年間で7.3㎏で被験者の体重の約1割です。脂肪を代謝して痩せるインナーは褐色脂肪細胞を刺激してダイエットができます。時間をかければ脂肪の代謝も増えます。

30分の運動でも寒さを負荷しないのと比較

30分の運動でも「背中クールタイ」着けると有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果がでます。

室内の温度管理されたスポーツクラブで走り込んでも脂肪は減りません。

基礎代謝は冬の方が高いですよね。「背中クールタイ」着けると痩せる環境になります。

ミトコンドリアを増やす

着けると痩せるアニメ白菜ダウンコート「背中クールタイ」

生理現象で細胞の効果は画像の中で説明している通りです。即脂肪を燃やすのは褐色脂肪細胞の中に多くいるミトコンドリアです。代謝(脂肪を熱に)を繰り返すことでミトコンドリアを増やすので、スッキリダイエットができます。

まとめ

褐色脂肪細胞を活性化する痩せるインナー「背中クールタイ」で比較実験を紹介しました。ヒトは生まれてから熱を産み恒常性の体熱が維持されています。安静時2時間で体重差が出たのにはビックリしました。あなたも背中に痩せる環境を作れば脂肪を代謝して健康痩せが簡単にできます。

Yahoo! 楽天

最後まで有難うございました。

Pocket