減らす」タグアーカイブ

痩せない運動を痩せる運動に

ノルディックウォーキング30分と安静時120分ひと工夫で同じ効果

安静時(基礎代謝)のエネルギーを使い脂肪を減らす痩せるインナーとノルディックウォーキングの脂肪を消費するカロリー計算をやってみました。

クロスカントリーの選手たちが、夏の間の強化トレーニングとして取り入れていた「スキーウォーク」を、ポールを使い歩行運動として紹介されたのが「ノルディックウォーキング(NW)」で季節を問わず腕、上半身の筋肉など全体の90%を動かしエネルギーを消費することから人気が高まっています。

ノルディックウォーキングで使うエネルギーは

健康のために、運動不足を解消したい人、メタボリック症候群、糖尿病で脂肪を減らしたい人は多いと思います。

運動量メッツは安静時(基礎代謝)を1メッツとして運動量で表示されて、散歩は3メッツ、NWは5.2メッツ、バトミントンは5.5メッツで表れます。

※メッツとは身体運動の強さを安静時の何倍に相当するかを表す単位で、何もしないでじっと座って安静にしている状態が1メッツです。

ポールを使うとキツイ!

でも体重を減らいたい!

と思われる人もいるのではないでしょうか。

ひと工夫で脂肪を減らす方法です。

らくらくダイエットエネルギーが違う身体活動

運動では痩せない。痩せるインナーを着けるミトコンドリアダイエット

私達の1日のエネルギー消費量は体の仕組で決められているのです。生命維持のために何もしなくても使われるのが安静時、基礎代謝のエネルギーで書きで実験を紹介します。が、NWで使うエネルギーは身体活動量のエネルギーです。

運動で使用されるエネルギー

運動で使われるのは優先的に摂取したグリコーゲンが使われます。脂肪が使われるのは運動開始後経過してからです。

運動では痩せない(短時間では)というのが参考になるグラフですね。

2時間基礎代謝のエネルギーの比較実験

簡単ダイエット

褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪を熱に代謝することは確立されています。

脊髄の周りにある褐色脂肪細胞を寒冷刺激して、しないのと、ビフォーアフターの体重差で比較です。

コロナ渦でステイホーム中に実験をしてみました。

冬野菜が寒さで澱粉を糖に変え甘くなるように私達の身体も寒さを負荷すると脂肪を熱に変えダイエットができるのです。

基礎代謝痩身差4月25~5月30ホームステイ中

基礎代謝のカロリー計算はありません。新型コロナでステイホーム中に基礎代謝のエネルギーを使い痩せる実験をして体重差からカロリー計算をします。

ビフォーアフターの体重差が

20g出ました。(被験者70㎏)

1ヶ月では

20g×30日で600gです。0.6㎏

0.6㎏脂肪を燃焼するのに必要な運動時間を計算

バトミントン(ノルディックウォーキング)運動強度メッツ  5.5

運動量メッツ比較

2時間着けるだけでノルディックウォーキング22分と同じ効果です。(散歩では40分)着ける時間を増やせば比例します。

被験者の体重に変わりますのでこちらから計算してください。

参照:脂肪を減らすkeisanサイト

ノルディックウォーキング汗の悩み解消

ウェアの生地も進化して暑い時は吸水速乾系、寒い季節はヒートテックなどの吸湿発熱系があり快適ですが活動を始めて体が暑くなり汗の悩みはないでしょうか。

襟元から熱の出る画像1本で2役

基礎代謝のエネルギーでを使った「背中クールタイ」です。

1本で2役

恒常性の体熱維持で交感神経を介します。

活動して体が暑くなるまでは脂肪を熱に変え消費しますが暑くなると放熱します。その熱を逃がしてあげる爽やかです。

不快指数と合成

ウォーキング中の衣服内背中の温度と湿度です。

ふいご作用もあり体感温度が2~3℃下がり不快指数も下がります。体の冷却機能を引き出す効果もありますね。

まとめ

ノルディックウォーキングは楽しみながらひと工夫で脂肪を減らす方法を紹介しました。

こちらからお買い求めできます。

期間ご購入はこちら

Pocket

報道関係の皆様へ プレスリリース 背中に不思議発見!

皆様の役に立つページへようこそ

背中に不思議発見!

日本初! らくらくダイエットが、中性脂肪を減らす、ミトコンドリアで健康維持できる、熱中症対策に体を冷ます健康グッズ「背中クールタイ」を作りました。

エアコンに頼らない夏爽やかにする住まいの工法をヒントに、魔法の「背中クールタイ」を考案したした佐藤です。衣服内に通気を取り組みました。背中の温熱環境を変えることで、体温調節と相乗効果を図ります。

最初に薬機法(旧薬事法)について

ページの中に脂肪を燃やすなど薬機法(旧薬事法)に触れるような文言が出てきます。褐色脂肪細胞を寒冷刺激する活性化して痩せると言われています。寒中水泳するときに衣服を脱ぎますよね。冷水シャワーを浴びるときもですよね。「背中クールタイ」は衣服を着ながら着けると寒い環境になり、褐色脂肪細胞を寒冷刺激して体の仕組み体温調節でできるのです。(消費者庁に問い合わせ済み)

ヒトは暑いと発汗して冷まします。寒いと脂肪を燃やして温めます。

暑い環境で

熱溜まりを逃がすとクールに:夏の風物詩打ち水のように気化熱で冷まします。炎天下37℃でもさます効果が熱中症対策にも役に立ちます。

寒い環境で:皆さんの前で一緒に実験しても結果がでます!

背中の熱を逃がすと温度が下がり脂肪を燃やします:基礎代謝は夏より冬の方が多い。植物細胞も寒い環境で代謝して甘くなる。いずれも細胞の仕組です。

比較実験することで数値で見える化しました。

● 30分間の運動で寒冷刺激しないのと痩身差がでます。

● 120分間の安静時で寒冷刺激しないのと痩身差がでます。

● 寒さを負荷しないのと基礎代謝の酸素消費量が増えます。脂肪を燃やす証ですね。

● 健康維持ができるのは寒行に代表されます。

このように温熱環境を変えることで、簡単にできるのです。背中に不思議発見です。

詳細は「背中クールタイ」研究室

褐色脂肪細胞を寒冷刺激しての実験報告

ダイエット

褐色脂肪細胞を寒冷刺激する実験に使われたマウス。

研究費も出ない個人の考案した「背中クールタイ」と褐色脂肪細胞のある部位とが偶然に重なり、同一運動40分間の前後を寒冷刺激しないのと比較すると体重差を発見!目から鱗でした。

ダイエットするのに「褐色脂肪細胞を寒冷刺激をして活性化すると脂肪を熱に代謝する」ことはマウスの実験で確立されています。でも研究が生かされていないのは何でしょうか?

ヒトでの実験は規制があり難しいようです。

実験の一例を紹介します。

血圧と心拍数の変動についての実験報告

お客様の中には寒いから、不安の方もいらっしゃいますので「背中クールタイ」で寒冷刺激をして血圧と心拍数の変動について測ってみました。

運動量メッツ
参照:パナソニック

運動量 METs  で計算される消費カロリーでは計算できない安静時(基礎代謝)のエネルギーを使って脂肪を消費します。

基礎代謝は夏より冬の方が多いのはご存知ですよね。寒いから脂肪を熱に消費します。

褐色脂肪細胞を寒冷刺激する「背中クールタイ」

今回は、背中に寒冷刺激をして血圧と心拍数を測定してみました。

無寒冷刺激と血圧と心拍数

表を見て頂きましょう。安静時から「背中クールタイ」を着けて寒さを負荷するとると血圧と心拍数が上がります。が、経過すると体温が調節され下がっていきます。背中の衣服内の温度は32℃で、室内の温度21℃でこの差の寒冷刺激です。背中の熱を逃がすだけですので冷たさは感じません。入浴前に脱衣場で脱ぐより暖かいです。

他にも血圧を測ってみました。最高血圧(高):最低血圧(低):心拍数(心)で表示します。

朝布団の中で、高101:低55:心67

クシャミして、高117:低67:心99

運動前、高116:低68:心77

運動後、高130:低73:心91

寒冷刺激、高126:低75:心89

「背中クールタイ」を着けて安静時との血圧と心拍数の変動を紹介しました。

このように血圧は一定ではなく、自律神経の活動と深い関わりがあり朝と夜、気温の変化。食前と食後、ストレスなどでも変動します。

今回の実験は、寒冷刺激は冷た~い思いをしないで血圧と心拍数の変動を測ってみました。

お問い合わせ

℡ 04-7184-6540

メール towa-abk@abeam.ocn.ne.jp

担当 佐藤

最後までご覧いただき有難うございました。

Pocket

マウス実験をヒントに生まれたダイエット

痩せるインナー!マウス実験をヒントに生まれたダイエット!

マウス実験の論文と「背中クールタイ」

中性脂肪を減らす研究が大学や研究機関においてマウス実験の成果が学会に発表され肥満対策に期待されています。が、痩せる薬も、痩せる方法もまだ市場には出てきません。でもこれをヒントにダイエットする痩せるインナーを作りました。

マウス

マウスが実験に使われるのは哺乳類で人間の生活活動が似ていて、ヒトの遺伝子が90%以上も共通点があり、繫殖力もあるところから使われています。

褐色脂肪細胞のある部位と「背中クールタイ」が重なり「背中・ふしぎ発見」!着けると脂肪を消費します。

マウス実験をヒントに生まれたダイエット3褐色脂肪細胞を活性化する

論文内容は褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪を熱に代謝することが確立されています。これを応用したダイエット方法があっていいのではないでしょうか。研究を活かすためにも。実験の成果を無駄にしたくはないですね。

マウス実験の褐色脂肪細胞に関する論文

褐色脂肪細胞においてエネルギー消費を促す新たなメカニズムを発見
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2015/160219_2.html
白色脂肪細胞は細胞内に栄養を脂肪として貯蓄しますが、褐色脂肪細胞は脂肪を
分解し、熱を産生することで体温の調節をします。出典:京都大学・生理学研究所リリースより

寒冷刺激の体温維持には熱産生遺伝子の高次構造変化が必須
東京大学先端科学技術研センター
私たちヒトや哺乳動物は、急速な環境の変化に瞬時に反応し、命を守る仕組みが
あります。出典:東京大学先端科学技術研センター

褐色脂肪細胞を寒冷刺激する方法マウス実験をヒントに生まれたダイエット2褐色脂肪細胞を活性化する

マウスの実験を無駄にしないで私たちが活用する方法です。

ウェブ上で寒冷刺激を検索してヒットするのは寒中水泳と冷水シャワ・・・ですね。冷たさを強いれられてもビフォーアフターでの効果などの資料はありません。

一方「背中クールタイ」は衣服を着ながら暖かい格好で背中の熱を逃がします。すると温度が下がることで脂肪を熱に消費して結果が即痩身差で表れます。マウスの実験を人間も“寒い環境”にすることで皆さんもできるのです。簡単にできるのがいいですね。

 寒冷刺激をして比較実験

 

脂肪燃焼

「背中クールタイ」を着けると熱を逃がし温度が下がります。たったこれだけです。

基礎代謝痩身差12月説明書きカット

2時間安静時に熱を逃がすだけで痩身差が出ます。痩身差を換算すると2時間で有酸素運動40分の消費カロリーと同じ効果です。

基礎代謝の酸素消費量を測定しても酸素消費量が増えます。脂肪を燃やすのには酸素が必要ですよね。

30分の運動にも寒さを負荷すると有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果がでます。

 まとめ

マウスの実験ヒントを応用するといつでもどこでもダイエットが簡単にできます。研究を無駄にしたくないですね。

 

Pocket