比較実験」タグアーカイブ

ステイホームで運動不足を解消するダイエット

ステイホームしながらダイエット!運動不足を解消する方法とは

在宅勤務 ステイホームで運動不足で太るのは?

新型コロナで太る人が多いのではないでしょうか。ステイホームでオンラインが進みビジネス、楽しみながらイベント広範囲に広がっています。

そこで太る原因は通勤・通学で使うエネルギー消費が無くなり摂取カロリーが増えて脂肪に蓄積されるから太るのもあるのではないでしょうか。

家の中では体を動かしても飽きてしまい長続きしません。続いたとしても運動では脂肪を落とせません。

どうして?

使うエネルギーが違うのです。

 

運動では痩せにくいが基礎代謝のエネルギーを使うと簡単

ステイホームしながら痩せるインナー「背中クールタイ」を着けるだけです。

運動で痩せないのは

1日に使うエネルギー消費量は円グラフにあるように安静時に生命維持の為に使う基礎代謝(60%~70%)、日常の活動・運動に使われる身体活動量(20%~30%)に摂取した食べ物の消化に使われるのが食事誘発体熱産生(10%~20%)に仕組で決められています。

運動で使うのは身体活動量のエネルギーで優先的に使われ運動開始後ある時間を経過してからですので痩せにくいというのが分かりますネ。

運動不足を解消する方法は体温調節を応用します。

体温調節を応用する「背中クールタイ」

暑い環境になると体温調節で放熱・伝導・発汗して体温を下げますよね。寒い環境になると生命維持の為、常に一定の体温を維持するのに脂肪を熱に熱に変え体温をあげます。この体温調節に使われるのが基礎代謝のエネルギーです。

“基礎代謝は夏より冬の方が寒いから多い。”です。

体温調節活かします。

 

脊髄の周りにあり褐色脂肪細胞を冷やします。

痩せる褐色脂肪細胞を活性化・寒冷刺激する方法は

・肩甲骨ダイエット:比較実験しましたが効果がありませんでした

・寒中水泳:冷たいですね。冬のプールは温水

・温冷水交互のシャワー:冷たい。長い時間は無理

・アイスベルト:首の周りを冷やす。保冷剤が必要

・凍ったペットボトル:首の周りを冷やす

・「背中クールタイ」:着けるだけ。ネックウォーマー巻いても熱を逃がして脊髄の周りにある褐色脂肪細胞を冷やすことができる。いつでもどこでもできる。(外の温度25℃以下)

寒冷刺激は何℃から熱を産むのか?はヒトでのエビデンスは少ないですね。17℃の部屋での実験、震える寒さの中での実験がありますが衣服を着ています。

「背中クールタイ」は脊髄の周りにある褐色脂肪細胞をポイント攻撃します。その実験を紹介します。

 

ステイホーム中に基礎代謝のエネルギーを使い2時間の比較実験で実証

基礎代謝痩身差4月25~5月30ステイホーム中

同一条件2時間「背中クールタイ」を着ける(グラフ青い線)と着けない(オレンジ色)の比較です。

脂肪を落とす効果は?

安静時2時間で

体重差20gは有酸素運動40分の消費カロリーと同じ効果です。(被験者70㎏)

1日20g×365日=7,300g 年間7.3㎏

4時間着ける2倍です。

太っていく体重を抑えるのに、増えた脂肪を落とすのに着けると脂肪を熱に消費します。

 

「背中クールタイ」着けると痩せない運動が痩せる運動に変わります。

安静時に2時間で減るの?と思われるあなたに

着けてメタボリックシンドロームで比較すると酸素消費量が上がります。

酸素消費量測定

アイスベルトで首の周りにある褐色脂肪細胞を寒冷刺激して酸素消費量が増えたように脊髄の周りにある褐色脂肪細胞を寒冷刺激しても同じことです。

 

まとめ

最後に、何人かの大学の教授にお会いしましたが褐色脂肪細胞を寒冷刺激して代謝するのはマウス実験でヒトでの実験は少ないのです。基礎代謝のエネルギー計算は摂取カロリーと運動量による計算で、寒い環境での熱を産む計算もエビデンスはありません。ステイホーム中に比較実験を紹介しましたが1年間の記録もあり公開しています。

褐色脂肪細胞ダイエット購入はコチラ

冬野菜は寒いとデンプンを糖に代謝して甘くなるのも、あなたも背中を寒い環境にすると脂肪を熱に代謝してダイエットができるのも同じ現象です。

ステイホームしながら痩せることも楽しみです。

魔法の「背中クールタイ」購入ページはコチラ

最後までご覧いただき有難うございました。

 

Pocket

「背中クールタイ」を着けると根中の熱を逃がし褐色脂肪細胞を刺激して脂肪を熱に変え繰り返すことで基礎代謝を上げます。

褐色脂肪細胞を冷やして痩せる!基礎代謝のエネルギーを2時間で比較実験

痩せる褐色脂肪細胞を冷やす寒冷刺激をして基礎代謝のエネルギーで比較

「背中クールタイ」を着けないのと2時間比較実験を公開しています。

5月 25日:痩身差 80g(着ける)

5月 26日:痩身差 40g(着けない)

ホームステイ中にまとめました。

褐色脂肪細胞は寒い環境で脂肪を熱に代謝することはマウスの実験で確立されていますよね。

それをヒントに

褐色脂肪細胞のある部位と「背中クールタイ」を着けると偶然に重なることから背中の熱を逃がすと寒い環境になり寒冷刺激ができます。簡単でしょう。恒常性の体温調節で使われるのは基礎代謝のエネルギーです。これさえわかれば着けると皆さんもできることです。寒冷刺激をネットで調べると他にも寒中水泳や冷水シャワーなどがあります。

ひと工夫で痩せる運動4基礎代謝のエネルギー

一日のエネルギーの割合で決まっています。キツイ運動しても痩せないのは身体活動量のエネルギーが優先的に使われます。寒い環境下では基礎代謝のエネルギーを使いすみやかに脂肪の消費が始まります。

この生命維持のために安静時に使われる基礎代謝のエネルギーの消費カロリー計算がありません。

あるのは身体活動量のエネルギーを使う運動量 METsの消費カロリー計算です。

ながらダイエット基礎代謝安静時

参照:パナソニック

基礎代謝のエネルギーを使い2時間前後の体重差の記録

体感温度が―7℃下がり褐色脂肪細胞を寒冷刺激する環境に

熱を逃がすと気流が生ませ体感温度が下がる。

そこで今回、基礎代謝のエネルギーを安静時に近いデスクワークしながら2時間の前後の体重差で比較実験をして見ました。最初は1ヶ月程度と思っていたのですが痩身差にビックリして続けることに。約1年間の記録です。(記録を再編)

場所:当事務所、2時間「背中クールタイ」を着ける(グラフ青線)。着けない(黄色)。で前後の体重差で比較。被験者:佐藤重人

グラフの見方:y軸温度・湿度、痩身差、x軸日付け,am(午前)pm(午後)

2020 年4 月~5月ホームステイ中

基礎代謝痩身差4月25~5月30ホームステイ中

自粛中でもありホームステイ中に比較してみました。その日の温度・湿度により変わりますが生理現象で痩身差に表れます。

2018 年 9月

基礎代謝痩身差9月

2時間で痩身差が出るとは思ってもみませんでした。毎日秤に乗るのがうれしくてツイッターでも前代未聞!・・・でツイートしました。

2018 年 10月

基礎代謝痩身差10月

2018 年 11月

基礎代謝痩身差11月

2018 年 12月

基礎代謝痩身差12月

2019 年 1 月

基礎代謝痩身差1月640解説入

事務所内は暖房中で温度湿度を省略

2019 年 2 月

基礎代謝痩身差3-2月スタンドワーク

2019 年 3 月

基礎代謝痩身差3-2月スタンドワーク

2019 年 4月

2019 年 5月

基礎代謝痩身差5月

2019 年 6月

基礎代謝痩身差6月

2019 年 7月

基礎代謝痩身差7月

2019 年 8月

基礎代謝痩身差8月

背中のこもり熱を逃がすと爽やかですので事務所内はクーラーを着けません。8月は室温が30℃前後でしたので発汗もあり痩身差も増えました。2時間後に排出される尿がその分量位少なく体の冷却機能に使われたと推察します。

運動しながらの比較実験もあります。

「背中クールタイ」は

背中から放出される風の速度

「背中クールタイ」を着けると襟元から熱が逃げていくのを風速計で量ったグラフです。この背中の熱を逃がす環境を作ることが今までなかった褐色脂肪細胞を寒冷刺激につながります。寒中水泳や冷水シャワーなどありますが衣服内の温熱環境を変えることでできます。

まとめ

背中の熱を逃がすと寒い環境になり体重差で結果が出ます。ダイエットが、痩せやすい体質が、太りにくい体質が簡単にできる環境になりますネ。

2時間での比較実験は生理現象で尿を排出する私の我慢できる限界時間ですします。同一条件で入れず出さずの実験報告でした。

ある大学からもテーマに興味があり賛同いただいております。この分野で博士号を取りたい学生には応援します。

最後まで有難うございました。

褐色脂肪細胞ダイエット購入はコチラ

最後までご覧いただき有難うございました。

Pocket