褐色脂肪細胞」タグアーカイブ

褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪を熱エネルギーに代謝するのは確立されています。背中を寒冷刺激をして実験して生まれたダイエット

魔法の「背中クールタイ」冷ます!痩せる!比較実験の記録

​衣服内気候を変えて体温調節の機能を引き出す第3のインナー

「背中クールタイ」を着けるとクールに。痩せる。のは褐色脂肪細胞や発汗機能があるのを見える化しました

だれ守る?私の健康!体の仕組を活用して毎日元気に!

体には常に体温を一定に保つ機能 恒常性の体温調節と私達は着衣量(clo)で調節をして生活をしていますね。衣服の生地も吸水速乾や吸湿発熱など進化しています。が悩みも有ります。今迄に無かった発想で背中の熱を逃がす「背中クールタイ」を作りました。背中には【熱い環境】で冷却機能と【寒い環境】で熱を産む機能があります。体の機能を引き出すインナーを紹介します。

冷却機能を引き出すと汗の悩みなどを解消!

汗の臭い悩み、クーラー病解消

熱を産むを産む機能を引き出すと脂肪は消費されダイエットができる!

ダイエットでお金・時間かけてませんか?褐色脂肪細胞を活性化しましょう。0円でできます。

着けると簡単に健康痩せができます。

【暑い環境】こもり熱を逃がして爽やか!。汗の臭いも消えた!

熱中症対策に:猛暑日 炎天下での記録

37℃の中で実験。熱中症対策に背中の熱を逃がすとクールに

暑いと体の冷ます機能で放熱(放射・伝導・発汗)しますね。

☑ 吸水(汗)速乾の衣服:汗を吸い取り外へ逃がしますが時間がかかる。

☑ 「背中クールタイ」:煙突効果でこもる熱を放出する。ふいご作用も起こり体感温度を下がるなどの効果が実験グラフに表れていますね。

熱中症対策、汗対策にはお勧めです。

熱気を放出すると不快指数と体感は。チラ見え解消!

背中の熱を逃がすと爽やかに不快指数と合成しました。熱中症対策。

背中に気流を生むことで体感温度が下がります。湿度も下がり不快指数で見ると不快が抑えられる。

熱を煙突効果で逃がすと放射冷却現象で温度が下がります。風を生むと体感温度が2℃~3℃下がります。

重ね着しても熱は逃がせるのでチラ見え解消!

クーラー病対策:冷え過ぎ解消!ウイルスの住めない環境に。

事務所温度の記録。背中の熱を逃がすとエアコンは要らないのが分かるグラフ

背中に熱をこもらせなければ32℃位までエアコンを使わない暮らしが出来ます。クーラー病対策に!保冷剤などの温冷のギャップからも解消!省エネに!(この熱を逃がす【寒い環境】がダイエットにつながります。)

ウイルスは湿度50%温度32℃で絶滅することが報告されています。(新型コロナではありません)

汗対策に:黄ばみが解消!衣服内の温度春秋比較グラフ。熱を逃がすと汗対策に快適です。

運動中に背中の熱を逃がすと爽やか!になるのが湿度(赤線)で分かりますネ。衣服が濡れないから汗の黄ばみ、臭いも解消されます。

合羽を着て記録:雨の日に。汗の悩み解消!ゴルフ用の合羽を着ての比較グラフ

雨の日に暑さ対策です。合羽を着ても「背中クールタイ」着けると濡れにくいのがわかります。痩身差にも表れます。

電車内の記録:汗の悩み解消

電車内の汗の悩み。快適さが「背中クールタイ」着けるとグラフで分かります。褐色脂肪細胞を冷やしダイエットもできますネ。

家を出て(会社を出て)駅まで10分歩くと汗で濡れますよね。「背中クールタイ」着けると濡れません。車内ではクーラーの冷気がはいります。(この冷気が【寒い環境】でダイエットにつながります。)

車内で熱を逃がすとラッシュ時でも涼しい顔でいられます。

魔法の「背中クールタイ」お申し込みはコチラ

冬活動時の汗対策に:汗で濡れないから爽やか

冬の運動時発汗比較グラフ。褐色脂肪細胞ダイエットの効果が分かります。

冬でも30分歩くと汗ばみそれ以降は汗で濡れます。「背中クールタイ」着けると熱を逃がすので濡れません。吸湿発熱系ヒートテック類の汗対策にあれば快適です。

【寒い環境】熱を逃がしてダイエット。痩せる機能を引き出す!

背中の熱を逃がすと褐色脂肪細胞を活性化する「背中クールタイ」のアニメ

熱を逃がすと温度が下がり熱を産む環境になります。

熱を逃がす第3のインナー「背中クールタイ」と脊髄の周りにある冷却機能やマウス実験で確立された熱を作る褐色脂肪細胞を寒冷刺激して考案者佐藤が実験して見える化した記録です。

熱を逃がして安静時(基礎代謝)のエネルギーを使い代謝して実験

背中から放出される風の速度

インナー着けると襟元から熱が逃げていきます。安静時1秒間に5㎝平均の熱が出ていく。活動したりふいご作用で速度は早まります。

世界初!基礎代謝2時間での比較実験

基礎代謝の消費カロリー計算はありますが褐色脂肪細胞を冷やして寒い環境下で比較実験をしてのこのようなデータはほかにありませ。

12月基礎代謝を上げる比較実験。寒冷刺激をする。しない。2時間で痩身差が出ます。

2時間で「背中クールタイ」着けないのと20gの差が出ます。20g×365日=7300gは私の体重の約一割に匹敵します。2時間着けるだけで7.3㎏痩せます。後は摂取カロリーと消費カロリー次第で痩せやすい太りにくい体質になります。

1年間の記録があります。

運動40分で熱を産む機能を引き出す褐色脂肪細胞を冷やすと痩せる効果が!

衣服内気候衣服内の気候、温度湿度がグラフに書き込んであります。

痩せるのに身体活動量と基礎代謝のエネルギーを使うとw効果運動で痩せないのは

1日のエネルギー消費量は仕組で決められています。運動で使うのは優先的に身体活動量のエネルギーが使われます。背中を寒い環境にすると基礎代謝のエネルギーを使うのでとw効果です。

これが「背中クールタイ」着けないのと比較すると痩身差で分かります。

2019 2,1~2.10

最近は寒冷馴化で痩身差が少なくなっています。

過去の記録はこちらから

運動前の炭水化物を摂取するしないで比較

皆さん気になる炭水化物です。

いつ取ったらいいの?

置き換えダイエットは?失敗して脂肪肝になる人も。

インナーの実験から

痩せる効果のある運動は何時?炭水化物と背中クールタイの関係

40分間の運動の痩身差を比較すると運動前に炭水化物を摂取しないで「背中クールタイ」を着けるのが痩身差で表れます。(温度湿度により差が出ます)

お断り

痩身差で差が大きいのは暑熱馴化があるように寒冷馴化により代謝が少なくなり痩せにくい体質に

なってきていると推察しています。

まとめ

背中の熱を逃がす実験の一部をご覧いただきました。背中の微空間の温熱環境を変えることで皆様のお役に立っていただければ幸いです。これからも私自身の健康維持のために実験を兼ねて続けていきます。

最後までご覧いただき有難うございました。

Pocket

褐色脂肪細胞を冷まして活性化する「背中クールタイ」ダイエットができます。

「背中クールタイ」で褐色脂肪細胞を冷やし痩せる比較実験の記録

痩せる褐色脂肪細胞を冷やし寒冷刺激する。しない。実験記録

寒さを負荷すると褐色脂肪細胞が脂肪を熱に代謝して中性脂肪が減る実験です。

10分~15分震える寒さで痩せる効果が

10分~15分の震える寒さと1時間のエクササイズと同じ効果

VS

30分の運動に背中に寒さを負荷して有酸素運動80分と同じ効果がでる。

体重計

最新の記録

痩せるインナー着ける着けない30分間前後の記録

30分:10月11日20℃ 痩身差 60g(着けない)

30分:10月12日20℃ 痩身差 80g(着ける)

30分間の比較:日付、温度背○○gは「背中クールタイ」着けて、gは運動前後の体重差です。運動する時間は夜9時~12時です。

2020年9月

2020 、9,3~9.30

高温多湿で発汗も多い。

2020年8月

2020 、8,1~8.31

高温多湿で発汗も多い。

2020年7月

2020 、8,1~8.31

高温多湿で発汗も多い。

2020年7月

2020 、7,2~7.30痩身記録

雨の日も多く暑い日は発汗も多い。

2020年6月

2020 、6,2~6.29記録

暑いので熱を逃がす日(背)が多いです。

2020年5月

2020 、5,1~5.30痩身差の記録

2020年4月

運動前後の記録2020 4、2~4.30

2020年3月

2020 3、3~3.31

2020年2月の記録

記録2020 2、3~2.28

2020年 1月の記録

痩せる実験記録2020 1.2~1.31

痩せる実験「背中クールタイ」

2019年 12月の記録

痩せる実験2019 12.1~11.28

30分間の同一運動しての記録を比較

天候、食事の内容によって変わります。

2019年 11月の記録

痩せる実験記録2019 11.1~11.30

30分間の同一運動しての記録を比較

雨の日以外にトイレに行った時は記録なし。寒くなるとトイレが近くなります。散歩しながら体温調節で早く出そうという仕組みが働くのかな?なんて推察したりします。真逆に暑いと蒸発(発汗)しますものね。暑い時の痩身差にも表れています。

2019年 10月の記録

痩せる実験2019 10.1~10.31

30分間の同一運動しての記録を比較

外気温度の高い日は影響します。

2019年 9月の記録

痩せる実験2019 9.1~9.30

30分間の同一運動しての記録を比較

外気温度の高い日は影響します。

2019年 8月の記録

痩せる実験2019 8.1~8.31

30分間の同一運動しての記録を比較

暑いので「背中クールタイ」を着ける日が多いですね。でも寒冷刺激をすると暑くても体重差で表れます。

猛暑日の記録

大型店舗(冷房)で実験

痩せる実験大型店舗で寒冷刺激

2019年 7月の記録

痩せる実験2019 7.1~76.31

30分間の同一運動しての記録を比較

2019年 6月の記録

痩せる実験2019 6.3~6.31

30分間の同一運動しての記録を比較

2019年 5月の記録

痩せる実験2019 4,29~5.29

40分間の同一運動しての記録を比較

1ヶ月で何㎏痩せるかで時間を増やしました。

2019年 4月の記録

痩せる実験2019 4,11~4.29

痩せる実験2019 4,2~4.10

2019年 3月の記録

痩せる実験2019 3,1~3.31

2019年 2月の記録

痩せる実験2019 2,1~2.26

2019年 1月の記録

痩せる実験2019 1,2~1.31

2018年 12月の記録

痩せる実験2018 12.2~12.29

続きます。

27年冬の記録の記録

痩せる実験「背中クールタイ」

始めたころは40分間の比較でした。痩身差がありましたね。

最後までご覧いただき有難うございました。

褐色脂肪細胞ダイエット購入はコチラ

楽天

 

Pocket

「背中クールタイ」を着けると根中の熱を逃がし褐色脂肪細胞を刺激して脂肪を熱に変え繰り返すことで基礎代謝を上げます。

褐色脂肪細胞を冷やして痩せる!基礎代謝のエネルギーを2時間で比較実験

痩せる褐色脂肪細胞を冷やす寒冷刺激をして基礎代謝のエネルギーで比較

「背中クールタイ」を着けないのと2時間比較実験を公開しています。

5月 25日:痩身差 80g(着ける)

5月 26日:痩身差 40g(着けない)

ホームステイ中にまとめました。

褐色脂肪細胞は寒い環境で脂肪を熱に代謝することはマウスの実験で確立されていますよね。

それをヒントに

褐色脂肪細胞のある部位と「背中クールタイ」を着けると偶然に重なることから背中の熱を逃がすと寒い環境になり寒冷刺激ができます。簡単でしょう。恒常性の体温調節で使われるのは基礎代謝のエネルギーです。これさえわかれば着けると皆さんもできることです。寒冷刺激をネットで調べると他にも寒中水泳や冷水シャワーなどがあります。

ひと工夫で痩せる運動4基礎代謝のエネルギー

一日のエネルギーの割合で決まっています。キツイ運動しても痩せないのは身体活動量のエネルギーが優先的に使われます。寒い環境下では基礎代謝のエネルギーを使いすみやかに脂肪の消費が始まります。

この生命維持のために安静時に使われる基礎代謝のエネルギーの消費カロリー計算がありません。

あるのは身体活動量のエネルギーを使う運動量 METsの消費カロリー計算です。

ながらダイエット基礎代謝安静時

参照:パナソニック

基礎代謝のエネルギーを使い2時間前後の体重差の記録

体感温度が―7℃下がり褐色脂肪細胞を寒冷刺激する環境に

熱を逃がすと気流が生ませ体感温度が下がる。

そこで今回、基礎代謝のエネルギーを安静時に近いデスクワークしながら2時間の前後の体重差で比較実験をして見ました。最初は1ヶ月程度と思っていたのですが痩身差にビックリして続けることに。約1年間の記録です。(記録を再編)

場所:当事務所、2時間「背中クールタイ」を着ける(グラフ青線)。着けない(黄色)。で前後の体重差で比較。被験者:佐藤重人

グラフの見方:y軸温度・湿度、痩身差、x軸日付け,am(午前)pm(午後)

2020 年4 月~5月ホームステイ中

基礎代謝痩身差4月25~5月30ホームステイ中

自粛中でもありホームステイ中に比較してみました。その日の温度・湿度により変わりますが生理現象で痩身差に表れます。

2018 年 9月

基礎代謝痩身差9月

2時間で痩身差が出るとは思ってもみませんでした。毎日秤に乗るのがうれしくてツイッターでも前代未聞!・・・でツイートしました。

2018 年 10月

基礎代謝痩身差10月

2018 年 11月

基礎代謝痩身差11月

2018 年 12月

基礎代謝痩身差12月

2019 年 1 月

基礎代謝痩身差1月640解説入

事務所内は暖房中で温度湿度を省略

2019 年 2 月

基礎代謝痩身差3-2月スタンドワーク

2019 年 3 月

基礎代謝痩身差3-2月スタンドワーク

2019 年 4月

2019 年 5月

基礎代謝痩身差5月

2019 年 6月

基礎代謝痩身差6月

2019 年 7月

基礎代謝痩身差7月

2019 年 8月

基礎代謝痩身差8月

背中のこもり熱を逃がすと爽やかですので事務所内はクーラーを着けません。8月は室温が30℃前後でしたので発汗もあり痩身差も増えました。2時間後に排出される尿がその分量位少なく体の冷却機能に使われたと推察します。

運動しながらの比較実験もあります。

「背中クールタイ」は

背中から放出される風の速度

「背中クールタイ」を着けると襟元から熱が逃げていくのを風速計で量ったグラフです。この背中の熱を逃がす環境を作ることが今までなかった褐色脂肪細胞を寒冷刺激につながります。寒中水泳や冷水シャワーなどありますが衣服内の温熱環境を変えることでできます。

まとめ

背中の熱を逃がすと寒い環境になり体重差で結果が出ます。ダイエットが、痩せやすい体質が、太りにくい体質が簡単にできる環境になりますネ。

2時間での比較実験は生理現象で尿を排出する私の我慢できる限界時間ですします。同一条件で入れず出さずの実験報告でした。

ある大学からもテーマに興味があり賛同いただいております。この分野で博士号を取りたい学生には応援します。

最後まで有難うございました。

褐色脂肪細胞ダイエット購入はコチラ

最後までご覧いただき有難うございました。

Pocket

ながらダイエットアニメ

健康寿命をのばす為の体を構成する細胞と食事とダイエット【保存版】

健康でイキイキと過ごす為に私たちの体を構成する細胞

ヒトの身体には約75兆(60兆、37兆などの説がある)もの細胞でできています。

細胞は人の健康、老化のスピードをも決定づけます。

細胞は最も小さく最も基本的な生命の形です。

ヒトの身体は細胞でできています

細胞は脂質で出来た2重の膜、細胞膜の中は液状で、細胞核の中には生命の遺伝情報DNAが含まれています。

ミトコンドリア

ミトコンドリア

エネルギーを生成する発電所の様な働きをするのがミトコンドリアです。

【細胞の中ミトコンドリアの機能】

エネルギーの生成

細胞は異質の褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞があり褐色脂肪細胞の中に多いミトコンドリアは少し強めの有酸素運動、寒さを感じる、空腹を感じるとミトコンドリアが活性化して増える。

【細胞膜の3つの機能】

【第1の機能】 細胞のエネルギーの生成や維持、修復に必要な栄養素を取り込み、有害な老廃物を排出する。

脂質2重層とタンパク質

1つのリン脂質が塊になりリン脂質の分子脂質2重層で構成されていて、筒のようなタンパク質が埋め込まれており、栄養素を取り込み、老廃物を排出をする。

【第2の機能】

身体の各部分特有の機能を促進する。脳、各臓器、筋肉など各部分の機能を促進します。

【第3の機能】細胞同士が互いのコミュニケーションを促してくる。機能を果たす為、細胞膜の活動には幅広い栄養素が必要です。

細胞膜の活動には栄養素が必要

●栄養吸収

●防御

●修復

●再生

細胞の健康には自然食品が不可欠、寿命を伸ばすと言われています。

【栄養吸収のための栄養素】

栄養吸収の為の栄養素

細胞が掛けたり変形したりすると健康が損なわれ老化現象が加速することも考えられます。細胞が効率良く栄養を吸収するには細胞膜が健康でなくてはなりません。

脂肪酸と言われる【リピット】は健康な細胞の形成に不可欠

脂肪酸は不可欠

植物由来の脂肪酸と動物由来の脂肪酸

植物由来の脂肪酸 多価不飽和脂肪酸

玄米 全粒小麦 大豆などには良質の多価不飽和脂肪酸が多く含まれている。

動物由来の脂肪酸 【オメガ3脂肪酸】

オメガ3脂肪酸

動物性のもので例えば魚 冷たい海にすむ鮭には多く含まれている。栄養のバランスが悪いと細胞は炎症を起こしていく炎症を起こさない為にもオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸は、4:1のバランスで摂取することが重要です。

多価不飽和脂肪酸

質の悪い油の加工品を多くとっている

加工品

加工食品にはトランス脂肪酸など健康に悪いものがしばし含まれている。

【防御のための栄養素】

フリーラジカル(酸化物質)の原因

●空気

●水

●食べ物

●太陽光

●細胞内エネルギー生成

1番の敵は酸化作用

酸化作用によって炎症を受けていく細胞の様子

酸化作用により炎症を起こしていく細胞

攻撃から細胞を守る防御成分

細胞を守る防御成分

脂肪性防御成分と水溶性防御成分損傷を受けるとガン細胞などの侵入者を感知できなくなりDNAが傷つき欠損細胞が食べられることもあります。

●水溶性防御成分

細胞膜の中と外から防護壁をつくり守る

赤や橙や黄色など野菜、果物

カロチノイド

必須栄養素であるビタミンAの前駆体となるほか、近年ではがんや心臓病の予防効果も報告されている。

●脂肪性防御成分

細胞膜を攻撃から守る役目

紫青緑色

ポリフェノール

光合成によって出来る植物の色素や苦みの成分であり、植物細胞の生成、活性化などを助ける働きを持つカテキン、ワイン、茶、リンゴ、ブルーベリー、コーヒー、柿、大豆や大豆加工食品、イチゴ、ゴマなどに含まれる。

細胞の防衛にはカロチノイドとポリフェノールを常にたくさん摂取すること

細胞の防御システムを効果的に働かせるにはカロチノイドとポリフェノールをたくさん摂取しなければならない

細胞膜の中と外を防衛

【修復のための栄養素】

ビタミンミネラルなど全ての栄養素が細胞膜を通過しなければなりません。

加工食品

加工食品と長期保存食品が増え必須ビタミンと必須ミネラルが減り続けている。

【再生の為の栄養素】

ビタミン、ミネラルなどの自然食品

必須ビタミンと必須ミネラルが減っている

残念ながらインスタントや冷凍食品の増加により

必須ビタミン…減り続けており修復機能を及ぼす原因になっています。

解決法

重要なのはビタミン、ミネラルなどの自然食品の有効成分

自然食品の有効成分

【リピッド類(脂肪酸)】8種類のオメガ3脂肪酸

【ミネラル】 必須ビタミンと必須ミネラル

【ビタミン】 必須ビタミンと必須ミネラル

【ポリフェノール】 多種のポリフェノールカロチノイド15種類

私たちの身体を構成する細胞に自然食品の有効成分は強く活力ある人生をもたらします。

ダイエット

寒さを感じると生命を守るのに脂肪をから熱を産生する。インナー「背中クールタイ」を着けると背中の熱が逃げ温度が下がります。交感神経の働きで褐色脂肪細胞の中に多いミトコンドリアが中性脂肪を熱に代謝して細胞、ミトコンドリアが増床されます。着けるダイエットですのでながらダイエットができます。

youtubeでご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=9lJlfqfoMdc

細胞の世界NeoLife Japanにダイエットを加筆してグログにしました。

楽天

こちらからお買い求めできます。

参考文献 細胞の世界NeoLife Japan

Pocket

褐色細胞を寒冷刺激して血圧を測ってみた。

痩せる!褐色脂肪細胞を寒冷刺激して血圧・心拍数を測ってみた。

褐色脂肪細胞を寒冷刺激

NHKの番組「美と若さの新常識」では首の周りにある痩せる褐色細胞にクールタイを着けて2時間寒冷刺激をして脂肪の燃焼効果を酸素消費量で測り実例効果などの内容でした。皆さんも寒行などの健康法で実践している方も多いと思います。

寒行

寒冷刺激をした時の血圧は?

この寒冷刺激をするデータを探しても皆無です。そこで、私の考案した「背中クールタイ」で寒冷刺激して血圧を測ってみました。

「背中クールタイ」の寒冷刺激。

襟元から熱を逃がしてクール、痩せるインナー

襟元から衣服内の背中の熱を逃がすと温度は?

下がります。

これが寒冷刺激です。

自律神経、交感神経が働きます。

早速その様子をご覧ください。

血圧の結果

事務所で椅子に座り安静時の血圧と心拍数を測定してから「背中クールタイ」を着けて5分間隔で30分と安静時10分後迄血圧と心拍数の変動を測ってみました。

寒冷刺激と血圧と心拍数

表を見て頂きましょう。安静時から「背中クールタイ」を着けて寒さを負荷するとると血圧と心拍数が上がります。が、経過すると体温が調節され下がっていきます。背中の衣服内の温度は32℃で、室内の温度21℃でこの差の寒冷刺激です。背中の熱を逃がすだけですので冷たさは感じません。入浴前に脱衣場で脱ぐより暖かいです。

血圧は一定ではなく変動する

他にも血圧を測ってみました。最高血圧(高):最低血圧(低):心拍数(心)で表示します。

朝布団の中で、高101:低55:心67

クシャミして、高117:低67:心99

運動前、高116:低68:心77

運動後、高130:低73:心91

寒冷刺激、高126:低75:心89

「背中クールタイ」を着けて安静時との血圧と心拍数の変動を紹介しました。

このように血圧は一定ではなく、自律神経の活動と深い関わりがあり朝と夜、気温の変化。食前と食後、ストレスなどでも変動します。

今回の実験は、寒冷刺激は冷た~い思いをしないで血圧と心拍数の変動を測ってみました。

参考までに、下のグラフは基礎代謝は冬の方が多いに参考になる私の比較実験です。

基礎代謝痩身差12月説明書きカット

安静時(基礎代謝)2時間で20gの脂肪が消費されます。

まとめ

褐色脂肪細胞を寒冷刺激して血圧を測ってみました。いかがでしたか?体を強くするのには負荷も必要です。もちろん体調悪い時にはオススメできません。

検索

楽天

こちらからお買い求めできます。

最後までご覧いただき有難うございました。

Pocket

無印商品着けると痩せるインナー

無印商品 「背中クールタイ」は褐色脂肪細胞を活性化する!?

褐色脂肪細胞を寒冷刺激して活性化するのはマウスの実験で確立されています。活性化すると痩せる方法は寒中水泳や温・冷水シャワーなどですが「背中クールタイ」は衣服内に空気を出し入れするだけで痩せる環境を作る無印商品です。

ながらダイエットアニメ

 無印商品「背中クールタイ」とは

背中に着けると温度が下がりホメオスタシス恒常性の体熱維持の脂肪を熱に代謝する機能を引き出して痩せるインナー「背中クールタイ」です。皆さんも点ければ脂肪を燃やす環境になり体の仕組でダイエットができます。

ヒトは暑いと汗を掻き、寒いと熱を作ります。

着けると脂肪を体のヒーターに消費し始めます。

ビックリするほどカンタンダイエット

マウスの実験で寒冷刺激をして脂肪を熱に代謝するのは確立されている。

白菜は霜を浴びると甘くなる…無印商品

冬野菜も寒さで甘くなる…無印商品

ヒトも基礎代謝は冬の方が夏より多い

「背中クールタイ」も寒冷刺激で脂肪を熱に代謝する…無印商品

「背中クールタイ」は脂肪を燃やす環境を作ると仕組でダイエットができるのです。

脂肪を熱に代謝する機能を引き出します。

襟元から熱を逃がす

私達は体幹体温は37℃、衣服内の快適温度は32℃±1℃で恒常性の体熱維持で維持されています。インナーを着けると温度が下がりますので燃やす環境になります。。脊髄の周りにある褐色脂肪細胞を寒冷刺激するのです。冷水シャワーより冷たくないのが、うれしいですよね。

“寒い環境”で脂肪を熱を産む解説図 ↓

脂肪分解

2つの脂肪があり熱エネルギーを作る褐色脂肪細胞(脊髄の周り、首の周り、腋の下、心臓の周り、腎臓の周り)と貯える(食べ過ぎ)白色脂肪細胞があり、寒い環境やエネルギー不足の時に脂肪を分解して熱を産む解説図です。

私達の摂取した食べ物からミトコンドリアがエネルギーを作っています。余ったエネルギーATP(アデノシン三リン酸)は白色脂肪細胞に備蓄され、エネルギーの不足時に備えます。そして、“寒い環境”と解説図⑥の、“エネルギーの不足時(運動・空腹)”に消費されます。

脂肪を燃やす環境をサーモグラフィーで見ます。

無印商品は褐色脂肪細胞のある部位と重なることから着けると脂肪を燃やす環境になり体の仕組ででダイエットができます。

痩せる薬はありますか?

痩せる仕組みの論文

参照:東京大学先端科学技術研究センター

東京大学先端科学技術研究センターの熱・産生の論文です。「マウスの実験の赤枠(下)にあるように肥満への新規治療法や予防法につながると期待されます。」とありますね。

痩せる薬はあると思いますか? 脂肪を燃やすのは研究段階です。これが現実ですので病院の先生に聞くと分かります。そこで有酸素運動を薦めますネ。

脂肪を燃やす(代謝する)のはミトコンドリア

ミトコンドリアは脂肪を分解して熱を産むことから燃焼工場ともいわれています。

世界の死亡の原因の50%以上は肥満によって引き起こされると言われており、この脂肪を減らすのは褐色脂肪細胞の中に多くいるミトコンドリアです。

運動で痩せないのは

脂肪を熱に代謝するのは、“寒い環境”と“運動、空腹”のエネルギーの不足時ですね。

運動:医者の薦める有酸素運動では脂肪は減りにくい!運動で使われるのは身体活動量のエネルギーで摂取したグリコーゲンが優先的に使われ、キツイ運動を続けることで効果がでます。続きませんよね。だから少しキツメの運動に緩和しています。

魔法のインナー発見脂肪肝

参照:NHK美と若さの新常識

空腹:食事制限のダイエットは脂肪肝になる!食事制限でダイエットが成功したと思っても実は脂肪肝になっていた。成功した人は運動を取り入れていました。

寒い環境:安静時に、運動にインナー着けると、すみやかに寒さから生命を守るために基礎代謝のエネルギーを使いミトコンドリアをがサポートします。

強さをひきだす氷点下での水浴び

寒さの中で鍛えていますね。

背中を寒い環境にするだけで同じ効果が期待できます。

「背中クールタイ」着けると基礎代謝の酸素消費量が増えます。安静時(運動量 METs 1)に2時間毎日着けると1年間で体重の約1割脂肪を消費します。

運動(運動量 METs 3)にインナー着けると30分で有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果がでます。

これだけでムリなく基礎代謝を上健康痩せができますネ。

ながらいつでもどこでも

運動に日常の活動に着けるだけでできます。

まとめ

衣服内の褐色脂肪細胞のある部位に温度差を作り“脂肪の燃える環境”を作るインナーです。後は体の仕組で脂肪をし熱に消費してくれる魔法の「背中クールタイ」です。発汗も個人差があるように体熱を作るのも然りです。

こちらからお買い求めできます。

楽天

着けてみたくなる

最後まで有難うございました。

 

Pocket

第3魔法のインナー「背中クールタイ」

脂肪を減らす健康商品 「背中クールタイ」背中にふしぎ発見!

「背中クールタイ」とは? 名前のごとく暑い時、背中の汗に悩みから考案した健康商品で、背中をクールにしてくれることから名付けました。ところが、熱を逃がすとダイエットもできる!大発見です。ご覧ください。

背中にふしぎ発見!

襟元から熱を逃がしてクール、痩せるインナー

背中クールタイは襟元から背中の熱を逃がすインナーです。

襟元から熱を逃がすと「なんと」痩せるのです。脂肪を熱に代謝する褐色脂肪細胞が脊髄の周りにあり温度を下げることでダイエットができます。また、暑い環境では熱中症対策にもお役に立つ商品です。

アイコン

背中クールタイ ポリエステルとP,Pでできています。

“暑~い時” はクールに。

“寒い環境”にすると脂肪を燃やす。

恒常性の体温調節を活用する第3のインナー

今迄に無い発想で健康に役に立つ商品です。

背中クールタイとは

ながらいつでもどこでも活用法

背中には脂肪を熱に変える褐色脂肪細胞があります。また、背中には発汗機能があり汗を掻くヒトが多いのではないでしょうか。街中で背中の濡れた人を見かけます。私もそうですが。

「背中クールタイ」は汗の悩みを解消するのに背中と襟元にバイパスを設けました。

体温調節

第3のインナー「背中クールタイ」

襟元と背中を柔らかい筒で空気を出入りさせます。

衣服を着ていても背中の熱溜まりを煙突効果で逃がすと放射冷却現象が起きて温度が下がります。ふいご作用も起こり気流を生み体感温度も下げます。

このように衣服内の気候(温熱環境)を変える商品です。

暑い時はこもり熱を逃がしてクール

いい汗を掻いて冷ます冷却機能

衣服の機能性生地は進化しています。三次元構造、立体構造、吸水速乾や吸湿発熱などなどありますネ。

襟元から熱を逃がす

でも重ね着したら?放射熱は?こもりますよね。一日の外気温度も変わります。活動して暑くなると汗を掻き衣服は濡れまね。冷えると体調を崩します。

熱溜まりを煙突効果で逃がしてあげて下さい。

さらに、猛暑で体温より外気温度が高い時には体温調節では汗の気化熱を外へ放出することです。

暑さ対策に熱中症対策、汗の悩み対策に、今迄に無い発想で爽やかになります。健康で暑い夏ものりきれます。

寒い環境でスゴ~イ効果が

悪く例えれば脂肪窃盗団です。貯まっている中性脂肪を体の熱に頂戴します。ダイエットができますネ。喜ぶ人が多いからやめられません。

寒い環境での起きる現象です。

白菜は霜を浴びて甘くなる。

雪下野菜も甘くなる。

栗もサツマイモも冷蔵庫で甘くなる

メープルシロップの甘さも越冬で甘くなる。

植物細胞の身を守るための仕組です。

私達も基礎代謝は冬の方が多い。

動物細胞の命を守る仕組です。

マウス実験をヒントに生まれたダイエット

マウスの実験で寒い環境にすると褐色脂肪細胞が脂肪を熱に代謝するのは確立されています。

が、ヒトでの実験は少ないのです。

そこで私は基礎代謝のエネルギーを使い比較実験をしました。

基礎代謝痩身差12月説明書きカット

オドロキです。痩身差が2時間で表れました。

30分の運動でも痩身差が出ます。

背中に寒い環境を作れば脂肪を熱に代謝して痩せます。

褐色脂肪細胞脂肪分解

褐色脂肪細胞が脊髄の周りにあり、寒さを感じると中性脂肪を分解して熱を産みます。その代謝するときにミトコンドリアを増やし褐色脂肪細胞が活性化されます。

ミトコンドリアが増えると体に良いことがたくさんあります。体が健康になります。

まとめ

自分の身体を信じよう!

私達の身体はホメオスタシス恒常性の体熱維持で守られています。ミトコンドリアを増やすのはキツメの運動と寒い環境です。私が考案した「背中クールタイ」はこの仕組みをサポートして皆様の健康のお手伝いができれば幸いです。

魔法の「背中クールタイ」購入ページはコチラ

楽天

こちらからお買い求めできます。

最後までありがとうございました。

Pocket

着けると痩せるインナー

痩せるインナー は、褐色脂肪細胞を冷やして活性化代謝機能を引き出す

痩せるインナーは着けるだけ!

痩せるサプリや置き換えダイエット、食事制限、キツイ運動などはいりません。痩せるインナーは着けると褐色脂肪細胞を冷やし、すみやかに脂肪の消費が始まります。

寒い環境で痩せるのは細胞の仕組み

基礎代謝を上げる第3のインナー楓メープルシロップも寒さで甘くなる

細胞の仕組みって?

植物細胞も動物細胞も寒い環境で生理現象がおきています。

例えば

メールシロップの甘いのは?

白菜が霜を浴びて甘くなるのは?

雪下野菜も甘い。

栗もサツマイモも冷蔵庫で甘くなる?

植物ばかりではない。

私達も基礎代謝は夏より冬の方が多いのは?

これって?

みんな細胞の仕組なんですね。

身を守るのに植物はデンプンを糖質に、動物は脂肪を熱エネルギーに代謝しています。

この仕組みを賢く応用したのが痩せるインナーです。

痩せるインナーは褐色脂肪細胞を活性化して基礎代謝を上げる

美味しさに誘惑されてしまい、ツイツイ食べ過ぎて「太っちゃった!」と、思っている人がなんと多いことか・・・😭

着けると痩せるインナーです。

脂肪燃焼

襟元と背中を柔らかい筒で空気を出し入れするインナーです。

痩せるスポット褐色脂肪細胞が背中にあり脂肪を燃やす環境にすればこのようにあなたも勝手に脂肪を体のヒーターに消費します。

ながらダイエットアニメ

何もしないで生きるために使う基礎代謝のエネルギーを使います。☆2時間着けるだけで有酸素運動40分の消費カロリーと同じ効果が。☆30分の運動に着けると有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果がでます。

褐色脂肪細胞ダイエット購入はコチラ

褐色脂肪細胞を寒冷刺激 活性化するメカニズム

ヒトは常に温度を一定に保ち生命が維持する仕組みがあります。脂肪を燃やす環境をつくれば皆さんできることです。論文でもマウスの実験で裏付けられています。

簡単に考えましょう体温調節ですね。

暑いと汗を掻いて冷ますよね。真逆に寒いと脂肪を燃やして体温と維持する仕組みです。

痩せる脂肪が背中にあり脂肪を燃やす仕組を分かりやすいように図にまとめました。

褐色脂肪細胞脂肪分解

体が寒さを感じると熱を作れと指令が出る。すると脂肪を分解、脂肪酸が遊離して燃焼して、熱・産生して体の熱エネルギーに消費される仕組みです。

なんと褐色脂肪細胞が増える。ミトコンドリアが増えるということです。

有酸素運動では痩せない

エネルギーの使いみちは決められている。

運動で痩せないのは

有酸素運動で痩せると思っている方が多いのではないでしょうか。残念ながら運動で使うのは身体活動量のエネルギーです。肥満脂肪を消費するのは摂取したグリコーゲンが不足し始めたころです。(グラフ参照)

一方着けると痩せるインナーは着けると基礎代謝のエネルギーを使い始めます。使い道も体の仕組みで決められているんですね。

基礎代謝のエネルギーを引き出すと消費が増える実験

衣服内の快適温度は32℃±1℃です。暑いと脱いだり、寒いと着たり維持されていますネ。

ながらダイエット基礎代謝安静時

参照: Panasonic

 安静時 1.0METs(基礎代謝)に痩せるインナーを着けると背中が寒い環境になり基礎代謝のエネルギーを使った実験です。

基礎代謝痩身差12月説明書きカット

インナー着ける(寒冷刺激あり):80g

インナー着けない(寒冷刺激あり):60g

インナー着けると2時間後には着けないのと体重差で表れます。2時間着けるだけで体重差は20gは有酸素運動40分の消費カロリーと同じ効果で、年間体重の約一割に匹敵します。テレビを見たりデスクワークしながらいつでもできます。

寒い環境下での論文です。

10分~15分震える寒さで痩せる効果がトの論文は少ないので海外からの研究発表から 参照:シドニー大学

震える寒さ10~15分と1時間分のエクササイズと同じ効果

インナー着ける120分と40分の有酸素運動と同じ効果

2つを比較して寒さと運動量こそ違いますが褐色脂肪細胞の代謝機能を引き出せばできますネ。

運動・活動時に着けると基礎代謝のエネルギーを使い開始後体が温まるまでです。30分の運動に着けると有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果がでます。

「寒い季節に寒い思いをしてまで」と思われる方もいらっしゃると思います。運動中にヒートテックなど吸湿発熱の衣服を着ていると汗で悩みますよね。熱を溜めないから背中は爽やかです。最初着ける時にヒヤッとするぐらいです。これ状況で脂肪燃焼が始まる証です。

まとめ

ながらいつでもどこでも

痩せるインナーは着けて熱を逃がすだけです。ヒトは常に温度を一定に保ち生命が維持する仕組みがあります。脂肪を燃やす環境をつくれば皆さんできることです。いつでもどこでもお役に立つインナーです。

楽天

こちらからお買い求めできます。

最後までご覧いただき有難うございました。

 

Pocket

マウスの実験褐色脂肪細胞を寒冷刺激するをヒントに生まれたダイエット

痩せるインナー!はマウスの実験 褐色脂肪細胞活性化をヒントに誕生!

マウスの実験褐色脂肪細胞の熱・産生する論文と「背中クールタイ」

中性脂肪を減らす研究が大学や研究機関においてマウス実験の成果が学会に発表され肥満対策に期待されています。が、痩せる薬も、痩せる方法もまだ市場には出てきません。でもこれをヒントにダイエットする痩せるインナーを作りました。

マウス

マウスが実験に使われるのは哺乳類で人間の生活活動が似ていて、ヒトの遺伝子が90%以上も共通点があり、繫殖力もあるところから使われています。

褐色脂肪細胞のある部位と「背中クールタイ」が重なり「背中・ふしぎ発見」!着けると脂肪を消費します。

マウス実験をヒントに生まれたダイエット3褐色脂肪細胞を活性化する

論文内容は褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪を熱に代謝することが確立されています。これを応用したダイエット方法があっていいのではないでしょうか。研究を活かすためにも。実験の成果を無駄にしたくはないですね。

マウス実験の褐色脂肪細胞に関する論文

褐色脂肪細胞においてエネルギー消費を促す新たなメカニズムを発見
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2015/160219_2.html
白色脂肪細胞は細胞内に栄養を脂肪として貯蓄しますが、褐色脂肪細胞は脂肪を
分解し、熱を産生することで体温の調節をします。出典:京都大学・生理学研究所リリースより

寒冷刺激の体温維持には熱産生遺伝子の高次構造変化が必須
東京大学先端科学技術研センター
私たちヒトや哺乳動物は、急速な環境の変化に瞬時に反応し、命を守る仕組みが
あります。出典:東京大学先端科学技術研センター

褐色脂肪細胞を寒冷刺激する方法マウス実験をヒントに生まれたダイエット2褐色脂肪細胞を活性化する

マウスの実験を無駄にしないで私たちが活用する方法です。

ウェブ上で寒冷刺激を検索してヒットするのは寒中水泳と冷水シャワ・・・ですね。冷たさを強いれられてもビフォーアフターでの効果などの資料はありません。

一方「背中クールタイ」は衣服を着ながら暖かい格好で背中の熱を逃がします。すると温度が下がることで脂肪を熱に消費して結果が即痩身差で表れます。マウスの実験を人間も“寒い環境”にすることで皆さんもできるのです。簡単にできるのがいいですね。

 寒冷刺激をして比較実験

 

熱を逃がして褐色脂肪細胞を冷やして脂肪燃焼

「背中クールタイ」を着けると熱を逃がし温度が下がります。たったこれだけです。

基礎代謝痩身差12月説明書きカット

2時間安静時に熱を逃がすだけで痩身差が出ます。痩身差を換算すると2時間で有酸素運動40分の消費カロリーと同じ効果です。

基礎代謝の酸素消費量を測定しても酸素消費量が増えます。脂肪を燃やすのには酸素が必要ですよね。

30分の運動にも寒さを負荷すると有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果がでます。

 まとめ

マウスの実験ヒントを応用するといつでもどこでもダイエットが簡単にできます。研究を無駄にしたくないですね。

褐色脂肪細胞ダイエット購入はコチラ

楽天

最後までご覧いただき有難うございました。

 

Pocket

痩せるインナーを着けるとスッキリ

まさか!ダイエットが引き起こす肝臓の悲劇!体重を減らす方法は?

肝臓の悲劇!

ためしてガッテン!や、美と若さの新常識など健康問題を取り上げる番組にはくぎ付けにされてしまいます。

自称ダイエットで成功した誇らしげな達人25人を調べたらなんと11人の肝臓が脂肪肝の状態になっていた。という恐い話でした。

ダイエットの肝臓の悲劇!原因は?

急に痩せるのはよくない、とのことでした。3Kg痩せ、5Kg痩せ、10Kg痩せは肝臓の悲劇になる人はモズク・キャベツダイエット、コンニャク、トーフ、炭酸水・・・も要注意のようです。(2016年10月12日NHKガッテン番組参照)

ダイエットで肝臓がパンパン=脂肪肝に?

肝臓は体のエネルギーを「脂肪」の形で蓄える臓器です。たくさん食べると血液中にエネルギーが増えすぎるので、その余ったエネルギーを肝臓が回収して蓄えます。

これが長期間続くと「脂肪肝」になっていきます。一方、極端に食事を減らすような急激なダイエットをすると、飢餓状態と感じて全身の脂肪細胞や筋肉がエネルギー源を放出します。

その結果、ダイエットをしているつもりでも、肝臓に脂肪が貯まりやすい状況になってしまうのです。さらにダイエットの後で食べ過ぎてしまうと、脂肪が貯まりやすい状態に更に食事の栄養が入ってくるので脂肪肝が進行すると考えられています。

肝臓に優しいダイエット方法

肝臓に優しいダイエットの目安は「半年で10Kg減」ゆるやかなダイエットです。女性や通常の体格なら一月で2Kg減ぐらいまで、大柄な人で3Kgぐらいにしましょう。

すでに大幅な減量をしてしまったという人は、今の体重をキープするのが大切です。

コワーイ脂肪肝、どうやって見つける?

脂肪肝は昔は太った人や、お酒を飲む人がなるとと考えられていましたが、今は普通の体系の人でもなることがわかってきました。放っておくと肝硬変やがんのリスクが上昇します。

短期間でOK!脂肪肝撃退法とは?

では、脂肪肝を治すにはどうすればよいのでしょうか。まずはゆっくりと体重を減らしてください。半年から1年をかけて体重の7~10%を落とすと脂肪肝が改善と考えられています。

体重を減らす方は?褐色脂肪細胞を冷やす

NHK美と若さの新常識

出典:NHKBS美と若さの新常識を基に編集

番組ではアイスベルトを2時間着けての内容でしたが「背中クールタイ」は着けると熱を逃がし寒冷刺激します。

運動に寒さを負荷

安静時、有酸素運動やキツイ運動をしてもすぐには脂肪は減りませんので、運動に寒さを負荷すると太りにくい体質に、痩せやすい体質になります。

貯まっている中性脂肪を褐色脂肪細胞が熱エネルギーに代謝するのは寒い環境と、運動空腹時のエネルギー不足時です。

運動の消費カロリーでは痩せない

運動で使うのは身体活動量のエネルギーのエネルギーを優先的に使います。 背中を寒い環境にすると基礎代謝のエネルギーを消費します。

運動に30分着けて寒さを負荷すると有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果で着けるだけで体重の1割です。

基礎代謝が夏より冬の方が多いのも脂肪を熱に代謝していますので運動しなくても安静時デスクワークなどしながら2時間着けると体重の1割減ります。

着けると痩せるアニメ白菜ダウンコート

着けるだけで 運動に30分、安静時に2時間で基礎代謝のエネルギーを使いダイエットが出来ます。1年間で体重の2割ダイエットができます。(個人差があります)

痩せるインナーを着けると寒い環境強さを引き出す

寒さを感じると褐色脂肪細胞の中に多くいるミトコンドリアが熱を産みます。

糖尿病対策ご覧ください。

食事

ガッテン!で紹介した急に痩せるダイエットは摂取カロリー(1日のエネルギー消費量に充当)を抑えたことで、肝臓に脂肪が貯まりやすい状況になってしまうとのことでした。

健康でイキイキと過ごす為に私たちの体を構成する細胞と食事。カロリー計算だけではありません。

睡眠

最低でも6時間しっかりと睡眠をとること。夜更かしも厳禁です。しっかり寝ると体が脂肪を燃焼するモードに切り替わります。寝る前に食事をするのは要注意!脂肪が減りにくくなります。

まとめ

ダイエットが引き起こす肝臓の悲劇!は無理なダイエットが原因でした。肥満脂肪を熱エネルギーに代謝して減らす方法は寒い環境、運動空腹時のエネルギー不足時です。運動では痩せない。置き換えダイエットも空腹時です。背中を寒い環境にすると健康痩せダイエットが体の仕組でできます。

着けてみたくなる

参考文献 ガッテン!:細胞の世界NeoLife Japan 「医者が教える食事術」

Pocket