褐色脂肪細胞を増やす」タグアーカイブ

「背中クールタイ」を着けると根中の熱を逃がし褐色脂肪細胞を刺激して脂肪を熱に変え繰り返すことで基礎代謝を上げます。

着けるだけで基礎代謝を上げるダイエットインナーVS加圧インナー

ダイエットインナーといえば加圧 着圧インナーですよね。着圧するだけで見た目がガラッと変わった。猫背が強制され美しくなった。脇の脂肪を寄せてバストアップできる。お腹が引き締まった。加圧シャツで着けるだけで筋力トレーニングができダイエットができる。などなどありますが、紹介するダイエットインナーは体の仕組で褐色脂肪細胞を活性化中性脂肪を消費するダイエットです。

褐色脂肪細胞のある部位とインナーが重なり冷やしてダイエットができることを発見!

細胞には異種の細胞があり、余ったエネルギーATP(アデノシン三リン酸)を貯える白色脂肪細胞(中性脂肪)とエネルギーの不足時に熱エネルギーに変える(代謝)褐色脂肪細胞があり脊髄の周りにもあります。ダイエットインナー「背中クールタイ」と偶然に重なり背中の熱を逃がし冷ますと寒い環境になり褐色脂肪細胞を活性化します。比較実験をしてダイエットできるのを発見しました。

着けると褐色脂肪細胞を冷ましすみやかに熱を産生する。

痩せる仕組みの論文

出典:東京大学先端科学技術研究センター

褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪を熱に代謝して活性化することはマウスの実験で確立されています。

褐色脂肪細胞のある部位は首の周り、肩甲骨の周り、腋の下、腎臓の周り、心臓の周りにあります。

寒冷刺激する方法は寒中水泳、温冷シャワーなどですが冷たそうですね。

ダイエットインナーは着けるだけで褐色脂肪細胞を活性化

脂肪を熱に代謝して基礎代謝を上げる「背中クールタイ」

衣服内の快適温度は32℃±1℃で皆さん快適に暮らしています。着けると煙突効果で熱が逃げ背中の温度が下がります。

温度が下がることでジワーっと寒冷刺激が始まり酸素消費量(安静時の基礎代謝)も増えます。

恒常性の体熱維持で脂肪を熱に変え温めます。基礎代謝は夏より冬の方が多いのが納得できますよね。

簡単ダイエット!体の仕組み褐色脂肪細胞を冷やして基礎代謝を上げる「背中クールタイ」

白菜を始め冬野菜も寒いとデンプンを糖に変え甘く身を守ります。メープルも栗などもTVでも特集番組で取り上げられています。動物も植物も細胞の生理現象ですね。

加圧シャツ効果なし

消費者庁で問題になった加圧シャツです。

基礎代謝を上げる比較実験

着けると酸素消費量が増える話をしましたね。2時間で脂肪を消費して体重が減る実験です。

基礎代謝痩身差4月25~5月30ステイホーム中

 

新型コロナでで自粛中にデスクワークしながらダイエットインナー着けないのと比較実験をして見ました。

ダイエットインナー(グラフ青い線)着けると着けない(オレンジ線)で比較すると2時間で約20gの痩身差が記録されます。

2時間着けるだけで

20g×365日=で7300g、年間7.3㎏(被験者体重の1割)です。

デスクワークにインナー着けると120分と有酸素運動40分とカロリー計算すると同じ効果

体の仕組で痩せやすい体質に太りにくい体質に自分で管理できます。

脂肪を減らすkeisanサイトを参考に計算しました。

運動では痩せにくい!を痩せる運動に

運動で痩せないのは身体活動量のエネルギーを使うから基礎代謝のエネルギーを使うと痩せるグラフう

運動では痩せないのは身体活動量のエネルギーを優先的に使うからです。ダイエットインナーを着けると基礎代謝のエネルギーを使います。

30分の有酸素運動に寒さを負荷すると80分の有酸素運動と同じ効果

基礎代謝(安静時)の消費カロリーは運動量メッツ1.0を基に運動強度で消費カロリー計算されます。そこで安静時に近いデスクワーク、運動時をしながら体重差をもとに比較実験を公開しています。

猫背が強制される姿勢になる。

良い姿勢

良い姿勢を意識すると熱も逃げやすく痩せる効果も増し猫背を意識するようになる。

まとめ

ながらダイエットはいつでもどこでもできます。

ダイエットインナー着けるだけでダイエットができます。加圧着圧インナーのように見た目でなく脂肪を熱に消費します。この代謝を繰り返すことで褐色脂肪細胞、中に多く含まれているミトコンドリアが増えることが報告されています。背中に寒い環境を作れば皆さん基礎代謝を上げるダイエット、スタミナアップ、健康維持が期待できます。

褐色脂肪細胞ダイエット購入はコチラ

楽天

最後までご覧いただき有難うございました。

Pocket

地球温暖化で糖尿病が増える?

地球温暖化で糖尿病が増える?褐色脂肪細胞を増やす!「新習慣」

糖尿病が増える原因は

地球温暖化で気温1℃上昇すると米国で年間10万人糖尿病が増える可能性があることが学会に発表されました

ビ医学誌糖尿病の増加の原因 2型糖尿病は肥満・運動不足・ストレスなどがきっかけで発病するといわれていたのに・・・ 。地球温暖化で糖尿病が増える? 命を削る原因がまた一つ増えました。

増加する一因は気温の上昇でが米国で年間10万人増えた可能性があるということは日本でも考えられますネ。

ビ糖気温上昇で糖尿病が発生

気温上昇が褐色脂肪細胞の活性化を抑制しグリコース代謝を低下させ、2型糖尿病の発生する人が増えているのではないかと考えられているそうです。

白色脂肪細胞を減らし褐色脂肪細胞を増やす方法。

細胞には異種の細胞があります。エネルギー不足にならないように貯える白色脂肪細胞とエネルギーを作る褐色脂肪細胞があります。

ハーバード大学糖尿病センター

ハーバード大学糖尿病センターの研究によると運動不足により増えた白色脂肪細胞が運動することにより減り褐色脂肪細胞が増えるという。

白色脂肪細胞を分解して減らす方法は運動、空腹でエネルギー不足した時と寒い環境です。

運動:運動で使うのは優先的に身体活動量のエネルギーが使われるので脂肪は減らしにくい。

空腹:食事制限による置き換えダイエットですが脂肪肝になる人もいますので運動しながらです。

魔法のインナー発見脂肪肝

参照:NHK美と若さの新常識、脂肪肝にならないヒミツは運動

寒い環境:人は寒い環境になると命を守るのに恒常性の体熱維持で基礎代謝のエネルギーを代謝(脂肪を体熱に)します。代謝を繰り返すことで褐色脂肪細胞(ミトコンドリア)が増えます。

褐色脂肪細胞脂肪分解

気温の低い環境にいるとノルアドレナリンが分泌して貯蔵中性脂肪を分解し遊離脂肪酸をミトコンドリアが熱を産生します。

2型糖尿病がかかりにくい

体が体温を調整するメカニズムは体重の現象やインスリン作用にも影響しており褐色脂肪細胞の多い人は2型糖尿病がかかりにくいと考えられている。

検索

人生100年時代、体の仕組、褐色脂肪細胞を寒冷刺激して増えた脂肪を減らせれば長生きできそうですね。

「新習慣」の実験

「運動30分間の新習慣」の実験

運動で消費されるエネルギーは摂取した身体活動量のエネルギーが使われて運動開始後一定の時間を経過してから分解された脂肪を消費されます。

2019 12,25~2,1-2

「背中クールタイ」を着けて背中を寒い環境にすることで速やかに基礎代謝のエネルギーを使い分解された脂肪を消費し始めます。運動に寒さを負荷すると30分が有酸素運動80分と同じ効果。(自身の運動で比較してみました。)

「安静時120分間の新習慣」の実験

基礎代謝痩身差12月説明書きカット

「背中クールタイ」を着けるて安静時(基礎代謝)2時間の比較実験です。痩身差をカロリー計算すると有酸素運動40分の消費カロリーと同じ効果です。

「震える寒さ10~15分」の実験

極端ですが似たような実験があります。

10分~15分震える寒さで痩せる効果が

シドニー大学のポール・リー先生は10分~15分の震える寒さと1時間分のエクササイズと同じ効果を学会に発表しています。

まとめ

糖尿病を体の仕組で守る「新習慣」は「背中クールタイ」を着けると背中が寒い環境になり体の仕組み恒常性の体熱維持がサポートします。基礎代謝は夏より冬の方が多いように背中を冬モードにすれば1年通してできます。

クリックしで動画YouTubeご覧ください。

2型糖尿病がかかりにくい

出典:NHK

褐色脂肪細胞ダイエット購入はコチラ

最後まで有難うございました。

Pocket