脂肪は落とせます」タグアーカイブ

着けると褐色脂肪細胞を寒冷刺激して脂肪は落とす魔法のダイエット

褐色脂肪細胞を冷やし活性化するダイエット最新情報! 中性脂肪を分解して燃やす魔法の「背中クールタイ」

魔法の「背中クールタイ」

皆さんの体には痩せる細胞があります。ご存知ですか?脂肪を熱に代謝するマウスの実験での論文はあっても「痩せる細胞を活かす術」が無かっただけのことです。「背中クールタイ」を着けると魔法のように脂肪を燃やします。

褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪は落とせるメカニズム

寒い環境下で褐色脂肪細胞は熱に代謝する論文から

ヒト褐色脂肪細胞およびベージュ脂肪細胞を寒冷刺激すると体重が減った。

ヒト褐色脂肪細胞を寒冷刺激をした研究でも体脂肪変化が認められ褐色脂肪細胞の増量も認められている。褐色脂肪細胞のある傍脊椎部と「背中クールタイ」が偶然にも重なることから寒冷刺激をして比較実験の結果を紹介しますね。

褐色脂肪細胞およびベージュ脂肪細胞の制御機構と臨床的意義
https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2017.890917/data/index.html

ヒトを含めた恒温動物は、季節変動する環境温度に敏感に反応し、深部体温を制御している。褐色脂肪細胞やベージュ脂肪細胞は寒冷暴露に応じて熱を産生する脂肪細胞として、寒冷環境での体温維持に寄与している。肥満の予防に役立つことが期待されている。

褐色脂肪細胞のある部位

褐色脂肪細胞局在部位

参照:日本生化学会

「背中クールタイ」は褐色脂肪細胞を寒冷刺激する

柔らかい筒でカテーテルのように襟元から背中の微空間を空気を出し入れする「背中クールタイ」

褐色脂肪細胞を寒冷刺激する「背中クールタイ」

背中の熱を煙突効果で逃がすと放射冷却現象やふいご作用で気流も起き体感温度も下がり寒い環境になり褐色脂肪細胞を寒冷刺激する。

着けると体の仕組で熱を産むのに脂肪は燃えます。

ヒト褐色脂肪細胞を刺激標的とした臨床研究で体脂肪が減少した。(参照:日本生化学会)のように「背中クールタイ」で寒冷刺激をする比較実験です。

 

寒冷刺激って何℃?

マウスの実験で4℃、ヒトで17℃が報告されていますが何℃までか分かりません。

こんなニュースも

熱中症注意報が出ている時期に雨のグランドで行われた体育祭で学生が低体温になり救急車で病院へ搬送されました。地面に熱を奪われたのです。その時の外気温度は21.9℃でした。体温調節ができなかったんですね。

 

そこで自ら寒冷刺激の始まる温度を調べようと思いました。

寒冷刺激する方法は

寒中水泳や温冷シャワーなどありますが冷た~い!ですね。

背中を冷やしデスクワークしながら比較実験

ながらダイエット脂肪の分解解説図「背中クールタイ」

摂取したエネルギー産生栄養素(炭水化物、タンパク質、脂質)はエネルギーATPになり1日のエネルギー消費量に割与えられます。

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-013.html

身体活動とエネルギー代謝

総エネルギーの消費量の構成

身体活動量によるエネルギー消費は主に運動によるものと家事など日常の生活活動に該当し消費するエネルギー量は約30%です。詳細は➡

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/exercise/s-02-003.html

参照:eヘルスネット

生活や運動による消費カロリー計算

運動量メッツ

参照:パナソニック

エネルギー消費量は安静時1.0METsの何倍にあたるかで計算されます。

身体活動や運動など消費カロリー計算はkeisanサイトでできます。

1時間犬を連れて散歩すると

普通歩行

221Kcal消費します。

安静時1.0METs分の消費が73.67Kcalで

散歩2.0METs分の消費が147.33Kcalです。

 

運動量METsのカロリー計算はあっても寒冷刺激をしての計算はありません。

安静時1.0METs内の計算になります。

 

そこで脂肪を減らす運動の計算もkeisanサイトで入力すればできますので、デスクワークしながら寒冷刺激をしてしない時と比較実験をして体重差○○gを逆算して運動量をみることにしました。

場所:当事務所

時間:摂取後2時間経過後2時間

記録:温度・湿度・前後の痩身差

秤 :BL-LCD 目盛20g

水・食べ物摂取、排出無し

基礎代謝の痩身差の記録12月「背中クールタイ」

Y軸は温度、湿度、体重差gで  X軸は日時です。寒冷刺激有り(グラフ青い線)寒冷刺激無し(オレンジ線)です。

基礎代謝痩身差の記録4月25~5月30ホームステイ中「背中クールタイ」

1年間通して寒冷刺激すると平均20gの体重差が出ます。20g×30日=600gです。

0.6㎏1ヶ月で脂肪を減らすのに必要な運動をkeisanサイトで入力すると

脂肪を減らすのに必要な運動時間

メッツ3の散歩は40分になります。

このように

安静時に2時間着けるだけで歩き40分と同じ効果がでます。

 

運動に30分間着けるだけでも有酸素運動80分と同じ効果です。

 

着けるだけで寒冷刺激をして体脂肪は落とせます。

 

寒冷刺激は何度℃の疑問が解けましたね。

寒冷刺激は25℃位迄痩身差が出ます。

1年間の記録はこちらをご覧ください。

寒冷刺激をしてしないのとを体重差で紹介しましたが、基礎代謝量を測るメタポリックアナライザーで比較しても酸素消費量が増えます。

同じ内容をNHKBS美と若さの新常識の番組でも紹介していました。

酸素消費量測定

基礎代謝は夏より冬の方が多いのもいうなづけます。

眠っている細胞を燃える細胞に変えてみませんか

まとめ

ヒトの恒常性の維持、体の仕組で寒さを負荷すると体脂肪は落とせます。あなたの細胞でです。

着けると褐色脂肪細胞を活性化するとミトコンドリアも増え健康維持につながります。

こちらからお買い求めできます。

魔法の「背中クールタイ」購入ページはコチラ

最後までご覧いただきありがとうございました。

楽天 Yahoo!

Pocket