機能を引き出す」タグアーカイブ

ボーっとしていても痩せられる!基礎代謝の実験で発見!!

痩せる機能を引き出す基礎代謝のエネルギーで比較

「背中クールタイ」を着けないのと2時間比較実験を公開しています。

5月 25日:痩身差 80g(着ける)

5月 26日:痩身差 40g(着けない)

ホームステイ中まとめました。

褐色脂肪細胞は寒い環境で脂肪を熱に代謝することはマウスの実験で確立されていますよね。

それをヒントに

褐色脂肪細胞のある部位と「背中クールタイ」を着けると偶然に重なることから背中の熱を逃がすと寒い環境になり寒冷刺激ができます。簡単でしょう。恒常性の体温調節で使われるのは基礎代謝のエネルギーです。これさえわかれば着けると皆さんもできることです。寒冷刺激をネットで調べると他にも寒中水泳や冷水シャワーなどがあります。

ひと工夫で痩せる運動4基礎代謝のエネルギー

一日のエネルギーの割合で決まっています。キツイ運動しても痩せないのは身体活動量のエネルギーが優先的に使われます。寒い環境下では基礎代謝のエネルギーを使いすみやかに脂肪の消費が始まります。

この生命維持のために安静時に使われる基礎代謝のエネルギーの消費カロリー計算がありません。

あるのは身体活動量のエネルギーを使う運動量 METsの消費カロリー計算です。

ながらダイエット基礎代謝安静時

参照:パナソニック

基礎代謝2時間前後の体重差の記録

そこで今回、基礎代謝のエネルギーを安静時に近いデスクワークしながら2時間の前後の体重差で比較実験をして見ました。最初は1ヶ月程度と思っていたのですが痩身差にビックリして続けることに。約1年間の記録です。(記録を再編)

場所:当事務所、2時間「背中クールタイ」を着ける(グラフ青線)。着けない(黄色)。で前後の体重差で比較。被験者:佐藤重人

グラフの見方:y軸温度・湿度、痩身差、x軸日付け,am(午前)pm(午後)

2020 年4 月~5月ホームステイ中

基礎代謝痩身差4月25~5月30ホームステイ中

自粛中でもありホームステイ中に比較してみました。その日の温度・湿度により変わりますが生理現象で痩身差に表れます。

2018 年 9月

基礎代謝痩身差9月

2時間で痩身差が出るとは思ってもみませんでした。毎日秤に乗るのがうれしくてツイッターでも前代未聞!・・・でツイートしました。

2018 年 10月

基礎代謝痩身差10月

2018 年 11月

基礎代謝痩身差11月

2018 年 12月

基礎代謝痩身差12月

2019 年 1 月

基礎代謝痩身差1月640解説入

事務所内は暖房中で温度湿度を省略

2019 年 2 月

基礎代謝痩身差3-2月スタンドワーク

2019 年 3 月

基礎代謝痩身差3-2月スタンドワーク

2019 年 4月

2019 年 5月

基礎代謝痩身差5月

2019 年 6月

基礎代謝痩身差6月

2019 年 7月

基礎代謝痩身差7月

2019 年 8月

基礎代謝痩身差8月

背中のこもり熱を逃がすと爽やかですので事務所内はクーラーを着けません。8月は室温が30℃前後でしたので発汗もあり痩身差も増えました。2時間後に排出される尿がその分量位少なく体の冷却機能に使われたと推察します。

運動しながらの比較実験もあります。

「背中クールタイ」は

背中から放出される風の速度

「背中クールタイ」を着けると襟元から熱が逃げていくのを風速計で量ったグラフです。この背中の熱を逃がす環境を作ることが今までなかった褐色脂肪細胞を寒冷刺激につながります。寒中水泳や冷水シャワーなどありますが衣服内の温熱環境を変えることでできます。

まとめ

背中の熱を逃がすと寒い環境になり体重差で結果が出ます。ダイエットが、痩せやすい体質が、太りにくい体質が簡単にできる環境になりますネ。

2時間での比較実験は生理現象で尿を排出する私の我慢できる限界時間ですします。同一条件で入れず出さずの実験報告でした。

ある大学からもテーマに興味があり賛同いただいております。この分野で博士号を取りたい学生には応援します。

最後まで有難うございました。

Pocket

ひと工夫で痩せる運動

痩せるインナーを着けると運動30分が有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果!

着けると痩せるインナー

マウスの実験で“寒い”と褐色脂肪細胞が脂肪を熱に代謝することは裏付けされています。皆さんもインナーを着けると“寒い環境”になり脊髄の周りにある褐色脂肪細胞を寒冷刺激しますので脂肪をヒーターに消費します。ダイエットってが簡単にできますね。

運動で痩せないのはアニメ

NHKのためしてガッテン!などテレビの健康に関係する番組で最後に、ドクターの一言が“適度な有酸素運動をしましょう”。で終わります。

適度な有酸素運動って?皆さん痩せると思いますよね。実は痩せにくいのです。

有酸素運動では痩せにくい!

運動で痩せないのは

痩せようと思って有酸素運動やキツイ運動しても痩せないのは身体活動量のエネルギーを優先的に使うからです。継続してエネルギーが不足してから基礎代謝のエネルギーを使いますので痩せるのにはきつい運動になります。体の仕組で決められているんですね。

基礎代謝のエネルギーを使うと運動30分が有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果!

一方背中に寒さを負荷するとすみやかに基礎代謝のエネルギーを使い脂肪を消費します。

同一運動を30分間して寒さを負荷しないのと比較してみますね。

有酸素運動を始めると摂取したグリコーゲンが使われ(グラフ参照)脂肪が使われるのは運動開始後経過してからです。前後で痩身差が60gです。

背中に寒さを負荷すると運動にプラスα基礎代謝のエネルギーを使いますので痩身差が80gで出ました。この差20gを消費カロリーで換算すると80分に匹敵します。

10~15分の震える寒さと1時間分のエクササイズと同じ効果

10分~15分震える寒さで痩せる効果が

出典:シドニー大学

10分~15分の震える寒さと1時間分のエクササイズと同じ効果!があることを発表しています。私の実験では30分背中の熱を逃がすだけで有酸素運動80分と同じ効果です。

恒常性の体熱維持を応用すれば暖かい格好してもダイエットはできます。

褐色脂肪細胞の機能を引き出して脂肪燃焼!

•先取り脂肪燃焼

ヒトには異種の細胞があり熱エネルギーを作る褐色脂肪細胞とエネルギー不足に蓄える白色脂肪細胞があります。エネルギーの備蓄です。問題は貯め過ぎです。お金ならうれしいですが。(笑) 貯めすぎた脂肪はなかなか減りません。

痩せるのに薬、サプリなどで脂肪燃焼を謳っていますがよく見ると燃焼を促進する、抑制するがほとんどです。

先取りは脂肪燃焼はホメオスタシス恒常性の体熱維持を応用した画期的な方法なんです。

魔法の「背中クールタイ」お申し込みはコチラ

痩せる仕組みの論文

マウス実験ですが寒さに反応してすみやかに熱を産む論文です。痩せるのに背中に”寒い環境”を作れば簡単にできますネ。

基礎代謝のエネルギーを引き出せば痩せる!

ひと工夫で痩せる運動4基礎代謝のエネルギー

1日のエネルギー消費量の割合で基礎代謝は、何もせずじっとしている時に生命維持のために消費される必要最小限のエネルギー代謝量です。1日のエネルギー消費量の内60%~70%が使われます。

身体活動量のエネルギーは さまざまな運動・トレーニング ・活動で使われます。

このように体の仕組で決められていますので運動で痩せにくいのです。

脂肪が代謝されるのは寒い環境と、運動、空腹のエネルギー不足の時です。

簡単らくらくダイエット

熊さんはと冬眠中に蓄えた脂肪で生命を維持します。私達も基礎代謝のエネルギーを使えばキツイ運動をしなくてもダイエットができます。

褐色脂肪細胞が勝手に燃焼するメカニズム

褐色脂肪細胞が脂肪を分解

「背中クールタイ」と脊髄の周りにある褐色脂肪細胞が重なります。

脂肪燃焼

着けると、背中の熱を逃がすと温度が下がり褐色脂肪細胞が交感神経を介して脂肪を分解して熱を産み始めます。

マウス実験の成果がヒトも寒い環境を作れば脂肪は勝手に燃焼します。

まとめ

寒さを負荷すると同じ30分の運動でもしないのと比較するとビフォーアフターで痩身差がでます。皆さんも背中に寒い環境を作れば運動に日常の活動にながらダイエットができます。

着けてみたくなる

Pocket

温熱環境を変えるインナー

あったらいいな!痩せる薬、サプリに頼らないダイエット!

熱を逃がしてホメオスタシスの機能を引き出す「背中クールタイ」

中性脂肪を減らしたい!落としたい!若返りたい!冷ましたい人たちの為に効果抜群!

襟元から熱を逃がしてクール、痩せるインナー

画像を見てビックリ!? された方もいると思います。衣服内の背中にはオドロキの現象が起きています。熱を煙突効果で逃がし放射冷却現象で温度が下がり褐色脂肪細胞が活性化しています。背中の温熱環境を変えることで、ホメオスタシス恒常性の維持、体熱調節の機能を引き出して皆さんの健康に一役 担います。

熱を逃がす第3のインナー「背中クールタイ」交感神経が働いて体温調節をサポート

第3魔法のインナー「背中クールタイ」痩せるインナー 

私達の身体は常に一定の体温に保たれ快適な生活をしています。着けるだけで第3のインナーは熱を逃がし脂肪を分解しす燃やす“寒い環境”を作りますので簡単にダイエットができます。また“暑い環境”では熱溜まりを放出して深部体温を下げ爽やかにしてくれる便利なインナーです。

【寒い環境】にすると

身体って、暑いと汗を掻き冷ましますよね。真逆に寒い時の熱エネルギー源は?

諸説ありますが、マウス受験で褐色脂肪細胞が“寒い環境”で脂肪を熱に代謝するのが確立されています。

生理現象でみると

着けると痩せるアニメ白菜―ダウンコート

寒いと冬野菜など植物細胞は寒さから身を守るのに澱粉を糖に変えています。だから甘いのです。私達も基礎代謝は夏より冬の方が多いのは?“寒い環境”で脂肪を熱に代謝して温めてくれています。ありがたいですね。これを担うのが脊髄の周りに多い褐色脂肪細胞の内にいるミトコンドリアが熱を産んでいます。

ボーっとしていても

この仕組みを応用すればダイエットが簡単にできます。

基礎代謝のエネルギーを引き出せば痩せる

METs運動量の消費カロリー計算はあります。が、基礎代謝の消費するカロリー計算はありません。そこで、背中を“寒い環境”にしてデスクワークしながらで比較実験をしました。前代未聞です。2時間で体重差に表れます(公開しています)。基礎代謝の酸素消費量も増えるのはミトコンドリアが消費している証です。

ミトコンドリアが増えるのがわかると楽しくなります。体に良いことがたくさんあります。

褐色脂肪細胞が脂肪を分解

寒い環境で脂肪を分解して熱を生む仕組みを分かりやすくした解説図です。

「背中クールタイ」は“寒い環境”にすることで速やかに脂肪を分解して熱を産みます。この代謝するときにミトコンドリアが増加して褐色脂肪細胞が活性化されます。

あったらいいな!皆さんも“寒い環境”を作れば痩せられる。

ダイエットでお金・時間かける

皆さんも“寒い環境”を作れば痩せる薬、サプリメントに頼らないで簡単にできます。テレビを見ながら、デスクワークしながら2時間、運動、家事、犬の散歩しながら30分で健康痩せができます。着ける時間を増やせば比例してダイエットができます。

【暑い環境】では

熱を逃がすと爽やかになるインナー

熱がこもるから暑い!

暑いから汗を掻く!

濡れる蒸発しない!

発汗の冷却機能がストップ!

体温調節の冷ます冷却機能を活かして冷まします。

体の仕組み、冷ます冷却機能を十二分に発揮

暑さ対策暑熱馴化

発汗機能の多い背中の熱をいち早く逃がして深部体温を下げます。猛暑で体温より外気温度が高くても冷ましてくれます。

まとめ

第3のインナーは衣服内背中の温度を変えることで脂肪を消費するダイエットが体の仕組でできます。

体の仕組でこんなにも

着けるだけで簡単にダイエットができます。

着けるだけで熱を逃がしてクールにしてくれます

えっ2つの効果背中の熱消費

魔法の「背中クールタイ」お申し込みはコチラ

Pocket