基礎代謝を上げる」タグアーカイブ

マウスの実験をヒントに生まれたダイエットインナー

着けるだけで基礎代謝を上げるダイエットインナーVS加圧インナー

ダイエットインナーといえば加圧 着圧インナーですよね。着圧するだけで見た目がガラッと変わった。猫背が強制され美しくなった。脇の脂肪を寄せてバストアップできる。お腹が引き締まった。加圧シャツで着けるだけで筋力トレーニングができダイエットができる。などなどありますが、紹介するダイエットインナーは体の仕組で褐色脂肪細胞を活性化中性脂肪を消費するダイエットです。

褐色脂肪細胞のある部位とインナーが重なりダイエットができることを発見!

細胞には異種の細胞があり、余ったエネルギーATP(アデノシン三リン酸)を貯える白色脂肪細胞(中性脂肪)とエネルギーの不足時に熱エネルギーに変える(代謝)褐色脂肪細胞があり脊髄の周りにもあります。ダイエットインナー「背中クールタイ」と偶然に重なり背中の熱を逃がし冷ますと寒い環境になり褐色脂肪細胞を活性化します。比較実験をしてダイエットできるのを発見しました。

着けると褐色脂肪細胞を冷ましすみやかに熱を産生する。

痩せる仕組みの論文

出典:東京大学先端科学技術研究センター

褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪を熱に代謝して活性化することはマウスの実験で確立されています。

褐色脂肪細胞のある部位は首の周り、肩甲骨の周り、腋の下、腎臓の周り、心臓の周りにあります。

寒冷刺激する方法は寒中水泳、温冷シャワーなどですが冷たそうですね。

ダイエットインナーは着けるだけで褐色脂肪細胞を活性化

脂肪燃焼

衣服内の快適温度は32℃±1℃で皆さん快適に暮らしています。着けると煙突効果で熱が逃げ背中の温度が下がります。

温度が下がることでジワーっと寒冷刺激が始まり酸素消費量(安静時の基礎代謝)も増えます。

恒常性の体熱維持で脂肪を熱に変え温めます。基礎代謝は夏より冬の方が多いのが納得できますよね。

簡単ダイエット

白菜を始め冬野菜も寒いとデンプンを糖に変え甘く身を守ります。メープルも栗などもTVでも特集番組で取り上げられています。動物も植物も細胞の生理現象ですね。

加圧シャツ効果なし

消費者庁で問題になった加圧シャツです。

基礎代謝を上げる比較実験

着けると酸素消費量が増える話をしましたね。2時間で脂肪を消費して体重が減る実験です。

基礎代謝痩身差4月25~5月30ホームステイ中

新型コロナでで自粛中にデスクワークしながらダイエットインナー着けないのと比較実験をして見ました。

ダイエットインナー(グラフ青い線)着けると着けない(オレンジ線)で比較すると2時間で約20gの痩身差が記録されます。

2時間着けるだけで

20g×365日=で7300g、年間7.3㎏(被験者体重の1割)です。

デスクワークにインナー着けると120分と有酸素運動40分とカロリー計算すると同じ効果

体の仕組で痩せやすい体質に太りにくい体質に自分で管理できます。

脂肪を減らすkeisanサイトを参考に計算しました。

運動では痩せにくい!を痩せる運動に

運動で痩せないのは

運動では痩せないのは身体活動量のエネルギーを優先的に使うからです。ダイエットインナーを着けると基礎代謝のエネルギーを使います。

30分の有酸素運動に寒さを負荷すると80分の有酸素運動と同じ効果

基礎代謝(安静時)の消費カロリーは運動量メッツ1.0を基に運動強度で消費カロリー計算されます。そこで安静時に近いデスクワーク、運動時をしながら体重差をもとに比較実験を公開しています。

猫背が強制される姿勢になる。

良い姿勢

良い姿勢を意識すると熱も逃げやすく痩せる効果も増し猫背を意識するようになる。

まとめ

ながらいつでもどこでも

ダイエットインナー着けるだけでダイエットができます。加圧着圧インナーのように見た目でなく脂肪を熱に消費します。この代謝を繰り返すことで褐色脂肪細胞、中に多く含まれているミトコンドリアが増えることが報告されています。背中に寒い環境を作れば皆さん基礎代謝を上げるダイエット、スタミナアップ、健康維持が期待できます。

着けてみたくなる

楽天

最後までご覧いただき有難うございました。

Pocket

着けると痩せるインナー

痩せるインナー は、褐色脂肪細胞を冷やして活性化代謝機能を引き出す

痩せるインナーは着けるだけ!

痩せるサプリや置き換えダイエット、食事制限、キツイ運動などはいりません。痩せるインナーは着けると褐色脂肪細胞を冷やし、すみやかに脂肪の消費が始まります。

寒い環境で痩せるのは細胞の仕組み

基礎代謝を上げる第3のインナー楓メープルシロップも寒さで甘くなる

細胞の仕組みって?

植物細胞も動物細胞も寒い環境で生理現象がおきています。

例えば

メールシロップの甘いのは?

白菜が霜を浴びて甘くなるのは?

雪下野菜も甘い。

栗もサツマイモも冷蔵庫で甘くなる?

植物ばかりではない。

私達も基礎代謝は夏より冬の方が多いのは?

これって?

みんな細胞の仕組なんですね。

身を守るのに植物はデンプンを糖質に、動物は脂肪を熱エネルギーに代謝しています。

この仕組みを賢く応用したのが痩せるインナーです。

痩せるインナーは褐色脂肪細胞を活性化して基礎代謝を上げる

美味しさに誘惑されてしまい、ツイツイ食べ過ぎて「太っちゃった!」と、思っている人がなんと多いことか・・・😭

着けると痩せるインナーです。

脂肪燃焼

襟元と背中を柔らかい筒で空気を出し入れするインナーです。

痩せるスポット褐色脂肪細胞が背中にあり脂肪を燃やす環境にすればこのようにあなたも勝手に脂肪を体のヒーターに消費します。

ながらダイエットアニメ

何もしないで生きるために使う基礎代謝のエネルギーを使います。☆2時間着けるだけで有酸素運動40分の消費カロリーと同じ効果が。☆30分の運動に着けると有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果がでます。

褐色脂肪細胞ダイエット購入はコチラ

褐色脂肪細胞を寒冷刺激 活性化するメカニズム

ヒトは常に温度を一定に保ち生命が維持する仕組みがあります。脂肪を燃やす環境をつくれば皆さんできることです。論文でもマウスの実験で裏付けられています。

簡単に考えましょう体温調節ですね。

暑いと汗を掻いて冷ますよね。真逆に寒いと脂肪を燃やして体温と維持する仕組みです。

痩せる脂肪が背中にあり脂肪を燃やす仕組を分かりやすいように図にまとめました。

褐色脂肪細胞脂肪分解

体が寒さを感じると熱を作れと指令が出る。すると脂肪を分解、脂肪酸が遊離して燃焼して、熱・産生して体の熱エネルギーに消費される仕組みです。

なんと褐色脂肪細胞が増える。ミトコンドリアが増えるということです。

有酸素運動では痩せない

エネルギーの使いみちは決められている。

運動で痩せないのは

有酸素運動で痩せると思っている方が多いのではないでしょうか。残念ながら運動で使うのは身体活動量のエネルギーです。肥満脂肪を消費するのは摂取したグリコーゲンが不足し始めたころです。(グラフ参照)

一方着けると痩せるインナーは着けると基礎代謝のエネルギーを使い始めます。使い道も体の仕組みで決められているんですね。

基礎代謝のエネルギーを引き出すと消費が増える実験

衣服内の快適温度は32℃±1℃です。暑いと脱いだり、寒いと着たり維持されていますネ。

ながらダイエット基礎代謝安静時

参照: Panasonic

 安静時 1.0METs(基礎代謝)に痩せるインナーを着けると背中が寒い環境になり基礎代謝のエネルギーを使った実験です。

基礎代謝痩身差12月説明書きカット

インナー着ける(寒冷刺激あり):80g

インナー着けない(寒冷刺激あり):60g

インナー着けると2時間後には着けないのと体重差で表れます。2時間着けるだけで体重差は20gは有酸素運動40分の消費カロリーと同じ効果で、年間体重の約一割に匹敵します。テレビを見たりデスクワークしながらいつでもできます。

寒い環境下での論文です。

10分~15分震える寒さで痩せる効果がトの論文は少ないので海外からの研究発表から 参照:シドニー大学

震える寒さ10~15分と1時間分のエクササイズと同じ効果

インナー着ける120分と40分の有酸素運動と同じ効果

2つを比較して寒さと運動量こそ違いますが褐色脂肪細胞の代謝機能を引き出せばできますネ。

運動・活動時に着けると基礎代謝のエネルギーを使い開始後体が温まるまでです。30分の運動に着けると有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果がでます。

「寒い季節に寒い思いをしてまで」と思われる方もいらっしゃると思います。運動中にヒートテックなど吸湿発熱の衣服を着ていると汗で悩みますよね。熱を溜めないから背中は爽やかです。最初着ける時にヒヤッとするぐらいです。これ状況で脂肪燃焼が始まる証です。

まとめ

ながらいつでもどこでも

痩せるインナーは着けて熱を逃がすだけです。ヒトは常に温度を一定に保ち生命が維持する仕組みがあります。脂肪を燃やす環境をつくれば皆さんできることです。いつでもどこでもお役に立つインナーです。

楽天

こちらからお買い求めできます。

最後までご覧いただき有難うございました。

 

Pocket