基礎代謝のエネルギー」タグアーカイブ

着けると痩せるインナー

着けると痩せるインナー は、褐色脂肪細胞の代謝機能を引き出す

痩せるサプリや置き換えダイエット、食事制限、キツイ運動などはいりません。痩せるインナーは着けるとすみやかに脂肪の消費が始まります。

寒い環境で痩せる細胞の仕組み

基礎代謝を上げる第3のインナー楓メープルシロップも寒さで甘くなる

細胞の仕組みって?

植物細胞も動物細胞も寒い環境で生理現象がおきています。

例えば

メールシロップの甘さは?

白菜が霜を浴びて甘くなるのは?

雪下野菜も甘い。

栗もサツマイモも冷蔵庫で甘くなる?

植物ばかりではない。

私達も基礎代謝は夏より冬の方が多いのは?

これって?みんな細胞の仕組なんですね。

身を守るのに植物はデンプンを糖質に、動物は脂肪を熱エネルギーに代謝しています。

この仕組みを賢く応用したのが着けると痩せるインナーです。

着けると痩せるインナーは褐色脂肪細胞の代謝機能を引き出す

美味しさに誘惑されてしまい、ツイツイ食べ過ぎて「太っちゃった!」と、思っている人がなんと多いことか・・・😭

着けると痩せるインナーです。

脂肪燃焼

襟元と背中を柔らかい筒で空気を出し入れするインナーです。

痩せるスポットが背中にあり脂肪を燃やす環境にすればこのように誰でも勝手に脂肪を体のヒーターに消費します。

ながらダイエットアニメ

何もしないで生きるために使う基礎代謝のエネルギーを使います。☆2時間着けるだけで有酸素運動40分の消費カロリーと同じ効果が。☆30分の運動に着けると有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果がでます。

褐色脂肪細胞の熱・産生するメカニズム

ヒトは常に温度を一定に保ち生命が維持する仕組みがあります。脂肪を燃やす環境をつくれば皆さんできることです。論文でもマウスの実験で裏付けられています。

簡単に考えましょう体温調節です。

暑いと汗を掻いて冷ますよね。真逆に寒いと脂肪を燃やして体温と維持する仕組みです。

痩せる脂肪が背中にあり脂肪を燃やす仕組を分かりやすいように図にまとめました。

褐色脂肪細胞脂肪分解

体が寒さを感じると熱を作れと指令が出る。すると脂肪を分解、脂肪酸が遊離して燃焼して、熱・産生して体の熱エネルギーに消費される仕組みです。

有酸素運動では痩せない

エネルギーの使いみちは決められている。

運動で痩せないのは

有酸素運動で痩せると思っている方が多いのではないでしょうか。残念ながら運動で使うのは身体活動量のエネルギーです。肥満脂肪を消費するのは摂取したグリコーゲンが不足し始めたころです。(グラフ参照)

一方着けると痩せるインナーは着けると基礎代謝のエネルギーを使い始めます。使い道も体の仕組みで決められているんですね。

基礎代謝のエネルギーを引き出すと消費が増える実験

衣服内の快適温度は32℃±1℃です。暑いと脱いだり、寒いと着たり維持されていますネ。

ながらダイエット基礎代謝安静時

参照: Panasonic

 安静時 1.0METs(基礎代謝)に痩せるインナーを着けると背中が寒い環境になり基礎代謝のエネルギーを使った実験です。

基礎代謝痩身差12月説明書きカット

インナー着ける(寒冷刺激あり):80g

インナー着けない(寒冷刺激あり):60g

インナー着けると2時間後には着けないのと体重差で表れます。2時間着けるだけで体重差は20gは有酸素運動40分の消費カロリーと同じ効果で、年間体重の約一割に匹敵します。テレビを見たりデスクワークしながらいつでもできます。

寒い環境下での論文です。

10分~15分震える寒さで痩せる効果がトの論文は少ないので海外からの研究発表から 参照:シドニー大学

震える寒さ10~15分と1時間分のエクササイズと同じ効果

インナー着ける120分と40分の有酸素運動と同じ効果

2つを比較して寒さと運動量こそ違いますが褐色脂肪細胞の代謝機能を引き出せばできますネ。

運動・活動時に着けると基礎代謝のエネルギーを使い開始後体が温まるまでです。30分の運動に着けると有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果がでます。

「寒い季節に寒い思いをしてまで」と思われる方もいらっしゃると思います。運動中にヒートテックなど吸湿発熱の衣服を着ていると汗で悩みますよね。熱を溜めないから背中は爽やかです。最初着ける時にヒヤッとするぐらいです。これ状況で脂肪燃焼が始まる証です。

まとめ

ながらいつでもどこでも

痩せるインナーは着けて熱を逃がすだけです。ヒトは常に温度を一定に保ち生命が維持する仕組みがあります。脂肪を燃やす環境をつくれば皆さんできることです。いつでもどこでもお役に立つインナーです。

楽天

こちらからお買い求めできます。

 

Pocket

ひと工夫で痩せる運動

痩せるインナーを着けると運動30分が有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果!

着けると痩せるインナー

マウスの実験で“寒い”と褐色脂肪細胞が脂肪を熱に代謝することは裏付けされています。皆さんもインナーを着けると“寒い環境”になり脊髄の周りにある褐色脂肪細胞を寒冷刺激しますので脂肪をヒーターに消費します。ダイエットってが簡単にできますね。

運動で痩せないのはアニメ

NHKのためしてガッテン!などテレビの健康に関係する番組で最後に、ドクターの一言が“適度な有酸素運動をしましょう”。で終わります。

適度な有酸素運動って?皆さん痩せると思いますよね。実は痩せにくいのです。

有酸素運動では痩せにくい!

運動で痩せないのは

痩せようと思って有酸素運動やキツイ運動しても痩せないのは身体活動量のエネルギーを優先的に使うからです。継続してエネルギーが不足してから基礎代謝のエネルギーを使いますので痩せるのにはきつい運動になります。体の仕組で決められているんですね。

基礎代謝のエネルギーを使うと運動30分が有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果!

一方背中に寒さを負荷するとすみやかに基礎代謝のエネルギーを使い脂肪を消費します。

同一運動を30分間して寒さを負荷しないのと比較してみますね。

有酸素運動を始めると摂取したグリコーゲンが使われ(グラフ参照)脂肪が使われるのは運動開始後経過してからです。前後で痩身差が60gです。

背中に寒さを負荷すると運動にプラスα基礎代謝のエネルギーを使いますので痩身差が80gで出ました。この差20gを消費カロリーで換算すると80分に匹敵します。

10~15分の震える寒さと1時間分のエクササイズと同じ効果

10分~15分震える寒さで痩せる効果が

出典:シドニー大学

10分~15分の震える寒さと1時間分のエクササイズと同じ効果!があることを発表しています。私の実験では30分背中の熱を逃がすだけで有酸素運動80分と同じ効果です。

恒常性の体熱維持を応用すれば暖かい格好してもダイエットはできます。

褐色脂肪細胞の機能を引き出して脂肪燃焼!

•先取り脂肪燃焼

ヒトには異種の細胞があり熱エネルギーを作る褐色脂肪細胞とエネルギー不足に蓄える白色脂肪細胞があります。エネルギーの備蓄です。問題は貯め過ぎです。お金ならうれしいですが。(笑) 貯めすぎた脂肪はなかなか減りません。

痩せるのに薬、サプリなどで脂肪燃焼を謳っていますがよく見ると燃焼を促進する、抑制するがほとんどです。

先取りは脂肪燃焼はホメオスタシス恒常性の体熱維持を応用した画期的な方法なんです。

魔法の「背中クールタイ」お申し込みはコチラ

痩せる仕組みの論文

マウス実験ですが寒さに反応してすみやかに熱を産む論文です。痩せるのに背中に”寒い環境”を作れば簡単にできますネ。

基礎代謝のエネルギーを引き出せば痩せる!

ひと工夫で痩せる運動4基礎代謝のエネルギー

1日のエネルギー消費量の割合で基礎代謝は、何もせずじっとしている時に生命維持のために消費される必要最小限のエネルギー代謝量です。1日のエネルギー消費量の内60%~70%が使われます。

身体活動量のエネルギーは さまざまな運動・トレーニング ・活動で使われます。

このように体の仕組で決められていますので運動で痩せにくいのです。

脂肪が代謝されるのは寒い環境と、運動、空腹のエネルギー不足の時です。

簡単らくらくダイエット

熊さんはと冬眠中に蓄えた脂肪で生命を維持します。私達も基礎代謝のエネルギーを使えばキツイ運動をしなくてもダイエットができます。

褐色脂肪細胞が勝手に燃焼するメカニズム

褐色脂肪細胞が脂肪を分解

「背中クールタイ」と脊髄の周りにある褐色脂肪細胞が重なります。

脂肪燃焼

着けると、背中の熱を逃がすと温度が下がり褐色脂肪細胞が交感神経を介して脂肪を分解して熱を産み始めます。

マウス実験の成果がヒトも寒い環境を作れば脂肪は勝手に燃焼します。

まとめ

寒さを負荷すると同じ30分の運動でもしないのと比較するとビフォーアフターで痩身差がでます。皆さんも背中に寒い環境を作れば運動に日常の活動にながらダイエットができます。

着けてみたくなる

Pocket