体重を減らす」タグアーカイブ

便利なグッズ

体重を減らす!増やしにくくする「魔法のインナー」の動画

運動不足でも身近にあれば孫の手のように便利な「魔法のインナー」です

背中が痒~い!手が届かな~い時にがあれば便利なのは孫の手ですよね。

痩せたい!と思った時に簡単にできる痩せるグッズがあれば と思いませんか?

 

あるんです。

 

「魔法のインナー」のYouTubeをご覧ください。

 褐色脂肪細胞を寒冷刺激して基礎代謝を上げ30分で痩せやすい体質に。着けるだけで孫の手のように便利なグッズの動画 

https://youtu.be/d_gBMt–yL0

痩せたい時の必需品「魔法のインナー」のyoutubeの解説です。

孫の手は超便利 背中が痒いときの必需品です。背中クールタイも超便利 痩せたいときの必需品です。

運動でも食事制限でもなく脂肪を消費する方法

無理な食事制限、キツイ運動、お金がかかるなどの心配はいりません。基礎代謝は冬の方が夏より多いのはご存知ですね。エネルギー代謝応用して体の仕組で脂肪を消費します。

 

サプリメントでもなく、運動でもなく、食事制限でもなく “30分の新習慣”で体重の減るのが実感できますので孫の手のようにあれば便利です。

褐色脂肪細胞のある部位

褐色脂肪細胞は首の周り、肩甲骨の周り、腋の下、心臓、腎臓の周りにあります。 貯まる脂肪を減らす方法は褐色脂肪細胞に“寒さを感じさせる環境”を作れば体の仕組で基礎代謝のエネルギーを使い脂肪を分解してくれます。

脂肪を分解して熱を産生(エネルギー代謝)する時に褐色脂肪細胞(ミトコンドリア)が活性化します。うれしいのはミトコンドリアが増えると痩せる体質になったり、体が若返ります。

褐色脂肪細胞のある部位と「背中クールタイ」が偶然に重なることから大学、研究機関の論文をヒントに自身で実験をして発見しました。もちろん特許取得済みです。 

エビデンスは?

エビデンスはありませんが、変わるものとして恒常性の体熱維持になります。わかりやすく言えばヒトは、暑いと汗を掻き冷ましますね。寒いと脂肪を燃やして温めます。背中に寒さを感じさせれば体のしくみで痩せられる簡単な話です。

基礎代謝は冬の方が夏より多いのも証左です。

背中にある褐色脂肪細胞が寒いと感じるだけで交感神経の指令で中性脂肪を分解してヒーターに消費します。

孫の手も背中を掻くだけです。が、「背中クールタイ」は着けるだけで効果がでます。

褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると活性化する方法は99%が寒中水泳や入浴時の温冷水シャワーなどです。

背中クールタイが体重を減らす環境をサポートします。

「背中クールタイ」は背中の熱を逃がすと放射冷却現象で温度を下げ寒冷刺激につながります。煙突効果、ふいご作用も手伝います。

運動不足で体重を落としたい、食べすぎで太った肉を減らしたい、ダイエットしたい、若返りたい、スタミナを着けたいヒトに

こちらからお買い求めできます。

最後までご覧いただき有難うございました。

 

Pocket

痩せるインナーを着けるとスッキリ

まさか!ダイエットが引き起こす肝臓の悲劇!体重を減らす方法は?

肝臓の悲劇!

ためしてガッテン!や、美と若さの新常識など健康問題を取り上げる番組にはくぎ付けにされてしまいます。

自称ダイエットで成功した誇らしげな達人25人を調べたらなんと11人の肝臓が脂肪肝の状態になっていた。という恐い話でした。

ダイエットの肝臓の悲劇!原因は?

急に痩せるのはよくない、とのことでした。3Kg痩せ、5Kg痩せ、10Kg痩せは肝臓の悲劇になる人はモズク・キャベツダイエット、コンニャク、トーフ、炭酸水・・・も要注意のようです。(2016年10月12日NHKガッテン番組参照)

ダイエットで肝臓がパンパン=脂肪肝に?

肝臓は体のエネルギーを「脂肪」の形で蓄える臓器です。たくさん食べると血液中にエネルギーが増えすぎるので、その余ったエネルギーを肝臓が回収して蓄えます。

これが長期間続くと「脂肪肝」になっていきます。一方、極端に食事を減らすような急激なダイエットをすると、飢餓状態と感じて全身の脂肪細胞や筋肉がエネルギー源を放出します。

その結果、ダイエットをしているつもりでも、肝臓に脂肪が貯まりやすい状況になってしまうのです。さらにダイエットの後で食べ過ぎてしまうと、脂肪が貯まりやすい状態に更に食事の栄養が入ってくるので脂肪肝が進行すると考えられています。

肝臓に優しいダイエット方法

肝臓に優しいダイエットの目安は「半年で10Kg減」ゆるやかなダイエットです。女性や通常の体格なら一月で2Kg減ぐらいまで、大柄な人で3Kgぐらいにしましょう。

すでに大幅な減量をしてしまったという人は、今の体重をキープするのが大切です。

コワーイ脂肪肝、どうやって見つける?

脂肪肝は昔は太った人や、お酒を飲む人がなるとと考えられていましたが、今は普通の体系の人でもなることがわかってきました。放っておくと肝硬変やがんのリスクが上昇します。

短期間でOK!脂肪肝撃退法とは?

では、脂肪肝を治すにはどうすればよいのでしょうか。まずはゆっくりと体重を減らしてください。半年から1年をかけて体重の7~10%を落とすと脂肪肝が改善と考えられています。

体重を減らす方は?褐色脂肪細胞を冷やす

NHK美と若さの新常識

出典:NHKBS美と若さの新常識を基に編集

番組ではアイスベルトを2時間着けての内容でしたが「背中クールタイ」は着けると熱を逃がし寒冷刺激します。

運動に寒さを負荷

安静時、有酸素運動やキツイ運動をしてもすぐには脂肪は減りませんので、運動に寒さを負荷すると太りにくい体質に、痩せやすい体質になります。

貯まっている中性脂肪を褐色脂肪細胞が熱エネルギーに代謝するのは寒い環境と、運動空腹時のエネルギー不足時です。

運動の消費カロリーでは痩せない

運動で使うのは身体活動量のエネルギーのエネルギーを優先的に使います。 背中を寒い環境にすると基礎代謝のエネルギーを消費します。

運動に30分着けて寒さを負荷すると有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果で着けるだけで体重の1割です。

基礎代謝が夏より冬の方が多いのも脂肪を熱に代謝していますので運動しなくても安静時デスクワークなどしながら2時間着けると体重の1割減ります。

着けると痩せるアニメ白菜ダウンコート

着けるだけで 運動に30分、安静時に2時間で基礎代謝のエネルギーを使いダイエットが出来ます。1年間で体重の2割ダイエットができます。(個人差があります)

痩せるインナーを着けると寒い環境強さを引き出す

寒さを感じると褐色脂肪細胞の中に多くいるミトコンドリアが熱を産みます。

糖尿病対策ご覧ください。

食事

ガッテン!で紹介した急に痩せるダイエットは摂取カロリー(1日のエネルギー消費量に充当)を抑えたことで、肝臓に脂肪が貯まりやすい状況になってしまうとのことでした。

健康でイキイキと過ごす為に私たちの体を構成する細胞と食事。カロリー計算だけではありません。

睡眠

最低でも6時間しっかりと睡眠をとること。夜更かしも厳禁です。しっかり寝ると体が脂肪を燃焼するモードに切り替わります。寝る前に食事をするのは要注意!脂肪が減りにくくなります。

まとめ

ダイエットが引き起こす肝臓の悲劇!は無理なダイエットが原因でした。肥満脂肪を熱エネルギーに代謝して減らす方法は寒い環境、運動空腹時のエネルギー不足時です。運動では痩せない。置き換えダイエットも空腹時です。背中を寒い環境にすると健康痩せダイエットが体の仕組でできます。

着けてみたくなる

参考文献 ガッテン!:細胞の世界NeoLife Japan 「医者が教える食事術」

Pocket