美容・健康」カテゴリーアーカイブ

地球温暖化で糖尿病が増える?

地球温暖化で糖尿病が増える?体の仕組で健康を守る「新習慣」

糖尿病が増える原因は

地球温暖化で気温1℃上昇すると米国で年間10万人糖尿病が増える可能性があることが学会に発表されました

ビ医学誌糖尿病の増加の原因 2型糖尿病は肥満・運動不足・ストレスなどがきっかけで発病するといわれていたのに・・・ 。地球温暖化で糖尿病が増える? 命を削る原因がまた一つ増えました。

増加する一因は気温の上昇でが米国で年間10万人増えた可能性があるということは日本でも考えられますネ。

ビ糖気温上昇で糖尿病が発生

気温上昇が褐色脂肪細胞の活性化を抑制しグリコース代謝を低下させ、2型糖尿病の発生する人が増えているのではないかと考えられているそうです。

白色脂肪細胞を減らし褐色脂肪細胞を増やす方法。

細胞には異種の細胞があります。エネルギー不足にならないように貯える白色脂肪細胞とエネルギーを作る褐色脂肪細胞があります。

ハーバード大学糖尿病センター

ハーバード大学糖尿病センターの研究によると運動不足により増えた白色脂肪細胞が運動することにより減り褐色脂肪細胞が増えるという。

白色脂肪細胞を分解して減らす方法は運動、空腹でエネルギー不足した時と寒い環境です。

運動:運動で使うのは優先的に身体活動量のエネルギーが使われるので脂肪は減らしにくい。

空腹:食事制限による置き換えダイエットですが脂肪肝になる人もいますので運動しながらです。

魔法のインナー発見脂肪肝

参照:NHK美と若さの新常識、脂肪肝にならないヒミツは運動

寒い環境:人は寒い環境になると命を守るのに恒常性の体熱維持で基礎代謝のエネルギーを代謝(脂肪を体熱に)します。代謝を繰り返すことで褐色脂肪細胞(ミトコンドリア)が増えます。

褐色脂肪細胞脂肪分解

気温の低い環境にいるとノルアドレナリンが分泌して貯蔵中性脂肪を分解し遊離脂肪酸をミトコンドリアが熱を産生します。

2型糖尿病がかかりにくい

体が体温を調整するメカニズムは体重の現象やインスリン作用にも影響しており褐色脂肪細胞の多い人は2型糖尿病がかかりにくいと考えられている。

人生100年時代、体の仕組、褐色脂肪細胞を寒冷刺激して増えた脂肪を減らせれば長生きできそうですね。

「新習慣」の実験

「運動30分間の新習慣」の実験

運動で消費されるエネルギーは摂取した身体活動量のエネルギーが使われて運動開始後一定の時間を経過してから分解された脂肪を消費されます。

2019 12,25~2,1-2

「背中クールタイ」を着けて背中を寒い環境にすることで速やかに基礎代謝のエネルギーを使い分解された脂肪を消費し始めます。運動に寒さを負荷すると30分が有酸素運動80分と同じ効果。(自身の運動で比較してみました。)

「安静時120分間の新習慣」の実験

基礎代謝痩身差12月説明書きカット

「背中クールタイ」を着けるて安静時(基礎代謝)2時間の比較実験です。痩身差をカロリー計算すると有酸素運動40分の消費カロリーと同じ効果です。

「震える寒さ10~15分」の実験

極端ですが似たような実験があります。

10分~15分震える寒さで痩せる効果が

シドニー大学のポール・リー先生は10分~15分の震える寒さと1時間分のエクササイズと同じ効果を学会に発表しています。

まとめ

糖尿病を体の仕組で守る「新習慣」は「背中クールタイ」を着けると背中が寒い環境になり体の仕組み恒常性の体熱維持がサポートします。基礎代謝は夏より冬の方が多いように背中を冬モードにすれば1年通してできます。

最後まで有難うございました。

クリックしで動画YouTubeご覧ください。

2型糖尿病がかかりにくい

Pocket

ながらダイエットアニメ

ながらダイエット!2時間で有酸素運動40分の消費カロリーと同じ効果が?

ながらダイエット

「背中・ふしぎ発見!」ながらダイエットが簡単にできてしまいます。

いまだに靴下を暖炉の横に干したら金貨が入っている?と思ったり、

努力しなくても一獲千金の夢を追い求めている人は多いのではないでしょうか。

ダイエットもキツイ運動や時間やお金も掛けないで簡単にできたらと思いませんか?背中で簡単にできます。

着けるダイエットインナー

背中の熱を逃がすだけです。

デスクワークしながら、授業受けながら、家事しながら、テレビ見ながら、買い物しながら、仕事しながら皆さん背中にインナー着けるだけでできます。背中にふしぎ発見です。

クマさんの冬眠中の熱エネルギーは

簡単らくらくダイエット

長期間に及ぶ“断食“と“体熱の維持″は食べ物を脂肪に蓄えて基礎代謝のエネルギーを省エネモードで代謝して熱エネルギーに変え冬眠しています。

ながらダイエットができるのは基礎代謝のエネルギーを使うダイエットです。キツイ運動をしなくても脂肪を熱に代謝する。すなわちダイエットができることになります。

白菜が霜を浴びると甘くなるのは

白菜の花

白菜は自ら寒さから身を守るのにデンプンを糖に変えて凍らないないように甘くし寒い季節を乗り切り春にはきれいな花を咲かせます。

そして、白菜と言えばやっぱり「鍋」ですが食材として大活躍しています。これからが旬ですね。

このように、植物細胞は寒さでデンプンを糖に代謝しているんですね。動物細胞は↓

基礎代謝は夏より冬の方が多いのは

ビックリするほどカンタン

白菜が寒さを負荷して甘くなったように私達、動物細胞も寒い環境になると脂肪を熱に代謝します。

基礎代謝は夏より冬の方が多いと言われているのはヒトは常に一定の体温を維持する仕組みがあります。ホメオスタシス恒常性の体熱維持です。

ながらダイエットはこの仕組を応用したダイエットですので脂肪を熱に代謝する環境を作れば皆さんできますネ。

2時間で有酸素運動40分の消費カロリーと同じ効果

基礎代謝のエネルギー比較実験

ながらダイエット基礎代謝安静時

参照:Panasonic

ボーっとしていても体重が減る「背中・ふしぎ発見」

運動量METsの消費カロリー計算はありますが安静時の基礎代謝量の計算する方法はありません。

基礎代謝量は年齢、男女によっても違います。

そこで安静時に近いデスクワークをしながら2時間で基礎代謝のエネルギー消費量を体重差で比較してみることにしました。

皆さん比較して痩身差が出ると思いますか?

1、でる

2、でない

基礎代謝量は年齢や男性、女性で決められているから出ない。運動量で違うがこんな実験見たことが無い。というお考えで、2、出ない、が99%だと思います。

ところが、ふしぎ発見です。出るんです。

基礎代謝痩身差12月説明書きカット1ヶ月間2時間交互に背中に寒冷刺激あり、なしとの比較グラフです。

2時間で痩身差が20gです。

計算サイト脂肪を減らす運動の計算をすると

1ヶ月0.6㎏(20×30日)

METs3の運動量で40分に匹敵します。

安静時2時間で有酸素運動40分の消費カロリーと同じ効果がでるのです。

ながらダイエットは基礎代謝のエネルギーを使えば出来ますネ。

基礎代謝の酸素消費量を測定しても酸素量が増えますので脂肪を燃やす証です。

まとめ

ながらダイエットはクマの冬眠や白菜が霜を浴び甘くなるように細胞の仕組で脂肪を熱に代謝するダイエットです。さらに脂肪が代謝するのはエネルギーを作るミトコンドリアで体に良いことがたくさんあります。背中にふしぎ発見ですね。

着けてみたくなる

Pocket

ひと工夫で痩せる運動

痩せるインナーを着けると運動30分が有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果!

着けると基礎代謝を上げ 痩せるインナー

運動では痩せない?

キツイ運動や長い時間ダイエットに挑戦してしてあきらめた方多いのではないでしょうか。痩せないのは使うエネルギーが違うのです。

最重要ポイントです。

痩せるインナーは基礎代謝のエネルギーを意図的に上げます。

マウスの実験で“寒い”と褐色脂肪細胞が脂肪を熱に代謝することは論文で裏付けされていますね。あなたも痩せるインナーを着けると“寒い環境”になり脊髄の周りにある褐色脂肪細胞を寒冷刺激して褐色脂肪細胞ダイエットが簡単にできます。

運動で痩せないのはアニメ

NHKのためしてガッテン!などテレビの健康に関係する番組で最後に、ドクターの一言が“適度な有酸素運動をしましょう”。で終わります。

適度な有酸素運動って?皆さん痩せると思いますよね。実は健康に良くても痩せにくいのです。

有酸素運動では痩せにくい!その理由は?

運動で痩せないのは

痩せようと思って有酸素運動やキツイ運動しても痩せないのは身体活動量のエネルギーを優先的に使うからです。継続してエネルギーが不足してから基礎代謝のエネルギーを使いますので痩せるのにはきつい運動になります。体の仕組で決められているんですね。

基礎代謝のエネルギーを使うと運動30分が有酸素運動80分の消費カロリーと同じ効果!

背中に寒さを負荷すると褐色脂肪細胞を冷やすことですみやかに基礎代謝のエネルギーを使い脂肪の消費が始まります。

同一運動を30分間して寒さを負荷しないのと比較を紹介します。

有酸素運動を始めると摂取したグリコーゲンが使われ(グラフ参照)脂肪が使われるのは運動開始後経過してからです。前後で痩身差が60gです。

背中に寒さを負荷すると運動にプラスα基礎代謝のエネルギーを使いますので痩身差が80gで出ました。この差20gを消費カロリーで換算すると80分に匹敵します。

極端に寒さを負荷した論文です。

10~15分の震える寒さと1時間分のエクササイズと同じ効果

10分~15分震える寒さで痩せる効果が

出典:シドニー大学

10分~15分の震える寒さと1時間分のエクササイズと同じ効果!があることを発表しています。私の実験では30分背中の熱を逃がすだけで有酸素運動80分と同じ効果です。

恒常性の体熱維持を応用すれば暖かい格好してもダイエットはできます。

褐色脂肪細胞を寒冷刺激して活性化!ミトコンドリアが脂肪燃焼!

•先取り脂肪燃焼

ヒトには異種の細胞があり熱エネルギーを作る褐色脂肪細胞とエネルギー不足に蓄える白色脂肪細胞があります。エネルギーの備蓄です。問題は貯め過ぎです。お金ならうれしいですが。(笑) 貯めすぎた脂肪はなかなか減りません。

痩せるのに薬、サプリなどで脂肪燃焼を謳っていますがよく見ると燃焼を促進する、抑制するがほとんどです。

先取りは脂肪燃焼はホメオスタシス恒常性の体熱維持を応用した画期的な方法なんです。

褐色脂肪細胞ダイエット購入はコチラ

楽天

痩せる仕組みの論文

マウス実験ですが寒さに反応してすみやかに熱を産む論文です。痩せるのに背中に”寒い環境”を作れば簡単にできますネ。

基礎代謝のエネルギーを引き出せば痩せる!

ひと工夫で痩せる運動4基礎代謝のエネルギー

1日のエネルギー消費量の割合で基礎代謝は、何もせずじっとしている時に生命維持のために消費される必要最小限のエネルギー代謝量です。1日のエネルギー消費量の内60%~70%が使われます。

身体活動量のエネルギーは さまざまな運動・トレーニング ・活動で使われます。

このように体の仕組で決められていますので運動で痩せにくいのです。

脂肪が代謝されるのは寒い環境と、運動、空腹のエネルギー不足の時です。

簡単らくらくダイエット

熊さんはと冬眠中に蓄えた脂肪で生命を維持します。私達も基礎代謝のエネルギーを使えばキツイ運動をしなくてもダイエットができます。

褐色脂肪細胞内のミトコンドリアが脂肪を燃焼するメカニズム

褐色脂肪細胞が脂肪を分解

寒いと体の仕組みで脂肪を燃やす仕組です。

「背中クールタイ」と脊髄の周りにある褐色脂肪細胞が重なります。

脂肪燃焼

着けると、背中の熱を逃がすと温度が下がり褐色脂肪細胞が交感神経を介して脂肪を分解して熱を産み始めます。

マウス実験の成果がヒトも寒い環境を作れば脂肪は勝手に燃焼します。

まとめ

寒さを負荷すると同じ30分の運動でもしないのと比較するとビフォーアフターで痩身差がでるのがお分かりいただけたと思います。褐色脂肪細胞を活性化してダイエットがあなたの背中に寒い環境を作れば運動に日常の活動にながらダイエットができます。

最後までご覧頂き有難うございました。

着けてみたくなる

Yahoo!

Pocket

法のインナー着けるだけで痩せる

医者も内心ビックリ?こんなにも簡単に痩せる方法で。知っ得!!

ダイエットでお金・時間かける

 ボーっとしていて チ子ちゃんに 叱られても“着けるだけで”痩せる方法です。

何もしなくても基礎代謝を上げ痩せる!?体の仕組みで脂肪を体の熱に消費するなんて知りませんでした。

最近体が重く感じ!?秤に乗ったら?「ヤバイ!」と思っている方もいると思います。私も運動をしても減らないので余計に興味がありました。

そこで

なんで減らないのだろう?

調べてみて、減らない理由がわかりました。

らくらくダイエット

エネルギーの使い方が決められているんですね。

運動で痩せなかったのは

エネルギーと使われ方

運動時には摂取したグリコーゲンが優先的に使われ不足すると分解された脂肪酸、血中グリコースが使われる。

活動誘発性体熱産生(身体活動量)のエネルギーで優先的に摂取したエネルギー(グリコーゲン)が使われていた為にです。キツイ運動してもすぐには減らないということですね。

痩せる簡単な方法は?

クマさんの冬眠もそうですが何もしない安静時に生命の維持のために使う基礎代謝のエネルギーを使います。

どうやって使うの?

基礎代謝のエネルギーを代謝させることです。ミトコンドリアが担うのですが“寒い環境”することです。と言っても体全体で寒い思いをしないで脊髄の周りにある褐色脂肪細胞を刺激します。

このように着けるだけです。

脂肪燃焼

インナー着けると燃やし始めます。

夏と冬では基礎代謝は冬のが多いですね、衣服の中の背中に冬モードにすると1年中ダイエットができます。

医者もビックリこんな痩せる方法があるなんて!

ビックリするほどカンタンダイエット

寒い環境下での褐色脂肪細胞の脂肪を熱に代謝するのは確立されています。

10分~15分震える寒さで痩せる効果が

参照文献:シドニー大学

簡単ダイエット

寒い環境下で細胞の中のミトコンドリアが野菜は澱粉を糖に、私たちは脂肪を熱にエネルギーを作っています。

ペタポリックアナライザー

簡単なことで 痩せる極め付きは、着けると酸素消費量が増えることです。脂肪を燃やすのには酸素が必要ですよね。

基礎代謝のエネルギー中性脂肪を熱に消費して高める仕組をご覧ください。 

褐色脂肪細胞

背中に寒さを感じると交感神経の指令でノルアドレナリンが分泌され中性脂肪を分解して脂肪酸を介して熱を産生し体のヒーターに消費されます(脂肪燃焼)。ミトコンドリアの増加と褐色脂肪細胞も増え、熱産生能力も高まります。

寒冷刺激の体温維持には熱産生遺伝子の高次構造変化が必須寒冷刺激で熱産生は急速に始まる。交感神経の活性化から熱を産するために数分の速さで対応できる仕組みです。

参照文献:東京大学先端科学技術研究センター

まとめると

痩せる褐色脂肪細胞を刺激して中性脂肪をすみやかに熱に変えるダイエットは他に類を見ません。

ダイエットのサプリメントで脂肪燃焼を促進する、抑制するのとは明らかに違い、ストレートに体の治癒力で、しかもミトコンドリアを増やし健康維持できる唯一の方法です。

安い!安心!安全!体に良いことがたくさんあります。

期間ご購入はこちら

 

孫の手は便利。背中クールタイはそれ以上役に立ちます。

 

Pocket